-PR-
解決済み

ヘルプ!!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.184345
  • 閲覧数92
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

昨日の夕方まで普通に動いていた50ccのバイクが今朝急に動かなくなりました。ガソリンは冬場はハイオクを入れていて、昨日給油したばかりです。車種はベンリー50です。朝見た時には倒されて起こされた形跡がありました。今までこんな事がなかったので驚いているのと、通勤に使っているので困っています。なにか対処法等あったら教えて下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 47% (662/1392)

お困りのようなので優先して回答します。
倒された形跡があるということは、キャブレター内の燃料に変化を及ぼしている場合とバッテリーに影響している場合があります。
キャブレター内のガソリンがこぼれ出してしまい、適切な混合気が作れなくなります。
この場合は点火プラグを抜いて、ピストンを動かすことによってシリンダー内の生ガスを除去します。
プラグを抜かないとキャブからどんどん生ガスを吸い込んでしまいますから注意してください。
プラグの先をみると黒く濡れた状態になっているはずです。
シリンダー内の換気をした後、念のためにキャブの下部にある「フロート室」をはずして内部を点検清掃します。
プラスチック製の浮きが見えると思いますので、上下させてみてください。上に押し上げた状態でガソリンの供給が止まり、下げると出てくるようなら正常です。
もちろん取り外す際にはガソリンコックはOFFにして試験する時だけONにしてください。
バッテリは液面を点検してください。転倒した時にバッテリー液が漏れ出すと点火用の電流を供給できなくなりエンジンがかからなくなることがあります。
プラグをはずしたついでに点火状況のチェックをしましょう。
プラグをプラグキャップに装填します。
プラグ穴には差し込まずプラグの先の金属がエンジンの金属部分に触れるようにおいて下さい。
この状態でメインスイッチをONにして、セルスターターを回します。キックでも良いです。
このときにプラグの先端から火花が見えれば点火は良好です。
これでキャブレターが原因だと絞り込めます。
キャブレターの点検は上記のとおりを一通りやってください。
恐らくこれで動くはずです。
これで動かない場合は「いたずら」されている可能性がありますので、回答が多岐にわたります。
その場合は対策を考えますので補足してください。
お礼コメント
noname#31276

ありがとうございます とりあえずやってみます
投稿日時 - 2001-12-13 11:03:54

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/2)

最初にする簡単な対処方法ですが、
メインスイッチをOFFの状態でキックを数回してください。アクセルは全閉で。。。
その後にONにしてキックを半蹴りぐらいゆっくりおろして、キックを戻して下まで蹴りおとしてください。アクセルはあけないでください。
ボボボッと言うと脈ありです。
アクセルを半分ぐらいあけた状態でキックしてください。
かかると思います。
それでだめでしたら、何度か繰り返すかプラグを見てという作業に入ってください。
この作業はモトくロッサーに火を入れるときなどに使う方法ですが市販車でも経験があるので大丈夫だと思いますよ。
ガスコックはとりあえずONになっているかもう一度見てください。


  • 回答No.3
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/2)

どうなりましたか?締め切るか?補足とかお礼にコメントしてください。気になっています。
お礼コメント
noname#31276

お礼が遅くなってすいません・・・・パソコンの不調でズット開けなかったものですから・・・バイクは結局自力では直せなかったので、バイク屋さんに修理してもらう事になりました
投稿日時 - 2001-12-21 08:52:17
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