• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

YMOは本当に世界進出したの?

先日、イギリス人で音楽業界に勤めている友人に聴いたのですが、YMOが「世界進出」してレコードを出し欧州ツアーをした事は知っているが当時、欧州で彼らのレコードを聴いたりレコード店でアルバムを買った人間は皆無に等しいと教えられました。 また、あの「世界進出」というのは、当時のTVやレコード会社が彼らを売り出すために仕組んだことで、当時のイギリスの音楽業界の情報が、雑誌などの活字媒体と一部のマスコミに限定されていた為、それを逆手に取った情報操作の側面があるというのです。(つまり「やらせ」ということですが。) 長年、当時(80年代)のYMOは音楽シーンの最先端にいたと信じていた自分は本当に驚きでした。 まあ、世界進出ということ自体に基準はないと思いますが、彼らのファンとして少しショックです。(ランキングチャートだって少ない枚数で頻繁に入れ替わる状況は知っていましたが。) 彼らは本当に「世界進出」し世界中のアーティストに影響を与えたグループだったのでしょうか? 事情がお判りでしたら教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7565
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#15809
noname#15809

たしか少なくとも2回(連年か隔年か忘れました)ワールドツアーを行って、ヨーロッパからアメリカへと渡っています。 当時、ロンドン、パリ、NYでの映像が中継で日本に入ってきていました。 1回目のワールドツアーでは、レコーディングに使った音源をそのままライブに使ったためか、アルバムのような重ね取りした音にならず、固くて細いシンセ音でとてもチープなライブでした(このライブは日本で発売されましたが、日本でかなり音をかぶせています)。 2回目のツアーでは、ライブ向けに音源を変えたのか、かなり聞きやすい演奏になっていたと思います。 影響を与えたかどうかですが、実際には一部の強烈なテクノファンやミュージシャン、関係者のあいだで話題になったというほうが正しいかもしれません。 ドイツのクラフトワークと比して、ソリッドステートサバイバーのような音に深みのあるテクノサウンドは、当時のテクノファンには「聞いたことがない音だ」と言わしめました。 実際にはヨーロッパなどでは、YMOがヒットチャートに一時現れてもすぐに消えたのではないでしょうか。 NYでは三宅一生も招いてファッションショーもすこしとりまぜ、司会に芳村真理をたてて東京までライブ中継していましたが、あのときの観客は業界関係者ばっかりだったと思いますし、日本向けのライブという感じでした。 ただ日本にありがちなお膳立てのステージばかりかというとそうでもなく、実際に一般向けのライブを小規模~中規模ホールで行いつつ各国を回っています。 またポールマッカートニーがYMOが英国に来たとき実際に会っており、「わたしもあなたたちのようなサウンドをつくりたい」と言ったとか。 実際にその後ボーカルが少ない、へんてこなテクノっぽいアルバムを出しました(マッカートニーファンには不評だったそうです)。 ライブ会場には当時のテクノ系だけではなく多くのアーティストがかけつけています(ウルトラボックス、フライングリザーズ、ジャパン、ブームタウンラッツ.etc) のちに日本で解散コンサートを行うことになった当時、来日していたABCという英国のグループのドラマー「デビッド・パーマー」がYMOの大ファンで、解散を聞き来日中にグループを脱退し、YMOの解散コンサートのドラムを担当したという逸話があります。 これはたぶん高橋幸宏が半分冗談で、叩いてみない?と誘ったのが、本人大真面目で、この機会を逃したらYMOと共演できないと脱退までしてしまったのかもしれません。 坂本龍一も世界のサカモトといわれてはいますが、10数年前にソロツアーをヨーロッパで行ったときも、会場はかなり小さいところが多かったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 知らないこともお書きいただき、勉強になりました。 友人が一番強調していたのは、イギリスの音楽業界の多様性には何も触れず、あたかもYMOがオリジナリティーのある音楽性で欧州を席巻したかのように報道したメディアの偏向性と閉鎖性でした。 コンサートでもPAなどにラインが繋がってなかったそうですし、実際に演奏したのは、幸宏さんくらいだったかも知れないとのことです。 業界的には「変な東洋人グループ」というカテゴリーのみで注目されていたとは、少し悲しかったです。

