• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

住民税の控除について

住民税の控除について気になるので教えていただきたいの でお願いします。 サラリーマンの場合、所得税の控除は年末調整の用紙に自 分で記入し控除を受けるので、ある程度、理解ができるの ですが、住民税の控除については、何時、誰が、どのよう に、行われているのかが分かりません。 所得税と住民税の控除は、どちらか一方しかできないと聞 いた事があり、最近までそうだと信じていたのですが、な んだかはっきり知らないのが気持ち悪いので質問しました。 回答よろしくお願いします。 また、所得税、住民税には基礎控除なるものがありますが 、この基礎控除とは、どのように控除されているのですか ?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数354
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

所得税はその年の(課税)所得から基礎控除など各種控除を差し引き税率をかけて計算しますよね。すると年末まで所得税がわかりません。そこで毎月のお給料から仮の金額を引いておいて(源泉所得税)、年末調整のときに1年間の所得から求めた所得税額と1年間の源泉所得税の合計額を比較し、源泉した金額の方が多ければ還付、少なければ追加で徴収するようになってます(大抵の場合は還付だと思いますが)。 じゃ、住民税はどうかというと、住民税は前の年の所得を基に計算されてるんです。前の年の所得っていうことはもう金額が確定しているということなので、還付等は生じないっていうことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すっきりしました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 住宅ローン控除 住民税ではどうなる?

    今年の住民税の明細をもらうと、所得税の一部が自治体(住民税)の徴収に振り返られ、昨年と比べると大幅に住民税が上がっています。それに対して所得税は今年から下がっています。 そこで、住宅ローン控除はもちろん上限はありますが、私のような低所得一般サラリーマンは年末調整でその年支払った税金の全てが返ってきます。 当り前のことですが、返ってくると言っても、税金を納めていない分までは返ってくるわけはなく、納めた分が少なければ自動的に返ってくる金額も少ないわけです。 しかし、今まで住民税では住宅ローン控除はありませんでしたので、もしも所得税から住民税に振り返られた分に住宅ローン控除が適用出来ないとなれば、納めている所得税が少なくなっているわけですから年末調整の返金は少なくなります。 実際のところ、所得税から住民税に振り返られた分に住宅ローン控除が適用されるのでしょうか?  結果として、住宅ローン控除に係るる実質的税負担(所得税+住民税)は増えることになるのでしょうか?

  • 住民税も会社で控除の計算をしてくれてるの?

    厚生年金を支払う会社員です。 素朴な疑問なのですが、所得税については年末調整を会社でしてくれていますが 住民税についても会社で年末調整みたいな事をしてくれているのでしょうか? 所得税には所得控除や税額控除があるようですが、 住民税にも控除があるんですよね? 所得税の年末調整と同じように、住民税も会社でやってくれるのが普通なのか教えてください。 (こんな事会社に聞けません 汗)

  • 住民税について

    自営業の専従者給与をもらっています。今年の給与収入は1,190,000で年末調整をすると給与所得控除後の金額が540,000、所得控除の合計額576,180で税額は0となります。所得税は0なのですが、住民税は基礎控除が330,000だと思うので少し税金がかかるのでしょうか。医療費を結構使っていますので(6万円ぐらい)確定申告で医療費控除に行けば住民税は少しは少なくなるのでしょうか。 でも還付されないので行く必要はないのか、そのへんが良く分かりません。 また行くとすれば、1月でも確定申告は出来るのでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

住民税にも所得税と同じように基礎控除や生命保険控除などがあります。ただ、その控除額は所得税より少ないです。 いついったいだれがということですが、会社員の場合は、毎年1月中に会社から各市町村へ源泉徴収票の写しが提出され、それを元に住民税が計算されます。そして、5月頃になると各市町村から会社へ、各社員の住民税額を知らせる書類が届き、会社は社員へ社員用の明細を配布し、また6月分から翌年の5月分についてその明細に基づいて住民税を徴収します。たぶん6月位に横に細長~い計算書を会社からもらってませんか?その計算書に住民税の控除額なども記載されてます。 ちなみに医療費控除などで確定申告する機会があったら、その確定申告書をぺらっとめくってみてください。1枚目が所得税を計算する用紙、2枚目が住民税を計算する用紙になってます。2枚目には住民税を計算するのに必要な部分だけが複写されるという仕組みです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 回答いただいた内容から考えると、見えない所でちゃんと 控除されているって事ですね。 年末調整のように控除された金額が返還されるという実感 が無いだけですか。 つまり、取られ過ぎている事が無い?という事ですか? 生命保険などの契約を変更したので、年末調整では、はっ きりと返還されるのが分かるのですが、住民税ではどうな んでしょうか? 会社がしてくれるから、心配ないのでしょうか?

