• 締切済み
  • 困ってます

外国為替証拠金取引に関わる情報販売、及び投資顧問業務について。

最近、外国為替証拠金取引(通称FX)に関して、高リターンを唱った情報販売、および、投資顧問業務に類似した行為を見かけます。 こうしたものは問題がないのでしょうか? 1.FXに関する情報販売を行っている業者・個人の中にはリスク説明がなく、いかにも簡単に収益が出るような誇大表現が多様されていますが、これは問題はないのでしょうか?法律面ではどうなのでしょうか? 2.為替に関して投資顧問(類似)行為を行うためには、投資顧問業者として登録後、兼業届けが必要というように理解しているのですが、個人投資家に対してFXの売買シグナルなどを営利目的で配信するには、投資顧問業には当たらないのでしょうか?登録無しに行えるものなのでしょうか? 以上の点について、ご存じの方、教えていただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

取引業者の規制が始まったので、情報の販売ですか、気をつけたいと思います。 法規制の隙間を狙っているのかも、、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 投資顧問業について

    FX(外国為替証拠金取引)に関してなのですが、売買ポイントを有料で会員に提供する形式のサービスをする時に投資顧問業に登録しなくてもいいのですか? そういうサービスを行なっているサイトをいくつか見かけるのですが、投資顧問業に登録していないみたいなのでこれって違法じゃないのかなと思ったので質問しました。 この件についてみなさんの回答をお待ちしています。

  • 外国為替証拠金取引について

    外国為替証拠金取引について 素人です。 FXは国や企業などに対して有益となったり社会的な意義はあると思うのですが、 法人でもない個人が投資(投機?)できるのはなぜでしょうか。 9割以上の個人投資家が結局は損しているという事を聞きました。 個人投資家による苦情・相談も多いと聞きます。 どうして個人が投資をできるようになっているのでしょうか? 金融庁がある程度関与していると思うのですが、これを許可しているのはなぜでしょうか?

  • fxの投資顧問について聞かせて下さい。

    fxやってるけど、全く勝てません! 自分だけの情報じゃ勝てない気がするので、 fxの投資情報が貰える投資顧問を調べてみました。 ひまわり証券 http://www.himawari-group.co.jp/ FX-ライフ http://www.paradisewalk.net/fx/ 投資顧問 ジュール http://www.joule.co.jp/ FX-ON.com http://fx-on.com/ 未来資産運用FX http://www.m4-r.com/fx/ などがありましたが、どこもよくわからなかったです。 上記したfxの投資顧問会社から情報を受け取ったことのある人がいるなら話を聞かせて下さい。 お願いします。

  • 投資顧問業の適用範囲

    個人もしくは法人が独自に、雑誌やインターネットなどで株式投資などへの判断や推奨銘柄情報を有料で提供する(好きな時に買える雑誌、定期購読誌、有料メルマガなどを使う)場合、この行為は投資顧問業法問題になるのでしょうか? (ここでは提供される情報自体の価値の有無は議論の対象から外します。) 投資顧問業法では 「不特定多数の者に販売することを目的として発行されるもので、不特定多数の者により随時に購入可能なものを除く。」 とあるため、個人的には問題にはならないという認識ですが、自信が持てません。この方面に詳しい方のアドバイスを頂けましたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 投資顧問会社の推薦銘柄について

    投資顧問会社について聞きたいのですが これから投資顧問会社の推薦舞柄情報の無料配信サイトを作ろうと思うのですが 気になることが1つ有ります 顧問会社のサイトにはよく弊社の運用情報には著作権があり許可無く配信した場合は罰せられます 等とよく見かけます 株式市場や為替市場、先物等の情報などに著作権などあるのでしょうか 皆さんはどう思いますか 顧問会社が嘘をついてるか それとも本当に著作権があるのか  宜しくお願いします

  • 投資顧問について

    最近の投資顧問は、電話とかでなくインターネット上で、2倍も3倍もすぐに儲かるなどといった触れ込みで会員を勧誘しています。会員になっていろんなコースがありいずれかを選び会費を振り込まなければ株式の該当コードを教えません。これはすなわち何を買うか分からないけれどもお金を振り込まなければなりません。そうするとウェブ上で一つのコードを指定してきます。その株式を買わなければ会費はただ取りになってしまうので買う羽目になります。これが、思うように上がれば問題ありませんが、大きく下がってしまうというケースが多いようです。これは、顧問側で安いところを買っていて適当に上がりもう危ないかなってときに、まだ十分上がるなどと言って客に成り行き買いを進めているようです。要はハメコミです。こんな詐欺のような顧問業を金融庁がよく認めているものだと思います。 こうした行為に対して、何らかの対抗処置はないのでしょうか。

  • 外国為替証拠金取引FX 業者側の思惑は?

    近頃、外国為替証拠金取引(FX)がずいぶん流行っていますよね?外貨預金に比べて手数料が安かったり、少ない自己資金で大きなリターンを得られるところなどが個人投資家にとっての魅力だと思うのですが、サービスを提供している業者が多すぎて、選ぶのが大変です。 これだけ取引業者が増えているというのは、ビジネスとしてのうまみがあるからだと思うのですが、取引業者にとって、このビジネスに参画するメリットはどのようなものなのでしょうか?当方は素人なのでぱっと思いつくのは手数料くらいのものですが、、、その手数料も決して高いわけではないですよね?薄利多売のような状況なのでしょうか?それともまだまだ手数料って高いんですか?

