• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

自動車のサスペンションに使われる材料

自動車のサスペンションに使われる材料って、鉄、鋼、アルミとかでしょうか?ばねの所はばね鋼と思いますが、それ以外の部分ってどんな材料でできているのでしょうか? 自動車が世に出たばかりの初期のころ、今、そしてその間の時期(T型フォードがでたときとか70~80年代とか)で材料はやっぱり代わってきていますか? 社会のニーズ(乗り心地、ショック吸収性、価格など)とそれを反映した構造のサスについても気になります。 どなたか知っていませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1439
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

昔は道路の舗装率も低くバネに関してはバネ鋼以外には空気バネは観光バスではかなり昔から使われていました。ただただフワフワしていて車酔いになり易かったものです。 鋼のバネでも板バネ、コイルスプリング、トーションバー(ねじり棒)など様々です。 昭和40年代の乗用車は前輪がエンジンの為コイルスプリングの独立懸架、後輪が板バネのリジットアクスル(トラックの様な)。どちらかと言うと乗り心地よりは価格重視だったのでしょう。 昭和50年代は全輪コイルスプリングが主流になり乗り心地と耐久性の向上を狙ったのでしょう。 昭和60年代になるとFF車が主流になり全輪独立懸架が多くなりました。乗り心地と操縦性も向上しますがコストは掛かります。これも時代のニーズです。 サスペンションではスバルが昔から色々試していて軽自動車で4輪独立懸架やトーションバー、エアサスなどを出していました。 現在は高速道路の走行も多いので操縦性を重視したコイルスプリングの4輪独立懸架が主流です。大型トラックでもエアサスや観光バスの乗り心地も乗用車なみにしっかりしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほど。昔は空気ばねを使っていたこともあるんですね。 時代が進むとコストはかかるけどやはり複雑で性能のいいものになってるような感じですかね。

関連するQ&A

  • 自動車のサスペンションの進化

    自動車のサスペンションは、最初板ばね、今はストラットとかダブルフィッシュボーン、さらに板ばね(?)、場合によっては4輪独立でない場合もあるようですが、その間の進化の過程はどのようなものだったんでしょうか?軸懸架→独立懸架がいつごろおこったのかとか・・・ 最初のサスペンションは、軸懸架だったんでしょうか?それとももっと簡単すぎる構造だったんでしょうか? コイルばねが出たのはいつごろでしょうか?かなり初期のころでしょうか? あと、一応写真で見たんですが、よく分からないので・・・T型フォードのサスペンションの構造はどんなものでしょうか?4輪独立か、前輪だけが左右独立で後輪は軸懸架なのか・・・とりあえず分かってるのは少なくとも前輪はコイルばね使ってるだろう、ということだけです。 最初のころは、乗り心地よりもコスト優先で構造の簡単なサス(軸懸架の板ばねとか?)で、コストが下がってくるにつれて独立懸架・コイルばねなどを使ってきたのでしょうか? 長文ですいません。

  • 自動車のボディーに使われる材質

    自動車のボディーに使われる材質というのは、どのようなものでしょうか? 普通の乗用車だと鉄とか鋼とかまれにアルミ製ぐらいでしょうか? スポーツカーだと普通にアルミを使ってたような気がしますが・・・(ホンダのNSXはアルミの削り出しでしたっけ?) あとスーパーカーだと平気でカーボン使ってたりすると思いますが。 一般の乗用車だとどんな材料が広く使われているんでしょうか? かなり昔の車とはやっぱり根本的に違いますよね? あと、ほとんど使われなかったけどめずらしい材料を使ってるようなのはありますか?

