-PR-
締切済み

国際結婚

  • 暇なときにでも
  • 質問No.183583
  • 閲覧数792
  • ありがとう数70
  • 気になる数1
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 51% (44/85)

日本での国際結婚において日本女性が先進国出身の外国人と結婚する割合は日本人男性より多い気がします。その逆に日本人男性は比較的貧しい国の外国人と結婚する割合が日本人女性より多いです。なぜですか?
通報する
  • 回答数16
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全16件)

  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 60% (14/23)

私自身が見てきたケースから。

発展途上国から日本にきて仕事をしてる
多くの女性が水商売に従事して(ると思い)ます。
一般的に言われる フィリピンパブなどですね。
しかし、男性の場合は女性に比べると
そういうケースはごく少数だと思います。
実際 お互い水商売をしていて知り合ったという外国人は
女性がほとんどで 男性は3人くらいでした。

フィリピンを例に挙げると
フィリピンでは 女の子が生まれたら金になる。
という判断をするところも多いらしく
そのような風潮からも 水商売として日本に
出稼ぎにくるのは ほとんど女性のようです。
実際に日本には そのような店が数多く存在します。
そして そこが出会いの場となることが
よくあります。

逆を言えば 女性向きのホストクラブ等は
発展途上国の男性が従事する店は女性の店に比べて
はるかに少ないでしょう。

そしてそこから・・・は俗な話になるので割愛しますが
ま、いろいろありますよね・・・ってことで^^;

このへんも 人数の差に大きく関わってると
私は思ったのですが いかがでしょうか?
  • 回答No.6
レベル12

ベストアンサー率 39% (292/737)

#2で回答したpfmです。どうでもいい補足なのですが
>有名人で外国の女性の方と結婚した人って、オリヴィア・ハッセーと結婚した布施明くらいしか浮かばないな~

ではなく「外国の有名人女性と結婚した~」でした。
これは本当に少ないと思います。女性ならオノ・ヨーコとかいるのにね。
  • 回答No.7
レベル8

ベストアンサー率 10% (5/48)

質問者様の疑問は統計上本当のことです。

思うに、1つ目の要因は経済力です。
国際結婚だろうと日本人同士の結婚であろうと、一般的に女性は自分と同等または自分よりも上の経済力のある男性と結婚する傾向があります。
なので国際結婚においても、日本人の女性よりも経済力が上の男性ということになると、ほぼ必然的に先進国出身の男性、になるのではと思います。
日本人男性と発展途上国出身の女性とも国際結婚も、この理由に拠る所が大きいのでしょう。

2つ目は価値観です。
国際結婚する日本人女性は、それなりの海外経験がある進歩的な人が多く、
それゆえまだ男尊女卑が残る発展途上国の男性よりも、(完全とはいえないまでも)男女平等の社会で育った先進国男性の方が価値観が合うのでしょう。
日本人男性と発展途上国出身の女性との国際結婚の場合は、他の先進国の男性と比べてまだ男女平等意識の低い日本人男性(GEM指数を見れば一目瞭然です)と先進国の女性ほどは自己主張の強くない途上国女性とのカップルが多いのではないでしょうか?

もちろんこれがすべてではないでしょうか。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 35% (302/848)

「lunlunlunlun」さんが感じていることを裏付ける統計資料が、以前は外務省のホームページに有ったのですが、今覗いてみると消えてしまっている様です。記憶が確かなら、どちらの場合も1桁のオーダーで違っていたと思います。(つまり、先進国の男性と結婚する女性は、途上国の男性と結婚する女性の10倍以上という様にです。)
この統計では、在日韓国人を途上国の国籍を持つ人として扱っているため、極端な格差が起こる原因となっていたのですが、いずれにせよ「lunlunlunlun」さんがもたれている印象は、正しいでしょう。

国際協力に関係していたので、私の周りにも途上国の人と国際結婚をした人がたくさん知っています。日本人の男性と途上国の人、日本人の女性と途上国の人、のどちらのケースも同じぐらいですが、結果的に長続きできるのは、男性が日本人のケースが圧倒的に多い印象です。
原因として考えられるのは、良きにつけ悪しきにつけ、「男性が働いて生活費を稼ぐ」という状況が改善されていないことで、日本で途上国の人が働く道が余りないことにより、結局男性の出身国に移り住むことを選択せざるを得なく、それに女性側が拒否反応を起こすケースが多く見られます。結局、男性の側の国が女性の側の国より経済的に豊かであることが、結婚生活を長続きさせる要因と考えざるを得ないと思っています。

私の知っているケースは、日本人と途上国の人という組合せで、しかも結婚後の問題を話している訳ですが、これは結婚を考える段階でも考慮されてざるを得ない問題ではないでしょうか?

