• ベストアンサー
  • 困ってます

返還された権利金に税金はかかる?

約20年前に当時、造成分譲された土地を借り、地代を払い続けてきたのですが、諸事情により結局家を建てることなく、去年賃貸契約を解除しました。 契約時に保証金150万円、権利金150万円、合計300万円支払い、昨年まで地代を払い続けてきました。 去年、解約時に保証金150万円と権利金の戻しとして450万円、合計600万円の入金を受けました。 相手の業者さんからは申告して下さいと言われたので、現在、確定申告の本を読んでいるのですが、何所得で申告していいのかわかりません。 長文で読みにくい文章かとは思いますが教えていただけませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数141
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

所得に該当するかは契約終了時に返還されるか契約書に書かれてるかによります。 まず、見る限り保証金は返還されると見受けられるので所得にはないでしょう。 一方、権利金はちょっと不明ですが、結果から見ると所得になりそうですね(借地権では?)借地権ならば不動産の譲渡所得に該当するでしょう。 もうちょっと詳しい情報か契約書を見ないと判断できません。確実を期すならば税理士相談か税務署にお尋ねにあるのをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 借地権ですか。本等をみても似た事例がのって無く、何所得に該当するのか解りませんでした。 借地権だとすれば分離長期譲渡所得として払戻額450万円から取得費150万円を引いた金額300万円に15%の税率をかけ税額を計算するということになりますよね。 他に所得がありませんので、一時所得か雑所得なら総合課税で10%の税率になるのでは?と考えたものですから・・・ 借地権というものも本を読んでも今ひとつ理解できずにいまして・・・ ご回答感謝致します。

関連するQ&A

  • 権利金、保証金

    土地を借りる際に支払う権利金や保証金というのは通常、契約を解除するときに返還されるものなのでしょうか?よく聞く名前ですがよく分からなくて・・・

  • 定期借地権の保証金&地代の設定

    ●定期借地権の保証金&地代の設定について 定期借地権方式で一般の分譲住宅(50年)を行なう場合、保証金や地代の設定基準とその根拠を教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 定期借地権の保証金&地代は?

    ●定期借地権の保証金&地代の設定について 定期借地権方式で一般の分譲住宅(50年)を行なう場合、保証金や地代の設定基準とその根拠を教えて下さい。 よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

権利金とは、借地権の設定時に必要なものです。借地権には3:7とか6:4とかいう借地権割合があり(路線価図に載っています)、その借り手の権利部分について150万円は払い込まれたのだと思います。その証拠に、返された金額は450万ですよね。20年間に、それだけの時価の上昇があったためでしょう。 前の方のいうとおり、借地権の譲渡であり譲渡所得に該当します。保証金は単なる敷金で返還されたこともあり、450-150で300万円部分に課税されるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 やはり借地権の譲渡ですか。 ネットでも検索してみたのですが、このように権利金が戻ってくるというような話は見当たらなく、困っておりました。 分離課税の長期譲渡所得になり、払戻金額の450万円から支払った150万円の差額の300万円に15%の税率で45万円の税金ということですよね。 他に所得が無いので、一時所得や雑所得なら10%の税率で済むのにと思ったのですが。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 賃貸借契約の継続と保証金返還請求可能でしょうか?

    私は、とあるビルの店舗を賃貸している(借主)のですが、そのビルが競売になってしまいました。賃貸借契約期間は平成5年5月から平成20年5月までの5年契約です。聞くところによると、新しい所有者は1ヵ月から2ヶ月後位に決まるそうです。因みに保証金は、約300万円預けています。新所有者に対して、賃貸借契約の継続と、退去時の保証金返還は主張できますでしょうか。保証金額は大きいので返還されないと大変困ります。どなたかお知恵をいただけますでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 代物弁済した時の税金について教えてください。

    macc3021さん 約20年前に、知り合いAと賃貸借契約を結びました。賃貸借契約の内容は一般的なものですが、保証金として入居時に5000万円を預け入れて、これには利子を付けないという条項があります。そして賃貸借契約とは別に当事者間で20年が経過して、契約終了時には更地にして売却するという代物弁済の合意があります。ここで質問したいのは、 1)売却金額5000万円で預かった保証金との額が等しい場合 2)土地が値上がりして売却金額1億円となり、預かった保証金の倍になった場合 1)2)それぞれの場合の私とAの納める税金の額についてお教えくださいますようお願いします。素人考えでは1)の場合は私もAも税金を払わなくても良いように思うのですがいかがでしょうか