  • 自動車のボディの材料に鉄が用いられるのはなぜでしょうか

    車のボディにアルミ合金やプラスチック、炭素繊維などの材料を用いれば、より軽くなり燃費や操作性が向上したり、強度を増したりすることが出来るのではないかと思います。 競技車両などでは使われている例もあるようですが、一般向けのほとんどの自動車のボディの主要な材料がいまだに鉄なのはどうしてでしょうか?単純にコストを抑えるためでしょうか。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

>一般向けアームの材料として、鋼、鉄、アルミ以外の使用は 昔から使われている材料は木、石、焼き物ですが、枠や土台には使えても品質が安定しないので可動部品としては向いていません。唯一の新材料としてプラスチックがあり、サスを構成する部品の一部として試作はどのメーカーもしていると思います。実際に量産されたのは板バネで、板バネはバネとサスアームを兼用していますが、サスアームとしての負担は0~100%まで範囲が広いので、どの程度サスアームとして機能したかは知りません。 >空気サスというのは、電車についているような空気ばねのような物 原理は同じでゴム製の空気室に空気が入っていてこれがバネの役目をし、通称エアサスです。トヨタのような空気だけのものと、金属バネとの併用があります。乗用車では広く普及する事はありませんでしたが、トラックでは荷痛み防止や空気圧制御ができる事から採用が増えています。 >空気と油っていうのはどのようにバネとして動作するのでしょうか シトロエンが開発した、「ハイドロニューマチック」、(ハイドロ=液体、ニューマチック=空気)というもので、ダンパーに使う液体とバネに使う空気がセットになっているものです。詳しくは「シトロエン」とか「ハイドロニューマチック」を図書館等で調べると良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

サスはアームとバネとダンパーでできていますので、「それ以外の部分」、と言うと、アームとダンパーですがお聞きになりたいのはアームの事ですね。 アームは鋼鈑プレスが主です。次に多いのが鋳造品(鉄系、アルミ系)、その次が鍛造品(鉄系、アルミ系)です。初代RAV4のリアサスアームは鋳鉄、最近は軽量化で高級車にアルミサスアーム(ナックル部も)が多くなってきました。 バネが鉄系と思い込まれているようなので、これもついでに、 空気、油、ゴム、プラスチックも使われます。空気サスはトヨタやベンツの高級車、空気と油はシトロエン、ゴムはマツダの初期乗用車、プラは米車やニッサンミニバンの板バネに使われました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アームの材料についてですが、昔から鋼、鉄、アルミぐらいしか使っていないのでしょうか?材質そのものについては、昔から見ても、細かい変化(組成など)がある程度で、大きな変化(鋼、鉄、アルミ以外の使用。一般向けに)はなかったのでしょうか? 空気サスというのは、電車についてるような空気ばねのような物でしょうか? 空気と油っていうのはどのようにバネとして動作するのでしょうか?

  • 回答No.3
noname#131426
noname#131426

鉄と言ってもすべてが同じ”鉄”ではありません。 その配合によって強度が変わってきます。 バネ鋼も鉄は鉄  ねっ。 頭部を留めるナットもナイロンとかが仕組んであって、簡単には緩まないようになっていたり。 軸受け部にはゴムやシリコンゴムなどのブッシュが組み込んであったり。 メッキがしてあったり、ステンレスであったり。 性能は良いけど高すぎれば買ってもらえないので、材料で工夫をしてみたり。 電動のエアサスで、車内から車高調節可能なんてのも出てきています。 設定車種から外れているし、値段もまだちょっとねぇ・・・な値段だけど。 便利になっているのか・・・ずぼらになってきているのか・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ssk0723
  • ベストアンサー率24% (55/229)

製品の名前にTi2000と書いてるものもありますし、チタンも入ってるでしょう。 あとは、合金の基本的な材料として、Ni、W、Mo、Crなんかも入ってるかもしれません。 まぁ材料はまさに企業秘密でしょうから、どこにも書いていないと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね~。確かにこういうのは企業秘密になり得るでしょうからあまり書いてなさそうですね。

関連するQ&A

  • 鋼板と高張力鋼の電波減衰力

    タイトルの通りです。アルミはアルミ箔程度でも 電波が強すぎない限りは電波を吸収減衰・遮蔽し、鉄は http://okwave.jp/qa/q4030695/a12150765.html http://okwave.jp/qa/q1631792/a5093979.html に書かれているような感じで電波を吸収減衰させ、しかも磁性電波吸収材料でも あるそうです。 とすると鋼は どうなのでしょうか?電波を減衰させると言えば 減衰させるのだが、鉄やアルミに比べると吸収減衰させる力が 弱いのでしょうか?

