• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

社長と会長の違いについて

  • 質問No.1862998
  • 閲覧数1373
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 67% (549/819)

こんにちは。
お聞きしたいことがあります。

会社とかで「社長」と「会長」の違いは
何なんでしょうか?
自分は、中学・高校の部活動で
顧問(=会長)とキャプテン(=社長)の
関係だと思っています。
ただ、中学・高校の部活動では、顧問がとても
影響力を持っています(そうでない場合も
ありますが)
一方、会社の場合は、社長の方が会長より
影響力が大きいようなイメージがあります。

どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
会長とか社長とかいうのは各会社独自の呼称なので会社によってまちまちです。

そもそも商法上の株式会社の制度では原則として取締役の区別は、取締役(いわゆる平取ですね)と代表取締役しかありません。

通常の会社は会長、社長、常務あたりまでが代表取締役で、それ以外は平取のことが多いと思います。この場合、社長を退任した人が会長として会社に影響力を及ぼすこともあります。この場合は会長の部下が社長となります。

また、会社によっては、例えばA社とB社が合併して新たな会社を作ったとすると旧A社出身者と旧B社出身者が会長と社長のポストを分け合い、次の取締役の改選の時には会長と社長のポストが旧A社出身者と旧B社出身者で入れ替わるというタスキ掛け人事が行われることもあります。この場合、社長と会長の力は対等ということになります。

会長が全くの名誉職で代表権がない場合もあります。この場合は社長が実質的な権力者ということになります。

会社四季報を見ると取締役の名前が載っていますので、それと会社のホームページを見てみるとよくわかると思います。他に高杉良や城山三郎などの経済小説を読むとその辺の事情がよくわかると思います。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 26% (845/3158)

社長や会長というのは、部長や課長と同じで、会社内部での役職なので、当然会社によって異なります。
一般的には、社長というのは会社の長であり、会長というのは取締役会の長です。

これに対して、社長や会長といった役員を任命するのは、株主総会とか社員総会です。社員総会というのは、従業員の総会ではなく、社団の構成員(=出資者)の総会です。要するに、その会社の資本金を出した人が一番偉いのです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 17% (44/251)

日本の「くにがら」の面から、
上皇(退位した天皇)
天皇

大御所(先の征夷大将軍)
征夷大将軍

「(法的な)最高権力者を指名する者」が「(真の)実力者」なんですね。(キングメーカー?)
  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (112/385)

会社では社長より会長、会長より相談役の方が影響力がおおきいんだそうです。
会社によって少々違いがあるようですが、、、
社長を選ぶのは会長や相談役が決めることですから。
(どっかで、お葬式があれば花輪の順番をそっとみてください。上の方にあるほうがえらい人です。)
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