-PR-
解決済み

冬至と日の入り

  • 暇なときにでも
  • 質問No.18352
  • 閲覧数1406
  • ありがとう数5
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/11)

「冬至」とは、一日の日照時間が一年で最短の日だと言う事はわかるのですが、「日の入りが一年で最も早い日」、又は「日の出が一年で最も遅い日」ではないと思っています。ホントはどうなのでしょう?もし違うのであれば、この日の事を何と言うか又それはいつなのか、教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 別にありません。「日の入りが一年で最も早い日」、又は「日の出が一年で最も遅い日」でいいと思います。その日は、北緯三五度付近での日の出のもっとも遅いのは一月八日ごろ、日の入りのもっとも早いのは一二月五日ごろです。程度は異なるが、同様のことは夏至についてもいえ、日の出のもっとも早いのは六月一三日ごろ、日の入りのもっとも遅いのは六月二八日ごろであります。この原因については、
http://www.tky.3web.ne.jp/~ishiyama/waah/memo.htm
 で解説しているが、私にもわかりません。要するに、地球が太陽の周りを楕円軌道で運行しているからだということになっています。
 なお、日の出、日の入りは簡単に計算することが出来、

http://koyomi.vis.ne.jp/sub/sunrise.htm
に、地点の経度、緯度、年月 を入力すれば、簡単に算出できます。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 39% (331/835)

冬至は「太陽の南中高度が最も低い日」なのだそうです。真南に太陽がきたときの角度がいちばん小さいということですね。日の出は1月上旬に最も遅くなり、日の入りは12月上旬が最も早いそうです。とくに呼び名はないと思います。 ちなみに、なぜそれだけのズレが生じるのかというと、地球の公転軌道が楕円であること、軌道面(黄道面)と自転軸が垂直でないことなどが原因だそうです。 ...続きを読む
冬至は「太陽の南中高度が最も低い日」なのだそうです。真南に太陽がきたときの角度がいちばん小さいということですね。日の出は1月上旬に最も遅くなり、日の入りは12月上旬が最も早いそうです。とくに呼び名はないと思います。

ちなみに、なぜそれだけのズレが生じるのかというと、地球の公転軌道が楕円であること、軌道面(黄道面)と自転軸が垂直でないことなどが原因だそうです。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