関連するQ&A

  • 今後の東ヨーロッパ圏への企業進出

    日本を含む世界の企業の中国やアジアへの進出が多いですが、ヨーロッパでも今後東欧への工場や支店のシフトが増えていくことは、ニューズや新聞でよく取り上げられます。 某自動車企業が、スペインなどから部分撤退し、チェコなどに工場移転を計画しているケースなどをTVで見たりしたことがありますが、日常目にする情報(専門誌ではなく、一般のテレビや新聞等)では、東欧やヨーロッパなどと大きくくくられていて、単なるトレンドとして紹介されているケースが多いようです。 東欧もしくはヨーロッパの、全体的にどんな企業(業界)がどの国へなど、今後の生産拠点、支店、本社機能の遷移の予測などが書かれた情報がありましたら、教えてください。 業界は特に問いません。 各業界の方なら、ご自身の業界が今後、どの地域に進出していくかなど情報をお持ちだと思い、質問してみました。 別にシークレットな情報とかそんなことではなく、例えばアジアでは、中国の上海や、東南アジアではタイなどが、予測どおり世界の企業や工場が進出していったような、そんな今後の流れの欧州版を知りたいと思います。

  • 岩崎元是 & WINDY

    皆さん、今日は。 「夏の翼」という曲がシングルカットされたアルバムで、「HERT WASH」 というアルバムを探しています。(15年位前にリリースされたレコードで、今は 当然絶版でしょうが・・・。近所のセコハン屋でも見つからないです。) アーティスト名は岩崎元是 & WINDYだそうです。 音楽業界の知人に元ネタを探して貰っているのですが、「レコード会社か在籍していた事務所が判らないと探せない。」との事。 どなたかこのバンドが在籍していたレコード会社をご存知な方、 教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 韓国の音楽業界で日本人は受け入れられない?

    先日、韓国の音楽業界で働きたいという質問をしたら、日本の方が良い・やめておけという回答しか返ってきませんでした。 確かに韓国の音楽市場は小さく、そのために海外進出をしていますが、K-POPという共通の趣味を持つことにより、世界の広い範囲でつながりが生まれると思うのです。 それに、私は韓国の完成された音楽、人材のもとで音楽活動をしたいのです。 日本人が韓国の音楽業界で働くことは 不可能なのでしょうか? また、韓国で音楽に関した仕事をしている方・そういう知人がいる方 などおられましたら、詳しく教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#15809
noname#15809

#3です。 そうそう、当時の影響で1つ書くのを忘れていました。 マイケル・ジャクソンからBEHIND THE MASKを自分のアルバムに使いたい。しかし歌詞も変えアレンジもしなおすので、ライセンス料は通常の50%しか払わない。 と申し出があったそうです。 当時から気が強く自信家だった教授は、そんなんなら使わせないと申し出を断ったそうですが、その後出されたマイケル・ジャクソンのアルバムは全米1位・全英1位になった有名なスリラーだったと思います。 ラジオ番組で、こんなに売れるアルバムなら曲を提供しておけばよかった、どぼやいていたのを覚えています。 しかしその後に再度提携することにしたのか、まったく違う英語の歌詞をつけたマイケル・ジャクソンのBEHIND THE MASKもリリースされました。 メロディーそのままで、英語の歌詞がぴったりはまったかっこいい仕上がりになっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この曲知ってます!かっこいいですね。これを友人に聴かせてみようかな。でも、いまさらマイケルジャクソンでもナイカナ・・・・。 ありがとうございます。

  • 回答No.2

「電子音楽・イン・ジャパン」のリンクを貼り直します。 ↓が現在入手可能です。

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757208715/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 早速、読んでみます。

  • 回答No.1

少なくとも、ファイヤークラッカーの知名度は高いでしょう。 今でも、好んで掛ける有名クラブDJが多数いますから。 海外の配給元が米A&Mでしたから、欧州では若干影響力が弱かったのは否めないと思いますが、当時の全てのエピソードがやらせだとは言い切れないでしょう。 「フュージョン・フェスティバル」で世界発売が決まったという話は嘘だったらしいですが、 http://sound.jp/dbymo/history1978.html トミー・リピューマが関わったのは事実だという事を、昨年発売された「70'S」という本で当時のアルファ・レコード関係者が語ってました。 http://books.yahoo.co.jp/book_detail/07157709 当時の事情は、「電子音楽・イン・ジャパン」という書籍にも詳しく書かれてますので、ご一読されてはいかがでしょうか。

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757201524/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 トミー・リピューマが関わっていたとは初耳でした。どうゆう関わり方なのか判りませんがワーナーMの大物なのでもしかしたら、アメリカへも進出できたかも知れませんね。でも、「エブリシングバット・ザ・ガール」の様にはずしかも知れませんね。 友人からは当時の電気音楽(古くさい言葉ですが)の愛好家には、「クラフトワーク」と「ディーヴォ」の美味しいところを頂いた曲が多くまるでオリジナルが感じられなかったように聴かれたそうです。 当時の関係者のなかで現在の日本のマスコミで「ブロードキャスター」(?これも意味不明なそうです)なることをされている某人物も現地ではまるで無名な方のようですね。

