• ベストアンサー
  • 困ってます

お勧めのソブリン債券ファンドは?

比較的安全に中長期的に運用したい200万円ほどのお金をソブリン債券投信に投資することを考えています。 モーニングスターのファンド情報で調べる限り、「グローバルソブリン(国際投信)」をはじめとした、シティバンク世界債券インデックスをベンチマークとするファンドの運用成績は、平均年利 (6-9%)・価格変動のリスクともにあまり変わらないように思いました。 そのような中で「AAAソブリン・ファンド(コメルツ)」のみは、年利8-11%でしかも、価格変動のリスクも少なそうです。更に、カブドットコムで申し込めば手数料が無料とあって魅力を感じています。 一方で、コメルツは私にとってあまりなじみのない運用会社で、ホームページもあまり充実していないことと、運用報告書(http://www.funds-sp.jp/pmm/syousai.asp?group_cd=CM&fund_cd=00002)を読んでみて、以下のような点が不安材料のように思えました。 (1) 2004年5月に約19億円あった純資産が、2005年2月に2千万円に激減し、その後3-5億円に回復している。 (2) 現在の組み入れ債券が、カナダ、オーストラリア、イギリス国債のみである。 以上のようなことを踏まえて、AAAソブリン・ファンド(コメルツ)はお勧めのファンドでしょうか?更には、他にもっと良いソブリン債券ファンドがあればぜひ教えてください。

noname#16380
noname#16380

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数319
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

私の感覚ではお勧めしにくいファンドです。 外債ファンドとしては、極めて純資産規模が小さい上に、それが大きく変動しています。このようなファンドは運用の安定性が著しく損なわれる可能性がありますので、注意をした方が良いと思います。 リンク先を拝見しますと、当該ファンドにはベンチマークは設定されていないようですので、組入れ債券がカナダ・オーストラリア・イギリスに偏っていることには特に問題はなく、むしろ意図的にそのような運用方針が採られているのでしょう。これらの国は、米ドルやユーロよりも相対的に高金利ですので、ファンドの利回りは高くなります。但し、質問者さんがシティグループ世界債券インデックスにある程度連動した運用成績をお求めでしたら、このファンドはそれとはかなり異なった値動きになることが予想されますので、ご注意ください。 お勧めのファンドは特にありませんが、債券ファンドではそれほど奇をてらう必要はないでしょう。 ・国際投信: グローバルソブリンオープン ・大和投信: グローバル債券ファンド ・興銀第一: 高格付インカムオープン など、純資産残高の多い普通のファンドで十分だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

コメルツの投信は純資産規模が小さく、ベンチマークを設定していないので機動的に運用できたために成績が良かったが、純資産規模の小ささ故に償還のリスクがあるということですね。 とても参考になりました。ありがとうございました。 ところで、この投信はスタンダード&プアーズの投信評価で5ツ星を獲得しているようです(http://www.funds-sp.jp/pmm/syousai.asp?group_cd=CM&fund_cd=00002)。 スタンダード&プアーズの格付けはこのような償還のリスクまで勘案していないのでしょうか。もしご存知でしたら教えていただけましたら幸いです。

関連するQ&A

  • 外国債券ファンドについて

    皆さんお時間いただけませんか? 外国債券ファンドは、国債で運用しているのにどうして基準価格が変動するのでしょうか? 為替の影響とかおっしゃるけど、具体的に良く分かりません。 国内債券だけだったら、どういう価格変動要因があるのでしょうか? 債券ファンドの価格変動の仕組みを教えてください。よろしくお願いします。

  • ファンドを選ぶときの基本的な質問

    私は、これから頑張って毎月1万円から2万円を投信にて運用しようと思っているものです。 そこで、私が勤めている会社の確定拠出年金にて運用しているファンドに個人的に(会社とは別で)運用しようと思うのですが、ネットでみると『確定拠出年金専用ファンド』と書いてあります。 『確定拠出年金専用ファンド』を個人的に(会社とは別で)購入する事はできないのでしょうか? ちなみに私が運用しようとしているファンドは、『三菱UFJ プライムバランス(安定型)DC (三菱UFJ)』です。 リスクの少ない安定型で信託報酬の少ないものを探した結果がこれでした。

  • 4,000万の余裕資金、あなたならどう運用しますか?

