-PR-
解決済み

予算業務について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.188305
  • 閲覧数563
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 31% (5/16)

現在仕事で、財務・会計の業務フローを作成中なのですがその中に予算業務が
あります。
予算の編成・運用・統制ぐらいはわかるのですが、それ以上の細かい業務内容が思い浮かびません。
予算業務といった場合、どのような作業があり、どのように進んでいくのでしょうか?(一般企業の場合です)

宜しくおねがいします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 26% (36/134)

もう少し補足してみました。参考になれば幸いです。

予算は通期や半期で通常組みますが、その上のレベルで中長期の発展計画を立て、その方向性、目標に基づいた予算組をするほうが本来は望ましいと思います。
その更に上には経営理念、社是・社訓、などがありますから、これらに一貫性を持たせることが理想ですね。

経営理念

社是・社訓

中長期発展計画(3~5年程度)

年度予算

1.現状の調査と分析
2.目標の設定
   中長期発展計画に基づく目標
3.戦略・方針などの設定
   中長期発展計画とのギャップを埋めるための大方針。達成または勝ち残るための合理的なルール、仕組み
4.具体的施策の設定(5W1Hまで)
  5W1Hを決定しておくことだけでなく、PDCAのマネジメントサイクルを構築しておくと理想的。特にチェックの5W1Hが重要。
5.予算策定
 (1)売上予算(顧客別計画、担当者別計画、新規開拓計画等) 業種によっては製品別や地域別など様々な視点があるでしょうから、会社に合わせた適切なものにする必要がある。
 (2)利益予算
     売上-コスト=利益ではなく、売上-利益=使って良いコストという考えを持つことが重要。売上は相手があるものであり、企業の思うとおりにはなりにくいが、コストは情や過去の経験、しがらみなどに流されなければコントロールできる場合がほとんど。なかなか難しいが利益は予算どおり固定し、厳守するもの。・コストは売上に応じて事業部門の責任者がマネジメントとするものという考えを持つことが大事。
 (3)コスト予算(人員、設備投資、情報化投資、合理化計画等) 変動費、固定費と分けて作成する。
 (4)妥当性の検討
     管理セクションによる予算の各項目の数値精査(間違い、問題点、矛盾等のチェック)
 (5)経営者の承認
     承認された予算が事業部門責任者以下の判断基準となる。
6.事業部門責任者から担当者まで責任分担のブレイクダウン 数値化できるものは数値化してブレイクダウンする。
7.日次、月次、四半期、半期、年度単位などの間隔での計数管理と施策実行状況のマネジメント
  計数管理は出来上がりの早さも大事。昔の事を言っても手遅れ。
8.達成状況の定例評価会議
   未達成の原因を環境や競合他社のせいにする者は許してはいけない。売上を上げ、収益率を上げるために、どんなことを実行したのか、していないのかを明確にする。
9.大幅な環境変化があった場合は予算の修正
  会社によって考えはことなるでしょうが、業績見通しは随時更新しても、予算はよほどのことがない限り修正しないほうが望ましい。
10.達成率の検証
   数値の達成と施策への取り組みプロセスの評価
11.事業部門責任者から担当者までの業績評価
12.人事考課への反映へ
   対予算達成率だけでなく、前年度対比などもよく考慮しないと、低い予算をうまく認められた事業部門が高い評価になり、高い予算に挑戦して及ばなかったが、前年よりも業績を伸ばしたのに低い評価になったりするので配慮が必要。

一般的にはどの企業も予算組みの時期は、コストを削減する方法を考えますから、その時期までに新商品や新サービス、新価格などを揃え、営業展開を事前に行っておくことが重要です。
お礼コメント
k5s5papa

お礼率 31% (5/16)

更に詳しく御回答いただき有難うございました。
業務フローがそのまま書ける位わかり易かったので,非常に助かりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-21 13:10:54

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 26% (36/134)

1.現状の調査と分析(経済動向、業界動向の予測、SWOT分析、競合他社とのベンチマーキング等)
2.目標の設定
3.戦略・方針などの設定
4.具体的施策の設定(5W1Hまで)
5.予算策定
 (1)売上予算(顧客別計画、担当者別計画、新規開拓計画等)
 (2)利益予算
 (3)コスト予算(人員、設備投資、情報化投資、合理化計画等)
 (4)妥当性の検討
 (5)経営者の承認
6.事業部門責任者から担当者まで責任分担のブレイクダウン
7.日次、月次、四半期、半期、年度単位などの間隔での計数管理と施策実行状況のマネジメント
8.達成状況の定例評価会議
9.大幅な環境変化があった場合は予算の修正
10.達成率の検証
11.事業部門責任者から担当者までの業績評価
12.人事考課への反映へ
お礼コメント
k5s5papa

お礼率 31% (5/16)

大変参考になりました。
一言で予算業務と言っても,非常に奥が深いものだとわかりました。
ご回答頂いた内容をもとに,自分なりに調べて業務フローの作成に役立てたいと
思います。
有難うございました。
投稿日時 - 2001-12-21 09:18:34


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