• ベストアンサー
  • 困ってます

歴史史料についての質問

前置きが長くて申し訳ないのですが、一読していただきたいです。 歴史(日本史)を調べたりすると、とくに古代史なんかでは、史料が少なくて、はっきりしてない箇所が多いと思います。また、史料がある程度揃っている時代でも、歴史という過去の出来事である以上、説や解釈が分かれていますよね。私は理解したい箇所があると、手元にある教科書、参考書、文献を調べるのですが、同じテーマについて解釈が分かれていて、どれなのか明確にならないのです。そこで、史料を読めばある程度はっきりとスッキリとできるんじゃないかと思うのです。というよりは、学者は史料から分析したものを、世に「歴史」として伝えてるのだから、当然といえば当然ですが。  大学受験とか高校生の授業で扱うくらいのレベルでいえば、世にでてる史料集は「山川出版社」のほかにどこからでているのでしょうか?少し山川のものでは、不足があると思うので、高校生レベルよりもマニアックな史料集があれば、、、と思っています。たとえば古代史だけのものや、特定テーマの史料集(荘園とか貨幣史とか)とかになるかと思うんですが、「○○から、こんなのがでてる」とかがわかれば、あとはアサってみますので。何か良いものがあれば、情報提供お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数119
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#174420
noname#174420

やや専門的な日本史の史料集としては、 関晃他編「史料による日本のあゆみ」古代・中世・近世・近代編(吉川弘文館、1960) 歴史学研究会編「日本史史料」古代・中世・近世・近代・現代編(岩波書店、1997) などがあります。 しかしこれらはあくまで「史料集」として重要記事を抜粋したものなので、 「あの時代について」とか、「この分野が知りたい」とかいうのがあれば、その史料そのものに当たるほうがいいですね。 例えば、古代史について知りたければ、日本書紀以下の六国史を見るべきですが、これらは全て刊行されています。 また特定地域についてならば、自治体史の資料編を見れば、関係資料は網羅されていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • tachiuo
  • ベストアンサー率32% (92/279)

質問が非常に漠然としていますね。的確な回答を得たかったら、もっと具体的に書いてください。あなたは、一体何を調べたいのですか。また、日本史を専門的に研究しようとしているのか、趣味の範囲内なのか。あなたは高校生なのか、大学生なのか、社会人なのか。そういうことが分からなければ、答えようがありません。ここでは、基本史料を紹介しますが、上記の理由で、これが的確な回答になるかならないかは分かりません。 東京大学史料編纂所『大日本史料』・『大日本古文書』、黒板勝美『新訂増補国史大系』、続群書類従完成会『群書類従』・『続群書類従』・『続々群書類従』、竹内理三『寧楽遺文』・『平安遺文』・『鎌倉遺文』など。これらだけでも、家中が本だらけになり、購入するには、家一軒建つくらいの金額になるでしょう。それくらい、あなたの質問は漠然としているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • jk7
  • ベストアンサー率18% (46/247)

各都道府県や市町村が編纂している都道府県史や市町村史に資料編・史料編というのがあります。それがベストではないでしょうか。 資料編・史料編がない場合は、通史編の中でそれらが紹介されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 教員の指導書

    4月から公立高校の社会科教員として勤務する者です。昨日、私の担当教化がおそらく日本史であるため、さまざまな質問をさせていただいたのですが、その中で教材に関する情報提供があり、山川出版社の毎月発行している『歴史と地理 日本史の研究』が役にたつという回答をいただきました。さらに、「教科書会社がつくっている教師用の指導書」を出版社から取り寄せるとよい、ということだったのですが、教師用の指導書とは、山川出版社や三省堂ならば、何という書籍になりますか?出版社に問い合わせるにも、名称がわからない状態です。そこで、とくに高校教員の方々に情報を提供していただきたいです。恐縮ですが、宜しくお願いいたします。

  • 町の起源を調べるには

    こんばんは 高校生です。 自分の町の起こりを調べるにはどうすればいいでしょうか。 “東京都”ではなく、例えば、東京都千代田区の“永田町”の歴史です。 風土記レベルくらいから、ホント、最初の最初から調べたいのですが、どういう史料に当たればいいのでしょうか。 永田町のように有名なところではなく、山古志村のように、小さな町です。 随時補足をするので、お願いします。