  • 楽天の信用取引

    ラクテンショウケンに信用取引の口座を開いたのですが、よくわかりません。 ホームページを観ても今ひとつわかりません。もしかしたら、すごく基本的なことかもしれませんが、教えていただけると助かります。 今、約600万円口座に入っていて、300万円分株式を買っています。 それで、信用取引のページを見ると信用余力が600万円、信用新規建余力が約1900円となっています。 実際に使えるのは600万円のようなのですが、信用取引は、約3倍まで買えると聞いていたのですが、なぜでしょう。 信用新規建余力と信用余力はどうちがうのですか? それから、 預かり金 → 保証金   300万円 保証金  → 預かり金  0円 というのは、どういう意味ですか? 教えてください。お願いします。

  • トランクルームのこの部分。権利は?

    添付画像参照。 この相談はあくまで想定ですが、昔から思っていた大きな疑問なので、この際質問させて頂きます。 A~Hのトランクルームがあります。 契約時、斜線部分(甲)についての説明はありません。 当然、ルームを利用する際に車両を駐車します。 通常、アパート、マンション等でしたら駐車料を支払うので使用する権利はあるでしょう。 でもトランクルームのような場合、賃貸した後に貸主から「甲は賃貸していないので使用するなら料金を支払ってほしい。」と主張されたとします。また、契約時に保証金の返金のないことは言われていました。 この「料金を支払ってほしい」の主張に、法律で対抗できいないのでしょうか? 実際、こういう業者はいないと思いますが、悪徳業者なら保証金での稼ぎを目的にするでしょう。 保証金云々より、「料金を支払ってほしい」に対抗する法律がないのかを知りたいです。 法律にお詳しい方、宜しくお願いします。

  • 借地権の所得税課税について

    叔父(不動産賃貸業をしている個人です)は、Aさんに土地を賃貸し、Aさんは土地の上に住居を建て、生活をしていました。(叔父の祖父母の代から貸しているようです。賃貸借契約には、借地権の無償返還の規定はありません。) ところが、平成15年以降、Aさんからの地代が回収できず、未収入金が300万円になってしまいました。そこで、平成19年に裁判所命令によりAさんを立退かせ、建物を取り壊して(取壊費用が600万円、弁護士費用が100万円かかりました)、現在は駐車場として使用しています。 そこで、今回の取引を確定申告で下記のようにしようと考えていますが、税法上、問題ないでしょうか。 未収入金300万円→貸倒処理 取壊費用600万円及び弁護士費用100万円→土地の取得原価 今回は、借地権の返還に伴い立退料を支払っていませんが、未収入金を免除するという約束で無償で返還に応じてもらいました。このような事実を踏まえると、未収入金300万円も土地の取得原価に算入すべきでしょうか。  また、「借地権の認定課税」という言葉も耳にしましたが、今回のケースはこれに当てはまって、叔父に贈与税が発生してしまうのでしょうか。 何分にも初めてのことで、確定申告の時期も迫っており、困っています。何卒ご教授下さい。

  • 賃貸物件の保証金償却について質問です。

    賃貸物件の保証金償却について質問があります。 現在住んでいる物件の契約時に、保証金を支払いました。 契約の内容は、「解約時に保証金全額を償却する」という内容です。 もちろんこれを了承したので、解約して部屋を出る場合には 返ってこないものだと考えておりました。 しかし、今月末から物件のオーナーが変わるらしく、 新しいオーナーと契約をし直す必要があると通知がありました。 その際には新たに1ヶ月分の敷金を支払うようにとのことです。 このようにオーナーが変更された場合でも保証金は 完全償却されてしまうものなのでしょうか。 現オーナーが借金のカタに物件の権利を売ってしまった とのことなので、振り回されたあげく、 保証金が返却されないのは煮え切らない思いがあります。 色々調べてみたのですが、 このようなケースを発見することができず質問した次第です。 詳しい方がいらっしゃいましたらご教授頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 「土地の無償返還に関する届出書」とは?

