• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

個人年金リベンジ

43歳自営業既婚女性です。個人年金に関する質問はたくさん拝見しましたが、私のトホホな経験をもとに アドバイスいただければ幸いです、長文で申し訳ありません。 5年前に10年間加入していた大手生保の終身保険1000万円を解約しました。結婚して主婦となり、保障を少なくしようと思ったためです。契約時にお世話になった生保レディーさんはすぐ退職し、後任も紹介されなかったため、この保険が年金に移行できること、バブル時の加入でかなりの額となることを知りませんでした(掛け捨てだと思っていた)。この質問集で実はお宝保険だったことを知り、ショックのあまり2日間寝込んでしまいました。 解約の際は支店に出向きましたが、窓口の女性に今まで支払った保険料(約150万円)を無駄にしたくないと話したにもかかわらず、解約しか手段がないと言われ、返戻金57万円を受け取り解約しました。 その後払い済み保険の手段を知り、こちらもショックを受けています。担当の女性の名前も聞いておらず、 鼻であしらわれるだけとは思いますが、お客さま相談室に一言言わなければ気がすまない思いです。 現在は損保系の変額終身保険200万円にあらたに加入し、アフラックか全労災の個人年金の加入を考えています。65歳払い済み、70歳受け取り開始で見積もりをとったら、以前より保険料は1・5倍、受け取る額はおそらく半分で涙が出ました。 会社組織のため厚生年金には入っていますが、額は多くありません。まだ役員ではないため小規模共済には加入できません。70歳までは現役でがんばるつもりですが、あの終身保険があれば退職金がわりになったのにと、自分を責める毎日です。 年齢的に個人年金にいま加入した方がいいのか、利率が上がるのを待ったほうがいいのか、ショックから立ち直れない私に、アドバイスよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんばんは 解約という契約者の権利を行使した後で、何をいっても変わりませんから忘れましょう。 少しでもショックの和らぐことをお話しましょう。 15年前の終身保険、確かに予定利率は高いのですが、キャシュバリューとしてみればたいしたことありません。払込満了時に年金に以降できるといったところで、その年金以降時の利回りは、払込満了時の利率が適用されるのです。 その保険がお宝保険だというのは、一生涯の1000万円という保障が安く買えるところ、そこが最も大きいところなのです。あなたは1000万円の終身保障がほしいのですが?違いますよね、あなたは老後生活資金の積み立てがしたいんですよね。 5年前の解約返戻金が57万円?ちょっと少ないような気もしますが、まあ57万円程度(失礼)であれば払い済み保険にできたとしても、そんなにキャッシュバリューが大きく増えるものでもありません。 また、少し考え方を変えてみましょう。5年前に解約しちゃった今と、5年前に解約しないで今でも続けている場合を比較してみましょう。年間15万の保険料でしょ・・・で、仮に60歳が満了として・・・ まず解約後5年間で手元に75万の現金があるはずですね、15万を5年間払わないんだから。そして残り17年間で、えっと、15万×17年でと・・・255万か、そして5年前の解約返戻金が57万で・・・ほうら続けていたつもりで貯金してたら60歳時には387万の現金があなたの手元にある計算になります!これは解約しなかった場合の60歳時の解約返戻金とくらべてどうですか?多いでしょ! もちろん、その間の死亡や入院保障の料金も入っているわけですが、ことキャッシュバリュー(解約返戻金)だけとってみると、そんなに変わらないことがわかりますよね! どうでしょう、少し落ち着きましたでしょうか。個人年金や養老保険じゃなかったんだから・・・1000万の保障が惜しかったと悔やんでるわけじゃないんだから・・・ そんな感じで、終身保険を自分の老後資金として後生大事に持っている人達にいいたい!「それは、遺族のためのもの、自分の老後資金は別に自分でためなさい!変なLPの耳ざわりの良い話法にのって、損だ得だと決めつけなさんな!」と あなたのリベンジ、応援したいなあ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。この1週間で数キロ体重が落ちましたが、おかげさまで少し落ち着きました。 おっしゃる通り、私は終身保障が欲しいのではありません。年金にもなる商品だと知って、ショックを受けているだけです。 細かくシュミレーションしていただいて、感謝申し上げます。「キャシュバリューとしてみればたいしたことない」という言葉を心の支えに、あらたに仕切り直さなければと思っています。ただひとつだけ、年金に移行した場合どれくらいもらえたのが、今となってははっきりしないだけに、素人は完全にあきらめられないのです。シュミレーションしていただいた387万円は、60歳時の解約返戻金と比べたら高いかもしれませんが、年金に移行した場合ももそうなのでしょうか(しつこいですが、同じような保険に入っている知人が老後の宝にしているみたいなので)。でもそんなに変わないのであれば、ふっきれました。 あらためて、加入時のことを思い出しました。私は個人年金を希望したのですが、生保レディに、高度障害になっても1000万出るのだから、終身保険の方がいいと勧められたのです。でも今となっては、そんな事態なんてめったに起きるわけはないし、障害者年金などもあったわけですよね。あの時年金を選択していれば‥と悔やむとこはもうしません。高い授業料でしたが、これからは自分で学んで、自衛していくつもりです。私と同じように自分の保険の内容を把握してらっしゃらない方へ、反面教師としてお役に立てれば幸いです。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