    33歳です。家族は妻と子供1人。 貯蓄は6,000万あります。 1,000万円は比較的高リスクの金融商品(株・海外投信・FX等)で運用中です。 うち、4,000万を年利10%くらいで運用を考えています。 期間は10年程度。利益の5%程度はレジャーに使いたいと思っています。 比較的リスクの少ない金融商品に投資するつもりです。 候補としては、不動産・債券(エマージングソブリン債含)・国際安定株・ くらいしか思いつきませんが、玄人の方々のご意見を参考に聞かせて 頂けませんでしょうか。 10年後に一戸建てを購入します。 よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

定義を見た限り、過去のパフォーマンスのみを定量的に評価したもののようですので、そのようなリスクは勘案していないと思われます。(他の評価会社では、純資産規模の小さなファンドには評価を付与しない場合もありますが…)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この度はいろいろ教えていただきましてありがとうございました。 とても参考になりました。

  • 回答No.1

一般的に言うのは、純資産が小さいと、償還の可能性が出てくるということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃるとおり、償還のリスクがあるのですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • グローバルソブリン エマージングソブリン 国際投信投資顧問株式会社 景気減速 株安 

    素人のくせにスケベ心丸出しで投資信託買ってる者です。 "世界的な景気減速懸念"を鵜呑みにして、運用資金の2/3を国際投信投資顧問エマージングソブリンに、1/3を国際投信投資顧問グローバルソブリンに投資しようと考えています。 素人ゆえに下記のように考えています。 ・今後株価は下がる、債権価格は上昇する。→債権型ファンドの基準価格は上昇する。 ・対米ドル円高は一服。中長期的には円安傾向が続く。→国際債権型ファンドは買い時。 ・1つの通貨の為替リスクを負うのが怖くて年利10%超とはいえどもトルコなどの国債を買う度胸がない。→ファンドを通して複数通貨への投資とし、リスク軽減。 ・血塗れのバーツやロシア危機、アルゼンチン財政破綻などと経て、現在各新興国の国債ディフォルトリスクは以前ほど高くない。 間違っているところもあると思いますので、修正・指摘を加えつつ、アドバイスしていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 新生インベストメントの債券について

    エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)と、エマージング・カレンシー・債券ファンド(毎月分配型)の、 違いとリスクについて教えてください。 なお、これらで手数料無しのキャンペーンが行われることはないでしょうか。

  • 外貨MMFと長期債や債券投信の違い教えてください

    債券の勉強をしておりますが、難しくなかなか理解できない 素人に毛の生えた程度のものです。 現在、アセットアロケーションの一部を海外債券で埋めているのですが 何を買っていいかわからず、年金積立海外債券インデックス投信と 国際エマージングソブリン(毎月決算)で埋めております。 外貨MMFや米ゼロクーポン直接投資なども考えているのですが これらの位置づけがわかりかねどういう順番?もしくはどういう比率? で買うものかまったくわかりません。 コスト面だけを考えれば債券直接購入になると思うのですがその場合 今後利上げ局面になった場合損するのでしょうか? 自分の今の知識の中でですがリスクだけを考えれば長期債>債券投信 または債券ETF>外貨MMFだと思うのですがどうでしょうか? それか今後利上げ局面になると読んだ場合デフォルトの小さいMMFで 全部運用したほうが良いのでしょうか? 教えてください!!

  • 投資信託の株式ファンドを売却するかどうかで悩んでいます

    会社で確定拠出年金を年金運用会社に委託し、投資信託などを活用し 自己責任にて運用することになりました。株式ファンドにて運用 しましてスタート時は好調で差益があったのですが、例のサブプライム ローン問題から逆転、相当な損が出ました。株式が不調なときは債券が 好調と聞いたので全額債券に投資替えをしようと思っています。 問題は(1)今まで持っていた株式をきれいさっぱり売って債券に乗りかえ るか、(2)債券には乗り換えるものの今まで持っていた株式はそのまま 売らずに運用を続け、株価上昇を期待するかで迷っています。 (1)の場合は運用会社の説明を聞くと「損した額が確定してしまうので それを取り戻すのはかなりしんどい」と言っております。その反面、 「もっと損してしまうリスクも当然ある」とも言っております。 株式に詳しい方、今後の展望もしくは(1)(2)のどちらをとるべきかの ヒントを教えてくだされば幸いです。 勿論、どちらを取るにしろ私の自己責任です。

