-PR-
解決済み

たわいのない質問ですが・・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.18841
  • 閲覧数42
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

 家庭にある極普通の電源「コンセント」ですが
差込み口の穴が2つあり(あたりまえ(^^)”)、
その穴は良く見ると若干大きさが違うようなのですが、
なぜ?でしょう。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 37% (260/696)

はい、皆さんが回答されておられる通り、穴の長い方が接地極側です。 よって、触っても感電し難い方です。(実際は電線の電圧降下分だけ電位があります。)。もう片方(短い方)はライブ側で100V近い電圧がかかっております。

昔(昭和30年代だか40年代だか?)は両極とも同じ寸法でした。しかし、接地側を長くする様に規格が変更になりました。しかしながら、プラグとコンセント両方を一度に行うと穴に入らないとかの問題が生じますので、世の中のコンセントが新タイプに移行するまでプラグの方は従来通りの物を使う事になっております。

米国では昭和50年代(だったと思います。)にプラグも長短タイプの物に変更になっております。

日本もそのうち長短タイプの物に変更になるのかな?

年代があいまいな回答で申し訳ありません。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 28% (8/28)

それは片方の穴がマイナス(アース)になっているからです。
(確か長いほう)
オーディオなんかは極性を確認してコンセントに挿すと音が良くなります。
但し,電気工事の際に極性がちゃんと守られて工事してあったらですが。

漏電防止用のアースとは異なりますから、アース線は確実に取り付けましょう。


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
確かに大きさが違いますね。
これは、コンセントにも極性というものがあって、大きい方の穴が「アース」になっている、日本では普通のコンセントですね。
通常はそんなに気にする必要はありませんが、厳密にはオーディオ機器など、極性を合わせて電源ケーブルを差し込まないと、ノイズが出たり、供給が不安定(と言うほどのものじゃありませんが…)になり、音質にもわずかながら影響が出ることがわかっております。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
壊れた!動かない!あなたはどう解決した?体験や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