• 締切済み
  • すぐに回答を!

貿易について

米国が長年に渡って貿易赤字を続けていますが、その原因は何ですか(?_?) あと、米国経済が巨額の貿易経常赤字を抱えながら、90年代に好況を続けたその理由も教えていただけますか(^^ゞ

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数157
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

直感的な説明としては、貿易赤字というのは、他の国に物を売る量より他の国から物を買う量の方が多いということです。 アメリカは貯蓄も少ないのに、どうしてそういうことが可能になるかといえば、海外から大量に資金が流れて来ているからです。 たとえばアメリカがアジアから大量に物を輸入すると同時に、アジアからアメリカに大量に資本が流入しています。 つまりアメリカの貿易赤字を支えているのは、貯蓄余剰の国からの大量の資本流入だということができます。 逆に言えば、そのような資金流入がストップしていまうと、作った物以上に物を買うのは難しくなるので、貿易赤字を続けるのは難しくなるでしょう。 あと、貿易赤字と景気とは直接の因果関係はないと思います。 好況・不況の理由は難しいですが、at9_am様が仰っているように、ITバブルなどの要因があったのかもしれません。

参考URL:
http://www.kitakyu-u.ac.jp/economy/mm/mm13_2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 経常赤字、貿易赤字の何が悪いの?

    経常赤字、貿易赤字の何が悪いの? 『日本の大多数の経済学者や経済評論家はそろいもそろって本物の馬鹿揃いで、「貿易赤字が日本の危機、貿易赤字だ大変だ、このままでは経常赤字に転落してしまう」など経常赤字、貿易赤字が日本の危機であるかのような馬鹿をいい、下手をすると円安株安債券安で日本は大変なことになる」などとまでの妄想レベルの有りもしない滅亡論を唱えて、またそんなバカが言った経済論を評論家や各社新聞社、テレビ局が鵜呑みにしてデマ報道を続けている。』 それが現状の日本なのだそうです。 日本の経済議論はそんな感じであまりに低レベルで馬鹿が揃ってバカなことを言い繰り返しているだけなため、まともな議論にならないのだそうです。 更に、経常赤字、貿易赤字を何十年にもわたって続けている国でも経済成長を続けている国はいくつもあることも知りそこまでは理解出来ました。 で結局「経常赤字、貿易赤字」っての何が悪いのですか? 日本の馬鹿評論家とされる人たちが経常赤字、貿易赤字であることで何を問題視しているのですか?

  • 貿易赤字は悪いことか?

    貿易赤字は悪いことか? 経済素人です。 貿易赤字という言葉は、「赤字」と名がついていますが、 いわゆる企業などの赤字(収益よりコストの方が大きく、 損失を出している状態)とは違って、単に、 輸入より輸出が少ない状態のことを指していると思います。 私は、資源が無い国が、他国からたくさん輸入をし、それを 国内で付加価値をつけて、内需で消費するのは、悪いことでは ないと思います。 しかし、貿易赤字は、一般的に好ましくないとされているようだし、 最近もアメリカが中国との貿易赤字を解消したいと思って、動いています。 貿易赤字はなぜ悪いことなのでしょうか? 貿易赤字になると、次に、どういう悪いことが起こるのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。

  • 貿易赤字はなぜいけない?

    基本的な質問でたいへん申し訳ないのですが、貿易赤字って好ましくないことなのですか? 自国の通貨が国外に流出するからいけないのですか?だとすれば何故通貨の流出が好ましくないのでしょう? そもそも、実際の貿易って、経済的見地からどのように行われるのかがよく解ってません。例えば、日本国内の企業がある製品を米国の企業に輸出する場合、代金はドル建てで支払われるのですか?それとも円建てですか?または双方の合意でどちらの通貨でも可能なのでしょうか?ドル建てであれば、輸入超過で自国の通貨が流出するという説明は正しいと云えますが。 現実的には、輸入超過とういうことは輸出が相対的に少ないということなので、自国製品の輸出競争力が低いことの裏返しなわけですよね。自国産業の輸出競争力が低いのは確かに好ましくないことだとは思いますが、それは貿易赤字の要因のひとつにはなっても、貿易赤字自体の是非とは関係ないですよね。 また、仮に貿易赤字が好ましくないとしたら、逆に、行き過ぎた貿易黒字もよくないということになるのでしょうか? 理科系出身なので経済学はシロートでよく解ってません。 どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか。

  • 回答No.1
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3760)

> 米国が長年に渡って貿易赤字を続けていますが、その原因は何ですか 国民経済計算の恒等式から、 Y = C + I + G + (X-M) Y = C + T + S の二式が必ず成り立ちます。整理すると (S-I) = (G-T) + (X-M) となります。 米国の場合、国民の貯蓄 S は非常に少ないので、S-I は0かマイナスです。 一方で政府は、軍事費などで支出を増やす拡張的財政政策を行っていたため、G-T はプラスです。 従って、X-M はマイナスになります。 これが有名な「双子の赤字」です。 > 米国経済が...90年代に好況を続けたその理由 好況や不況の「原因」はなかなか難しいですし、議論の分かれるところではあるのですが、一つ言われているのは、IT などの影響で生産性が上がり続けたという点です。もう一つ言われているのはグリーンスパン氏らFRBが上手く金利を調整し続けたという点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 貿易黒字のことについて

    今、日本は、貿易黒字が縮小してきています。ズバリこれは日本にとってよいことなのでしょうか?このまま縮小して貿易赤字になってしまった場合どのようなことが起こるのでしょうか?私は、貿易赤字になっても困らないと思うんです。。。だって、アメリカやカナダは貿易赤字のまま発展してきているわけですし。誰かわかりやすく教えてください