  • セゾン投信のファンドを検討していますが、これ1本(1社)に集中する事への不安も感じています。

    投信の素人ですが、これから、毎月の積み立てを行おうと考えています。 今のところ、 ・インデックスファンドである ・ノーロードである ・なるべく各国の株式と債券に分散されている ・信託財産留保額が低率である ・信託報酬が低率である ..といった点を重視して探しており、例えばセゾン投信の「セゾン バンガード グローバルバランスファンド」はこれらを大方満足しているのではないかと思っています。 もっとも、ファンド オブ ファンズである事から余分なコストが掛かっているのでしょうし、また国内への投資のパーセント(15%位)はもっと多くても良いかも知れないとは思いますが、例えば後者の点については実際に世界経済の中での日本経済の規模がその程度なのであれば妥当かな...と思っています。 一点、少し気になっているのが、「セゾン バンガード グローバルバランスファンド」がこれ1本で自分のニーズを満たすという事で、これ1本(1社)だけに投資していると、その事でリスクが発生するのだろうかという事です。 セゾン投信が破綻するか、或いはこの商品が依存しているバンガード社が破綻するかした場合、ここに投資したカネは無価値になるのか?...と思うと、幾らこの商品が気に入ったといっても、他社の他の商品との分散を図った方が良いのかなとも思います。 (もっとも、このファンドと良く似た構成の「他社の他の商品」を並行使用しても、同じタイミングで両方が破綻するのかも知れませんが。) 因みにですが、「投資信託協会」のウェブサイト(http://www.toushin.or.jp/start/risk/index.html)には「どんなリスクがあるの?」というページが有り、「投資信託にはどんなリスクがあるのでしょうか?主なリスクをみてみましょう。」という説明が有りますが、価格変動リスクと為替リスクの2点しか提示されていないですね。 これら2つのリスクについては、勿論納得しています。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2752363.html には、 「契約型投資信託は、信託銀行にて管理され、法的にも保護されていますから、運用会社や販売会社が破綻しても基本的には大丈夫です。」 という御説明が有りますが、この記述でセゾン投信への集中投資について安心していて良いのか、知識不足で自信が有りません。 http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/service/se10_bunbetsu.html#skip4 10年位前から投信は1本だけ(毎月の積み立てではないです)持っていますが、正直、管理の手間が増えるので投資している商品の数を増やすのは出来るだけ避けたいなと思っています。 「セゾン バンガード グローバルバランスファンド」は、この商品だけでリバランスを考える必要無くやっていけるので、これ1本でやって行きたいという気持ちが有ります。セゾン投信やバンガード社については、調べた限りでは言っている事が結構まともで、そこも気に入っています。 その一方で、前述の様なリスクはどうなのだろうかという考えも有ります。 ●投信による資産形成に際して、その投信会社が破綻する様なリスク迄気にするのは、考え過ぎというものでしょうか。 ●「セゾン バンガード グローバルバランスファンド」と内容が非常に似たファンドが有れば、並行して投資しようかとも思いますが、そういったファンドは有るでしょうか。 上記の2点が今の自分の疑問なのですが、詳しい方から良いアドバイスを頂ければと思います。

  • 資産運用の考え方

    資産運用の根本的な考え方としてアドバイスをいただけますか? おもにリート型の投信などを一括で購入するのではなく、毎月積み立てで購入するとします。 仮に条件として年利回り7%程度(利回りの変動がなかったと仮定し)の投信を毎月積み立てた場合、利息はずっと得ることができ、毎月同額の購入をしていれば基準価格が下落したとしても平均化されるので損はなく一定の配当のみを得ることができる。この考え方に間違いはありますか? 諸費用がかかることは理解しています。また、一括購入のほうが下落が無ければリターンが多くなることもわかります。 リスクを極力減らして安定運用を考えています。

  • 国外投信の組立て方

    投信初心者です。下記投信を持っております。   三井住友 グローバル3資産 2007/7-   三井住友 グローバルリート毎月 2005/3-   国投 グローバルソブリン毎月 2005/8- 来年2008年中に一部見直そうかと思うのですがアドバイス願います。 見直す方向ですが、   リスクを分散したい   国内株式系は不要   国内債権は、個人向け国債をすでにもってるので投信では不要 いろいろここのQ&Aをみますと、パッシブファンドの勧め、毎月分配・アクティブタイプの購入手数料/信託報酬の非効率性あたりが気になるところです。年利1~3、できれば5%くらいあれば十分です。 景気は楽観視してません。 資金は余裕資金です。 期間は数十年。 よろしくお願いします。