再び失礼いたします >60歳時の解約返戻金と比べたら高いかもしれませんが、年金に移行した場合ももそうなのでしょうか(しつこいですが、同じような保険に入っている知人が老後の宝にしているみたいなので)。 年金に移行する際は、年金移行特約というものを使うんですが、仕組みとしては、移行時の解約返戻金をもとに、一時払ものの年金に加入しているのと同じことなんですね。つまり、いったん解約して年金に加入することが自動的に行なわれているので、その終身保険の加入年月により変わるということはないんですよ。移行時の予定利率で決まるんですから。 ご友人の保険も、加入時に示された年金移行額も、今は大分下がっているはずですよ。その旨の記載が小さい時で書いてあるんですね。よく確認されるようにアドバイスしてあげたらいいですよ。もちろん配当金も変わっていますしね。 私こそしつこいようですが、昔の終身保険をお宝と呼んでいいのは、遺族に死亡保険としてあげるつもりの人だけですってば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びありがとうございました。 そんな仕組みがあったのですね。やはり保険は摩訶不思議な商品です。 おかげさまでかなり落ち着きつつあります。 けしてお宝ではなかったのだと、あきらめもつきました。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.2
  • inahi
  • ベストアンサー率40% (176/439)

今から15年ということは平成2年頃の高金利時代ですよね~。確かに生命保険の予定利率が高く「お宝」と言われたりします。 でも、ずっと継続したとして払い込み満了時に解約しても「かなりの額」にはなりませんよ。多分500~600万くらい・・・かなぁ。年金に移行したとしてもそれほど・・・。当時の配当金がそのまま毎年付いていたとすれば別ですけど、最近はほとんど配当はゼロですから。 一般に生命保険の予定利率が高いと割り引かれた保険料を支払うことになるので支払う保険料が安くなります。今は予定利率が低いので、例えば同じ28歳の女性が終身保険1000万円に加入したとすると割引が少ないので当時よりもっと高い保険料を払うようになります。 同じ商品なのにより少ない保険料で保障を買うのですからそういった意味では「お宝」でしょうね。 ただ(配当金などを考えないと)以前シュミレーションしたことがあるのですが、解約した時の手取りは高く保険料を支払った契約(今加入した予定利率の低い契約)の方が多くなるようです。解約返戻金は「責任準備金」の一部を返すからなのですが、この「責任準備金」は実際に払った金額の多い契約の方が多くなります。 なので、あんまりお嘆きになりませんように(慰めにもなりませんが) >以前より保険料は1・5倍、受け取る額はおそらく半分 以前の終身保険の受取金はいくらだとお考えでしたか? 金利ももちろん影響してますが、払い込みの終わる年齢が同じであれば積み立てする期間が短いので当然のことです。 個人年金に加入するメリット(所得税や住民税の年金控除とか)を重視するなら今加入しても良いと思いますが、金利を重視するなら他の金融商品でも良いのではないでしょうか?いずれ金利の良くなった時に預け替えも考えるとして。 (一部回答に自信のない部分があるので、もし間違いがあって気がついた方がいらしたら訂正していただけるとありがたいです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございました。 満了時で500~600万円くらいですか。それまで積み立てたお金よりは100~200万円ほど多いかもしれないと考えると、貧乏人はちょっと暗くなってしまうのでした。最近見積もりしてもらった個人年金も、払い込み期間は5年、受け取りは10年遅く設定しても、たいした金額にならなかったので‥。 でも皆さんの言葉で、少しふっきれました。 すべて自分の責任。取り戻すつもりで、これからがんがんがんばります。全労災の個人年金を考えてましたが、もう数年は別の金融商品で様子を見たいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 変額個人年金・変額保険(終身)について教えてください。

