• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

考古学

現在縄文時代と弥生時代の時代区分は主に稲作伝わり、始まったかによって決められています。朝鮮半島から伝来し、九州の一部で稲作が始まったからといって日本全体の時代を縄文時代から弥生時代に変えていいでしょうか?九州の一部では稲作をしているが日本の大部分が縄文時代文化であるのに…。考古学における時期区分の問題点について教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>考古学における時期区分の問題点 土器がすべて。これが問題点です。 縄文と弥生時代ですが。この時代は誰が何年に何をしたという文献資料がありません。 弥生時代には文献史料は若干ありますが、それだけで弥生時代の人類の営みをすべて解明する事はできません。 だから、この時代に関しては歴史学は残念ながら無力なのです。そこで物質資料によって人類史を再構成する事を目的とする考古学の出番です。 遺跡を発掘した際に、良く出土するものが石器と土器です。住居址などの遺構も確認できますが・・・。それで、骨角器や木器など、骨や木で作られたものというのは土と同化してしまい、のちのちの時代にまで残らないのです。 出土事例がすくない。すなわち、研究材料となる物質資料が少ない・・・。という事は無理に分類して、無理に論じようとすれば誤認が生じます・・・。 結局土器なのです。たいてい何処の遺跡でも必ずといっていいほど出土するのは土器なので、これを分類して、差異について論じて、時期区分すれば、絶対年代はわかりませんが、相対年代はわかります。 それで、縄文末期と弥生初期の土器が出土する遺跡同士を比較し、縄文から弥生時代への移り変わりをみていくしかないのでしょう・・・。 土器以外でも、住居址などの遺構を分類して、研究し、時期区分をする事ができれば、縄文時代から弥生時代への移り変わりの様相をもう少しは捉えられるようになるのではないでしょうか・・・。 >九州の一部で稲作が始まったからといって日本全体の時代を縄文時代から弥生時代に変えていいでしょうか? それは誤解ですよ。昭和から平成にかわったように、明日から縄文から弥生になります。とか、そういう事が起こったのではありません。 縄文土器がでるから縄文時代。弥生土器がでるから弥生時代。土器による時代区分と稲作は別です。道具による時代区分と食生活による時代区分はまったく別物です。 主食が木の実から、米になったのと、土器を素焼きからかまどでつくるようになったのは別です。 全国の小学生全員が中学生になったとたんに、食生活が変わる事はないでしょう。(変わる人もいるかもですが。) 食生活の変化については考古学はちょっと、力不足です。っというのも食べ物は残りづらいからです。物質資料が少ないので、言及できないのです。これが考古学の弱点ですね。 最近、江戸考古学なるものがあって、トイレとか台所を研究する事で江戸時代の人々の食生活を再構成しようとしているようですが、興味があったら調べてください。 あっ。ちなみに、米が一般的に主食になったのは弥生時代の後期以降だと聞いた事があります。弥生時代になっても、大部分の人が土器に堅果類の木の実を保管して主食としていたのではないでしょうか。 稲作開始直後は米を食べたのは偉い方だけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • reny
  • ベストアンサー率32% (81/252)

現在、歴史的に「日本」として認識されている地域(九州・四国・本州+北海道・沖縄諸島)に初めて弥生式文化(弥生式土器の使用もしくは水稲稲作を判断基準としています)が根付いた時期をもって「日本」の時代区分では「弥生時代の開始」としています。 この辺りは後の遷都(平城京・平安京)や政権の移動(幕府樹立)のように政治史としての時代区分とは違い、文化による時代区分なので明確な西暦○○年といった区分が出来ません。結局、開始された時期を時代区分の先頭にもっていくしかないわけです。 縄文・弥生はもともと土器を基準とする区分でした。最近は稲作を基準とする方向になっていますが、学者さんの間で論争されています。また、石器や青銅器、鉄器の使用をもって時代区分とする方法などもあります。 AMS(加速器質量分析計)炭素14年代測定法と言う方法で、九州の弥生遺跡の年代が紀元前900年~前750年にさかのぼりそうです。ちょうど中国で殷(商)が周に滅ぼされ、大規模な民族移動があった時期に相当します。中国を含めた東アジア全体の中で日本を眺め、最新の成果を得ると歴史がとても面白くなってきますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#118466
noname#118466