思うに、男性側が持っている「男尊女卑」的な考え方や、男女の労働環境の格差、男女の結婚観の違い、などが変化していかない限り、質問者の状況は変わらないのではないかと思っています。

以上、私見でした。
お礼コメント
lunlunlunlun

お礼率 51% (44/85)

>つまり、先進国の男性と結婚する女性は、途上国の男性と結婚する女性の10倍以上という様にです。)
10倍以上ですか?漠然と多いなとは思ってましたがそんなに差があるとは。

>男性の側の国が女性の側の国より経済的に豊かであることが、結婚生活を長続きさせる要因と考えざるを得ないと思っています。
たしかに男性の経済力というのは結婚生活に大きく関わってきますよね。今の時代にお金が無くとも「愛さえあれば」なんてカップルも珍しいでしょうしね。

>男性側が持っている「男尊女卑」的な考え方や、男女の労働環境の格差、男女の結婚観の違い
この質問の答えがこの中に集約されているような気がします。
ありがとうございました
投稿日時 - 2001-12-13 10:15:15
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 21% (46/214)

 確かに一部の女性の中には欧米男性との結婚を望んでいる一群がいる事は事実のようです。でもそれが相手が日本男性との割合と逆転しているほどなのかは疑問です。
 その方たちの言い分としては「西洋人男性のほうがかっこいい・かっこいいハーフを産みたい(必ずしも目論見通りに行くとは限らないが^^;)・日本人男性に魅力が感じられない,日本国内での生活に魅力が感じられない」などが主な理由でしょう。
 一方,貧困国の女性と結婚する男性の理由としては,国内でなかなかお嫁さんが見つからないと言うのが一番多くの理由でしょう。適齢期だけ見ると確か何百万人か女性が不足しているそうですから。
 これには経済的な格差が物を言っていますので,経済力のみで女性を買っている様な気がして,私はとても不愉快です。が,当人同士の問題ですからあまり多くは言いません。
 
 さてさて,この二つは一見関係ないように見えますが図式は同じだと思います。
 欧米諸国>日本>アジアの貧困国,という順列があり,女性はそれぞれより高い方の男性と結ばれようとしていると言う点では同じです。
 貧困国の女性を求める自国の男性を軽蔑する前に,果たして自分が求めている男性がその国でどのような階級に属しているのか・・・・。
 そのことをきちんと見たほうが良さそうですね。
お礼コメント
lunlunlunlun

お礼率 51% (44/85)

> 一方,貧困国の女性と結婚する男性の理由としては,国内でなかなかお嫁さんが見つからないと言うのが一番多くの理由でしょう
そうだったんですか こういう場合純粋な恋愛結婚っていうのは少ないんでしょうかね
>欧米諸国>日本>・・
この順列は一体なんなのでしょう?
>貧困国の女性を求める自国の男性を軽蔑する前に,
私が軽蔑しているということですか?はぁ~
投稿日時 - 2001-12-12 09:54:51
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 45% (175/383)

戸籍を仕事にしておりますが確かにその傾向は強いと日常感じております。

その理由として思い当たるのは、

西洋男性(レディファースト意識が強い)←相性がいい→日本女性(尽くすのが美徳とされている)
日本男性(尽くされるのになれている) ←相性わるい→西洋女性(レディファースト意識が強い)

ということではないでしょうか?