関連するQ&A

  • 16回転のレコード

     レコードの回転数には、毎分16回転、正確には16 2/3回転で3分間に50回転、LPレコードの33 1/3回転 3分間に100回転のちょうど半分のものも存在したと聞いています。  たしかに、学校などで使用しているレコードプレーヤの大半は、16回転も含めた4スピードでしたし、松下電器が1964年に発売した家具調アンサンブルステレオ「飛鳥」も、展示で見たときは4スピードでした。  ところが、この16回転のレコードに関しては、ほとんど情報が得られていません。親しいレコード店のご主人にお尋ねしても、そういえばそういうのもあったような気がするといった答えしか返ってきませんでしたし、日本のレコード会社の中で最も歴史の古い日本コロムビアのHPで質問してみましたが「昭和42年(1967年)頃、クラシックのレコードとして発売されたことがあるという記録が残っているが、権利が他社に移行したため、それ以上のことはわからない)という回答でした。  私はぜひとも、この16回転のレコードについて知りたいのです。もし、皆様の中で、16回転のレコードを所有されたことのある方、何か情報をご存知の方は、どんな些細なこどでもかまいませんので、ぜひとも教えてくださるように、よろしくお願いいたします。

  • 芸能の中心も日本から台湾に移るのか?

    近年、円高の影響もあり日本の製造業が法人税の安い台湾にどんどん移転しています。 そして、日本国内では産業の空洞化がニュースになり始めています。 ここ最近、台湾のテレビを見ていると、実に多くの日本人タレントを見かけるようになりました。 歌手、俳優、モデル、司会、レポーター、映画監督と様々な分野で日本出身者が台湾で活躍しています。 その反面、以前は多くの台湾の方々が、日本の芸能界に進出してきていましたが、最近ではめっきり見かけなくなりました。 日本で見かける外国人といえば、ほとんどが「韓国からの出稼ぎ、韓流スターばかり」です。 今では日本人の方が台湾に進出する時代になり、もう完全に日本と台湾との立場は逆転したような状況です・・・。 avexやEXAILなども巨大な中華市場に目を付けて、台湾にオフィスやスタジオなどを開設し、新人の発掘をしています。 このような状況は日本で人気が低迷した演歌の世界にも当てはまり、細川たかしを始め多くの演歌歌手が台湾進出を狙っています。 巨大な中華市場で、成功し有名になれれば、ハリウッドへの進出の可能性も出てきます。 これからは高い能力を持つ、日本人の歌手、俳優達は台湾を目指すようになり、日本のエンターテイメントの世界は人材不足から空洞化していくのではないかと、私は感じています。 みなさん、これからの日本の音楽業界、芸能界はどうなっていくと思いますか?

  • YMO(イエローマジックオーケストラ)って?

    卓球さんのファンでYMOを知りました。彼らは何者なのでしょう?社会的評価はどれぐらいなのですか?サイトの解説を見てもよく分かりません。CDもどれを借りればいいか分かりません。最近のYMOのベストアルバムCDがあれば教えてください。

  • シリコンバレーでIT屋をやるメリットって何?

    私はIT関連のことに興味を持っています。 IT関連で世界でも有数の拠点であるシリコンバレーはよく耳にします。なぜシリコンバレーにIT屋(IT企業)が多いのか調べてみると、「起業を行いやすい環境だから」、「ビジネスのチャレンジをみんなが応援するから」といったような、ビジネスの側面からの理由を挙げている人が多かったです。 なるほどと思いました。それと同時に、シリコンバレーに居ることで技術的な意味で有利なことというのはあるのかなと思いました。例えば「最先端の通信技術の情報がすぐに手に入る」とか。 もちろん、ITとはいってもいろいろ分野もあると思うので一概には、なんとも言えないとは思っています。しかし、私は業界のことをよく分かっていないので、シリコンバレーといえばITの聖地のようなイメージを持っています。 これは幻想なのか、まんざらでもないのか分かっている方居たら教えていただけないでしょうか??

  • YMOについて

    YMOが好きだった方に質問です。 当時、メンバー3名の中でどなたが最も人気が高かったでしょうか? また、今でも活躍が気になる方はどなたでしょう?

  • YMO

    YMOのサイトにいくと「私たちの音楽が意図しない商品となって世に出て行くことがある。商品を見極めて」というようなことが書いてあるのですが、具体的にはどのCDのことなんでしょうか。

  • あなたにとってYMOと言えば?

