• ベストアンサー
  • 困ってます

地方自治法

地方自治体には、条例を制定できますが、この条例制定権の限界について、また、こういった条例制定権についての判例があるかどうか、二点教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数85
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 国法に対する関係で、法令に違反しないかぎりにおいて、条例を制定することができ(地方自治14条1項)、法律の明文の規定に反する場合のほか、国全体の統一的規制にゆだねられる事項(2条10項参照)、または国法の先占に属する事項についても制定できない。罰則については、2年以下の懲役・禁錮を含む罰則に限られます(14条5項)。下のHPには、判例ならびに説明が詳しく記載されています。 http://www2.hle.niigata-u.ac.jp/~nrsmtks/resume/970606/970606_94b.htm http://hiraokahome.law.osaka-cu.ac.jp/C/620530S0.htm http://www.mars.sphere.ne.jp/arinomi/ronbun/Chapter3.htm http://www.asahi-net.or.jp/~tq3a-tkso/usr/kono/honbun.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地方自治法

    東京都23区に条例制定権はあるのか

  • 地方自治法に抵触しませんか。

    地方自治体は、○○のため、必要に応じ予算上の措置を講じなければならない。 条例の一部です。地方自治体が予算の執行権を持っているように解釈できるのですが。

  • 団体自治(センター試験レベルの勉強)

    「地方自治体が、法律や政令による授権に基づいて、違反者に対する罰則つきの条例を制定すべきである」 これは選択肢のひとつで、間違いなのですが、私は「地方自治体が条例を作るときには法律に沿ったものでないといけない」だったような気がするので、そのことを書いているのだろうか、とこれを正解にしました。 解答には「地方自治体は法律や政令の授権に基づかなくとも条例を制定できる」とありました。 この、法律や政令の授権に基づく、というのはどういう意味なのですか? この選択肢が間違いだと納得したいです。 お願いします。

  • 地方自治法244条2の2項について教えてください。

    地方自治法244条2の2項について教えてください。 「条例で定める重要な公の施設のうち、条例で定める特に重要なものについて、これを廃止し…」の廃止とはどういう意味なんでしょうか?

  • 行政書士試験過去問題(地方自治法)教えて下さい

    行政書士試験の地方自治法の過去問題で、解説を読んでも理解できない箇所があります。ぜひ初心者向けに説明をしていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 本試験2000年出題 問  地方公共団体の自治立法に関する次の記述のうち、正しいもの    はどれか。 肢1 地方公共団体は、条例により法令に対し上乗せ的な規制を定める   ことができるが、そのためには法令の個別的委任が必要である。 答え 誤 解説 地方公共団体に条例制定権が認められている(14条1項)以上、   法律の趣旨等に反しない限り、上乗せ的な規制を条例で定めるこ   とができる(最判昭50.9.10)のであって、法令の個別的授権は   必要ではない。 本試験2003年出題 問  次の記述のうち、誤っているものはどれか。 肢5 条例で罰則に関し施行規則に包括委任することは許されない。 答え 正 解説 そのとおり。判例によれば、条例によって罰則を定める場合、法律の授権が相当程度具体的であり、限定されていなければならない(最判昭37.5.30)。したがって、条例が、条例よりさらに下位のほう規範である施行規則に、罰則に関し包括委任することは許されない。 質問1 上記2000年の問題解説を読むと、上乗せ的な規制を条例で定めるのに法令の個別的授権は要らないと書いてあって、2003年の問題解説を読むと、条例で罰則を定める場合、法律の授権が相当程度具体的に必要と書いてあるのですが、結局、条例で罰則を定めるには「法律とか法令とかの授権」が必要なのですか? 質問2 「法令」とは、「法律・命令」のことですか?それとも「法律またはこれに基づく政令」のことですか?

  • 地方公共団体

    地方公共団体(地方政府)の統治機構の特色について。 地方公共団体の条例制定権(限)の範囲と限界について。この二点もさっぱり。一応、大学の教授に聞いてみたのですが、わかりませんでした。

  • 条例制定権の範囲限界

    地方分権一括法の施行後における条例制定権の範囲限界について教えていただけませんか?

  • 地方公務員

    私は商店街衰退について研究しているのですがこの対策として地方公務員、地方自治体にしかできないような利点などはあるのでしょうか? たとえば商店街衰退改善に対しての条例の制定など。。。 他の企業団体とは違う仕事内容などがありましたらや具体的に教えてください。

  • 地方自治法第155条

    地方自治法第155条で、市町村長は「条例で、支所または出張所を設けることができる。」とありますが、最近、市町村では住民の利便性向上のため、土・日曜日にもショッピングセンター内や駅構内において「行政サービスコーナー」や「市民サービスセンター」などを設置し、住民異動や戸籍証明、税の証明や納税処理などの簡易的な窓口業務を行っています。 そこで質問なのですが、これらの扱いは支所または出張所と思われますが、ほとんどの市町村では条例ではなく規則で取り扱っています。これは、いわゆる箱物を建てるわけではなく、ショッピングセンターなどのスペースを間借りしての設置だから規則でもいいということでしょうか。条例だと議会の議決が必要となるので面倒くさいから規則としているのでしょうか。法的根拠のようなものはあるのでしょうか。教えてください。よろしくお願いします。

  • 地方自治法 14条3項の「二年以下の懲役」について

    地方自治法14条3項の条例違反における 「二年以下の懲役若しくは禁固」について の質問なのですが、  (憲法31条等、憲法上の問題点は別論として) 実務上、特に地方自治法14条3項 における「懲役」というのは、 通常裁判所における裁判を経た上で 通常の刑務所に収監されるという趣旨 なのでしょうか? 実際の実務上の運営がどのようになされている のか全くわかりませんので、 特に、別途参考となる法規も含め、 具体例(具体的条例)を交えお教え頂けましたら幸いです。 宜しくお願い致します。