• 締切済み
  • すぐに回答を!

化粧品の成分の、悪いものについて

最近化粧品の成分を気にしだしました。パラベン、フェノキシエタノールなどがここのサイトでよくないと聞きました。それで、なるべく無添加のものを使おうと思い最近無添加物を探しているのですが、無添加と書いてある化粧品に、フェノキシエタノールが入っていました。やはりこれはあまり肌によくないのでしょうか?  また、パラベンのほかにも、あまりよくないものがあるならば、パラベンと比較してどのくらい悪いか教えてもらえるとありがたいです。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5

フェノキシエタノールは表示指定成分という枠に入っていないため法律でも表示をしなくて良いことになってしまっている成分です。致死量を考えるとパラベンよりも毒性が強いと聞いたのですが。。。 肌に良くない成分は何百種類もあると思います。 大抵カタカナで良く意味が分からないのだったり、 漢字だとしてもどういう物から作られているか分からないような物が肌に悪いことが多いです。 あと、全成分表示は内容量の多い順に記載されているので、「○○成分高配合」と書かれていても記載順からしておや?というのもあるかもしれません。 アスカのところへ電話をして質問をすると教えてもらえると思います。

参考URL:
http://www.natural-aska.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#15087
noname#15087

はじめまして。本題に基づく回答ではないのですが、微生物の考え方について知って欲しいと思い書きます。 まず、肌によい?よくない?ということを考えてはいけません。化粧品に入れないといけないもの、入れるとよりきれいに見えるから入れるもの、入れることによって菌の繁殖を抑え、常温で長く使用できることになるから入れるもの、こういうものが化粧品に入っていると考えてください。 最近、化粧品の法改正などで「アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある物質」として、102品目の表示が義務付けられています。あくまでも、人にアレルギーなどの障害を起こす可能性があるからの表示です。 よくない、悪いものという考え方なのですが、たとえばパラベンは化粧品を使うお客様が安全に使用できるように 菌の繁殖を抑えるために入っています。菌というものは湿気、があればどんどん増えていってしまい、肌を荒れさせる可能性があります。ましてや、乳液、美容液は栄養分がたくさん入っていますから、菌が混入したら瞬く間にその乳液は菌の乳液になってしまいます。 ここで、考えを変えて欲しいのですが、悪いものというニュアンスで成分を捉えるのではなく、なにかのために配合していると考えてください。薬品は薬なんです。効果があるから薬にもなり、毒物にもなります。ネットで調べれば大体の成分は何のために入っているかが表になって載っています。 悪い、悪くない?は 一般的な洗顔料、化粧水を使うと、決まってあれてしまう、そんなときに初めて気になさって欲しいです。なにも、悪いものを無理やり入れているのではなく、何かのために配合していることをわかって欲しいと思います。 また、もし、なにも不安物質が入っていないものを欲しいのであれば自分で作ってください。自分で化粧水を作ったとしても、きっとそれは数日も持たないでしょう…。すぐに菌が繁殖しあなたの肌には逆効果になると思います。今回は微生物を通して書きました。自然派思考の方が増えてきていますが、一般の方にとっては 安全な範囲での配合をしてあるのが化粧品だということを頭の片隅においておいて欲しいです。 私は化粧品を学びあるコスメの会社で働いていたもので、私の認識考え方は学生時代の教わったこと、体験をもとに書いています。化粧品会社、医師、などによっては認識は人それぞれ違うと思いますので、私の意見は一つの意見としてお考えください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#14673
noname#14673

無添加といっても何かは入ってるはずですから、何が無添加かですよね。 そのへんの表示があいまいになってるようです。 一般的には表示指定成分(化粧品に使用する場合は必ず表示しなければならない成分)が 無添加と言ってるようですが。 保存料なしだと、早めに使いきるなど面倒なことが出てきますので、個人的には防腐は必要と感じます。 でも自分には必要ない、アレルギーがあるから使わない、など各自選べば良いのではと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

