• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

干渉縞の原理

ガラス(厚さ1.5cm)→空気層(未知,数~数十μm?)→セラミック(透過しない)に約1cm径のHe-Neレーザを一定の角度で照射するとします。 ガラスが傾いている場合は、くさび形空気層の原理でガラス下面での反射光とセラミック面での反射光が干渉し、縞が見られるのは理解できるのですが、ガラスとセラミックが平行である(つまり空気層が平行平板の形になっている)場合に干渉縞が見られる原理がわかりません。 また平行である場合、空気層の厚さによって干渉縞の間隔は変化するのでしょうか。 光学に関する本を読んでは見たのですが、強度の式やら何やら複雑でいまいち理解することが出来ません…。どなたか分かり易く教えていただけないでしょうか。参考URLなどあれば並行して載せて頂けると幸いです。 以上、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数6901
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9

1. #7コメントに対するお答え in #7 comment >最後に1つだけお聞きしたいのですが、反射率が高く多重反射が起きるような薄膜の場合、 >入射光が平行光線であっても干渉縞は見えるのでしょうか? 少し言葉足らずで誤解が生じているか、あるいは、私が誤解しているのかもしれませんが、#4で書いたのは、#3のコメントで >d>>λでも干渉縞は表れるのでしょうか? と書かれていたので、『すき間が広い場合は干渉縞が出来ない』と考えられていると思いましたので、『すき間が広くても干渉縞は出来ますよ』、という意味で書きました。 この場合に見えるのは、くさび形空気層の原理と呼ばれている等厚干渉縞です。 すき間にあるものが何であるか、たとえば空気であるか、ガラスであるかは本質的ではなく、使い勝手から、すき間に空気があるほうが普通です。 前に書いたファブり-ペロー干渉計では、ミラー間の距離5mmから2cmぐらいのところで干渉縞を確認したことがあります。径5cmぐらいのガラス基板に数本の干渉縞でしたので、5cmの幅に対して1~2μmの傾きがある状態です。(この後、干渉縞がなくなるように調整し、完全に平行にして使用する。) 他には、実際に扱ったことはないですが、フィゾー干渉計というのは検体上部に光学的に平坦なハーフミラーを設置しただけの簡単な構造をしています。この干渉計の場合、検体とハーフミラーの間はおそらく数cmあります。 2.面精度の計測 実のところ、普通のガラスではなく、オプティカルフラットと呼ばれるガラス基板を上において干渉縞を観察するというのが、検体の平面性を確認する一番簡便な方法です。そこで干渉縞が見えたら検体が平坦ではないということなので、研磨をやりなおし光学的に平坦な面をつくっていくそうです。鏡面加工と書かれていますが、単に研磨材で磨いただけでは光学的にはおそらくフラットにはなっていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ニュートンリングやくさび型空気層での光の干渉は、いずれも、上のレンズ(

    ニュートンリングやくさび型空気層での光の干渉は、いずれも、上のレンズ(またはガラス)の下面と、下のガラスの上面、つまり空気層の上面と下面の反射光の干渉を取り上げています。 なぜ、上のガラスの上面や下のガラスの下面での反射光の干渉は考慮しないのですか? 同様の質問に対して、「光路差と波長との関係で、光路差が波長と同程度でなければ干渉しないため、波長に比べて厚いガラスが光路差となると干渉せず、薄い空気層のみが干渉しうる光路差となるから」といった趣旨の回答がありました。 確かに、入射光が白色光の場合、光路差が大きくなると、様々な波長の光が干渉してしまい、特定の波長の光の干渉による干渉縞ができないため、波長程度の非常に薄い空気層の上下での反射光のみが干渉するというのは分かります。 しかし、入射光を単色光にした場合、光路差が大きくなっても干渉により強めあったり、弱めあったりする様子が明確に分かりそうに思われます。 つまり、単色光の場合、上のガラスの上面・下面、下のガラスの上面・下面といった4つの反射光のうち、いずれか2つの反射光の光路差が、干渉条件を満たせば、干渉しそうなんですが・・・ どなたか詳しい方、是非教えてください。

  • ニュートンリングを逆さにしたら?

