• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

引渡し日について契約書の解釈の仕方

今年10月に戸建を購入しました。 建売ではありますが、工事はこれからという状態でした。 引渡し日は平成18年1月31日とあるのですが、工事工程から2月あたりに延びそうな雰囲気です。これは違約金の発生に当たるとおもったのですが、契約書を見ると、契約違反による解除にともなった損害賠償額であると書かれていました。 私達は契約解除しないと違約金を受け取る事はできないのでしょうか? 因みに2月になると現住居(賃貸)の更新時期にもなり、余分な負担金が増えてしまいます。土地・建物の分割融資を受けており、土地分の返済は既に発生しています。それでなくても解約するつもりはありません。売主の勝手で引渡し日が伸びるのをそのままほっときたくありません。私は違約金を受け取る事ができるのでしょうか?それとも、他に良い方法はありますでしょうか? 瑕疵担保責任についても、契約書上隠れた瑕疵については引渡し後1年以内でないと損害賠償・補修ができないような事が書かれています。雨漏りしても1年をこえたら無償補修されないということもあるのでしょうか?教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#19073
noname#19073

更に補足ですが、売主は宅建業者ですかね? 宅建業者だったとすると1年以内という瑕疵担保責任というのは無効ですね。 参考になりそうなページがありましたので添付します。

参考URL:
http://www.pref.aichi.jp/jutakukanri/torihiki/kashi.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 URL参考になりました。売主は宅建業者です。私もおかしいなっておもってたんですが、安心しました。売主に話してみようと思います。有難うございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#19073
noname#19073

>私達は契約解除しないと違約金を受け取る事はできないのでしょうか? そういうことでは無いです。 契約書に明記されている引渡日が大幅にずれれば、債務不履行による損害賠償の請求は正当なものでしょう。 >雨漏りしても1年をこえたら無償補修されないということもあるのでしょうか? 品確法により、建物の躯体その他の部分については10年間の瑕疵担保責任が義務付けられてますので、雨漏りであれば10年間は保証しなければなりませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 参考にさせて頂きます。まだ、引渡し日ははっきりしていないのですが、今週末には何らかの回答をもらえそうです。工事が順調に進めば問題ない話なんですが・・・。

  • 回答No.1
  • kikuzu
  • ベストアンサー率34% (80/231)

契約書に損害賠償を制限する文言がなく,かつ,契約した引渡し日に間に合わないことが不可抗力ではない場合は,業者が履行遅滞の責任を負います(さしあたり民法412条参照)。 そうすると,業者は遅滞により買主に生じた損害を賠償しなければなりません。 もっとも,特別な事情がない限り,常識的な範囲で生じた損害に限りますが。 賠償額はケースバイケースなので,ここでは答えがでないでしょうね。 融資の金利などが損害に含まれるかどうか等は,専門家にご相談ください。 後半の方の質問については,ご質問者の方の考えているとおりでよろしいかと。 民法572条,640条などをご参照ください。

参考URL:
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 参考にして、もう少し自分で動いてみようと思います。 後半の件につきましては、品確法で主要部分に関しては10年保障かなって思っているのですが・・・。 なんか質問みたいになっちゃいましたが、いずれにしても、早速のご回答有難うございました。

関連するQ&A

  • 戸建ての契約解除について

    戸建ての契約解除について教えてください。 新居を構えるにあたり、土地+新築の契約をしました。 工事がもうすぐ完成して表題登記の手続きに進めようかという段階で、 諸事情により、戸建て購入を諦めることになりました。 契約書に謳われている違約金は覚悟しているのですが、 損害賠償などでそれ以上に支払う場合はあるのでしょうか? よろしくご教授願います。

  • 建物請負工事契約の解約について

    建物請負工事契約の解約について教えてください。 土地売買+建物請負の契約をしたのですが、急な海外転勤のため違約金を覚悟して購入を諦めようと検討してます。肝心の建物が外見上はほぼ完成しており、違約金や損害賠償がどうなるか分からずご相談させて頂きました。 1)請負契約書に記載されている違約金以上は支払う必要がないか 請負契約書には、解除については双方合意という文字もなく違約金は請負代金の○○%とはっきり記載されているので、その金額は覚悟しています。売買契約とは違い、請負契約は初めてなので追加で損害賠償とかされるのか心配で。 2)そもそも契約解除できるかどうか 契約書には合意という文字はないので、こちらから契約解除を言えば大丈夫だと思ったのですが、民法にある「仕事の完成」の定義が分からず、外見上はほとんど完了しているので解約できるかどうか よろしくおねがいします。

