• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ロシア語での比較表現

ロシア語で形容詞や副詞を比較級にするには 英語でmoreを付ける方法と 語尾を-erにする方法があるように болееを前に置く方法と語尾変化(語幹がそっくり変わるものもありますが)による方法がありますが、両方可能な形容詞や副詞も多いですよね。例えば дешёвыйという形容詞は両方見ますが、これはどちらでも同じように使えるのでしょうか? また、最上級なんですが、これもсамыйを前に置く方法とвсехを比較級の後に置く方法とがありますが、どのように違うのでしょうか?

noname#20688
noname#20688

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

◆比較級について まず、比較級には大別して2種類の形があります。 более(менее)+形容詞の合成比較級と、形容詞だけの単一比較級です。ほとんどの形容詞は合成比較級と単一比較級のどちらもつくることができます。 более(менее)を使った合成比較級の最大の特徴として次のことが挙げられます。  ・более(менее)+形容詞長語尾は定語にも述語にも使える  ・более(менее)+形容詞短語尾は述語に使うことが出来る(ただし短語尾を伴うことは稀で文語的) それに対し、単一比較級の特徴は次の通りです。  ・-ший型以外の単一比較級は述語として用いる(定語として使えない) ここで注意していただきたいのは、多くの形容詞は単一比較級では-ее, -е, -ше(例:красивее, моложе, дальше)などの短語尾型をとり、-шийという長語尾型(старшийなど)は非常に限られているということです。つまり、-шийという形をとれない大部分の形容詞は定語として用いることができないということになります。 -шийという形をとる比較級はロシア語の古い形で、現在まで残っているものは非常に少ないです。 例を挙げます。 「この小説は前のより安い」(述語としての用法) Этот роман более дешёвый прежнего.(合成比較級) Этот роман дешевле прежнего.(単一比較級) このように述語として用いる場合には2種類の表現をすることができます。この場合、合成比較級のほうが単一比較級よりも文語的です(#1さんの指摘はこの場合を指す)。 それに対し、定語として使われる場合は次のようになります。 「もっと安い本」はболее дешёвая книгаと表現されますが、дешевле книгаとはなりません。 *********** ◆最上級について 最上級にも単一最上級と合成最上級の2種類があります。簡単に説明すると次のようになります。  <単一最上級>  ・-ейший, -айший型(новый-новейшийなど/やや文語的で絶対最上級として用いられる)  ・наи-+-ший型の比較級型(наилучшийなど/文語的)  ・наи-+-ейший, -айший型(наиновейшийなど/きわめて文語的)  ・-ший型の比較級の一部を最上級として用いる場合   (лучший, высший, низший, худший)    <合成最上級>   ・самый +形容詞長語尾(やや口語的だが最も一般的)  ・наиболее(наименее)+形容詞長語尾・短語尾(きわめて文語的)  ・単一比較級短語尾+всего, всех 上のことからわかるように、всего, всех を比較級の後につけて最上級を表す方法は、比較級が短語尾の場合でなければなりません。самыйを使った最上級が定語としても述語としても使えるのに対し、単一比較級短語尾+всего, всехは述語としてしか使えません。 例を挙げます。 「彼女が一番美しい」(述語的用法) Она красивее всех.(やや口語的) Она самая красивая из всех. самыйを使った最上級の場合、主語が活動体であれば比較する対象を示すことが多い(из, в, среди, междуなどを伴って)のに対し、比較級+всех, всегоは比較の対象を示さない方が多いです。 「私は最も面白い小説を書いた」(定語的用法) これをロシア語で言うと、Я написал самый интересный роман. となり、Я написал интереснее всего роман.とは言いません。 ただし、Я люблю больше всего рис.(私はお米が一番好きだ)のように、副詞的に使われることもあります。 ************** 何か説明がごちゃごちゃして申し訳ないですが、とりあえずこのような説明になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ロシア語の場合、日本語では「定語」という言い方をするんですね。私は「修辞」と呼んでいました。 хорошийの比較級も более хорошийという形はあるんでしょうか?この形は見たことがありません。 それから лучшеは副詞で使われる場合は比較級にも最上級にもなると考えていいんでしょうか? >「もっと安い本」はболее дешёвая книгаと表現されますが、дешевле книгаとはなりません。 これなんですが、単一比較級が定語して使われていた例がありました。 Я не знаю девочки умнее её.という文です。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • takomari
  • ベストアンサー率36% (1618/4451)

手元にある参考書「現代ロシア語文法」(東洋書店)によると、болееを前に置く方法は、「書き言葉的表現、学術文献、書類などで広く用いられる」(p283)とあります。また、болееを使うと形容詞短語尾形が使えます。 最上級では、всехを比較級の後に置く方法も、самыйを前に置く方法も文法的差異はないようです。 文法書からの受け売りで恐縮ですが、参考までに。(ロシア語は、最近、良い参考書が増えていますので、大きめのものを是非手元にお備えください。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 2音節語の比較級の作り方

    2音節の形容詞・副詞の比較級は、-erをつけるものと、moreをつけるものの両方があるようです。それぞれの場合の例をさがしているのですが、下の*印のものが見つかりません。どなたか助けて頂ければ幸いです。なお、1・2のまとめは、町田健著『フロンティア英文法』研究社によりました。 1.原級に-erを付けるものは、語尾が-y, -er, -le, -ow, -ure。 1) -y: busy*, early*, easy*, happy*, heavy*, hungry*, pretty*, sleepy*, sorry*, saltyなど。 2) -er: clever, sincereなど。 3) -le: simpleなど。 4) -ow: ** 5) -ure: ** 2.more+原級にするものは、1以外。特に、-lyで終わるもの。 1) -ly: slowly, quicklyなど。 2) その他: usefulなど。

  • 比較級と最上級

    それぞれの作り方がいまいちよくわかりません… 比較級は語尾に-erをつけるか、直前にmoreをつけるか。と書いてありましたが…この2つのどちらを選ぶかはどうやって見分ければいいのですか? 最上級の-estとmost~のどちらにするのかもよくわかりません。 例えばhappy・early・difficult・hotなんかはどうなるんでしょうか?