従来の区分は一万年続いた縄文時代が大陸からの米作の伝来で終わりを告げ弥生時代が始まったとするものです。日本全体が稲作をしたかどうかは問題ではありません。当時の稲作は品種と気候の関係で日本列島の 南半分に限定されていたようです。時代が下るに連れて日本列島の気候に合った品種が自然淘汰で生まれ、水田作りや肥料の工夫なども加わり北進して行ったのでしょう。 別の問題もあります。 縄文時代後期には既に陸稲が栽培されていた事が発掘で明らかになり、又国立歴史民俗博物館は新しい測定法で弥生時代が500年早まると発表して議論を呼んでいます。従って弥生時代と縄文時代の区分はこれまでのように単純に決められなくなり流動的です。 考古学は発掘に頼っているのである新しい事実(現象)が確認され学会で承認されれば、その時代にそれが存在したということになります。日本列島の南から 北まで平均して発見されるまで、その現象が列島にはなかったという区分はしないでしょう。 現代でも東京である現象が起これば(見られれば)日本にもその現象があるということになり、九州に未だ 普及していないからその現象はまだ日本にはないということは出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

要は「変化の始まり」で決めるか「変化の完了」で決めるかということだと思います。 弥生時代は、稲作の始まり(変化の始まり)で定義付けられているということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 縄文時代前後の朝鮮半島の様子

    昔の朝鮮半島の様子を教えてください。 朝鮮半島は中国と地続きなので、日本よりも文化が一歩進んでいたのではないかと 想像しているのですが、実際はどうでしょうか。 1.縄文時代が始まる前の旧石器時代後期の遺跡はどれくらいあるのでしょうか? 日本に比べて密度はどうですか。 2.縄文時代に朝鮮半島に縄文人はいたのでしょうか。  縄文土器などみつかっていますか。 3.弥生時代には朝鮮半島から金属が入ってきたようです。  弥生文化には青銅器文化が花開きましたが、朝鮮半島でも同様だったのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 弥生時代が考古学的に珍しい特徴をもつ、と言われる理由

    弥生時代は、考古学的に珍しい特徴を持つ、 と言われますが、その理由はなぜですか?

  • 歴史について

    縄文時代と弥生時代は土器と稲作で区分されてきたが、土器の違いではもう無理なので、現在では稲作の有無で区分していると習ったのですが、どうして土器では区分できなくなったのですか?先生の説明がよくわからなかったので教えてください。

  • 日本の考古学の素人向け入門書はありませんか?

    最近原始時代に興味を持ち始めたんですが、日本の旧石器・縄文・弥生・古墳時代に関する素人向けのわかりやすい解説書を探しています。本屋で考古学のコーナーを見たんですが難しそうな本ばかりでした。できればモースや相沢忠洋がこうこうしたといった、これまでの研究史っぽいものを含んだ本が良いんですが、おすすめの本があったら教えてください。考古学でも文献史学でも、それらをおりまぜたものでも構いません。 ちなみに今まで読んだのは(考古学書とはいえませんが)新潮文庫の「発掘捏造」「古代史捏造」と岩波文庫の「魏志倭人伝」だけです。

  • 戦前の歴史教育における古代史の扱い

    戦前の歴史といえば、皇国史観に基づいて行われていたのでしょうが、古代史はどのように扱われていたのでしょうか。今の日本の教科書では考古学や支那の歴史書の記述を基にして、縄文時代や弥生時代などの記述がせられておりますが、日本書紀などの記述に従えば、弥生時代などにはすでに天皇が政治を行われていたことになりますよね。戦前の教科書はどういう風に書いていたのでしょうか。また、縄文時代や弥生時代というのは一般に知られていたのでしょうか。支那の歴史書の倭国に関する記述や、時の指導者が支那の皇帝に朝見していたという事を当時の日本人は知っていたのでしょうか。蛇足ですが、足利義満が明に入貢していたということは知られていましたのでしょうか。

