• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

固定化

メトヘモグロビンを固定化したいです。 固定化メトヘモグロビンは触媒として利用します。やはり一番失活しないのは、カラギーナンなどを用いた包括法だと思いました。 しかしこの固定化メト~は、水溶液系で触媒として用いるので反応中溶液中で溶けてしまわないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数124
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

包括材と、ゲル化の方法で解決できる問題だと思います。要するに水や基質が行き来でき、メトヘモグロビンが出ていかないマトリクスを作って、そこに押し込む考え方が包括法です。それを満足するゲル化の条件を探し、どうにもならなければ架橋法なども検討すればいいでしょう。 アルギン酸でカルシウムを反応系中におくとか、工夫できないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 固定化酵素を用いた反応について

    はじめまして。 全くの素人なんですが、固定化酵素を利用した反応を教えていただきたいのですが?その中でも、反応温度が80度以下の反応で、固定化に用いる担体に直径が0.1mmくらいのビーズ状の物質に固定化して作業が比較的容易で、また反応も比較的一般的な反応が知りたいのですが?いくつかあれば、知りたいです。また、その方法の詳細を知るにはどのようにすればよいかを教えてください。お願いします。すごく、おおざっぽな質問で申し分けございません。

  • Protein-Aの固定化について

    抗体精製などでProtein-Aが固定化された素材が用いられていますが、 固定化方法がわからなくて困っています。 ほとんどの商品説明などでは「共有結合で固定化された」と簡潔に 記載されているだけで詳しい共有結合反応の記載がありません。 「Protein A, immobilization」などのキーワードで文献検索を 行っているのですが、既にProtein-A固定化されている材料を 用いた文献ばかりでうまくヒットしていません。 合成方法、条件などもご存知でしたらお教えいただけたら嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 酵素を固定化するっていったい何を言っているのですか??

    固定化リパーゼを用板いた加水分解反応の実験を行ったのですが、いまいち固定化リパーゼや酵素の固定化について理解することができませんでした。 酵素を固定化する意味は後で分離するのをやりやすくするためと解釈して良いのでしょうか? 加水分解酵素っていったいどんなものなのでしょうか?高校で習った消化器の中にある酵素に加水分解酵素があったと思うのですが、どういったことに注意してレポートをかいたらよいのか教えて下さい。 質問の意味が漠然としていてつかみにくかったです。 実験の中身は固定化したリパーゼを用いてp-ニトロフェニル酢酸の加水分解を行い、反応の色を反応液「アルギン酸ナトリウム、塩化カルシウム水溶液を加え水溶けない粒にしたもの」酵素の働きを眼で確認して反応後に酵素と生成物を分離するという手順だったのですがわかる方のアドバイスよろしくお願いします。 意味が理解できないので文章がおかしいかもしてません。足りないことがあるかも知れません。

  • IP電話のIP固定化?

    現在、フレッツ光プレミアムを利用していて、CTU側でIP固定化&ポート開放をしています。 最近、NTTのVoIPアダプタを購入し、ISP提供のIP電話を使いはじめました。 ところが、VoIPアダプタを接続してから、 以前のような環境で使うことが出来なくなってしまいました。 おそらく、VoIPアダプタでのIP固定化&CTU側でのポート開放するVoIP側LANのIPの指定が必要だと思うのですが、色々試してみても上手く行きません。 お詳しい方にぜひ解決方法を教えていただきたいと思います。 現在の設定内容は以下です。 【CTU設定内容】 192.168.24.51でIP固定化&ポート開放。 【VoIPアダプタ設定内容】 ●IP設定 IP種別:スタティック IPアドレス:192.168.24.51 ゲートウェイのIPアドレス:192.168.24.1 ●ルータ/アダプタ アダプタモード LANポ-トのIPアドレス:192.168.100.1 ●DHCPサーバ設定 DHCPサ-バ-IPアドレス:192.168.100.1 ゲ-トウェイのIPアドレス:192.168.100.1 DHCPで使用するIPアドレスの始めの値:192.168.100.2 DHCPで使用するIPアドレスの終りの値:192.168.100.128 UPnP使用:使用する

  • エタノール合成法について

    実験で固定化酵母によるエタノール合成をやりました。 グルコース水溶液に、塩化カルシウムで固定化したパン酵母を入れてエタノールを作ったんですが、もしパン酵母を固定化をしなかったらどうなるんですか? グルコース水溶液+ただのパン酵母をアルコール発酵させて、ろ過したらど―なるんですか?教えて下さい。 それから、こういった生化学的なエタノール合成法の他に、どんなエタノール合成法があるんですか?教えて下さい。 出来れば化学反応式なんかがあると嬉しいです。

