• 締切済み
  • 暇なときにでも

灯油でデーゼルエンジンを

デーゼルエンジンによる発電機を使ってます。これまで軽油を使用してましたが、知人から「灯油でもエンジンは動くよ。少々パワーは落ちるけど、発電機ならあまり影響が無い。」と教えられました。 そこで質問です。 1、エンジンの寿命や故障に問題は無いのでしょうか? 2、軽油税の脱税にはならないですか?   軽油は、道路の新設、補修など道路整備に関する費用に充てられる目的税ですが、発電機は、道路を運行しないので、問題がないと認識します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1966
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.7
  • inaken11
  • ベストアンサー率16% (1013/6244)

世の中にはケロシンエンジンと言うのが実在します。 http://www.fhi.co.jp/robin/product/e_text/seri_eyK.htm エンジンを変えちゃうのも一考かと。 でもなんか大きそうな発電機ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

数台所有しております。 24時間365日稼動しているわけではありませんが、 経費(軽油が1割以上値上がり)が上がっても、それに見合う売上や利益が上がりません。 どこをどう削減するか悩みに悩んでおります。 ご回答いただいた方には大変失礼ですが、 >面倒な手続き云々・・。ありましたが、 死活問題として、本気で考え悩んでいるわけです。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.6
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

1は、灯油は潤滑性が劣るので、燃料噴射系の故障発生の可能性があります。 2は、自動車でも牧場や工事現場のみなら脱税になりません。 燃料使用量はどれ位でしょうか、例えば100Lなら、免税軽油でも3210円の節税にしかなりません。面倒な手続きをするのですから、少量では割りが合わないと思います。 灯油が安い時は、灯油用の添加剤を入れてデーゼルに使う事もできます。 余談ですが、昔クラウンやセドリックに灯油を入れていた人は、200対1でスピンドル油(最安の油)を混合していました。(違法だが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>例えば100Lなら、免税軽油でも3210円の節税にしかなりません。 デーゼルエンジンですので、数万L単位で使います。(年間) 一年で数十万円の節約になります。 3割以上の税負担は大きいですよ。 ちなみに、灯油には税金がかけられてなくて、70円前後するのですから、灯油の方が精製されていて良質なのでしょうね。 >面倒な手続き・・・ 無駄な税の支払いは、税を使う人の怠慢をまねく様に思います。 面倒でも不要な税負担は、カンベンしてほしいものです。 その他、免れ用の無い税が多すぎます。 折角のご回答に水を差すようですみません。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.5
noname#131426
noname#131426

付け足し 軽油には発電機用に”免税軽油”というのがあります。 GSで取扱があると思います。 それを使った方が良いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

エンジンの寿命は、他の方の仰るとおり焼きつきが怖いです。 税金に関してですが、脱税にはならないでしょう。 ちなみに、免税証の交付を受ければ公道走行以外の用途で使用の場合、軽油を免税で購入することが出来るはずです。

参考URL:
http://www.pref.osaka.jp/zei/qa/keiyu/a/index03.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 免税証申請してみます。

  • 回答No.3

エンジンなどの内燃機関であれば、軽油にあわせた調整がされているでしょうから、黒煙を多く出したりして環境にも良くはないでしょう。 エンジンにも決して良い影響はないでしょうし、ここ最近の灯油価格の高騰で、デメリットを考えれば、軽油を使った方がよいのではないかと思います。 補足ですが、以前ディーゼル車に使用して脱税で摘発された会社がありましたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 軽油税の節税を考えておりました。 40円/L程の目的税を支払うのは、バカバカしいと考えました。 面倒でも、無駄な税は支払いたくありません。 それ以外、徴収を免れない税が多すぎるからです。 折角のご回答に水を差すようで申し訳ありません。

  • 回答No.2
  • php504
  • ベストアンサー率42% (926/2160)

灯油でディーゼルエンジンを動かすと焼き付いて壊れるそうです。 灯油をディーゼル燃料に換える添加剤という怪しい製品も売ってるようですが普通に軽油使った方が安心と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 添加剤を使ってみます。

  • 回答No.1
noname#131426
noname#131426

軽油には燃料ポンプの潤滑用の添加剤が入っています。 灯油だと別名洗い油と言われるぐらい洗浄性があるので、摩耗を促進させてしまう可能性があります。 寿命も短くなるでしょうし、故障も出やすくなると思います。 脱税にはならないと思いますけどね。 ここはよく分かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 合法??? 添加剤を販売するHPをみつけました 。 脱税⇒節税 間違えました。

関連するQ&A

  • 電気自動車の税金

    電気自動車には、ガソリン税のような趣旨の税金がかからないそうですが、 これは、普通の車に乗っている者にとっては、不公平に感じます。 ガソリン税、軽油税は、道路整備に使う財源として徴収されています。 電気自動車だって 道路を走るのは、同じ事なんだから何らかの形で徴収すべきです。 船も、軽油を使うのですが、道路を走らないので、申請すれば、税金を免除されています。 漁船登録をしていて、漁協の給油所で入れれば、税金を差し引いた価格になっています。 また、トラックなどが、税金のかかってる軽油を使わないで、重油や灯油で走ると検挙されます。 この検挙理由のメインは、脱税です。 電気自動車は、色々優遇措置が出ていますが、道路を走る場合は、ガソリン税に変わるものを 徴収すべきと思いますが、どうでしょうか?