  • 車のタイヤがアルミって

     車の燃費の向上方法として、自動車のばね下過重を軽くするというのがありますが、そのためにアルミがお勧めです。という話を聞きました。  しかし、実際    鉄の比重 約7.8 に対し アルミの比重 約2.7 で確かに軽いのですが、固さを決定する ヤング係数は     鉄 205,000N/mm2 に対し アルミ 70,000N/mm2 なので 鉄ホイールと同等の固さのアルミホイールを作ると約3倍のアルミが必要なので、質量が3倍になってしまうので、結局ばね下重量の軽減にはつながらないと思うのですが。  なんか、説明が悪いし、よく説明できなかったかも知れませんが、ご意見をいただきたいと思います。

  • MTBかクロスバイクか・・

    現在片道約10キロの通勤でMTBを乗っています(Wサスです) 買い換えるのにMTBとクロスどちらを選ぼうか迷っています。 歩道を走る機会が多く、クロスで走ると乗り心地もありますがリムが曲がっりやすそうな気もします。 サスペンションは現在 Wサスですがフロントサスでもいいと思っています。 クロスではEscape R2が候補にあげています。 フロントが「GIANT カーボンコンポジット アルミコラム」でショックを和らげてくれるとあるサイトで見たものですがそうなのでしょうか? MTBではGIANTのRock 5500が候補です。 ディスクブレーキは優れ者の様な気がしていますが、 壊れやすいなのでデメリットはありますでしょうか? あと、タイヤが太いので10キロの通勤にはキツイ様にも思っています。

  • フォード社の経営について

    大学の経営学の授業でフォード社を取り上げています。いくつか意見をもらいたいことがあるのでヒントをください! (1)フォード社の自己完結的なシステムが、やがてフォード社にとって重荷になってくる理由 (2)1970年代から80年代にかけて、日本の自動車企業はアメリカの自動車企業に追いつき追い越していった。日本の環境と戦略はどのようなものだったのか (3)アメリカの自動車企業の組織は事業部制組織が普通だったが、日本の自動車企業は機能別組織をとるのが一般的だ。なぜそのような違いが起こるのか? 自分なりに考えたのは (1)は外部からの情報があまり入らなくなるため、そのときの環境やニーズに応えることができない。 (2)はオイルショックの影響で小型で燃費の良い車が求められたため、日本はその技術に長けていた。 (3)はごめんなさい、考え付きません・・・。 皆さんの意見を参考にしたいのでご意見お願いします!

  • ばね下重量を軽減して悪い事がありますか?

    ランフラットタイヤが標準で装着されている車を買いました。 長年、同じメーカーの車に乗っていたのですが、前の車の方が乗り心地が快適でした。 そこで、重量が重たく、サイドウォールが固い標準装着ランフラットタイヤを、乗り心地と低騒音を重視している軽量なラジアルタイヤに交換することを検討しています。 ところが、「新車時にばね下重量に対してサスペンションを最適にチューニングしてあるので、後付けでばね下を軽量化すると問題がある」という意見をネット上で読みました。 この意見は、尊重するに値する意見でしょうか? それとも、ばね下重量の軽減は常に良い結果をもたらすと考えてよいでしょうか? 車両自体は、フロントサスペンションに高価なアルミ部材を使用して、ばね下重量の軽減を重視した設計なのですが、ランフラットタイヤの装着だけが設計方針に矛盾しているように感じております。 ちなみに、東京在住で舗装道路しか走行しません。安全性に関しては、普通のベンツなどと同等の安全性が確保できておれば良いという考えです。 サスペンション設計のご担当や操縦安定性のご専門の方からご意見をいただけるとありがたいです。

  • サスペンション、エアとコイルの長短は?