  • 実験のそれぞれの行為の意味

    実験(というかその準備)の流れでそれぞれの行為の意味が分からないので質問します。 グルコースを含む水溶液に還元型色素液(ペルオキシダーゼ酵素液+ジアニジン溶液+Mcllvaine氏緩衝液(ph7))を入れて撹拌して、GOD溶液を入れて酵素反応を開始して15分後に塩酸溶液を入れて撹拌して酵素反応をとめる という作業で 塩酸を入れる前にピンク色になっているのはジアニジンが酸化されたからでいいんですか? そのあと塩酸を入れるのは酵素を失活させるためでいいんですか? 塩酸を入れると黄色になるんですがこれはどうしてですか? その後その溶液をO.D.400nmの波長で比色定量するのですが、この400nmの波長を選ぶ理由は何でですか? 教えてください。 よく分からない事だらけなんでお願いします。

  • セッションハイジャック(セッション固定化)の対策は必要?

    ・php.ini で session.use_only_cookies = 1 ・フレームワークで XSS 対策(自動エスケープ) を行っている場合、セッションハイジャック(セッション固定化)の 可能性は、ないと考えてよろしいでしょうか? というのも、session_regenerate_id() は、セッションハイジャックの 可能性を、かなり減らせると思うのですが、これを利用すると、 レスポンスが来る前に、ユーザが送信ボタンを再度クリックしたり リロードした場合に、セッションが切れてしまうことが よくあるからです。 そのため、1/5の確立で session_regenerate_id() を起動、 if (mt_rand(1, 5) === 1) {   session_regenerate_id(TRUE); } としてみたのですが、抜本的な対策とは思えません・・・。 XSS対策が完璧で、セッションはクッキーのみの場合、 他にどのような対策が必要でしょうか?ご教示ください。

    • ベストアンサー
    • PHP
  • in situに用いる固定液について

     現在in situ hybridizationを行なおうと思い、色々本を読んでますが、固定液について質問です。  成書には、とにかくRNaseフリーにするために、DEPC処理とか、乾熱滅菌とか色々書いてありますが、経験者によると、実際はそれ程気にしておらず、特にRNaseについて気にしてないようでした。  では組織が持つ内因性のRNaseはどう気をつけてるの?と聞いたら、アルデヒドで固定する為に、気にしないレベルになっていると思う、との答えでした。  さて前置きが長くなりましたが質問です。 普通in situの固定にはホルムアルデヒド固定を行い、架橋結合により併せて酵素も失活出来ると思いますが、アルコール固定のみによる変性固定では、RNaseの失活は期待できないでしょうか?  質問の意図としては、ホルムアルデヒドを作るのが面倒なのと、架橋によるプローブの浸透が阻害されるような気がするので、アルデヒド固定を省くことが出来れば、いろいろ良いことがあるんじゃないかと思ったのです。  面倒ですが、どなたか示唆を頂ければありがたいです。

  • デンプンに強酸を混ぜるとどうなりますか?

    化学の生体触媒という範囲の実験で デンプン水溶液とデンプン水溶液に6N H2SO4を加えた溶液を それぞれ沸騰、冷却し、ヨウ素ヨウ化カリウムを混ぜ 変化を観察しました。 観察した結果、どちらも青紫色で 見た目ではあまり変化はなく、 どちらかというとH2SO4を混ぜたほうが 淡い色になったように見えました。 これについて考察をしているのですが、 学校で配られた教科書・資料集を見ても デンプンに強酸を混ぜたときの反応について よくわかりません。 同じように見られたということは 強酸であるH2SO4がデンプンに何の反応も起こさず 入れないものと同じように ヨウ素デンプン反応が起こった、ということですか? それとも、何かの反応が起こり 少しばかり薄くなった、 少しばかりヨウ素デンプン反応が妨げられた、 ということでしょうか。 もしそうだったら、どんな反応が起こったのですか? 解説をお願いします。

  • 反応の速さの実験

    (1)3.0%の過酸化水素水4mlの物質量は何molでしょうか・・・?(H2O2=34、3.0%の過酸化水素水の密度を1.0としたとき) これを求める式は 4×1.0×0.03/34 でよいのでしょうか? (2)3.0%の過酸化水素水4ml+触媒溶液(0.2mol/l硫酸鉄(3)アンモニウム水溶液)1mlの濃度が求められません・・・何mol/lなのでしょうか? この二つを教えたください。あと『反応の速さ』関係のよい資料があれば教えてください。薄学ですみません。。。