    ニュートンリングでは円の干渉縞が確認されますが、逆さにするとどういう干渉縞になりますか? 逆さにすると言うのは、普通は平板ガラスの上に下面が円弧に近似できるガラスを乗せますが、これを逆にするということです。 つまり下面が円弧に近似できるガラスの上に平板ガラスを乗せるということです。 もっと言うと曲がっている面に平面ガラスが乗っている状態です。不安定なので水平にして重ねています。 説明下手ですみません。 よろしくお願いします。

  • 薄膜による干渉

    薄い膜があると表と裏で光が反射して干渉するのを、ガラスが二枚重なっているもの(空気の膜)で確認しました。 連続スペクトルに対しては虹色に、輝線スペクトルでは明暗の縞模様になるのは分かります。 少し分からなくなってしまったのですが、ここでガラスを押し膜の幅を狭めると縞模様の間隔は狭くなりますか?それとも広くなりますか? どなたか教えてください。

その他の回答 (8)

  • 回答No.8

#6の回答者です。補足質問の返答ですが。 #6回答中の1と同じ話です。1では、ガラスの厚さは15mmと厚いので、ガラスの上面と下面ではBraggの回折の公式からでは0.01度と非常に小さな回折角になってしまいます。 2では、もっと回折面間隔が小さくなりそうな空気層で計算してみただけです。仮に、ガラス厚さの1/100程度の100ミクロンで同じBraggの式で計算してみれば、回折角は1度程度になるので、干渉縞を観察する位置にもよりますが、角度だけで言うなら観察可能な干渉縞間隔になりますよ、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

in #4 comment >ということはガラスの反射率は十分でないと考えられ、 >干渉縞は観測できないという解釈に取れるのですが、 ガラス一枚をいくら眺めても干渉縞は見えません。 >他にどんな可能性が考えられるのでしょうか? 問題の干渉縞を実見していないことや、実験の詳細がわからない、セラミックスというのはよく知らない材料だということもあり、#4ではそのような婉曲表現になっています。 >ガラスとセラミックの表面が光学的に(光の波長レベルで)平行である場合、 >レーザ光による照射では干渉縞は見えないと言うことですよね? レーザー光に限らず、入射光が平行光線であれば見えません。 光源がレーザーでも、発散光なら等傾角干渉縞が見えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

遅くなって申し訳ありません。 No.6の方の意見も合わせ、どうやらガラスとセラミックスとが光学的に平行でないために縞が見えていると判断しました。貴重なご意見ありがとうございました。ちなみにセラミックスは鏡面加工してあるので吸収はほぼ無く、反射されると考えています。 最後に1つだけお聞きしたいのですが、反射率が高く多重反射が起きるような薄膜の場合、入射光が平行光線であっても干渉縞は見えるのでしょうか?見えるとすれば、それはどの光とどの光が干渉しているのでしょうか?もし必要ならば関係するサイトを用いて説明していただけると幸いなのですが…。宜しくお願いします。

  • 回答No.6

光学の専門家では無いのですが。 1.まず、ガラスの上面と下面での干渉を考えてみます。He-Neレーザーだと波長は633nmかな?既に議論に出ているBraggの式2dsinθ=nλを使うと、d=15mm、λ=600nmとすれば、sinθが2E-4(rad)の間隔で干渉が起こることになります。角度にして、約0.01度。干渉縞がどの位置で見えているのか分かりませんが、例えレーザーを使っていてもこの程度のビームの広がりは十分にあり得ると思います。しかし、とても干渉縞に見える間隔では無さそうですね。 2.セラミックが鏡面研磨されたような綺麗な表面だとして、ガラス下面とセラミックの空気層による干渉。空気層の厚さが100ミクロン程度以下レーザーの半波長以上有ると、上述のBraggの式より1度程度以上の傾きの広がり間隔で同心円上の干渉縞が見えることになります。しかし、ネット検索してみると、He-Neレーザーでビーム広がり角はおよそ1E-3(rad)程度のようなので、セラミックでの反射時にビームが広がらないと無理かも知れません。 3.他の可能性。レーザーの照射領域(10mm径)で、ガラスの厚さか空気層の厚さに1ミクロン程度以上の傾斜が有れば干渉は見えることになります。十分にあり得そうに思えますが、どうでしょうか?もし、干渉縞が平行に見えていれば、ガラスがセラミックに対して僅かに傾いている可能性が高いです。あるいは、干渉縞が歪んだ円形状で有れば、ガラスの不均一性か自重によるたわみの可能性が考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