    あなたにとってYMOと言えばどの曲ですか? わたしにとっては人民服が鮮烈だった頃の傑作 「テクノポリス」ですね。「ライディーン」と悩む とこですが、あの「TOKIO」というボコーダー音声の インパクトは強烈でした(^ー^) 好きなアルバムはBGMなんですけどね。 あなたにとってのYMOのこの1曲、教えて下さい。

  • 「ここのシーンにはこの音楽が合っている」と判断する人はなんという仕事名なのですか?

    わかりにくい質問になりますがよろしくお願いします。 映画やアニメを見ていると、 「なぜこのシーンでこの音楽にしたんだろう…」 「こういう音楽の方が効果的なのに…」 など、よく思ってしまいます。 これが質問するに至った経緯です。 (1)シーンやストーリーに合わせて、曲をチョイスする人、 また、(2)それに合わせて作曲する人はなんという職業名になるのですか? ※「作曲者」と一口にいっても、 レコード会社に曲を提供する?人や、ウェブHPの音楽担当、、 アニメのBGM作る人、CMのBGM作る人、、、、など 表現が曖昧になってしまい、どの職業につけばどのような仕事ができるのかいまいちわかりません。 自分はアニメの作曲を希望しております。 大抵、その作品の作曲者などを調べてみると、 ソニーミュージックエンターテイメントに属していたり、 ビクターエンターテイメント、、、またフリーの方々だったりして 一概に「ここに就職すればアニメの仕事に、音楽の仕事に触れることができる」と言えない?気がしてます。 自分は、理系大学卒業、現在は技術研究職に就いております。 音楽業界(この言い方も適切かどうかわからないのですが、、)への 転職を希望しております。 作曲・編曲はすべて独学ですが、いくつか作品は採用されたことがあります。(正社員としてではなく、自分で応募してたりしてた頃のものです。) 昨年までは、趣味として作曲活動をしておりましたが、 本気で転職を考えている次第であります。 (…といっても、具体的な職業名がわからず、またそこまで欲望もなく、「音楽に触れていたい、音楽に触れていられる仕事がしたい」、、と 子供のような言葉でしか表現できない自分がおります。) エンターテイメントや音楽業界の業界用語がよくわかりません。 (頭や文章で理解できても、実際は…一体どのような生活(仕事)をしているの?? とハテナマークが出てきてしまいます。 「プロデューサー」と「ディレクター」「製作進行」…この違いも自分はよく理解できておりません。それくらい職業名に疎いです。 これらも、番組やTVの最後のテロップで見て知ってるだけで、実際どういうことしている人なのかわかりません。 どこに、どのような会社に就職したら このような世界に携われることができるのでしょうか、、 抽象的で、煩雑で言葉足らずかもしれませんが、 どうかよろしくお願い致します。

  • 同人誌業界はマンガ業界のインディーズといっていいんでしょうか?

    具体的に質問したいことはタイトルの通りなのですが、そのほかに一つ伺うとするなら、同人とインディーズには何か違いがあるのでしょうか? 僕の知る限りのことで言うと、どちらもプロとアマチュアの中間的な立ち位置にみえますが、どこか違いもあるように感じます。 音楽業界など「インディーズ」と呼ばれる業界ではメジャーデビューの足掛かりだったり、創作活動の一環で活躍したりと創作的・商業的な雰囲気がある一方で、同人誌業界では二次創作品の多さなどからどちらかというアマチュア主体な傾向がある、というのは感じます。 とはいえ同人活動のオリジナル作品でプロデビューする人もいれば、逆に個人サークルでコミックマーケットなどに参加するプロの人もいる、などといった業界事情があるという情報を知っているだけで、なにぶんこうした世界に飛び込んだ経験はなく具体的に何が一緒で何が違うかよくわかりません。 そもそも、僕は昔から漫画やアニメに限らず、音楽、映画などが好きで、以前から同人やインディーズに興味があり、どんな共通点や違いがあるのか疑問に考えていました。 いちいち業界がどんな位置づけなのか、なんて決めつけるような野暮ったい質問だと自分でも感じますが、WEB上で一度いろんな人の意見を伺いたいと思い投稿させていただきました。 ぜひともご意見をお寄せください。 なお、実際に同人活動をやっている方によっては、偏屈な文面の投稿だと気に障られるかもしれませんが、あえて自分の疑問に思うことを正直に書きました。よって、大変に不快な思いをされるようでしたらお詫びを申し上げます。 では、よろしくお願いいたします。

  • YMOについて

     ポールマッカートニー麻薬所持事件のパロディーや音楽評論家の外タレに関するバカバカしいやりとりなどのコント、「おじょーずー」と、ロックのフレーズをワンバーずつ歌い合って褒めあうギャグなどがはいった、アルバムはなんというアルバムでしょうか?お教えください!

専門家に質問してみよう