  • 日本の新石器時代は縄文と弥生時代ですか。

    氷期が終わり、日本列島が形成された後、土器と磨製石器の使用が確認されている縄文時代と弥生時代を日本の新石器時代と呼んでもよいのでしょうか。それとも、明らかな農耕牧畜が確立されておらず金属器の使用もしていなかった縄文時代が、新石器時代の幕開けである、『磨製石器・土器・金属器・農耕牧畜』いった諸条件を十分満たしていないので、日本史においては新石器時代という区分をしないで、縄文時代、弥生時代という区分にしているのでしょうか。 それとも縄文時代が旧石器から新石器に至る中間的な時代で、水稲栽培と金属器の使用が確認されている弥生時代からを新石器時代としてもよいのでしょうか。

  • 縄文時代と弥生時代の定義は?

    ここ数年「いままでおもわれていたより何百年くらい前にも稲作が。」 みたいなことを聞くのですが、 弥生時代の定義って「米作りがはじまったときから」じゃないのですか? 「縄文後期から稲作が始まった」ではなくて、 「弥生時代の始まりがさかのぼる」だとおもうんですが。 弥生時代、縄文時代の定義ってなんなのですか? いままでは米だとおもっていたのでしょうか? 土器なんでしょうか?骨格などなのでしょうか? けど稲って外国のものだから、 はいってきたときにいわゆる「弥生人系」の顔の人もはいってきただろうし、 新しい土器の文化もできてきそうにおもうのですが、ちがうのでしょうか? すべての弥生文化のはじまりは稲だとおもってたのですが、 本当はどうなんでしょうか? ぜひよろしくお願いします。

  • 弥生時代に日本に馬はいましたか?

    昔読んだ考古学の本では、弥生時代の遺跡からは馬の骨は発見されていないとありました。 魏志倭人伝にも牛馬はなしという記述があります。 ところが下のサイトには、縄文時代からの在来種がかなりの種類いたとあります。((6)日本の在来馬) http://ojizoo.jp/habataki/200250-05.html 弥生時代に馬がいたという証拠が見つかっているからだと思いますが、どこの遺跡でしょうか? また、牛についてはどうでしょう。 農耕用には馬よりも牛のほうが便利なのですが。 よろしくお願いします。

  • 出土品で、最古の、日本列島外の物は何ですか。

    日本産の黒曜石が、朝鮮半島や沿海州から出土しているそうです。 おそらく交易したのでしょう。 では、縄文時代または弥生時代の遺跡からの出土品で、最古(あるいは最古と推定される)の、日本列島外の物にはどんな物があるのですか。 ただし、台湾に近い沖縄諸島と人骨は除きます。 弥生遺跡から出土している鉄製品ですか。 よろしくお願いします。

  • 日本の原始時代

     日本史の通史でも、原始時代、旧石器時代、新石器時代という項目があるテキストもあります。  でも日本史の考古学ではどうも縄文時代、弥生時代と始まっていると理解しがちです。 1. 定義にもよるでしょうが、日本史の場合、縄文時代、弥生時代が所謂る原始時代、旧石器時代、新石器時代に相当するのだと理解してあまり不正確でもないでしょうか? 2. 原始時代、旧石器時代、新石器時代という呼称や概念、あるいは観念はヨーロッパなどの歴史学に端緒を発しているのではないでしょうか? 3. だから、世界史やヨーロッパ史などの原始時代、旧石器時代、新石器時代というような歴史状況は日本の列島ではなかったのではないかと存じますが、間違いでしょうか? 4. 縄文時代、弥生時代以前の原始の時代は日本にあったのでしょうか? 5. 日本列島は所謂る、そういう原始の時代を終えている人たちが移住、渡来してきて歴史を開始しているのではないでしょうか?