解答ありがとうございます。遅くなって申し訳ありません。 可能性で言うとやはり3が一番高そうです。実験に用いているガラスは光学ガラスではありません。干渉縞の形状は、真っ直ぐ見えているところもあれば歪んだ円形状の所もあり、場所によっては縞が見えないので(これはNo.5さんの意見を参考にすれば、たまたまその部分だけ光学的に平行であるだけだと思います)、表面は光学的には相当に歪んでいると考えてもいいかも知れません。貴重なご意見ありがとうございました。 補足質問なのですが、2の可能性について、「空気層の厚さが100ミクロン程度以下レーザーの半波長以上有ると、・・・・・・セラミックでの反射時にビームが広がらないと無理かも知れません。」ということですが、これはどういった理論から導かれた意見なのでしょうか?なにぶん光学を専門にしているわけではないのでまだまだ理解できない事だらけなのです。もしよければ教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

  • 回答No.5

No2,3です。 No4さん、コメントありがとうございます。なるほど、勉強になります。 >C1,Gk,Rm(1≦k≦m≦n)がガラス上面で重なった場合(この場合は既にC1とGkがガラス下面で重なり、干渉してると思いますが)はどうなるのでしょうか? この場合も往々にしてあり得ることですね。 定量的に干渉縞の条件を求めることは私にはできないのですが、 光線が3本であろうとも、干渉縞ができてしかるべきではないでしょうか。 C1とGkが既に干渉していますから、そのパターンが暗の場合はImの強度がそのまま見える。 明の場合は位相が揃っていれば更に明るくなり、逆ならば光線1本分の強度。 その中間の場合は、位相が揃っていれば強度1.5本分、逆ならば0.5本分となるような気がします。 かなり荒っぽい議論で申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解答ありがとうございました。

  • 回答No.4

in #1 comment >そしたら干渉縞が見えればそれはくさび形空気層の原理によるものと考えてよいのでしょうか… 実際の干渉縞を見ないと断定はできませんが、一つの可能性として考えてみてください。 No2 No3さんへ: 2点。 1. ガラスの強度反射率は4%ほどなので、普通は多重反射を考える必要はありません。エアリーの式を使って強度計算してみれば分かります。 2. 点光源からの光であればそれで干渉縞ができますが、今の場合はレーザーによる入射なのでほぼ平行光線と考えられ、2ndcos(θ)のθが変わりません。これを変えるためにはレーザーを傾けるかターゲットを回転させるかしかなく、同時に明暗の縞としては観察できません。この点、#2のコメントは正しい指摘です。 ただし、10mmφのレーザー光が単一レンズで広げられたなど、平行光ではない場合は、この限りではありませんが・・・・ in #3 comment >実際の装置ではd=15mmくらいあるのですが、それでもレーザならば干渉縞は見えるのですか?? 平行度と反射率が十分であればレーザーでなくても見えます。ファブリ-ペロー干渉計とか、エタロンなどで検索してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>ガラスの強度反射率は4%ほどなので、普通は多重反射を考える必要はありません。… >平行度と反射率が十分であればレーザーでなくても見えます。 ということはガラスの反射率は十分でないと考えられ、干渉縞は観測できないという解釈に取れるのですが、間違っていますか? >実際の干渉縞を見ないと断定はできませんが、一つの可能性として考えてみてください。 他にどんな可能性が考えられるのでしょうか? あとこれは確認なのですが、今までの議論から、ガラスとセラミックの表面が光学的に(光の波長レベルで)平行である場合、レーザ光による照射では干渉縞は見えないと言うことですよね?

  • 回答No.3

No2です。失礼しました、高校物理は理解されているのですね。 しかし、すみません、言わんとしていることが理解できないのですが… ラベル付けをしましょう。n本の光線を考えます。 ・入射光を、I1,I2,......,In ・ガラスに入射せず反射するのを、R1,R2,....,Rn ・ガラスに入射し、ガラス下端で反射してから出てくる光を、G1,G2,....,Gn ・セラミックまで到達して出てくる光を、C1,C2,....,Cn とそれぞれします。 ガラスの厚みをd、空気層の厚みをDとします。 また、整数kを1≦k≦nの適当な数としておきます。 今簡単のためにセラミックは十分遠くにあり(D>>1)セラミックからの反射はないと思いましょう。 このときは普通の薄膜と同じですから、 2ndcos(θ)=(2m+1)λ/2・・・・明るい 2ndcos(θ)=mλ・・・・暗い となります。(ガラス下端は自由端反射なので反射により位相は変化しない) これは光線G1と光線Rkによる干渉です。(R1とG1ではない) ここまではよろしいでしょうか。 次にセラミックからの反射がある場合を考えますが、 このG1,Rkの干渉条件にはセラミックからの反射光は作用しません。 なぜならセラミックからの反射光C1はこれとは異なる場所から出てくるからです。 また、わからなければ補足してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

