• 締切済み
  • 困ってます

炭酸水素ナトリウムと水酸化ナトリウム

有機実験でフェノールを水酸化ナトリウムのアルカリ性下でクロロ酢酸からフェノキシ酢酸を合成する実験なのですが、 酢酸エチル層と水層間においてフェノキシ酢酸をナトリウム塩として抽出する際に炭酸水素ナトリウムを使用しました。 もしこれを水酸化ナトリウムを利用して行ったらどんな弊害があるでしょうか? どなたか回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数3218
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

#1のお答えでよいのですが、もっと「イヤラシイ」事も起きます。 Heavy-Metal様の行われた反応では、水相でフェノキシル陰イオンがクロロ酢酸の塩化物イオンを追い出してフェノキシ酢酸を生じます。 まずこの混合物を水で薄め、酢酸エチルで抽出しもっとも溶けやすい生成物のフェノキシ酢酸と少量の原料のフェノールが抽出されてきます。クロロ酢酸は強酸なので酢酸エチル層にはほとんど来ません。(塩基性の水がないと完全に酢酸エチル層に来てしまう) 酢酸エチルは水酸化ナトリウム存在下でどんどん加水分解され酢酸とエタノールになっちゃいます。 学部四年の「物理化学演習」「反応速度の測定」でやりました、速いです。 すると、酢酸ナトリウムとエタノールができてきます。 つまり水層にどんどん酢酸ナトリウムとアルコールが出てきてフェノキシ酢酸のナトリウム塩と混ざりますます。 つまり「酢酸エチルの加水分解を抑えるためにpHをあまり大きくしない」という効果もあるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

フェノキシ酢酸を炭酸水素ナトリウム(以下重曹)で抽出する際に水酸化ナトリウムを使うとどのような弊害があるのか。。。 一番の理由は解離定数の問題じゃないでしょうか。 酢酸(CH3COOH):4.75(フェノキシ酢酸の解離定数がわかりませんでしたのでカルボン酸の代表例で代理) 炭酸(H2CO3):6.37 フェノール(C6H5OH):9.89 炭酸水素イオン(HCO3(-)):10.25 水:14.0となります。 ということは目的物であるフェノキシ酢酸のみナトリウム塩として水層に落とし、未反応のフェノールは有機層に残せるアニオン種(塩基、アルカリと考えても良い)として重曹が上げられと思います。 つまりH2CO3 > フェノール > HCO3よりフェノールはナトリウム塩にならず有機層に残るのです。 では水酸化ナトリウムを使用するとどうなるでしょう。アニオン種は水酸基なので水の解離定数と同じと考えてよいでしょうか。 そうするとフェノキシ酢酸だけでなくフェノールまで水層に落ちてきてしまい分離できませんね。 以上のような原因により抽出に重曹を用いているのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 炭酸水素ナトリウムと水酸化ナトリウム

    炭酸水素ナトリウムと水酸化ナトリウムは反応して炭酸ナトリウムと水が生成すると教わったのですが、なぜこのような反応が起きるのでしょうか? あと、炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの混合液に塩酸を加えて中和滴定をしたときに、それぞれが塩酸と反応すると思うのですが、炭酸ナトリウムが塩酸と反応してできた炭酸水素ナトリウムは水酸化ナトリウムと反応しないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 炭酸水素ナトリウムはなぜアルカリ性

    炭酸ナトリウムは電離した炭酸イオンが水分子から水素を奪い水酸化物イオンができるので多少強いアルカリ性を示すのはわかるのですが、炭酸水素ナトリウム(重曹)はなぜ弱いアルカリ性を示すのでしょう?

  • フェノールと炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム

    フェノールの酸が弱いため炭酸水素ナトリウムとは反応しないが、炭酸ナトリウムとは反応する と習いました。これは分かります。 しかし、ブリタニカには"フェノールは炭酸ナトリウム溶液には溶けない" と書いてあります。 どういう事でしょうか? 溶けない は反応しない とは違う意味なのでしょうか? また、サリチル酸メチルもフェノールと同様の原理で考えて大丈夫でしょうか?