  • 米国の財政赤字と貿易赤字のデータ

    米国の財政赤字と貿易赤字の年度ごとの推移のデータを知りたいのですが、どなたか良いサイトを教えて頂けないでしょうか。

  • すぐに解答欲しいです。おねがい。

    1、自由貿易のほうがいいのに保護貿易政策が採用されやすい理由を政治的視点から教えてください。 2、関税と輸入数量制限のちがいを経済的観点から教えてください。(関税の方が何故いいのか理由も) 3、貿易は何故行われるか? 4、双子の赤字(財政赤字と貿易赤字)について 5、トリレンマについて 6、経常収支の経済的意味と決定について      簡単でいいのでよろしくお願いします。

  • 中国がとうとう貿易赤字でも困らない時代に

    中国がとうとう貿易赤字でも困らない時代に入り始めたようです。 これまではアメリカが貿易赤字でも通貨を刷って相手に渡すだけでよく、アメリカは赤字でいるほど得をするという時代で、それが長らく続いて来ました。 中国もそれに気が付きアメリカと同じことを行い始め、また同時にそれができる経済力を付けて来ました。 日本は中国にどのような経済的な対応をすべきでしょうか?アメリカとの関係のように「実損で数字は貿易黒字で政府が喜んで見せ、マスコミがそれをメリットのように報道する」ということを、日本は中国に対しても行うようにした方がよいのでしょうか?  

  • 貿易不均衡は悪いこと?

    アメリカが貿易不均衡を解消できるように 各国に数値目標を設定させようとしたり、 中国の為替批判をしたり、していると聞きます。 しかし、そもそも、 貿易不均衡はなぜ解消すべきことなのか よく分かりません。 貿易赤字国は損していて、貿易黒字国は 得しているのでしょうか? そうも思いません。ここでいう赤字・黒字は 単に海外との取引の収支だけの話。 たとえば、A国が国内で500兆円の経済生産を 生み出し、一方、貿易収支は100兆円の貿易 赤字だったとすれば、国としては400兆円の 価値を生み出しているわけだから、(そして そのために100兆円の資源調達などが必要 というだけのことなのだから)、貿易赤字という 側面だけをみても意味ないのではないでしょうか。 この点、教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 貿易収支

    メキシコの最近の貿易収支、貿易赤字、貿易黒字について調べたいのですが、いいサイトありますでしょうか?

  • 日本の貿易赤字って悪いことではないのでは?

    日本の貿易赤字って悪いことではないのでは? アメリカは日本の貿易黒字にやっかみ掛けてきたわけです。 あえて統計上は日本は貿易赤字にしておく。 そのほうがアメリカに噛みつかれない。 裏でアメリカ本土に工場作ってアメリカで利益を出せばいい。 トヨタも半分はアメリカで作ってる。日本で半分。アメリカで半分。 実質輸出は半分に見せかけ上はできる。 そして貿易赤字。 でもアメリカで稼いでる。 貿易赤字拡大はアメリカの目を避けるためで悪くないですよね? 年々、貿易赤字が拡大している。もう日本は少子高齢化人口減少時代でオワコンだって嘘です。 日本の経済は拡大を続けている。それが海外で稼いでるだけで目に見えないお金が海外から舞い込んでいる。

  • 貿易赤字の何が問題?

    初歩的な疑問です。 先日来、3年連続貿易赤字であったことが(多分、由々しきこととして)ニュースで報じられています。 大昔、中学の社会科で「貿易収支ってのは、赤字であろうが黒字であろうが、どちらが良い・悪いというものではない。単にお金をこちらに置いてあるだけ、或いはあちらに預けてあるだけの事だ」と教えられました。要するに、企業での赤字・黒字の良否とは全く異なる概念であると。気にする必要がないと。 で、未だに貿易収支の意味するところが理解できていないのですが、貿易赤字が益々増えると、何故困るのですか? 「赤字」という事象と「困ったことになる(なった)」という事象の因果関係がよく分からないのですが、赤字が高じると誰がどういう被害を被るのですか。或いは、誰かが被害を被った結果として赤字になったということでしょうか。 中学生でも分かるように原理を簡潔に解説願えませんでしょうか。 投稿日時 - 2014-02-03 12:46:30通報する

  • 経済システム

    日米経済システムを以下のようにおおまかに考えていますが適切でしょうか? <流れ> ・米国が強大な消費国として存在する ・米国の消費に対して日本の輸出産業が商品を提供する ・日本に商品対価がもたらされる <貿易で得た政府の利益の流れ> ・米国の貿易赤字が拡大し、ドル安・円高が進む ・日本の輸出産業保護のため為替にドル買いで介入し円安にする ・ドル買いにより差損が発生する。同時にドルが溜まってくる ・溜まったドルで米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する ・足りなければ国庫から米国債を購入し米国の貿易赤字を補填する ・米国の貿易赤字の補填により米国の消費が維持される <貿易で得た民間の利益の流れ> ・低金利政策により資金が米国に還流する ・還流により米国の金融サービス機能が高まる ・日本に再投資される(虚業が実業を吸収)

  • アメリカの貿易赤字は武器輸出を入れると黒字なの

    トランプ大統領が日本などの貿易赤字国に厳しい大統領令に署名したそうですが、実は、アメリカの貿易赤字の計算には、武器輸出部分が含まれていないと聞いたことがあります。 武器輸出を入れると、日本に対する貿易赤字ではなく黒字であるという話の真偽と、真であれば、どれくらい黒字なのかを教えてください。