    ここ最近、なんか質問する側に回ってしまっております。 今回もよろしくお付き合いください。 ここの常連回答者諸氏は、安いグレードのMTBやクロスバイクについている、スプリングとフリクションダンパーだけのフロントサスなら、ないほうがマシだ、とよく書かれています。 まあ、それに関しては、私も同じ意見です。 で、実売価格で1.5~2万円クラスになれば、ダンパーも油圧ダンパーになり、ロックアウトも装備されるレベルのサスペンションが買えます。 このくらいのサスをつけておけば、とりあえずはいいかな、という感じです。 でも、2.5~3万円くらい出すと、エアサス仕様も買えるようになります。 もちろん、予算だけでなく、乗り方や使用目的にもよるかと思いますが、1万円上乗せしてでも、エアサスにする価値はあるのか、ということです。 私はMTBは門外漢なので、コイルサスとエアサスを乗り比べてみたことなどもないですし、詳しいメリット/デメリットももわかりません。 が、構造から推測、及び自動車での違いを考慮して、私なりに考えてみました。 まず、エアサスの最大のメリットは2つだと思います。 一つは、鉄製のスプリングを使わなくていいため、軽量であること。 もう一つは、充填する空気圧を変えることで、バネレートを手軽に、かつ無段階で変更できること。 軽量、というのは、スペックを見れば一目瞭然です。 同じメーカーの同じシリーズのフロントサスで、コイル仕様とエア仕様が用意されている場合、エア仕様の方が0.2~0.5kgくらい軽量です。 バネレートも、コイルサスでは分解してスプリング本体を交換しない限り、バネレートの変更はできません。 プリロードアジャストはありますが、あれも初期荷重を変えるだけでレートそのものは変えられません。 しかし、エアサスの場合は、空気を抜けば柔らかく、入れれば固くなります。 この手軽さは強味ですね。 あとは、またも車の話で恐縮ですが、車ではエアサスを使っているのは、高級乗用車や観光バス、精密機械の運搬用トラックなどです。 いずれにも共通しているのは、乗り心地重視、言い換えれば「ガツン」という衝撃を嫌う車種、ということです。 なので、そのへんから推測するに、コイルスプリングに比べると、エアスプリングの方が段差やギャップなどに乗る瞬間の衝撃が、「ガツン」ではなく、「ポヨン」になるのではないか、と想像しているのですが、どうでしょうか? そしてもちろん、エアサスにもデメリットはあると思います。 (逆に言えば、そこがコイルサスのメリットともいえます) まず、エアサスは値段が高い、ということです。 さっき言ったような、同じシリーズでエア仕様とコイル仕様があるなら、エア仕様の方が高いです。 コイルサスは、バネ一個スポンと入れておけばいいですからね。 構造は単純で低コストです。 それと、耐久性やメンテナンス性という点でも、コイルサスに分があると思います。 車でも、古くなったセルシオやシーマなど、たまにエアサスがシーリング抜けてエア漏れ起こしている車があります。 コイルサスやリーフスプリングなどは、50年前の旧車でも、新車のスプリングをそのまま使っている車も珍しくありません。 おそらく自転車でも同様でしょう。 街中を走っている古いMTBやサスつきのクロスバイクなどは、おそらくそのほとんどがサスペンションのメンテナンスなど絶対にやっていません。 が、けっこうほったらかしでも10年乗ってたりします。 でも、エアサスだとこうはいかないと思います。 おそらく数年で、シーリングが砂などで傷ついたり、ゴムが劣化したりして、エア漏れを起こすんじゃないか、と思っています。 (具体的な自転車用エアスプリングの構造を知らないので推測ですけどね) また、オーバーホールする時にも、コイルであればスプリングをポンと入れて終わりですが、エアだとシーリングを傷つけないように、注意して組み立てる必要があるかと思います。 エアサスは、原則的に定期的にメンテナンスをするのを前提にしたシステムだ、と思っています。 また、ダウンヒル用などのロングストロークモデルでは(特にリアサスは)けっこうコイルサス仕様が見受けられます。 このへんも、過酷な使用状況ではエアサスよりコイルサスの方が耐久性があるんではないか、という推測の裏付けになっています。 と、エアサスとコイルサスの一長一短を、私なりに考えてみました。 これ以外にも、私の知らないメリット/デメリットってあるでしょうか? もしくは、「それは間違っている、本当はこうだ」という部分はあるでしょうか? もしあるようでしたら、ご教授下さい。 それと、エアサスで一つ疑問なのですが、フロントサスでもリアサスでも、シングルエア式とデュアルエア式というのがあります。 シングルエア式の、コンプレッション側にエアを充填する、というのはわかります。 圧縮側をコイルスプリングの代わりにエアスプリングで荷重を受けるわけですから。 しかし、デュアルエア式の、リバウンド側にもエアを入れる、というのは、どういうことでしょうか? オイルダンパーの代わりにエアダンパーなのでしょうか? それとも、何か別に目的があるのでしょうか? さて、なんでいきなりサスペンションの質問などしたか、と申しますと。 実は、10年前の古いXCフルサスMTBのフレームを手に入れました。(笑) ちょっと予想外で予定外で予算外だったため、すぐにパーツ揃えて組む、というレベルではないのですが。 まあ、あまり予算もないんで、そこそこのパーツでとりあえず組むつもりではいるんですが、どっか一点、ちょっと張り込んで少しいいパーツをつけるとしたら何か、と考えました。 で、私は、MTBの金のかけどころはサスじゃないかな、と思ったわけです。 たとえコンポのグレードを落としたり、ブレーキをディスクではなくVブレーキにしても、サスは安物ではなく、多少いいやつをつけるべきだろう、と考えました。 (この考え方、間違ってますかね?) 将来的にコンポやホイール、ブレーキなどをいいモノにグレードアップしても、サスはそのままでも釣り合うくらいのをつけておこうと思ったわけです。 で、とりあえず最低線は油圧ダンパー+ロックアウト、と決めました。 (ダンパーのリバウンドアジャストまでは必須じゃなくてもいいかな、と) おそらく用途としては、街乗りメインで、たまに荒川土手あたりに持ち込んで遊んでみようか、という程度のホビーユースになるかと思います。 本格的に車に積んで山に行ったり、ましてやレースに出るとこまではないと思います。 こういうレベルであれば、コイルサスで充分ですかね? (正直、自分でも荒川土手でエアサスは宝の持ち腐れだよな、とは思います・・・) まあ、リアサスに関しては、装備されているのが6.5x1.5インチ(165x38mm)のユニットなので、このサイズだとほぼエアサス一択なのでしょうがないんですが。 それとも、こんなレベルの用途でも、エアサスにするメリットはありますか? 軽いというのはもちろんメリットですが、値段やメンテナンスのデメリットを押してまでエアサスを積極的に選ぶ理由はあるでしょうか? http://www.cycle-yoshida.com/gt/suntour/f_sus/raidon/1_386133_5_page.htm 自分的には、最高でもこの程度をつけておけば充分ではないかと思っておりますが。 もしくは、もうちょっと安い、リバウンドアジャストのないモデルくらいでもいいかな、と。 http://www.cycle-yoshida.com/gt/suntour/f_sus/xcr/1_386139_42_page.htm こんなのとか。 どうでしょうか。 相変わらずのグダグダの長文で申し訳ないですが、よろしくお願いします。