  • マーチ程度のレベルで、日本文学をやるならどこの大学か

    他にも同様の質問はありましたが回答範囲が志望と違うので新規に質問させていただきます。 マーチや成成明学くらいのレベルの大学で日本文学に強い大学を教えてください。東京近郊か関西への進学を希望しており、古典(特に古代)を中心に学びたいと思っています。 教授やテーマから決めることも検討していますが、史料などのことを考えると大学の環境も大事だと思ったので質問しました。ご回答宜しくお願いします。

  • 世界史に詳しくなる本を教えてください!(大学受験生向け)

    大学受験を控えている知り合いがいるのですが、今まで世界史を勉強したことがなく受験できるレベルに到達していないので困っているようです。 とりあえず概観(全体的な流れ)をつかむために面白い歴史系小説を読んでみることを勧めたのですが、歴史小説と言えば塩野七生ぐらいしか思いつきません。 古代から現代まで扱っている地域はどこでもかまいませんので、高校生ぐらいの女の子が読んで面白く、しかも勉強になりそうな本を教えてください。よろしくお願い致します。

  • 国司、荘園領主、守護、地頭が農民に要求するモノについて

     東京書籍の「新編 新しい社会 歴史」(中学校の教科書)、山川出版社の「改訂版 新詳説 日本史」、「日本史B用語集」等で、日本史を勉強している社会人です。 国司、荘園領主、守護、地頭が農民に要求するモノについて、混乱しています。 ・国司…奈良時代から。朝廷が、地方の国に貴族を派遣。 ・荘園領主…奈良時代の墾田永年私財法から。 ・守護…頼朝の時代から。幕府が、国ごとに警察として派遣。御家人に、領地とともに与えられる地位でもある。 ・地頭…頼朝の時代から。幕府が、荘園・公領ごとに年貢の取り立て役として派遣。御家人に、領地とともに与えられる地位でもある。 という原則は、理解できました。(間違っていたら、指摘してくだされば幸いです。)  室町時代になると、守護大名が国司の権力を吸収するようなので、話は少し簡単になると思うのですが、鎌倉時代における、これら4者の役割・権限分担がよくわかりません。(「領主に年貢を納める」、「地頭が兵役を課す」という記載が中学校の教科書にはあり、ますます混乱しています。) これら4者が農民に要求するモノ、朝廷や幕府への年貢の流れ等、ご教示くだされば幸いです。

  • 実在していたかが疑問視されている歴史上の人物

    実在していたかが疑問視されている歴史上の人物(要するに、歴史書などには載っているが伝承に過ぎなかったり著述家の創作だという説が出ているもの)を教えてください。個人的に知ってるのは聖徳太子と佐々木小次郎ですが、おそらくもっといるのではないかと思い質問しました。 日本史か世界史かは問いませんが、歴史の知識は並程度なのでせめて山川出版社の高校生向け用語集に出てくる位の知名度の人か、前述の佐々木小次郎のように有名な歴史的エピソードの登場人物くらいの知名度の人にして下さい。 あとヤマトタケルとかは流石に伝説的要素の方が強いですし、天皇もはじめの何人かは架空の存在とも聞いたことがあるので、近世の人についての回答が特にうれしいです。 さらに注文をつけて申し訳ないのですが、東洲斎写楽のように正体が知られていない人については、「実は葛飾北斎の別名だった」みたく既に有名な人の別名義だった的なもの以外は、正体不明でもやはり存在しなかった訳では無いのですから含まないで下さい。 注文だらけで申し訳ないですが、宜しければ回答宜しくお願いします。

  • ネット検索が中高生の勉強に与える影響

    当方、学生時代にネットという便利なものがなかった中年ですが、 最近はなんでも検索で見つかるので便利と驚きがあります。 英単語の意味などはもちろん、数学の解法や理科の単語、 あるいは歴史公民分野などはWikipediaを見ればマニアックな情報まで載っています。 私の時代は電子辞書すらなく、英単語を調べるにも紙の辞書を調べないといけず、 また、社会の用語などは山川出版社の年表や資料集などが頼りでした。 そうすると、マニアックな情報を知っている人はクラスの中で 「歴史博士」「生物博士」などといったポジションになったりしました。 ================================ そこで質問ですが、このように何でも簡単に検索できるようになって 小中学生・高校生の初中等教育上での影響はありますでしょうか? よく、ネットの情報は「あらすじ」「目次」に過ぎないので、 本当に勝ちある情報は今でも書籍や出版物だ、ということを聞いたりします。 学校ではスマホ等持ち込み禁止だとは思いますが、図書館などで検索できますよね。 そのように「情報の希少性」が薄まったことで、教育上、あるいは子どもの心理上、 昔の時代に比べて、どのように変化していったと考えられますでしょうか? お気軽にご意見をお聞かせ頂けましたら幸いです。