  • 炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムについて

    (I)高校レベルの参考書では一般に、フェノール等の遊離を行う際、「炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)」を使うと記載していますが、「炭酸ナトリウム(Na2CO3)」でも可能のはずです。 炭酸水素ナトリウムの方が反応が分かりやすいという以外に炭酸ナトリウムが使われない理由があるのでしょうか?

  • 炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムについて(2)

    サリチル酸を炭酸水素ナトリウム水溶液に加えるとサリチル酸より弱酸である、炭酸が遊離し結果的に二酸化炭素の気泡が観測されますが、これは炭酸ナトリウム水溶液でも同様の反応が起こるのでしょうか? 個人的には原理的に同じことだと思うのですが私の知る参考書等には「炭酸ナトリウム水溶液を使う」という表記はなかったのです。 推測では炭酸ナトリウムの方だと、段階的にまず炭酸水素ナトリウムを生じるため水素陽イオンが消費されて、2段階目の炭酸の生成量が減少し、気泡の発生が観測しにくいのかなと思うのですが、それ以外に理由があるのでしょうか? (以前の質問では、ほぼ同様の内容として、「ナトリウムフェノキシドの水溶液に炭酸水素ナトリウムを加えてフェノールを遊離させる場合、炭酸ナトリウムでも可能なのか?」ということを聞きたかったのですが私の質問文が不正確極まりなかったので、再度質問させて頂きました。)

  • 炭酸水素ナトリウムが水にあまり溶けないことと、弱アルカリ性であることは関係ある?

    中学の理科で、分解のところの勉強をしています。 教科書やワークで、炭酸水素ナトリウムの実験があり、 ■炭酸水素ナトリウム:水にあまり溶けない、弱いアルカリ性 ■炭酸ナトリウム:水に溶ける、アルカリ性 ということが書いてあります。 この、溶けやすさと、アルカリ性の強さには何か関係があるのでしょうか。 それとも、全く関係ないのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • フェノール類と炭酸ナトリウム

    学校の有機化学実験で、フェノール類と炭酸水素ナトリウムの反応実験を行いました。 詳細は次の通りです。 試験管二本に水を5mlずついれ、それぞれにフェノールまたは安息香酸を入れる。さらにそれら両方に炭酸ナトリウムをいれ、試験管内の変化を見る。 結果としては フェノール→二層に分離 安息香酸 →一層に混ざる でした。 これらの結果は、なぜ起こったのでしょうか。 私の考えた限りでは (1)まず炭酸ナトリウムが加水分解することでHCO3^-を生じる (2)生じたHCO3^-は、フェノールよりは酸性が強いため何も起こらないが、安息香酸のカルボキシル基よりは酸性が弱いため、弱酸の遊離を起こし、H2CO3が遊離する。 (3)結果、フェノールは自身に何の影響もなかったため試験管での変化はないが、安息香酸はナトリウム塩となり、水溶する。 という流れではないかと予想しましたが、これで正しいのでしょうか?

  • アセチルサリチル酸の合成のときに、炭酸水素ナトリウム水溶液を加えるのは

    アセチルサリチル酸の合成のときに、炭酸水素ナトリウム水溶液を加えるのは純度を上げるためです。でもなぜ、水酸化ナトリウムだと分離できないのですか?? その理由を誰か教えてくれませんか! お願いします!!

  • 炭酸水素ナトリウムはアルカリ性なのにどうして食べられるのか

    炭酸水素ナトリウムは、分解すると炭酸ナトリウムになるが、その水溶液は強アルカリ性(毒性)。それなのに、ホットケーキなど、食用に使われているのはなぜ?

  • ベーキングパウダーに炭酸ナトリウムは?

    ベーキングパウダーの主成分は、炭酸水素ナトリウムだそうですが、炭酸ナトリウムを代わりに使えませんか?高校の化学の時間にどちらも加水分解してアルカリ性になると教えてもらいましたので、同じだと思うのですが???? また、水酸化ナトリウムはどうですか?どなたか教えてください