• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

/etc/hosts.allow 及び /etc/hosts.deny について

/etc/hosts.allow 及び /etc/hosts.deny は Tcp Wrapper のみが参照するファイルなんでしょうか? それとも inetd が参照するファイルなんでしょうか? 素人な質問ですみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数142
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • entree
  • ベストアンサー率55% (405/735)

TCP Wrapper 本体 (tcpd)、TCP Wrapper のライブラリをリンクしたアプリケーション (xinetd など)、独自に /etc/hosts.allow や /etc/hosts.deny を参照するように実装されたプログラムが参照します。 従って、 > Tcp Wrapper のみが参照するファイルなんでしょうか? この回答は No となります。 > それとも inetd が参照するファイルなんでしょうか? inetd は /etc/hosts.allow および /etc/hosts.deny を参照しないので、これも No となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

出張中で御礼が遅れましたことをお詫びいたします。 回答いただきましてありがとうございます。

関連するQ&A

  • ファイアウォールは必要?hosts.allow と hosts.deny だけではダメ?

    ネットで調べたところ、次のことが分かりました。 ●TCP Wrappers (/etc/hosts.{allow,deny} で設定)は inetd または xinetdで制御されていないプロセスへのアクセスをブロックできない。 ●とはいえ、sshd, sendmail は inetd/xinetdで制御されていないものの、/etc/hosts.{allow,deny}を自ら読みに行って、ここで許可されてないアクセスは拒否することができる。 sshd や sendmail も hosts.allow と hosts.deny で守ることができるとすると、Firewall(iptables)は、なぜ必要なのでしょうか?hosts.allow と hosts.deny で守ることができないデーモンがあるのでしょうか?

  • hosts.allowとhosts.denyについて

    centos5を利用しています。 /var/log/btmpファイルが200M、/var/log/secureファイルも20Mにもなっていました。 恥ずかしながら初めて中身をチェックしたのですが、SSHログインの失敗履歴のようでした。 このような場合の対処法をお聞きしたいのですが、 1. hosts.allowとhosts.denyを設定すればこの手のアタックは防げるのでしょうか? 2. hosts.allowとhosts.denyを設定後、/etc/rc.d/init.d/sshd restart でSSHを再起動したのですが、これで反映されたのでしょうか? 3. btmpファイルは削除しても問題ないでしょうか?削除する際に注意点などありましたらあわせて教えて頂けると幸いです。

  • xinetd を使う場合の hosts.allow/hosts.deny

    サーバ:CentOS 4.4 xinetd を使ってアクセスコントロールをしようとしています。 /etc/xinetd.d/サービス名 でサービス毎の設定が出来ますが、その中で(only_fromを使って)制御しようとしていますが、その際に /etc/hosts.allow と /etc/hosts.deny はどうなるのでしょうか。これらのファイルを削除して、xinetd の設定ファイルのみでアクセス制御するにしても、xinetd を通さないデーモンが直接 hosts.allow と hosts.deny を参照しようとする場合もありそうで怖そうです。 かといって xinetd と hosts.allow,hosts.deny の両方でアクセス制御するのもわかりにくくなりそうですし。 何かスマートなやり方というものはあるのでしょうか。

  • VNCのインストール後の allowとdenyの設定

    お世話になります。 vine linux3.2でrealVNCをインストールしたのですが /etc/hosts.allow /etc/hosts.deny への記述が上手くできずクライアント(windowsXP 192.168.1.11)からサーバー(192.168.1.20)に接続できずに困っています。 /etc/hosts.deny には ALL : ALL /etc/hosts.allow には Xvnc :192.168.1.11 としているのですが何がいけないのでしょうか? 教えてください。/etc/hosts.denyの方を何も書かないでいたら きちんと接続できるんですけど・・・・。 私がOSをインストールしてから、Linuxで行った作業は VNCまでです。

  • /etc/xinetd.d/と/etc/hosts.allow

    環境はTBL7.0Serverです /etc/xinetd.d/と/etc/hosts.allowについてなんですが、基本的には/etc/xinetd.d/の直下のファイルでアクセス制御すればいいと思うのですが、/etc/hosts.allowでもサービスを許可してやらないとつかえません。 この2段階でアクセス制御するのは、標準的なやり方なんですか?管理上煩雑なので、できれば/etc/xinetd.d/以下の各サービスのファイルのみでアクセス制御したいのですがみなさんどうしています。

  • /etc/hosts.allowの設定が反映されません

    こんにちわ。 freeBSD 5.4-Rを導入してみたばかりです。 telnetからの接続を禁止したいので/etc/hosts.allowに telnetd : ALL : deny と記述したのに、なぜかtelnetでログインできてしまいます。 なにがおかしいのかアドバイスいただけませんでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • TCP Wrapper を用いた際のr系コマンドの認証のしくみについて

    r系コマンドの実行をTCP Wrapperで制御している場合、通常のr系コマンド実行時の認証に使われるrhostsファイルも参照の上、hosts.allow 及び host.deny ファイルも参照するという仕組みなのでしょうか? それともTCP Wrapperで制御している場合は、rhostsファイルは参照しないのでしょうか?