  • 日本史の勉強方法に詳しい方に質問です!!

    高2で、今年から日本史Bの授業がはじまりました。 今度の中間試験で日本史の学年順位を1位(=満点)をとりたいのです!! 日本史は、定期テストの内容が受験に直結すると聞いたので。。 中間試験は5月下旬で、テスト範囲は日本文化のあけぼのから古墳時代のヤマト政権と政治制度(山川の詳説日本史B p8からp33)までです。 そして、今持っている日本史勉強アイテムが ・教科書(山川の詳説日本史B) ・とうほうの日本史のライブラリー ・実教出版のテーマ学習史料日本史 ・Gakkenの書き込みノート日本史 ・旺文社の日本史Bノート ・数研出版のゼミノート日本史B ・東進ブックスの日本史B一問一答 ・進研ゼミ ・学校の授業ノート で、これらの教材を駆使して絶対満点をとる実力をつけるにはどうしたらいいですか?? ちなみに、私は中学の頃の歴史全くと言っていいほど頭に入っていません。 18点をとったことがあります。。泣 なので日本史に関してはなにをどうやって勉強したらいいのかまるっきりわかりません。。 Gakkenの書き込みノート、日本史旺文社の日本史Bノート、数研出版のゼミノート日本史B、東進ブックスの日本史B一問一答は兄からもらって、真っ白のままです。 あと上の教材以外で、こんな参考書やノートがおすすめーとか、辞書テキスト(この一冊あれば最強)がある!!とかあれば、明日大きな本屋さんに行く予定なので言っていただけると嬉しいです。 できるだけお早めの回答お待ちしております。 どうかよろしくおねがいします!!

  • 史料を探してます。

    こんにちは。私は今大学4年生で、今年卒業論文を書かなければなりません。今のところ、唐の異民族政策についてやりたいと思っています。特に、羈糜政策と都護府に関して調べたいのですがなかなか史料がありません。何かこういうことに関する論文や史料、文献をご存知の方がみえましたら教えて下さい。それから、阿倍仲麻呂が鎮南都護や安南節度使になったことに関する史料をご存知の方もお願いします。

  • 西洋史の卒業論文について。

    自分は西洋史の学生です。 卒業論文を書くわけですが、2点気になることがあるので教えてください。 (1)ひとつめは「現代」という時代区分の範囲です。  時代区分と言うのはは明確に決まっているものはではありませんが、ある程度決まった解釈があると思うんですが(「古代」ならゲルマン大移動まで等)。  現代史の始まりは第二次世界大戦後だというのは分かるのですが、終わりはいつまでなんでしょうか。  例えば、1970年代のヴェトナム戦争などは現代史と呼べると思うのですが、イラク戦争のような数年前の最近の出来事も現代史という枠組みに捉えていいのでしょうか。  またEUの成立と拡大などのように現在も続いてる事を「現代史」としていいのでしょうか。   (2)自分は西洋史専攻なんですが最近法律(日本)に興味を持ち始めて学校外で法律の本を読むようになりました。  そして、日本の法律がヨーロッパの影響を受けているということで、フランスやドイツの法律も勉強してみたいと思いました。  それで卒業論文のテーマとして勉強しようとも思ったのです。  ただ法律そのものを勉強するのは歴史を離れて法学の方になってしうので、法史(こういう言い方があるのかわかりませんが・・・)と言う形でならいいのではないかと思いました。  フランスやドイツの法の歴史を研究すると言うのは「法学」でしょうか?「歴史学」でしょうか。  「法学」だとしたら、史学部がヨーロッパの法の歴史を卒論のテーマにするのはおかしいでしょうか。   読みにくい文章になっていたら申し訳ございません。 よろしくお願いします。