無添加といっても殆どの商品には合成成分が入っていますよ。パラベンは旧表示指定成分なので、フェノキシタールを使って無添加とうたうところが結構多いです。 化粧品はほんとに品選びは重要ですよ。 水頼や天然思考の強いHP等は参考になりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • simakawa
  • ベストアンサー率20% (2834/13884)

フェノキシエタノールは防腐剤として化粧品に添加され,パラベンより毒性低いとされる. これら添加剤は国が認めたもので,メーカーが何故悪いものを配合するのでしょうか・・. 製品を安全に保持する為添加している訳ですが. 悪い悪いと云われる物を全て避けていたら,何にも使えるもの無くなってしまいます. これによってアレルギーが出ると言うならわかりますが. あまり警告本に踊らされないようにしましょう.(ちなみに化粧品メーカーのものではありません.)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化粧品の成分

    よく化粧品の成分に、パラベン、フェノキシエタノール、赤◯◯◯?(赤色何号)とか合成着色料があると思うんですが、アレってやっぱりお肌に悪影響ですかね…?? 自分以前プチプラの化粧品を買ったんですけど母親に使わないほうがいいと言われました…。 そういう成分は悪影響だと聞いたことがあるような気がするんですが、具体的にどんな影響があるか教えてほしいです😖!!

  • フェノキシエタノールという成分の危険性

    化粧品に入っているフェノキシエタノールという成分は、 表示指定成分ではないのに、 表示指定成分のパラベンよりも、強い防腐効果があり、 石油から抽出しているということを聞きました。 ということは、表示指定成分無添加の化粧品でも、 フェノキシエタノールが入っていたらキケンだということなのでしょうか??

  • 化粧品の成分と安全性

    ニューウェイズの化粧品を数年前に友人から紹介されました。購入方法が限られているので今はロフトなどで無添加のものを探して使っています。ですが、なかなか思うようなものが見つからず、またニューウェイズに戻そうかと考えています。 そこで改めて気になったのが化粧品に含まれる成分なんです。 ニューウェイズのものはほとんど(全て?)が食べても平気なくらい無害なもので出来ているそうなのですが、BG、フェノキシエタノール、イソブチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、、と素人目にも不安に思う成分ばかり。紹介してくれた友人に聞いてみると、自分も気になったので確認したところ「構造式を変えて無害化してあるから安全」だと言われたそうです。私も使用感が気に入っているし、他社のものでも有害物質が入っているなら同じことだと再購入を考えていたんです。 ただ、ニューウェイズの魅力の半分は肌に優しいということ。容器に記された成分を見ると見事なほどに化学物質ばかりで、たとえ無害だといってもそれが果たして肌に良いのか不安になってきます。無知だと言われればそれまでですが、私のような素人に出来るのは成分の一つ一つをインターネットなどで有害か無害か調べるくらいののところです。ましてや構造式を変えて無害にしてあるなどと言われたらそれを信じるしかありません。 安全性をそのまま信じたとしても、化学物質を使うのは肌に良いことなのでしょうか?

  • 無添加の化粧品の防腐剤について

    肌が弱っていてほとんどの化粧水が合わないので成分を見るようになりました。 アルコール、ハーブ類にも刺激を感じるので選択幅が狭いです。 それでわからないことがあるのですが・・・・ 無添加をうたっている化粧水はパラペン以外の防腐剤であるフェノキシエタノールや 1,2-ヘキサンジオールを使っている物があるんですけど、調べたらこれらはアルコールだと書いてあるんです。 でもノンアルコールの化粧水に使われているのです。 なぜでしょう???? アルコールとしての刺激を感じることはないということなのでしょうか?