  • 高金利通貨債券ファンドについて

    知人がHSBCブラジル債券ファンドを保有しています。分配金が1万口あたり120円ということで、実は私も購入しようかと心が動いたことがありますが、結局購入していません。 分配金は11月から80円に減額されたようですが、それでも高額配当です。ただし、基準価額は大きく下がっており、証券会社からの資産評価通知でも現時点では大きな損失が出ているそうです。 ファンドのパンフレットを見ると、金利変動リスクなど6つのリスクが列挙され、「元本が保証されるものではありません」と記されています。しかし、知人は満期まで持てば、リスクは為替変動リスクのみで<基本的には>元本が<実質保証されているらしい(そういう説明を受けているらしい)>と曖昧なことを言っています。 もし、本当にそうなら高金利の外貨預金に加入しているのと同じで誰でも購入すると思うのですが、はっきりしません。このファンドの償還時には、当然、加入口数×基準価額の金額で償還される、従って基準価額が下がっていれば下がった分だけ損失だと思うのですが。ただ、このファンドはブラジの国債のみに投資していると知人は言っていますので、国債のみなら債券の通例で満期時には元本で償還されるから基準価額も元に戻るということなのでしょうか。(国債のみでということもパンフレットを見る限り疑問ですが)。このファンドに限らず他の高金利通貨建て高配当ファンドも合わせて実際はどうなのか教えてください。また、満期時の償還金が日本円への交換にあたってプラスマイナスあるのは分かりますが、基準価額の低下と円高円安はどのような関係にあるのかも一般論で結構ですからご教示ください。

  • ブラジル債券ファンドについて質問です。

    現在、SMBCファンド・HSBCブラジル債券ファンド(毎月決算型)を所有しているのですが、先月分配金が80円&#10145;50円に下がり、かつ、純資産額も絶頂期の1000億円&#10145;60億円くらいまで下がってきています。(基準価格は今年5月頃大きく下げた以降は大きな変動はありません) 今、解約すると大損してしまうので、極力損を少なくしたいと思っているのですが、このまま、このような分配金や純資産が下がっているファンドを持ち続けるのは危険なのでしょうか。(分配金や純資産が減ったことにより基準価格も暴落するとか) 最近、レアルも少し持ち直してきたように思われますし、ブラジルの金利も下げ止まったようですが、基準価格の更なる下落や繰上償還の危険性は拭えませんでしょうか。 このファンドは、しばらく塩漬けにしようと思っていたのですが、証券会社の人から解約を強く勧められて少し不安になってしまい質問させていただきました。証券会社の人からからは、もちろん解約だけでなく乗り換えを勧められていますが、乗り換えるつもりはありません。 乗り換えて欲しいだけで、解約を勧めてきているのか、本当に危険なファンドなのか見極められずに悩んでおります。 解約のタイミングだけに悩んでいるのですが、アドバイスをいただけたらと思います。 よろしくお願いします。

  • 日本債券ベアについて

     いつもお世話になります。  これまでに幾つか御質問させていただき、そのアドバイスを参考に幾つか有効と思われるファンドを購入できました。大変感謝しております。  結果は神のみぞ知る、というところですが。  その後も投信について研究していたところ、表題の「日本債券ベアファンド」というものを発見しました。  これからはある程度金利高の傾向にあるとすれば中期的に見て結構有望なのでは、と考えました。  イートレード証券で見ると2つあるファンドの内一つはノーロードで信託報酬も0.4725%、もう一つは買付手数料0.42%、信託報酬0.5565%ながらパフォーマンスはよりレバレッジが効いているもののようです。  ファンドオブファンズでもないようですし手数料的には良いかと思います。  ただ、世の中においしいだけの話がある、ということはまずあり得ません。  このファンドにも何か見落としている罠、もしくは大きなデメリット、欠点というものはあるのでしょうか。  ちなみに債券価格の行方についてのリスクは当然だと思います。現在はゼロ金利解除にもかかわらず債券価格は上昇しているようですし、2000年時は解除後結局債券価格は落ちる一方だったと調べたところには記述されていました。  ただ、今回はある程度までなら預金金利も上昇するのでは、というのが素人の浅読みでの予測です。  よろしくお願いします。