    母子家庭なのですが、5年前に勧められるまま、変額保険に加入しました。 母(41歳)子(14歳)です。 母は変額個人年金に480万(解約払い戻し 約260万円) 子の変額年金80万(解約払い戻し 約45万円) 変額保険(終身)親子共に800万 (払い戻し金額・親 約74万円・子 約42万円)です。 5年前に全額払いましたが母の終身保険だけ残して解約しようか悩んでます。 このまま運用したほうがいいのかどうか・・。 もし解約したら、350万円の運用方法を教えてください。 もう目減りする商品には手を出したくないので宜しくお願いいたします。

  • 個人年金か終身か…

     主人の保険の事で相談させて下さい。  主人35歳・会社員、私34歳・専業主婦、子供二人(4歳・2歳共に女の子)です。 現在、メインの保険(定期特約付終身+医療保障)の他に個人年金保険に入っています。払込期間60歳まで、基本年金額約39万円、年金支払期間10年、月額保険料1万円です。  この度とある保険会社のFPの方にライフプランを相談する機会があり、現在入っている個人年金保険を終身保険にしてはどうかという提案を受けました。  この保険は…  払込期間65歳まで、保険金額500万、月額保険料9000円ちょっとです。  65歳までの保険料総額は約330万。仮に払込満了時に解約しても返戻金は約390万です。  現在加入しているメインの保険の終身部分は100万ほどしかなく 少し不安に思っていたし、個人年金よりも運用がいいので加入を考えているのですが、ぜひここでご意見を伺いたく、投稿させて頂きました。 よろしくお願いします。  ちなみに加入していた個人年金と加入を勧められている終身はたまたまですが、同じ保険会社でした。  

  • 個人年金を解約するべきでしょうか。

    会社の勧めで明治安田の年金ひとすじワイド月15000円に加入して4年半になります。また、会社負担で同じく明治安田の終身保険二種類(計25000円)加入してます。 この度退職を機に保険員さんに、年金ワイドを解約したら返戻金60万返ってくるよ、退職したら金銭面大変でしょと解約を勧められ、終身・入院?保険に入っておいたら?と言われました。 私は会社に言われて加入していた為保険の知識がなく、その保険員は社長のアレなので聞きたいことが聞けませんでした。 ・話は変わってくるのですが、私には周りに秘密で270万の借金があります。過去に国民年金未払い時期があり、将来年金はもらえないと思います。年金のことはさて置き、今すぐ返戻金を返済に充てたほうがいいですよね? ・もし私に借金がなくとも、年金ひとすじワイドは解約するべきでしょうか?4年半で解約させる何かがあるのでしょうか? ・今後も個人年金、病気入院に備えての保険に入りたいのですが、おすすめがあったら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 個人年金の選び方