  • no+比較級とno more+原級

    参考書などを見ていてわからないところがあったので質問させてください。 no+比較級とno more+原級では意味が違うのでしょうか? 最初は単に「more型の形容詞・副詞なら後者」というふうに普通に考えていたのですが、参考書には別に書いてあるし、 no moreのあとにer型の形容詞の原級が来ている例文があったりしてよくわかりません。 ネットで調べてみても、先ほど書いたような「単にmore型かer型かというだけの違い」と書いてあるところもあれば、 意味が違うと書いてあるところもあって、いったいどっちなんだか‥‥ このふたつは用法や意味が違うんでしょうか? どなたかよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 「あとどのくらい~」がわかりません

    「あと(さらに)どのくらい~ですか?」という質問文では How+形容詞/副詞+more+~と続いていました. howのすぐ後ろには,形容詞/副詞がつづくと思うので,moreが後に繰るような気もします. ですが,あと(さらに)という比較的な意味ならばlongerなどのように -er型に変化すればいいと思います. 変化できないものにも対応するためにhow+形容詞/副詞+moreなのでしょうか?

  • 不規則変化をする名詞・形容詞・副詞の名前

    動詞には、過去形・過去分詞形に変える時に、語尾を -ed にしない【不規則動詞】があります。 例:do did done 可算名詞にも、複数形に変える時に、語尾を -s にしない【名詞】があります。 例:child children 程度を表す形容詞・副詞にも、比較級、最上級に変える時に、語尾を -er -est にしない【形容詞・副詞】があります。 例:good better best 動詞の場合は、【不規則動詞】と言いますが、 【不規則名詞、不規則形容詞、不規則副詞】とは聞きません。 正しい名前があるのでしょうか? もしあれば教えてください。 もし知らなければ、皆さんはどう言っているか教えて下さい。 お願いします。

  • 副詞句を比較変化させたい場合は、副詞の比較級と同等扱い?

    副詞句中の名詞が形容詞比較級によって修飾された場合、副詞句自体が副詞の-er変化と同等扱いされるということでいいでしょうか? 例:As I know more of mankind I expect less of them, and am ready now to call a man a good man, upon easier terms than I was formerly. この場合、upon easier termが一つの副詞とみなされ、 副詞の-er変化と同等扱いされるということでいいでしょうか? upon the easiest terms...は副詞の-estで。

  • 比較級とas~asについて教えて下さい

    as~asの文は~の部分に入るのは形容詞か副詞と思うのですが、形容詞とともにであれば名詞もいいんですか? He has as many books as she. また、最上級ではよく見かけるのですが He is the most famous singer in Japan . 、比較級でも後に名詞が来る場合はありますか? 例えば、 He is a more fsmous singer than she . He has more money than I . よろしくお願いします。

  • 比較級のmore と er

    比較級を作るときにmore をつけるものと、er をつけるものがありますが、 clear など両方使えるものがあり、どうやって「これはmoreもerも両方使えるやつだ」と見分ければよいのでしょうか?また、両方使えるものはmoreとerをどのように使い分ければ良いのでしょうか?使い分けのルールのようなものがあれば教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

  • moreの使い方

    比較級の勉強をしていたらmoreの使い方がわからなくなってしまいました。 たとえば、「この店はあの店よりたくさんの本を置いている。」と言う文章だと、 this store has more books than that one.で良いのでしょうか?そしてここで使っているmoreはmany の比較級と考えれば良いのでしょうか? では良く使う、more+形容詞/副詞+than のmoreは形容詞を修飾する副詞と考えれば良いのでしょうか、時にはthere are many much CDs in the store.という文章もあり、何だかわからなくなってしまいました。 辞書をみると、moreには形容詞・代名詞・副詞とあり、どの時に何が使われているのかよく分かりません。 ご存じのかた教えていただけると嬉しいです。

  • 小森のおばちゃまの『モア・ベター』ってどこが誤用法か?

    その昔、テレビの映画解説で、小森のおばちゃまなる人がいて、 今度の映画は『モア・ベター(more better)』よ! の連発を決めゼリフにしていました。 あるとき、この言い方は、いかがわしい英語もどきの言い回しだとして 批判する文章を読んだことがあります。 その文章を思い出すと、たしか、  (1)more better は、形容詞の原級を『more』で修飾するならともかく、 形容詞の比較級『better』を、moreで修飾することはできない。 したがって、副詞のmuchを使って  (2)much better というべきで、これなら正しい、と言うような説明でだったと思います。 当時、なるほど、そういうものか! と妙に合点した記憶があります。 うろ覚えで恐縮ですが、この説明(理解)は、ほんとうに正しかったのでしょうか? 最近、すこしわからなくなっているのですが、 副詞のmuch(原級)を強めて比較級のmoreにすれば 上記の(1)は、OKなんじゃないかと思うようになりました。 つまり、こういう考え方です。  (2)much better <--副詞のmuchで形容詞比較級betterを修飾しています。             たしかにこれは、文法的に文句なく正しいと思います。  (1)more better <-- 副詞のmuchの比較級moreを使って              形容詞比較級betterを修飾しているとみなすことができます。              文意としては、(2)よりも強調の度合いが強い感じがします。 (1)について、こういう考え方をしても、適切なのでしょうか? それとも、やはり文法的には、『much better』しかありえないのでしょうか?