関連するQ&A

  • 所得税・住民税の扶養控除についてです

    ABCの兄弟3人暮らしとします それぞれバイトで給与が年収133万とします AはBを所得税・市民税の扶養にし BはCを所得税・市民税の扶養にし CはAを所得税・市民税の扶養にすることは可能でしょうか? 所得控除65万と扶養控除38万で103万(住民税の場合98万)が控除さて 合計所得が38万以下になるため扶養控除の条件は満たせるかなと思ったのですが それと合計所得38万という数字についてですが これは所得税の基礎控除の額が基準になっているのでしょうか? だとすると住民税の基礎控除は33万かと思いますが 住民税の扶養条件も合計所得38万以下となっています 便宜上統一されているのでしょうか? ご回答よろしくお願いいたします

  • 所得税と住民税の控除について

    所得税の確定申告や年末調整で適用された控除は、住民税にも自動的に適用されるのでしょうか。

  • 青色専従者の住民税

    お世話になります。 私は青色専従者ですが、 所得税対策として年間103万以内で専従者給与を頂こうと思っていました。 でも住民税は100万以上からと聞いて、 だったら、100万以内にした方がいいのかな?と考え このサイトで検索していたのですが、 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3631724.html ↑ この方の回答を見て、 新たに疑問が沸いてしまい・・・ 自分で質問させて頂く事にしました。 まず、お伺いしたいのは (1)税金対策をするなら100万以内にしたほうがいいのか。 (2)回答にある >所得税については、 >給与所得所得控除・・650,000円 >自分の基礎控除・・・・380,000円 >ありますので所得税は0円です。 >市県民税については、 >給与所得所得控除・・650,000円 >自分の基礎控除・・・・各市町村で違いますので確認して下さい。 >多分0円 ↑ この【給与所得控除】と【自分の基礎控除】とは一体何ですか? 所得税は65万+38万で所得なしとみなされゼロ。 と言う事ですか? では、住民税の基礎控除とは・・・ いくらなのですか? ちなみに杉並区ですが主人に届いた住民税の納付書には その様な記載がありませんでした。

  • 住民税の控除について

    海外勤務の為、日本と海外の二本立てで給料貰っています。 日本にいないので住民税は払っていませんが、もし来年帰国した場合住民税が発生すると思います。 その場合、今年の所得に対して課税されるのであれば、医療控除などをしておけば少しは減額されるのでしょうか? 所得税が発生していないので、確定申告はしていません。(年末調整も)

  • 住民税も年末調整ってあるの?

    会社員です。 毎年所得税の年末調整は会社がやってくれるため、用紙に記入して出してますが 住民税も年末調整ってあると聞いたのですが、 一度も用紙に記入したことはありません。 勝手に税務署が年末調整してくれて、 多くとった分は相殺してくれてるのでしょうか? 給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額の決定・変更通知書を見れば、わかりますか?

  • 学生は129万を超えると住民税?なぜ129万円なのですか?

    学生は129万円を超えると住民税を、130万円を超えると所得税を払わなければならないと聞きました。 所得税については、 給与所得控除額65万円+基礎控除額38万円+勤労学生控除額27万円 を合わせると130万円になるので納得です。 ですが、住民税についての129万がよくわかりません。 住民税については、 給与所得控除額65万円+基礎控除額33万円+勤労学生控除額26万円 を合わせると124万円になります。 129万円稼ぐと残る5万円は課税されるのではないでしょうか?

  • 住民税住宅ローン控除

    会社の年末調整で住宅ローン減税をしたのですが、それとは別に所得税がへって控除しきれなかった分、住民税から控除をうけるための申請を個人で申し込むことを知らず、提出しませんでした。すると21年度分の住民税が前年より9000円もあがってしまいました。 すでに今月分の給与からは新しく引かれてしまいましたが今からでも申請をして住民税の住宅控除を受けることができますか?

  • 所得税と住民税について

     所得が38万円以下という扶養の条件についてお聞きします。  たとえば、私が35万円の所得がある場合は、夫の扶養控除に該当し、私の所得税の基礎控除38万円以下であるため、所得税はかからないと思うのですが、私の住民税の所得割は基礎控除33万円以上なのでかかると思います。  このような場合、夫の確定申告書には控除対象配偶者欄に私の名前をかけばよいと思いますが、私についても確定申告または住民税申告は必ず必要なのでしょうか?それとも特に行わなくていいのでしょうか?

  • 年末調整について

    祖父が急にボケてしまった為、変わりに年末調整をする事になったのですが、 年末調整の仕方がよく解りません。 会社の従業員は祖父のみ、年齢は70歳を超えています。 まず、給料から所得税や住民税、社会保険料を全く天引きしていないのですが (毎月の給与が88,000円を上回っているので所得税は発生すると思うのですが・・・) これは年末調整で年間の税額をまとめて計算して納付するという考え方でよいのでしょうか? 今のところ、基礎控除と配偶者控除しかありませんので、 所得税が発生してしまっています。 そこで社会保険料控除が受けれるのではと考えたのですが、 そもそも社会保険の支払い義務があるかどうかもよくわからないんです。。。 支払い義務があるとして、天引きしてないという事なら 個人で納付してるのではと考えたのですが、その場合 年末調整の用紙に控除証明書を添付しないといけないんですよね? できる限り所得税と住民税がかからないようにしてあげたいと思っています。 ご協力、よろしくお願いします。

  • 住民税と所得税の計算方法

    住民税と所得税の計算方法について質問なのですが、 以下の計算方法で正しいでしょうか。 例: 収入 300万円 経費 100万円 ------------ 住民税 ------------ (収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% + 均等割 (300 - 100 - 33) x 10% + 0.4 = 17.1 ------------ 所得税 ------------ (収入 - 経費 - 基礎控除) x 10% - 控除 (300 - 100 - 38) x 10% - 9.75 = 6.45 ちなみに、所得税は最後に 97,500円引かれると思いますが 住民税はこういったものは無いのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう