• ベストアンサー
  • 困ってます

特定口座(源泉徴収あり)分の株式譲渡益の確定申告について(定率減税との関係)

特定口座で源泉徴収ありを選択している場合、定率減税(所得税:税額の20%、上限25万円)/住民税:同15%、上限4万円)があるので、株式譲渡益について確定申告したほうがよいケースがあると聞いております。 インターネット等で調べたところ、課税総所得金額790万円以上の場合は、税額の計算において、上限である25万円の定率減税の適用を受けるので、特定口座・源泉徴収ありの譲渡益を確定申告しても何も変わらないようですが、ただ、それは所得税(国に納めるほう)についてのことと思われ、住民税については、どのように考えたらよいのでしょうか? 課税総所得金額が790万円以上なら、住民税についても、定率減税を上限まで受けることになる(=確定申告しても何も変わらない)と判断してよいのでしょうか? 住民税は、地域ごとに税率が違うと思うので、一概には言えないのかもしれませんが、確定申告をしたほうが住民税が得/何も変わらない の分岐点となる課税総所得金額があるのでしょうか? この件について、ご存知の方、ご回答をいただけましたら幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数592
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

住民税は、道府県民税と市町村民税の合計です。 道府県民税 700万円以下の金額  2% 700万円を超える金額 3% 控除額 7万円 市町村民税 200万円以下の金額  3% 200万円を超える金額 8%  控除額 10万円 700万円を超える金額 10% 控除額 24万円 合計すると 200万円以下の金額  5% 200万円を超える金額 10% 控除額 10万円 700万円を超える金額 13% 控除額 31万円 限度額の4万円÷15%=約266,666 (266,666+100,000)÷10%税率=3,666,660 住民税の所得控除は、所得税より少ないので課税所得金額は所得税と比較するとその分だけ多くなります。 個人住民税の概要 http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/ichiran01_e.html http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/sonota/index_j.htm#j3 ということなので所得税が還付されない場合は住民税も還付されません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

(失礼しました。所得税の定率減税の割合に誤りがありましたので、訂正させていただきます。) ご丁寧なご回答ありがとうございます。 知識不足で申し訳ございません。住民税の税率は基本的にどこでも同じなのでしょうか? 頂戴した情報を拝見いたしますと、まず、所得税の計算に関し、課税所得金額が625万円で税額125万円(20%)となり、125万円×20%=250,000円となるため、ちょうど上限いっぱいまで定率減税を受けられることになると思われます。 その場合の住民税について考えますと、住民税のほうが課税所得金額が大きくなりますし、仮に同じ625万円としても税額525,000円(10%を乗じて10万円を控除)となり、525,000円×15%=78,750円>40,000円となるため、やはり上限いっぱいまで定率減税を受けられることになると思われます。 従いまして、おっしゃるとおり、所得税が還付されない場合は、住民税も還付されない(=所得税につき定率減税を上限まで受けている場合は、住民税も定率減税を上限まで受けている)ということになり、給与所得に関する税額計算分のみでそのような状態になっている場合は、特定口座・源泉徴収あり 分の株式譲渡益を確定申告しても、所得税はもちろん、住民税も特に変わらない…ということになると思われますが、この理解でよろしいでしょうか? 度々おそれいりますが、ご教示いただけましたら幸甚に存じます。

質問者からの補足

ご丁寧なご回答ありがとうございます。 知識不足で申し訳ございません。住民税の税率は基本的にどこでも同じなのでしょうか? 頂戴した情報を拝見いたしますと、まず、所得税の計算に関し、課税所得金額が500万円で税額100万円(20%)となり、100万円×25%=250,000円となるため、ちょうど上限いっぱいまで定率減税を受けられることになると思われます。 その場合の住民税について考えますと、住民税のほうが課税所得金額が大きくなりますし、仮に同じ500万円としても税額40万円(10%を乗じて10万円を控除)となり、40万円×15%=60,000円>40,000円となるため、やはり上限いっぱいまで定率減税を受けられることになると思われます。 従いまして、おっしゃるとおり、所得税が還付されない場合は、住民税も還付されない(=所得税につき定率減税を上限まで受けている場合は、住民税も定率減税を上限まで受けている)ということになり、給与所得に関する税額計算分のみでそのような状態になっている場合は、特定口座・源泉徴収あり 分の株式譲渡益を確定申告しても、所得税はもちろん、住民税も特に変わらない…ということになると思われますが、この理解でよろしいでしょうか? 度々おそれいりますが、ご教示いただけましたら幸甚に存じます。

関連するQ&A

  • 確定申告での課税所得の考え方(定率減税について)

    「特定口座源泉徴収あり」で株式取引をしている給与所得者です。 年末調整にて7万円程度定率減税を受けましたが、まだ上限の25万円まで枠が残っており、株式取引の譲渡益から還付を受けようと思っています。 そこで定率減税について調べたところ、以下の記述がありました。 「課税所得が790万円未満の場合は、利益の1.4%にあたる額が還付される」 上記の課税所得とは「(給与所得-控除額)+譲渡益」と理解していますが、その場合「(給与所得-控除額)+譲渡益」が790万円以上であるならば確定申告をしても還付が受けられないということなのでしょうか? 例:給与の課税所得が500万円   株式譲渡益が300万円   計:800万円 有識者様からのご回答、何卒宜しくお願いいたします。

  • 定率減税中の源泉徴収額

    去年の所得税の源泉徴収額は定率減税後の金額だったのでしょうか?今年、所得税減税のはずが、思ったより源泉が減っていないのは定率減税分が増加したためでしょうか。

  • 源泉徴収と定率減税について

    こんばんわ 定率減税についてお聞きしたいです。 昨年度、私は契約社員という形で働いており、 給料から毎月10%を源泉徴収と言う形で引かれていました。 (契約社員ですが個人事業主です) (1)そこで、確定申告をすれば定率減税ぶんは還付されるのでしょうか? ちなみに、区民税等は払っていません。(請求書が来ていないという勝手な言い分で…) (2)確定申告をすると、区民税も払うことになるのでしょうか? つまり、あまり良い表現ではないですが、結局損することになるのでしょうか? (3)また、経費で使った領収証をためていたのですが、 年収が200万そこそこなのでこれを提出してもあまり意味はありませんか?? 以上、既出でしたら恐縮です。 お詳しい方、ご回答をお願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

株の譲渡益課税は、分離課税です。給与所得等との通算はありません。 特定口座・源泉徴収ありの場合、扶養家族の方は、確定申告しないでおいたほうが良いのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。実際に確定申告の用紙に書いてみて、いろいろシュミレーションしてみます。

関連するQ&A

  • 譲渡益、定率減税について、

    こんにちは、質問させて頂きます。 1、15年ほど前に新規登録された中古車を4年ほど前に50万円で購入 し昨年中古車業者に1万円ほどで売却したのですが、 これは譲渡益になるのでしょうか? 50万円まで控除になると聞いていたので、譲渡益はマイナスで税金は発生しないと思うのですが、 これで良いのでしょうか? 2、それから定率減税が20%から10%に削減されたと聞いていたのですが、 国税庁の確定申告書作成ページでデータを入れて見ると定率減税20%で計算されています。 https://www.keisan.nta.go.jp/h17/ta_top.htm 確定申告期間中ではないのでページが更新されていないからなのでしょうか? それとも平成17年度分に関しては、定率減税20%がまだ適用されると言う事でしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 株式譲渡益の確定申告について

     2005年に株で約80万円の利益があったサラリーマンです。取引は、特定口座の源泉徴収ありです。2004年に1万円の損失があり、前回その申告をしたので、今回はその損失と今年の利益を通算して、節税しようと思いました。  そこで、国税庁のホームページの”確定申告書等作成コーナー”で、数値を入力したところ、会社からの給料だけでは、定率減税の上限枠を使い切っていないようで、前回の損失分だけでなくて、定率減税の分も、還付されることはわかりました。  そこで、質問があります。  (1)確定申告書Bの第二表の右下のほうの”株式等譲渡所得割額控除額”には、住民税として源泉徴収されている3%分を記入するのでしょうか?  (2)記入すると、この分についても、いくらかは還付されるのでしょうか?  (3)記入しないとどうなりますか?  (4)今回のケースで、約80万円の株譲渡益がある場合、所得税の源泉徴収された分から約1万2千円(+住民税分?)還付されるのですが、確定申告することにより、住民税が1万2千円以上増えて、むしろ申告しないほうが得という場合もありますでしょうか?