  • 土地売買、農地転用手続きミスによる契約解除

    土地を昨年末に契約し、手付け金もその日に支払いました。 もちろんきちんとした契約書も交わしています。 土地の引渡しは今年の3月末の予定でした。 それから建築に入り、8月には入居予定でした。 ですが今頃になって、不動産屋さんが農地転用の手続きをとらなければ ならないことを見落としていたことに気づき、 今からだと申請は8月、認可は来年の初めだと言われました。 それから造成にかかるので、土地の引渡しは来年の春だと言われました。 つまり、何もかも丸々一年延びるんです。 私達は今年中に家を建てて入居することを前提に土地を選び契約しました。 もし契約前からこのことが分かっていたら私達は絶対に契約しなかったし、 土地選びの候補に入ることもありませんでした。 よって契約はもちろん解除するつもりです。 不動産屋さんのミスが諸悪の根源なので、売主には落ち度はなさそうなんですが、 この場合、違約金や損害賠償金は請求できますか? 請求できた場合、売主からもらうんですか? 気持ち的には不動産屋さんに賠償してほしいんですが・・・。 「売らない」といっているのではなく、「一年延びる」というのが鍵になりますか? (でも契約書には引渡し時期も明記してあります。) そして「わざとしたことではない」というのもキーワードになりますか? こういった場合は違約金や損害賠償は請求できず、 「白紙撤回」が普通なんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 建築工事請負契約の解除(長文)

    ある工務店と手付金1万円を払って建築工事請負契約をしました。 この時点では土地は決まってなかったのですが、建物を選考契約して土地を探すことになりました。 先日、いい土地が見つかり、こちらも契約(この土地は仲介)をして、現在ローンの本申込み直前(事前審査はOK)という状況です。 ところが、あきらかに建物の金額が高いと思うようになり、何とか建築工事請負契約を解除したくなってしまいました。 できれば、土地だけこのまま取得して、建築工事は他の工務店なりに依頼したいです。 建築工事請負契約書には・・・ 「本契約の解除の場合、甲(私です)は本契約の解除により乙(工務店)に生じた損害金として、請負代金の20%を賠償するものとする」という条文があります。 契約解除する場合、違約金として無条件に請負代金の20%を支払わなければならないのでしょうか? ちなみにまだ、建物に関しては何も話が進んでいません(注文住宅・フリープランです) 気になるのは、土地を取得する以前に建設工事契約を結んだことです。 具体的には、建設工事の契約日は1月24日、土地の契約日は1月31日です。 建設工事契約書には、施工場所に契約日時点で契約成立していない土地が記されています。 現在は土地の契約書を交わしローン承認待ちなんですが、こういう建設工事契約書は無効にならないものでしょうか? 土地の契約より前に建設工事請負契約をすることは法律的にOKなのでしょうか? 勝手な事情であるとは重々承知しておりますが、ぜひ、教えてください。お願いします。。

  • 不動産売買契約の違約金について(長文です)

    不動産売買契約書及び重要事項説明書にある違約金について教えてください。 不動産売買契約書には「契約違反による解除」ということで、相手方がこの契約に違反したときは、相当の期間を定めて催告をした上で、この契約を解除することができる。この場合契約に違反した相手方に対し契約の解除に伴う違約金を請求することができると書いてあります。 重要事項説明書には「違約金(損害賠償額の予定)」ということで、相手方の義務違反に基づき売買契約を解除したときは、その相手方に対し違約金として売買代金の20%相当額を請求することができる。ただし規約解除に伴い違約金を超える損害が発生したときでも違約金を超える金額を請求することはできないと書いてあります。 ここに記載されている「この契約に違反」というのは不動産売買契約書に書かれている条項についてのみ適用されるのでしょうか? といいますのも、今回重要事項説明書に書かれていない事が土地の購入後発覚。 重要事項説明義務違反で解約しようと思っているのですが、重要事項説明義務違反についての記載は契約書には一切書かれておらず、この場合、この違約金について適用されるのかされないのかが知りたいのです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 建築工事請負契約の解除(長文)