  • /etc/hosts.allow にて alex@192.168.1.10 指定

    CENTOS5を使っております。 FIREWALL 有効 SELINUX 有効 server1 リモートホスト server2 SSHサービス稼動中。 ============================================ ここで、制御ファイルにて下記のようにしていますが、 server2側でアクセス拒否されてしまいます。 1. /etc/hosts.allow # hosts.allow This file describes the names of the hosts which are # allowed to use the local INET services, as decided # by the '/usr/sbin/tcpd' server. # ALL:127.0.0.1 sshd: alex@192.168.10.62 2 /etc/hosts.deny # hosts.deny This file describes the names of the hosts which are # *not* allowed to use the local INET services, as decided # by the '/usr/sbin/tcpd' server. # # The portmap line is redundant, but it is left to remind you that # the new secure portmap uses hosts.deny and hosts.allow. In particular # you should know that NFS uses portmap! sshd: ALL [root@server1 ssh]# ssh alex@server2 ssh_exchange_identification: Connection closed by remote host 私の認識では、allow→denyの読み取りで判断されるので許可されると 考えています。 それともUSER@を指定した記述が違うのでしょうか。 deny にて、sshd : ALL EXCEPT alex@192とも指定したがぺけでした。 どなたかご指摘お願いします。 P.S グーグルでもUSER@指定の場合を検索してみました。 http://www.cromwell-intl.com/unix/ssh.html sshd_config にてAllowUsers alexもぺけでした。。。 よろしくご指摘お願いいたします。

  • hosts.allowのIPアドレスの記述ついて

    Red Hat Linux9を使用して勉強しています。 SSHを動かしていて、hosts.deny と hosts.allowを使い IPアドレスの接続制限をかけようと思っています。 hosts.denyはALL:ALLにしてあるのでhosts.allowに 接続を許可するIPを記述するのですが、例えば許可する範囲を 「192.168.1.90~192.168.1.99」とする場合は、どうやって 記述すればいいのでしょうか。 まさか1個ずつカンマで区切って記述するということではないですよね。 宜しくお願いします。

  • inetdとTCP Wrapperについて

    inetd及びTCP Wrapperは「inet.conf」「hosts.allow」「hosts.deny」の設定ファイルを参照してアクセス制御を行うとの事ですが、ここでいくつかの疑問があります。 (1)上記の3つのファイルを編集後、設定を反映させるにはデーモン等の再起動が必要かどうか。 (2)hosts.allow及びhosts.denyに記述した内容は、inetを経由しないサービスについても有効かどうか。 (3)inetd経由のデーモンはどのタイミングで停止するのか。 (1)についてですが、実験の結果、ファイルを編集後にすぐに反映される事はありませんでしたので、再起動などの作業が必要だと思いました。inetdを再起動しても反映されないようでしたので、killall -HUP inetd というコマンド(ネットで調べました)を行った所、反映されたようでした。この作業が正しいかどうか分かりませんので、ご意見頂きたいと思います。 また、killall のオプションである「-HUP」が何を示すのか分かりませんので、ご教授ください。 (2)についてですが、inetd.confに記述してあるサービスについてはhosts.allow及びhosts.denyの設定に従ってアクセス制御されている事は間違いないようです・・・が、inetdを経由しないサービスについてはアクセス制御されていないような気がします。inetd.confに記述していないサービスもアクセス制御の対象になるとも聞いた事がありますので、この点もご教授いただきたいと思います。 (3)についてですが、inetd経由でサービスを受ける場合には、そのサービスのセッションを確立後にデーモンが起動すると思います(間違いでしょうか??)。例えば、ftpサービスをinetd経由で提供しているとして、他のマシンからFTP接続するとデーモンが起動する・・・その後、クライアントがFTPを切断してからどのくらいでftpデーモンは停止するのでしょう? 間違い等は指摘お願いいたします。