分かり易いラベル付け、ありがとうございます。 ◎D>>1の場合 これはガラスを薄膜と考えていますよね?レーザ波長をλとすると、d>>λでも干渉縞は表れるのでしょうか?実際の装置ではd=15mmくらいあるのですが、それでもレーザならば干渉縞は見えるのですか?? ◎セラミックからの反射がある場合 C1,Gk,Rm(1≦k≦m≦n)がガラス上面で重なった場合(この場合は既にC1とGkがガラス下面で重なり、干渉してると思いますが)はどうなるのでしょうか?

  • 回答No.2

完全に平行でも光を斜めから入射させれば干渉縞はできますよ。 高校物理の教科書に載ってます。 原理は簡単で、幅のある光線を斜めから入射させると、 波面(同位相の集合)は順次ガラスに入射していきます。 一番最初に入射した光を追って行くと、 ガラスに入射ー>空気層を通過ー>セラミックで反射ー>再びガラスを通り観測される それ以降に入射した光も同じような道筋を辿りますが (どの光線もそうですが)一部はガラス面で反射されます。 その反射した光と、ガラスに入射して出てきた光の位相が異なれば 干渉縞が出来るのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 高校物理の教科書に掲載されているのは「薄膜による干渉」というものではないでしょうか?その内容に関しては高校の教科書を含めいろいろな本を読んだのですが、結局明るくなるか暗くなるか2つに1つしかないような気がしてならないのです。 1番最初に入射してセラミックで反射された光とガラス下面で反射された光が干渉し、2ndcosθ=…という式に従って明暗ができるというのは教科書にもあるので分かるのですが、2番目以降に入射した光と干渉する(光がセラミックで反射されガラス下面に到着した時点で同じ位置にある?)ガラス下面で反射される光との光路差も、ガラスとセラミックが平行なので1番目のそれと同じですよね。そしたら結局どの順番で入ったとしても空気層の厚さ、あるいは入射角によって明るくなるか暗くなるかが決まり、縞模様は出来ないと思うのです。この解釈は間違ってるでしょうか? 分かりにくい文章で申し訳ありません。

  • 回答No.1

ガラスとセラミックの表面が光の波長以下のレベルで平坦でなければ、何らかの干渉縞がでますよ。 張りついた状態の二枚のカバーガラスでも干渉縞は見えますから。 ということではないのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 それはガラスとセラミックの平行度の誤差が数百nm単位でなければ干渉縞が見えると言うことですか? それはガラスは光学ガラスで、セラミックも光学的に鏡面加工されたものでなければあり得ないと言うことですよね? そしたら干渉縞が見えればそれはくさび形空気層の原理によるものと考えてよいのでしょうか…。

関連するQ&A

  • 物理の薄膜干渉についての質問です。

    物理の薄膜干渉についての質問です。 2枚の平板硝子を平行にして、上から波長λの光を当てるというものですが、 この明線条件が2枚のガラスの間隔をdとすると、 2d = (m + 1/2)λ (m = 0, 1, 2, ...)となっていました。 しかし、これは添付した図でいう(a)の場合しか表していない気がするのです……。 例えば、(b)では、両方とも境界面で反射して位相がπずれますから、明線条件は 2d = md (m = 0, 1, 2, ...) となるはずです。 そこで質問ですが、 1. このように4種類に光路は分類できるのでしょうか? 2. 1が正しいとしたら、どうして(a)の場合だけしか答案に書いていないのでしょうか? 因みに、元の問題は : > 2枚の平板ガラスA, Bの一端OからL = 0.10m離れたところにアルミ箔を挟む。 > 真上から波長λ = 5.9×10^(-7)mの光を当てて、上から見ると干渉縞が見えた。空気の屈折率を1とする。[弘前] > (1) O点の縞は明線になるか、暗線になるか、それともそのいずれでもないかを答えよ。 どうかご教授願います。