  • 化粧品成分について

    今使っている化粧品の成分の中に、下記のようなものがあります。 この中で、敏感肌には負担の大きい成分があるかどうか判定してもらえたらと思います。よろしくお願いします。 (全てが1つの商品に記載されているわけではありません…) ペンチレングリコール トコフェロール クオタニウム-73 ナイロン-12 窒化ホウ素 着色 パープルオロアルキルリン酸DEA オクチルドデカノール ステアリン酸Mg ミネラルオイル ミリスチン酸オクチルドデシル 脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル) エチルパラベン ブチルパラベン フェノキシエタノール PG BG エタノール 

  • 化粧水の成分について

    ある化粧水の成分なのですが、この中に害のあるものはありますか? パラベンなどはよくないのでしょうが、有る意味防腐剤はないと怖い側面もありますよね。それにパラベンの場合は確か肌につけた状態で日焼けした場合に有害となるんでしたよね? 有害でしかないものもあれば、ある状況によって有害になるものもあると思います。その辺がよくわからないので、詳しい方、是非教えてください。 成分は・・・ 水   BG   グリセリン   アロエベラ液汁   PCA-Na   乳酸Na   ヒアルロン酸Na   フルクトース   グリシン   イノシトール   乳酸   ナイアシンアミド   尿素   PPG-5セテス-20   クエン酸   EDTA - 2Na   フェノキシエタノール   クロルフェネシン   メチルパラベン   安息香酸Na です。 宜しくお願いします。

  • 超敏感肌です。化粧水探してます!

    こんにちは。 私は超がつくほど敏感肌で困っていて、 いま自分に合う化粧水&乳液を探しています。 アルコールを使っているものがダメです(><) 肌も弱いのでできれば添加物をあまり使用したくはありません。 成分表示に、ノンアルコールと書いてあっても、エチルアルコールと書いてあったりすると矛盾してるよなぁーなんて思います。 ・ノンアルコール ・防腐剤なし(パラベン・フェノキシエタノール等含まない) ・無鉱物、弱酸性、無香料、界面活性剤無添加・・・ なしの化粧水&乳液はないのでしょうか? また防腐剤等は微量なら大丈夫なのでしょうか? 無添加のお化粧品を作るのは大変だと聞きました。 もしなにかオススメな化粧水&乳液ご存知でしたら教えてください。

  • コロラド化粧品(ゲンキー)

    エスティコロラド(ドラッグストア ゲンキーのプライベートブランド)の美白化粧水はいわゆる無添加、もしくは肌に優しい成分でしょうか? それほどこだわる訳ではありませんが、基本的には無添加系の化粧品を使っています。 最近話題の7skin(化粧水を7回重ねて塗るケア方法)を試そうと思うのですが、普段使っている化粧水でするとあまりに高くつくので(笑)、お手ごろなこちらを買ってみました。 何の宣伝文句もないのですが、成分のところに「パラベン」「エタノール」等の記載がなかったのでこちらにしてみました。 いつものラインに加えるだけなので、こちらの商品に求めるのは保湿効果と肌に優しいことだけです。 成分的にはどうでしょうか?分かる方がいらっしゃったら教えてください。(成分表示の写真を添付しておきます。)

  • パラベン入りの化粧水と無添加化粧水

    化粧水が合う合わないは、 もちろん人それぞれだとは思いますが 1%未満規制されているパラベンの入った化粧水と BG、エタノール、グリセリンなどが入った無添加化粧水と(大抵20%くらい入ってるみたいです) どっちが、肌に優しいのか(肌に悪い影響が少ないか) 気になって、とっても不安です。

  • 合わない成分を調べることはできるか?

    私は、アトピー肌で、肌がすぐに赤く荒れやすいです。 化粧品で荒れたことがあるので、成分をいろいろ研究してみたのですが、自分が何が合わないのか分かりません。 低刺激と書いてあっても、アルコールや、パラベンを使っていたり、BGで荒れる人もいるようです。  荒れた時も、化粧水で荒れたのか、ファンデーションで荒れたか?、ただ、痒くて掻いたので赤くなったのか?分からなかったりします。  私はアルコールが合わない気がするのですが、アトピー用と書いてあってもエタノールが使ってあったりするので、敏感肌用等でも、自分に合うのか、怖くて買えません。  だから、自分に合わない成分は何か知りたいと思うのですが、知る方法はあるのでしょうか?