  • 自動車サスペンションについて

    現在トヨタのアルファード(現行)に乗っています 先日ディーラーにてサスペンション(ローダウンダウンスプリング)を交換したところ リアの交換はホイールは一切外さず作業したと言われました そんな事は可能なのですか?

  • 自動車のサスペンション

    自動車のサスペンションというのは、はじめ自動車ができたころはどのような形状をしていたのでしょうか?また、今は4輪が独立したサスペンションになっていますが、昔は4輪独立ではなく左右同一のサスペンションを使っていりして4輪独立ではなかった時があると思うのですが、それはいつごろでしょうか? 今はいろんな形状のサスペンションができていますが、どのような要求・理由で進化してきたのでしょうか? 何か知ってらっしゃる方、またこのようなことが書いてあるところをご存知の方教えてください。

  • 自動車の材料について

    自動車の強度,形状,寸法厚さ,は具体的にどんな材料なんですか?

  • 自動車のサスペンションの固有振動数は?

    はじめまして、よろしくお願い致します。 自動車のサスペンションの固有振動数について、教えてください。 通常、自動車のサスペンションはバネでできていて、車体がバウンシングする固有振動数は、f=(9800*k/W)^0.5*(1/2*pi) (記号の説明、k:バネのバネ定数、W:車両質量、pi:円周率、^0.5:ルート)といわれていますが、タイヤのバネ定数を考慮にいれると、とたんにわからなくなってしまいます。 タイヤのバネ定数をk2だとすると、車体がバウンシングする固有振動数は、いくらになるのでしょうか? 振動に関する文献なども調べてみたのですが、ズバリは載っておらずわかりませんでした。 ぜひ、アドバイスをよろしくお願い致します。