  • 灯油でディーゼル車に乗る

    ディーゼルエンジンの車に燃料切れの際には応急的に灯油を入れて走れると認識しています。 軽油と灯油を半々に給油して走っている大型トラックやダンプも多いとか・・・(黒煙が凄くなり、パワーが無くなる?) 灯油で走れるなら軽油のほぼ半額ですよね? エンジンに何か問題が発生してしまう事はあるのでしょうか?(壊れる?) また、何かの違反にあたりますか? 実際に灯油を給油したことがある方、使用した経験がある方、使用中の方、ご感想などを教えてください。

  • 灯油に混ぜる添加剤を混ぜてジーゼル燃料?

    灯油に添加剤を混ぜて、ジーゼル発電機の燃料として使用する事は可能なのでしょうか? ?どのような添加剤がありますか? ?正常に運転出来ますか? ?軽油税などの観点から、脱税にあたらないか? ?そのような事例はあるのか?一般的に行われているのか? ?普通のジーゼル仕様の機械に使えるのか?性能に問題はないのか? ?排気ガスは普通の物と比べて、劣悪なのか? ?具体的なメリット/デメリットは? 御存じの方ご教授下さい。

  • 暫定ガソリン税ですが・・?

     今気づいたのですが~~ 道路を走らない トラクターの燃料(ガソリン)も 何故 道路整備に使われる分の 税を払うのですか?

  • 業務用のGHPでハイパワーマルチの名称が有りますが

    業務用のGHPでハイパワーマルチの名称が有りますが、ガスエンジンに発電機が付けば「ハイパワー」と呼ばれるのでしょうか。 なぜ「ハイパワー」が発電機なのでしょうか。 ハイパワーの名前の由来も教えてください。

  • ガソスタで車壊された

    昨日の5時ころにガソスタで給油したときに、ガソスタのスタッフが、無料で、オイル点検をしてくれるといいます。 なのでお願いして、そのとき、クーラントも足した方がよいと言われて、足してもらいました。 その後、自動車を2キロくらい走らせましたが、駐車場で動かなくなってしまいました。 レッカー車を呼んで見てもらうと、発電機が壊れてエンジンがかからなくなっているそうです。 おくそくですが、ガソスタのスタッフがハイオクと間違えて軽油をいれたかもしれないです。 もしハイオク専用の車に軽油をいれられたら発電機はこわれますか?教えてください

  • 建設工事用エンジン発電機の燃料タンク容量の規制

    建設工事で使用されるディーゼルエンジン駆動の発電機や圧縮機などで燃料タンクの大きさを規定するような法的規則はありますか? 常用又は非常用の自家発電用では軽油のタンクが200?以上になると消防法で少量危険物取扱所になるようですが、エンジン発電機などの建設機械ではそれに該当するような規制は何かあるのでしょうか?インターネットで調べた限りでは車両の燃料タンクは消防法の適用外という記載もありました。特に大型の発電機でで軽油燃料タンクが長時間運転のために500?を越えるような場合について知りたいと思っています。

  • 道路拡張のための敷地寄贈

    10年前に新築したのですが、その時に前の道路幅が狭かったので今度の道路整備で拡張する分セットバックしてくださいと言われていたのですが、今まで何もなくセットバック分の土地もまだ所有しているので税金も払っています。セットバック分は50cmの10mほどで少ないのですが、今回道路整備がおこなわれるというので、正式に寄贈の依頼が来ました。ところが、道路整備までにはまだ10年ほど掛かるそうなのです。建てた当初から寄贈するとわかっているのに税金を払い続け、寄贈の依頼が来ても道路整備が終わるまでは税金を払い続けるというのはどうにかならないのでしょうか。寄贈するまでは、所有者なのだから税金を払うのは当たり前かもしれませんが、当初から自分の土地であり自分の物ではないものの税金だけ払ってきているのはどうも納得がいきません。また、それならば売ればいいと言うかもしれませんが、購入した時点で次に売る時はセットバック分は自分の土地として認められず、道路となるというのです。寄贈した年に税の優遇措置があるとは聞いたのですが、それまでの期間が長く優遇措置よりもどうせ無くなるのなら早くしてもらいたいのですが、このような場合、どのような方法があるのか分かる方があれば教えてください。

  • ガソリン暫定税の替りの財源が必要な理由

    テレビ番組を見ていて、ガソリン暫定税の話題が出ると評論家が「仮に暫定税法が廃止になると替りの財源が必要になる」と言ってるのを聞きます。 そこで疑問に思うのが、暫定の財源で、前から今月で廃止になるのが解かっていた税収入の替りが必要なんでしょうか? 各自治体は暫定税継続ありきで予算を組んでる所が多いと聞きましたが、それもオカシイと思いますし、小泉政権の頃は日本の道路整備は十分だから道路特定財源の使い方を変えたいと言っていました。 政治家によって道路整備状況への解釈は違うかもしれませんが、政治家によっては十分整備されてると言う道路状況なら、暫定税が無くなってもガソリンには他の税がかかってるし、自動車重量税も取ってるので道路整備費は十分じゃないの?どんな予算を組んでいるの?と疑問です。 大きな利権があると思うので、政治家や土建業の利権関係者が替りの財源が必要だと言うのは解かりますが、そんな関係が無さそうな複数の解説者、ゲストが替りの財源が必要と言っていたと思います。 利権に関係のなさそうな解説者が、ガソリン暫定財の替りの財源が必要だと言う理由を教えてください。

  • 東京都での都市計画税の使途

     都市計画税は、都市整備などの費用に充てるための目的税で、下水道、公園、生活道路、学校、病院等の都市整備の充実強化のために使用されていることは分かりますが、東京都では、具体的にどのような使途状況になっているのでしょうか。  都市計画税の使途内訳をご存じでしたら、教えていただきたいです。