    某生保会社の個人年金の終身年金への加入を考えいるのですが、セールスの方が「市場金利の冷え込んでいる時期に終身定額でのご契約はおすすめしません。 加入するとしたら確定年金での契約をおすすめします」と教えて下さいました。年金受取時に終身に変更ができるので、そのほうが将来受け取れる額が増える可能性が高いという事なのですが、いまいち理解できません。逆に受け取れる額が低くなる可能性もあるという事なのでしょうか。また、生保会社ではなくねんきん共済とかんぽも考えに入れておりますが(国民年金基金には満額入っていてこれ以上は無理なので)、先行き経営破綻の可能性が少ない、リスクの低いものはどれなのでしょうか。私は預金ができないタイプなので銀行の定期などは全く考えておらず、年金で、自分で掛けた分だけでも戻ってくればいいと思っております。そうでもしなければ貯められないので。どなたか年金に詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 個人年金の「是非」について教えて下さい。

    教えて下さい!個人年金について相談です。 現在、生保会社の個人年金に加入していて、  1.10年確定年金定額型。  2.月額\12,104で平成11年2月(24歳)より開始。  3.支払保険料累計額は約523万円。(36年)  4.基本年金年額は80万円×10年支払い。(800万円)  5.会社で斡旋されたので集団扱特約である。 といったものが大体の内容です。 ここで相談なのですが、 今回、出産がありましてこれを期に保険を見直そうと考えています。 以下の疑問がちょっと引っかかっているのですが、  1.月額\12,104の出費は月々の保険額として高くないだろうか?   ⇒減額するべきか?  2.利率的には他の商品(他社)と比べてどうなのか?  3.月額\12,104の出費をするのなら、   解約して財形貯蓄や他の保険の保証を上げた方がよいのでは? このまま個人年金という商品は続けた方がいいのでしょうか? それともさっさと解約してしまった方がいいのでしょうか? 保険に対するスタンス(目的)としては、 「得をするつもりは無く損をしたくない。」 というもので投資的な考えはありません。 なので変額ではなくリスクの少ない定額にしました。 ⇒将来のインフレは大丈夫だろうか?という不安はありますが…。 収入は基本的に私のみで手取り20万程度です。 いろいろと調べてはいるのですが素人なもので、 保険の担当おばちゃんに相談しても、 私の為と言うよりは生保会社側(おばちゃん側?)の収益の為に、 言いくるめられているような気がしてなりません。 是非、宜しくお願い致します。

  • 個人年金の解約

    今、個人年金を解約しようか迷っています。 私(女性30歳)はある生命保険会社で、H15より利差配当付き終身保険(生命保険)に加入し、月額1万3千円強の保険料を払っています。 また、同じ保険会社から個人年金も勧められて H17から「予定利率変動型無配当個人年金保険」(保険料支払32年・年金支払10年)に加入し、 月額1万円(年払で12万円)払っています。 生命保険と個人年金あわせれば年末調整の還付金も上限?まであるし、 個人年金も貯金みたいなものだからと言われて、深く考えず加入しています。 近く結婚・家を建てようという大きな予定ができ、できれば出費を見直して貯金(使えるお金)を増やしたいと考えています。 生命保険は何かの時の為に必要だなと思っているのですが、正直、個人年金は不要ではないのかな?と最近思い始めました。 30年後のコトはわからないし年間12万円も払うならその分きちんと貯金して今後の出費が考えられる結婚資金や家の頭金にしたいと考えています。 まだ2年分(合計24万円)しか払っていないのですが 解約するのが妥当なのかわかりません。 支払った分は戻ってきませんよね? 勉強代ならその額が安いほうがいいかと思ってるのですが。 次の個人年金の支払は、12月にまとめて1年分の12万円を払う予定なので きちんと考えなければいけないと思っています。 生命保険会社の人に相談すればと思いますが、よくお付き合いさせて戴いている方なのでまずはこちらで質問させていただいて、 それから話を出してみたいと思っているので、アドバイス宜しくお願い致します。