    件名の通りです。専門家の方、無知な私にもわかるように簡単に説明していただけるとありがたいです。宜しくお願い致します。m(_ _)m 質問(1) そもそも「土地の無償返還に関する届出書」を提出する「目的」って何なんでしょうか?参考書などを見ても、いまいち「目的」がわかりません。「相当の地代と実際の地代差額を認定します。」という意味がわかりません。一体誰が認定するのですか?税務署ですか?つまり、無償で返還することが契約書で謳われていて、貸主、借主の連名で土地の無償返還に関する届出書を提出していれば、借主が支払う地代は下手な話、無料(タダ)でも良いのですか?そうなると、、、貸主側のメリットは?・・・何かあるのですか?・・・とにかく難しいです・・・(?_?)。 質問(2) 関連した質問をもうひとつさせて下さい。「権利金を収受せず、また相当の地代を収受していないときは、収受すべき権利金について、借地人に対する贈与等があったのもとして・・・」とありますが、実際にこのケースで贈与税の申告をする場合、どのように贈与額を算出するのですか?またこの「認定課税」を避ける方法はあるのですか?ひょっとしてそのための「土地の無償返還に関する届出書」なのですかねぇ?どうしても頭の中で整理できません(?_?)。 宜しくお願い致します。m(_ _)m

  • 原状回復義務の原状とは?

    権利付飲食店向け貸店舗の権利を20年程前に買いました。 とは言っても昨今の事情で権利などは紙切れですよね… 権利は買う人も居ないでしょうし諦めるとして、保証金の返還を求めて 家主と揉めています。 権利金1000万・保証金500万・家賃33万。 前権利者から私が買い取った権利・保証金・家賃です。 店は殆ど改装する事なく利用して来ました。 契約書に解約時は保証金の内300万が返金されると記載されています。 そして『原状回復義務』が明記されています。 この場合の『原状』とは店の権利を買い取った時点では無いのでしょうか? 家主は建物が出来上がった時の空洞の状態を示していると主張します。 カウンター・棚・洗面・トイレ等はほぼ私が購入した時の状態で、什器等の 一部は入れ替えこそしていますが、購入時にもありました。 身一つで300万返してもらって出て行くと言うのは通らないのでしょうか?

  • 貸地(借地)上の建物の賃貸借契約と買取について

    うちの土地をある会社に貸しています。その会社が事務所を建てて営業していましたが急に廃業しその会社から建物を買ってほしいといわれています。契約期間も残っており、母は地代をあてにして生活していたので困っています。(1)契約違反で罰金のようなものはもらえますか?(いくらぐらい?)そして(2)建物をうちで買って別の人に貸すか、別の人に買ってもらってこれまでどおり土地を貸すかどちらがよいのでしょうか?(3)(うちでは買取れないかもしれないので)もし土地だけを貸す場合、地代、保証金、権利金の金額はどのように決めたら良いのですか?良いアドバイスをお願いします。また自分でも調べてみたいので、参考になる法律などを併せて案内していただけるとありがたいです。

  • 税金に関する質問です。「お客様から、3年間の契約を結び、保証金といて3

    税金に関する質問です。「お客様から、3年間の契約を結び、保証金といて3万預かるという形をとります。もし3年間の間に解約された場合、お預かりした3万は全額返金いたしません。契約満了しましたら、お預かりした3万を返金いたします」とゆう契約をし、3万を預かります。このとき、確定申告するさい、収入として記載すべきなのでしょうか?それとも、解約された場合にのみ、手元に残った金額を収入として申告すればよいでしょうか?詳しい方、教えてください‥よろしくお願いします。