  • ニュートンリング

    ニュートンリングの原理の説明において、凸レンズの下面での光の反射が斜め方向ではなく垂直に反射するという説明をよく見受けますが、真上から入射した光が、なぜ斜め方向に反射しないのでしょうか。下の平面ガラスでの反射が垂直に反射するのは理解できますが、凸レンズの下面は入射光に対して垂直ではなく傾いているので、真上から入射した光は真上に反射するのではなく斜め方向に反射するように思われます。これは、ニュートンリングに限らずくさび形空気層における光の干渉においても同様ですが、なんとも納得できません。どなたか教えていただけませんでしょうか。

  • 教科書にはないんです。

    どうしてニュートンリングの干渉縞は丸い同心円なのか分かりません。 ニュートンリングはレンズの下面で反射した光と、下に敷いた平面ガラスで反射した光が干渉し合う事によって起こるのに何でそれが丸くなるのですか。 あと、干渉縞と位相って何か関係あるのですか。 本当にすみません。 宜しくお願いします。

  • 物理の波動の干渉

    物理の波動分野の干渉の問題を解きましたが、自信がないので解説をお願いします。 屈折率がn2の平板ガラスの表面に、屈折率がn1で厚さがdの薄膜を均一にコーティングして図のように空気中での 波長がλの単色光を膜面に垂直に入射した。この時、一度も反射することなく薄膜、ガラスを通過して下部の空気中に出る光aと薄膜とガラスの境界面および空気と薄膜の境界面で1回ずつ反射して通過する光bが干渉したとします。空気の屈折率を1として、n2>n1>1とする。 (1)光aと光bが干渉して強め合うための条件は、 薄膜中の波長をλ1とすると 2d=(2m-1)λ1/2 (m=1,2,3・・・) (2)強め合う場合のうちで膜の厚さが最小のdの値はλ/4n1

  • AR(反射防止)コートの原理について

    保護フィルムやガラスを調べていてふと疑問に思いました。 ARコートをすることによって、なぜ反射を防止することができるのかをご教示ください。 少し調べると、「AR層表面での反射光が基材表面での反射光の逆位相となり互いに打ち消し合うため」と出てきます。 しかしながら、ARコートによって透過率も向上することを考慮すると上記理由では説明不足です。なぜなら、上記理由のみでは反射していないかのように見せかけているだけで実際に反射を抑えているわけではない、とも解釈できるためです。 まず、前提として反射や透過に関する認識が正しいかを確認するために以下の仮定をおきます。 基材のみ:透過率=90%、反射率=8%、吸収率=2% AR付与:透過率=97%、反射率=1%、吸収率=2% もし、ARの原理が逆位相による打ち消し合いのみによるものであれば、反射率が下がり、透過率が上がるとは思えません。 ARの原理のあくまで「ひとつ」として、逆位相による打ち消し合いがあるのであり、本当の意味での反射率低減と透過率向上は別の原理によるのではないか、というのが私の認識です。 つまり、仮定に置いて言えば、ある原理により「反射率が7%低減しその分透過率が向上」し、逆位相の原理によって「残った反射率1%のなかでも反射を感じにくくさせている」という理解です。 この認識でもし正しいのであれば、反射率低減に対して寄与していない逆位相の原理ばかり言及して、大きく貢献しているであろう別の原理をほったらかしにしている説明は全く説明になっていないと思うのですが。 以上の理解が正しいとして、どなたか「大きく貢献しているであろう別の原理」をご教示ください。宜しくお願いします。

  • センター物理 波の干渉

    図一様な厚さdで屈折率nの薄い透明な膜で覆われた幅Lのガラス板が空気中に置かれていて、空気中から波長λ,振動数fの単色光を真上から入射させる、 このとき膜の上面で反射する光と膜の下面で反射する光の干渉について考えよう、ただし、空気の屈折率は1とする 膜の厚さdを少しずつ増加させると反射光の強度が変化した、d=d[1]のときに反射光の強度が極大になり、次に極大になるときはd=d[2]であった、d[2]-d[1]は膜中での単色光の波長λ'の何倍か、 解説 膜の厚さがdのとき、膜の上と下の面が反射した光の経路差は2dである、反射光の強度が極大のとき、反射光は干渉により強め合っている、膜の厚さを少しずつ増加させて再び反射光の強度が極大になるとき、経路差の変化はλ'に等しいから 2d[2]-2d[1]=λ' d[2]-d[1]=λ'/2となる よって1/2倍となる とあったのですが反射光の強度が極大のとき、反射光は干渉により強め合っている、膜の厚さを少しずつ増加させて再び反射光の強度が極大になるとき、経路差の変化はλ'に等しいから の部分なのですが、反射光の強度が極大の時、反射光は干渉により強め合っていると何で経路差の変化がλ'に等しくなるのか分かりません