  • 「有料投資情報HP」「有料投資情報メルマガ」の発行、サイト開設などは投資顧問業法に違反しますか?

    お世話になります。 最近、インターネット上で「株式等の有料情報」を勧誘するHP,迷惑メールが多く、当方も迷惑しております。 これの違法性について東海財務局に問い合わせしたのですが、 「投資顧登録をしている業者が違法行為を行ったならば取り締まるが、登録していない業者はどこの誰なのかわからないから調べようがない。 あなたがその違法業者の住所氏名、違法行為の証明を全てやってくれたならば、まあ、取り締まらないこともないですけど。」 という返事でした。 (誰の税金で飯食えると思ってんだ!!! 実名挙げるぞ!!) 法律、財務局HPでの見解、有料情報サイト開設者の言訳はそれぞれ以下のようになっています。 **** 法庫HPより 有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律 http://www.houko.com/00/01/S61/074.HTM 第2条 この法律において「投資顧問契約」とは、当事者の一方が相手方に対して有価証券の価値等又は有価証券の価値等の分析に基づく投資判断(投資の対象となる有価証券の種類、銘柄、数及び価格並びに売買の別、方法及び時期についての判断(有価証券指数等先物取引等、有価証券オプション取引等、有価証券店頭指数等先渡取引、有価証券店頭オプション取引及び有価証券店頭指数等スワップ取引にあつては、行うべき取引の内容及び時期についての判断)をいう。以下同じ。)に関し、口頭、文書(新聞、雑誌、書籍等不特定多数の者に販売することを目的として発行されるもので、不特定多数の者により随時に購入可能なものを除く。)その他の方法により助言を行うことを約し、相手方がそれに対し報酬を受払うことを約する契約をいう。 XXX この件、各地方財務局のHPで見解を確認しましたが、確認できたのは以下の2件。同じ財務局なのに見解が微妙に異なるようです。 関東財務局HPより http://www.mof-kantou.go.jp/frames/kinyuu/index.htm Q11 :インターネットのホームページ上で有価証券の情報提供を行いたいが、投資顧問業の登録が必要か。 A  いつでも自由にホームページ上にアクセスできる状態になっており、不特定多数の者が随時にその情報を入手できる状態にある場合には、投資顧問業に該当しないと考えられますが、個別具体的事案毎に判断が必要となりますので、ご注意下さい。 東海財務局HPより http://www.mof-tokai.go.jp/kinyuu/syouken/t_sinki.htm Q13.インターネットのホームページ上で有価証券の情報提供を行いたいが、投資顧問業の登録が必要か。 A13.いつでも自由にホームページ上にアクセスできる状態になっており、不特定多数の者が随時その情報を入手できる状態にある場合には、投資顧問業に該当しないと考えられますが、何らかの方法で対価を求めるような場合は該当する可能性があります。 XXX ところが有料投資情報提供を勧誘するHPの開設者の中には下記のような主張をする者がおります。 http://kabu.torerukateru.com/faq.html 「株価チャート分析室」FAQページより 投資顧問ですか    ・いいえ、当会独自の分析法による分析結果に限定した情報提供サービスです。     会員情報は、インターネット上での営業に限定されるため、どなたでも入退会及び     閲覧、購読が随時可能であることや、会員サイトや銘柄診断で行った分析内容は     すべて弊社ショップ・サイトで販売しておりますので、投資顧問業法の除外規定に     あたります。     第二条 1項     「新聞、雑誌、書籍等不特定多数の者に販売することを目的として発行されるもの     で、不特定多数の者により随時に購入可能なものを除く。」 XXX 投資顧問業法では「過去に発行した情報の保管と開示」を義務付けていますから、予測してもいない情報を後日になってから 「先月発表の予想が当たりました!」 などというウソの誘い文句をやると違法行為となり、実際、投資顧問業法違反で挙げられる事例はこれが殆んどです。  ところが、投資顧問業に登録していない連中はいくらでもウソの予測を公開できるわけです。多分これに騙された人が多くいるのではないかと思われます。 こういった「有料の投資情報」というのは違法なのではないでしょうか? 法律にお詳しい方の見解をお願いします。

  • 札幌のオールイン(株) FX(外国為替証拠金取引)を特別なソフトを販売

    札幌のオールイン(株) FX(外国為替証拠金取引)を特別なソフトを販売して多額の投資会員をマルチ的に集めた企業が道警の捜査が入った後、結果の報道がありませんが、その会社は詐欺だったのか道警が捜査を誤ったのか知ることができません。会員は配当が得られないのは配当計算ミスとか警察が妨害して口座凍結が原因と説明していますが、既に資金は海外に逃して無くしたという噂が流れる始末です。日本の警察が家宅捜査までしたのならきちんと結果を報告することだと思います。被害意識の高い会員はソフトも中身がなく、海外証券口座の開設も嘘で、当初の配当予想の毎月20%もデタラメの勧誘手法と言います。金融庁もこうした企業を放置していた責任もあるはずですが、最近の情報をご存知の方は公開を宜しくお願いします。

  • 投資関連のマニュアル販売について

    質問させていただきます。 時折個人のサイト・ブログなどで、自身のFX等の取引手法を マニュアル化し販売している様を見かけることがあります。 これは所謂、投資助言に該当するものなのでしょうか? もしそれを知らずにしている場合、違反という事になりますが、 その場合どのような機関に届け出る必要があるのでしょうか? その行為自体はよく見かけるものの、法律と絡めた場合、 検索しても出てこない場合が多かったので質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。