  • 変額個人年金の早期受取終身プランについて教えてください

    現在55歳、女性です。老後国民年金と少し家賃収入しか見込めないので心配です。独立した息子が一人います。 1000万円を老後の安定した資金の一部にしたいのですが、銀行に相談したところ、三井住友海上メットライフ生命の変額個人年金保険スウィートスマイルを勧められました。2つの受け取りプランがあり、早期受け取り終身プランの方です。 契約の1年後から年金を受け取れ、どんなに運用が悪くても4年間は3%、すなわち年に30万円は確実に受け取れるということです。それ以降は3,5%,4%と受け取る年金が増えて行き、終身で受け取れます。10年たてば解約料なしで解約でき、受け取った額を差し引いた額が戻って来るそうです。私の場合来年から毎年30万円、59歳になると35万、62歳以上では40万円終身で受け取れるということです。また死亡した場合、元本から受け取った保険金を引いた額を息子が受け取れるそうです。 とても魅力的に聞こえるんですが、デメリットはないんでしょうか。 私の単純な頭で考えると、85才まで生きたとしても受け取る年金額は支払った1000万円に満たないですよね。だったら年金保険に入らずに、少しずつ貯金を崩していっても同じじゃないかとも思うのですが、どうなんでしょうか。 私のような場合、この年金は入っても悪くないものでしょうか。それとも他に何か良いものがあるでしょうか。資産を増やすというよりは確実に老後の生活費の一部を確保したいのですが。 保険や年金の用語も難しいし、それぞれの年金の特徴を理解するのも私の頭ではとても難しいです。どうかよろしくお願いします。

  • 個人年金保険料税制適格特約のつく個人年金

    個人年金の見直しを考えているのですが、毎月の支払額の多くを所得控除などでまかなえないかと考え、 個人年金保険料税制適格特約のつく個人年金で、月の支払額が1000~7000円程度のものを探しています。 一通り調べたのですが、年齢制限の都合上、アフラックの6000円の個人年金しか条件をみたすものがありませんでした。 これ以外で条件を満たす個人年金はないものでしょうか? 加入に際して年齢制限があるものは、22歳で加入可能かで判断してください。

  • 終身年金のことでアドバイスください

    現在56歳です。終身年金で悩んでいます。65歳から年に60万円の年金収入がほしいと思っています。 後10年くらい持つだろうと思われる借家の家賃収入が月に10万円あります。これと2000万円の資金があります。 自分が候補に選んだもののひとつは 1、「かんぽの定額型終身年金」で、65歳から60万円支給で9年間毎月11,600円くらいの払い込みになり、総額保険料12,512,880円となります。この保険に入って2000万円を安定した運用をする。 2、「終身型変額個人年金保険」を買う。毎年3パーセントが固定して、終身で受け取れるので、2000万円買う。(10年後は解約手数料なしで解約可能となり、支払額から受け取った金額を引いたものが戻ってきます。) 家賃収入は貯金する。 どちらのタイプにしたらいいのか迷っています。アドバイスお願いします。またほかによいプランがあったら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 個人年金

    将来の年金支給65歳から。 個人的に某保険会社の年金型保険に加入中ですが、65歳払い込み、65歳から支給開始です。同時に生命保険にも加入しており、こちらも65歳払い込みで終了予定です。 両方の支払いで年額約120万円程になります。 そこで60歳~65歳までの支払い総額約500~600万程を貯蓄とは別に備えておこうと考えています。 そこで、個人年金型(60歳から支給されるもの~アフラックなど)のものか、個人型確定拠出年金(現在の職場は厚生年金のみです)にしようかと考えています。お勧めの個人年金会社、方法などアドバイスなどをお願いします。現在43歳。55~60歳位で目標額の達成希望ですが、全く自由になる貯蓄がなくなるのも万が一の為には不安があるので、無理なく出来るものが良いのですが・・・。