  • 全反射の条件式

    図のようにn=1の空気中からnのガラスに向かって光を入れたとき、ガラス平板内に進んだ光が平板の下面で全反射を起こすためには入射角iと屈折率nの関係はどのような条件を満たさなければならないか答えよ。 という問題で解答解説をみていたのですが、 一応、スネルの法則より、 1×sini = n×sinr_0 ・・・(1) nsin(90°-r_0) = 1×sin90° より、 sin(90°-r_0) = cosr_0だから ncosr_0 = 1 ∴cosr_0 = 1/n ここで、 (1)の式を変えて sini = n√[1-cos^2r_0] ∴ sin i = n√[(n^2)-1] という所まではわかったのですが答えはそのあと、 sin i < n√[(n^2)-1] となっていました。 =ではなくて<に符号がなるところの理解ができませんでした。 どうして<なるのでしょうか。ご指導お願い申し上げます。

  • センター物理 薄膜

    図3のように2枚の透明な平板ガラスA,Bの一端をお左端Oで重ね、他端に金属の薄い箔をはさむ 上方から波長λの単色光を入射させて、上方からその反射光を観察すると明暗の縞模様が観察された、これはAの下面で反射した光とBの上面で反射した光が重なって干渉することによって生じたものである、なお、Aの下面での反射では自由端反射と同じく、反射の際に位相の変化はない、一方Bの上面での反射では固定端反射と同じく、反射の際に位相が逆になる、又、図3で金属箔の厚さは誇張して描かれている 次にAの中央付近に上方から力を加えてAをたわませ、Aが十分に大きな半径の円筒の一部となるようにした このとき、ガラス板Aをたわませる前の縞模様とたわませた後に上方から観察される明暗の縞模様の概形はどうなるか、 解説 図3の設定のとき、隣り合う明線の間隔をΔx,Bに対するAの傾斜角をθとすると d’-d=Δxtanθ=λ/2 よってΔx=λ/2tanθ これはAの傾きが緩やかでθが小さいほど明線の間隔はひろくなり、Aの傾きが急でθが大きいほど、明線の間隔は狭くなることを示す、Aをたわませると、図3-3に示すように左端Oに近いところではAの傾きが緩やかで明線の間隔が広く、左端Oから遠いところではAの傾きが急で明線の間隔が狭くなる、 疑問なのはAをたわませると、左端Oに近いところではAの傾きが緩やかで明線の間隔が広く、左端Oから遠いところではAの傾きが急で明線の間隔が狭くなる、センター物理 薄膜 この部分です、たわんだら何が変わるのか分かりません 後Oが暗線になるのが何故なのか分かりません

  • 光の透過についての疑問です。

    光の透過についての疑問です。 最近のここでの質疑(物理でなく科学だったかも知れません)で、真水の光の透過が200mが限度だとの回答がありました。そこでは、物質の中の分子がまばらなために光は透過するのだとも。 そこで疑問なのですが、光ファイバーはガラスだそうですが、数十キロを透過してその間増幅器もないそうです。ガラスはそれほど分子がまばらなのでしょうか。それとも、この透過力には別の原理があるのでしょうか。私は真水とガラスとの透過力の差がこれほどあるとは思えないのです。 全く光を通さない物質もありますよね。これは分子が積極的に光を捉えている、あるいは反射していると考えていいのですよね。 ガラスはそれほど特殊な(光に干渉しない)物質なのでしょうか。それはなぜでしょうか。

  • 物理の波動の問題を教えてください

    物理の波動の干渉の問題を解きましたが、自信がないので答えが合っているかどうかを教えてください。 屈折率n2の平板ガラスの表面に屈折率がn1で厚さがdの薄膜を均一にコーティングして図のように空気中の波長がλの単色光を膜面に垂直に入射した。 一度も反射することなく薄膜、ガラスを通過して下部の空気中に出る光aと薄膜とガラスの境界面および空気と薄膜の境界面で1回ずつ反射して通過する光bが干渉したとします。空気の屈折率を1として、n2>n1>1とする。 (1)光aと光bが干渉して強め合う条件は、 薄膜の波長をλ1とすると 2d=(2m-1)λ1/2 (m=1,2,3・・・) (2)強め合う場合のうち、厚さが最小のdはλ/4n1