  • 確定申告の定率減税額

    今、副収入があるため全部の合計額を国税庁のシュミレーションに書き込んで見ました。 ところで、副収入とは別に会社で年末調整してもらって、還付されたものがありますが、一緒にしていいんですよね? そこで、全部トータルすると、「定率減税額」が3万円ほどあります。 会社で年末調整されたときは年調定率控除額は2万くらいで還付されてます。 なので引いた額が返ってくるのかな?と思いましたが、 定率減税額は確定申告すると返ってくるんでしょうか? それとも、申告納税額の還付される額しか帰ってこないのでしょうか?

  • 確定申告、定率減税を引くのを忘れて提出してしまいました。

    実家に頼まれて書いた確定申告書、定率減税を書かずにおととい、郵送してしまいました。 1000円ちょっとの還付の申告が、定率減税分を足すと、10000円ちょっとになります。  提出先の税務署に、電話でお願いすれば訂正してもらえるでしょうか? それとも修正申告しないといけないでしょうか? アドバイス宜しくお願いします。

  • 本年度の確定申告における定率減税

    数ヶ月前に定率減税を徐々に廃止していくという ニュースを耳にしていたのですが、本年度の 確定申告ではどうなるのでしょうか? 昨年度と同様で良いのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 平成17年分特定口座(源泉徴収有)での確定申告

    以前、証券会社の勧めで特定口座(源泉徴収有)に株式等を組み入れました。 17年に一部を譲渡し20万円以下の所得があり、源泉徴収されました。 年間20万円以下の株式等譲渡所得は申告しなくともよい?と聞いたのですが本当ですか? それなら源泉徴収なしを選択しておけばよかった? また、定率減税分の控除は確定申告すれば還付があるとも聞いたのですが、17年分は期限切れですか? 今更ですがご教示ください。

  • 特定口座 源泉徴収ありでの確定申告

    給与所得10,000円、給与所得における源泉徴収はありません。 平成18年分で出した譲渡損失を繰り越しました。 平成19年分では、わずかに利益が出ましたが、繰越控除後の所得金額は0円です。 還付を受けたいので確定申告をするのですが、年間取引報告書の源泉徴収税額は申告書のどこに記入すればいいのでしょうか? 住民税も同じく還付されるのでしょうか?その場合も何か手続き(申告?)をしなければならないのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 平成18年分確定申告の定率減税について

    詳しい方宜しくお願いします。 平成18年の確定申告の定率減税についてお尋ねします。 平成18年中に仕事を辞め年末調整を行っておらず諸事情で今する事になりました。 税金自体は天引きで納めているので確定申告は義務ではなく権利なので 遡って確定申告ができると国税局で説明を受けましたので 諸事情が解決するまで確定申告は後回しでも大丈夫と国税局で説明を受けました。 そこで書類の欄を埋めていくと 「定率減税」という欄がありまして、これは誰でも関係あるもので埋めていいものなのかわかりません。 冊子を読んでもその点については書かれておらず 今まで会社が勝手にやっていたものなのでよくわからず困っています。 宜しくお願いします。 因みにWEBでの申請は考えておらず書面で提出予定です。

  • 確定申告で普通徴収に○したのに?

    給料以外に、源泉徴収されている株の所得があり、確定申告しました。定率減税により所得税は還付、住民税は一部減額されます。(所得税の還付は終わりました) 確定申告の時、普通徴収に○したのに、市役所から住民税の納付書が来ません。 まだ来てないと言うことは特別徴収されてしまうのでしょうか?それともまだ来てない時期なんでしょうか?

  • 株式譲渡益と確定申告について

    今年から株を始めました。職業はフリーランスで事業所得(著述業で源泉徴収済みの収入)があるため、毎年確定申告して還付金を受け取っています。どのみち確定申告するのでついでと思い「特定口座の源泉徴収なし」を選択しましたが、申告分離課税の意味がいまひとつわからず混乱しています。以下の質問についてわかる方、ご回答願います。 1.現在の実現損益は15万円ほどです。譲渡益20万円以内は確定申告の必要なしと聞きましたが、「他の所得がない場合」「住民税分は必要」などの意見も見かけます。私の場合は必要ですか? 2.税率について。現在の所得金額は税率10%の範囲ですが、今後譲渡益が増えた場合合算すると20%の範囲になってしまいます。分離課税というからには譲渡益に対して10%以上課税されることはないと思うのですが、この場合どのように課税されるのでしょうか? 3.所得税の確定申告に伴い、「国民健康保険料」「住民税」が決定します。譲渡益分も「課税される所得金額」に加算されるとするなら、確定申告不要の「源泉徴収あり」に変えたほうがお得でしょうか?