また、特に農家において嫁不足のため海外に配偶者を求める事例もあるようですが、そこにおいて「農家の跡取り=男」「外国人配偶者=貧しい国の女性」という図式もあろうかと思います。
 
お礼コメント
lunlunlunlun

お礼率 51% (44/85)

>日本女性(尽くすのが美徳とされている)
日本人女性が男性に尽くすことが美徳ということですか?
それにしても最近の日本女性は昔と違って男性に尽くすタイプというのは少なくなってきていると思います。昔に比べて国際結婚率が上がったのもこういう日本人女性が多くなったのでレディースファースト意識が強い西洋人男性との結婚が多くなったんですね。
ありがとうございました
投稿日時 - 2001-12-11 23:22:01
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 39% (292/737)

なるほどIslayさんの回答は面白いですね。
ワタクシとしては女性の方が積極的に行動すると思います。二つとも女性の方に上昇志向があるわけです。
有名人で外国の女性の方と結婚した人って、オリヴィア・ハッセーと結婚した布施明くらいしか浮かばないな~。
お礼コメント
lunlunlunlun

お礼率 51% (44/85)

>二つとも女性の方に上昇志向があるわけです。
同感です。
>有名人で外国の女性の方と結婚した人って、
梅宮辰夫がいますよ。私は逆にこれしか浮かばなかった。

ありがとうございました
投稿日時 - 2001-12-12 09:48:33
  • 回答No.8
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

初めまして。私はアメリカ在住暦8年の女性です。私もあなたと同じことを良く感じていました。まず、日本人女性の場合、国際結婚をする方々達は、愛情重視です。それとは少し異なり、日本人男性と結婚を希望する女性たちは、確かに発展国の方々が多いです。発展国の女性たちは、日本人男性と結婚をすることで大きく人生が変わります。本人のみならず、その家族までもです。裕福になれ、生活はある程度保障されます。先進国の女性から見て、日本人男性は特に結婚対象にはなりません。特に、魅力的なところが無いでしょう・・?
  • 回答No.9
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

他の皆様の回答もそれぞれ正しい部分があると思います。ただ,どの意見も共通するある種の偏見の上に語られている様に感じます。
先進国は経済力はもとより,考え方など生活にかかわる全てが途上国よりも優れているのでしょうか?西洋文明が今の世界をリードしてきたために西洋的価値観がすべてになっているだけのように思います。
それゆえここでの回答の多くが,先進国(西洋人)=優れた民族,途上国=全てにおいて劣った民族のような偏見を基に語られているように感じました。私の妻はタイ人です。いわゆる途上国出身です。彼女は私の経済力など必要のない生活を本国でしていました。しかし日本で妻がタイ人だと言うと,どういう反応があるか皆さんお分かりになると思います。お金目当て?みたいな感じでしょう。多くの途上国出身者に共通する背景なので,そう思ってしまうのは分かります。しかしその偏見がまた,その他の同国出身者を傷つけている事も同時に理解しておいてほしいと思います。
ちなみに私はアメリカで暮らしていた事もあり,男女平等的価値観も理解していると自分では思いますし,妻に金銭的援助みたいな事をしたこともありません。途上国出身者と結婚していますが,純粋に愛情のみで結ばれた夫婦だと思っています。
  • 回答No.14
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

国際結婚の傾向が、男女によって違うのはその通りですが、
「先進国」「後進国」という意味では、そう言えない部分があります。。

国際結婚の相手で日本女性の相手国は、韓国・北朝鮮、アメリカ、中国、
日本男性は、中国、フィリピン、韓国・北朝鮮。
もちろん、絶対数から言うと、男性の方が国際結婚が圧倒的に多く、
簡単に言えば、男女とも国際結婚の相手は、アジア人が多い、ということです。

男女の結婚性向からいうと、女性はより収入の高い男性を望む、また、白人願望がある、
などから、一般的に欧米白人系男性との結婚志望が多くなります。
ただし、現実的には相手はアジア人が多くなります。

男性は逆に生活コストを下げる意味から、低収入の女性をためらわないので、
仕事などで接触の多いアジア人女性を選ぶチャンスが増えてきます。

統計的に言えば、十数組に1組が国際結婚で、日本人男性が女性の4倍以上。
今後アジア各国の経済成長が続けば、日本女性のアジア人との結婚も増えてくるでしょう。
16件中 1~10件目を表示
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
結婚について悩んでいる人にあなたの体験を伝えてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