    ある(不動産部を併せ持つ)工務店と手付金1万円を払って建築工事請負契約をしました。 この時点では土地は決まってなかったのですが、建物を選考契約して土地を探すことになりました。 先日、いい土地が見つかり、こちらも契約(この土地は仲介)をして、現在ローンの本申込み直前(事前審査はOK)という状況です。 ところが、あきらかに建物の金額が高いと思うようになり、何とか建築工事請負契約を解除したくなってしまいました。 できれば、土地だけこのまま取得して、建築工事は他の工務店なりに依頼したいです。 建築工事請負契約書には・・・ 「本契約の解除の場合、甲(私です)は本契約の解除により乙(工務店)に生じた損害金として、請負代金の20%を賠償するものとする」という条文があります。 契約解除する場合、違約金として無条件に請負代金の20%を支払わなければならないのでしょうか? ちなみにまだ、建物に関しては何も話が進んでいません(注文住宅・フリープランです) 勝手な事情であるとは重々承知しておりますが、ぜひ、教えてください。お願いします。。

  • 新車 引き渡し

    新車を買って引き渡された車に傷、または欠陥があった場合、修理とかしてもらったり新しい車にかえてもらえるんでしょうか?中古はなんだか無理そうですが。 契約の解除や損害賠償もできるんですか? どんなことがいえるのでしょう? 瑕疵担保とか債務不履行とかいろいろありすぎて分かりません。 あと履行が不可能になって売り主の債務が消えるのは、特定物が完全に消滅した時だけですよね?少し壊れてしまったとかなら、履行が不可能とまでいえませんよね? 無知な私に丁寧に説明して下さい。おねがいします。

  • リフォームで壁を壊したら柱が・・・瑕疵担保請求できますか?

    築22年目で初めてリフォーム工事をして壁を壊してみた所、おそらく間違えて切ったであろう柱に大きな切り刻んだ痕があり、十分な補強もしていない状態になっていました。専門家の人が言うにはとても重要な柱との事です。他にも雨漏りで屋根を調べてもらった所、板金の差込む高さが十分に取れていないとの事でした。明らかに手抜き(瑕疵)と思えるのですが、22年も前に建てた建物であり、瑕疵担保責任も売主に請求するのが難しいと思うのですが、当時の売主に損害賠償や補修代請求みたいなものを主張することは出来るのでしょうか?何か良い方法があれば教えて下さい。よろしくお願い致します。ちなみに売主は業者です。

  • 戸建て売買契約の解除の違約金の減額と分割払いについて交渉したい

    手付金9万円を支払い、土地付き一戸建て住宅を購入する契約をして、ひと月もたたぬうちに、転勤の話が出たため、解除を申し出ました。契約では、売買総額の10%(約250万)の違約損害金を払うこと、またこの額は、実際の損害額に関わらず増額も減額もしないと書かれてあります。 契約の前後に、間取りを決め、設計図を作り、いくつかのオプション契約をし、地盤の補強をしています。そして着工(基礎工事を始める)の日の朝、連絡して工事をストップしてもらいました。(家のことは残念ですし、売り主にも申し訳ないのですが、着工前であったことは不幸中の幸いでした。売り出したら即完売という人気の地域なので、売り主は、また更地から売りに出せるからです。) 問題は、私は違約損害金を支払う意思はあるのですが、蓄えがないので約250万を即支払うことはできません。毎月の収入からの分割払いにしてほしい。また、上記のような状況であるので、実際の損害額の明細を出してもらって(それが250万未満なら)、その額に違約損害金を減額してほしいのです。相手は、できれば契約解除してほしくない、違約金は即全額入金と言っています。ご相談したいことは、具体的にどのように交渉を進めればよいかということです。

  • 引渡し前に判明した隠れたる瑕疵について

    土地購入の契約を結び、引渡し前までに建物等を解体し更地にするという段取りで進めています。契約書の特約条項に、引渡し後の隠れたる瑕疵については、売主側は一切責任を負わないと記載されています。(売主は個人の方で、仲介業者が入っています) 土地の引渡し前に、土地の地盤調査をしたところ、軟弱なことが判明し、補強工事が必要ということになり、追加の費用が発生します。 この場合、売主側に、瑕疵担保責任を追及して、補強工事にかかる費用の負担をしてもらうことは可能でしょうか? 特約条項では、引渡し後の瑕疵担保責任は負わないとありますが、今回は、引渡し前に判明した瑕疵であるので、売主側の責任で対応していただけるような気もするのですが・・・土地の決済日(引渡し日)が迫っていますので、回答の程よろしくお願いします。