• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

箱型ポテンシャル

波動関数はψ(x)={(2/L)^1/2}sin(nπx/L)である。 一次元の箱型ポテンシャル中の自由粒子の運動量pおよびp^2、位置xおよびx^2に対するそれぞれの期待値を求めよ という問題を解いていたのですが、この問題の場合、n=1,2、・・・などとおくことが出来るのでしょうか? そうしないと答がものすごく長くなってしまうのですが・・・それとも長くなるのは計算ミスでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2152
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

#2のKENZOUです。 ><x>=(1/2)nπになったのですが計算ミスでしょうか・・・ 計算ミスですね。特に難しい積分計算ではないので注意深くやれば答えがでます。と、ここで終わってもいいのですが、いきがかかり上、以下に略解を書いておきますので、詳しくはご自分でフォローしてみてください。 X=nπx/Lとおくと ∫[0,L]sin(nπx/L)xsin(nπx/L)dx=(L/nπ)∫[0,nπ]Xsin^2XdX だから∫Xsin^2XdXの積分が計算できればよい。これは部分積分を使うと簡単に計算できる。 ∫Xsin^2XdX=(1/2)∫X(1-cos2X)dX=(1/2)[x^2/2-∫Xcos2XdX] (1) ∫Xcos2X=(x/2)sin2X-(1/2)∫sin2XdX =(x/2)sin2X+(1/4)cos2X (2) (2)を(1)に代入すると ∫Xsin^2XdX=[(1/4)X^2-(X/4)sin2X-(1/8)cos2X] (3) ここでXを元のxに戻し、積分範囲を入れて(3)を計算すれば答えがでます。 ところで期待値<x>というのは電子の平均位置座標を意味しますね。今の場合、その座標は箱の真ん中になるということです。もし<x>=(1/2)nπということになれば、基底状態(n=1)で電子の位置は(1/2)πということになり、箱の長さLには全く関係しない位置ということになりますね。これは物理的に考えておかしいぞ、と考えなければなりません。ということで、単に計算だけを追うのでなく常に物理的描像を頭に描いて勉強を進めるのがポイントです(←余計な老婆心か)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今やり直したらうまくいきました。詳しく説明してくださってありがとうございました。

質問者からの補足

X=nπx/Lという置き換えをして、 ∫Xsin^2XdX=[(1/4)X^2-(X/4)sin2X-(1/8)cos2X] (3) まではやっていました。 そこで、積分区間X:0→nπ(x:0→Lより)として計算すると<x>=(1/2)nπになり、おかしいと思って悩んでいたところです。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

#1のKENZOUです。 >積分区間が0~Lなのですが、それでも運動量の期待値は普通に計算すると0になるのでしょうか? (nを正整数とすると0になりましたが) その通りです。ちなみに運動量pの期待値を計算すると <p>=(2/L)∫[0,L]sin(nπx/L)cos(nπx/L)dx=(2/L)sin[nπ]^2/2nπ=0 となりますね。∵sin[nπ]=0,(n=1,2,3,・・・) ついでに<x>も計算してみると <x>=(2/L)∫[0,L]sin(nπx/L)xsin(nπx/L)dx=L/2 となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

<x>=(1/2)nπになったのですが計算ミスでしょうか・・・

  • 回答No.1
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

>この問題の場合、n=1,2、・・・などとおくことが出来るのでしょうか? 別にそのようにしても一向に構わない。ただ,例えばn=1とするとその量子状態に於ける期待値となるわけですね。しかし,nの値を決めて個別に求めるようなことをしなくても無論いける訳です。具体的にやってみましょう。運動量pの期待値を<p>とすると <p>=∫[-a,a]Ψ*(x)pΨ(x)dx=∫[-a,a]Ψ*(x)(hbar/i)(∂/∂x)Ψ(x)dx,p=(hbar/i)∂/∂x (1) と書かれますね。但し積分の左側のΨ*(x)は複素共役を意味しています。そこでΨ(x)={(2/L)^1/2}sin(nπx/L)を入れて<p>を計算すると <p>=(2/L)(hbar/i)∫[-a,a]sin(nπx/L)(∂/∂x)sin(nπx/L)dx=(2/L)(nπ/L)(hbar/i)∫[-a,a]sin(nπx/L)cos(nπx/L)dx=0 となります。つまり運動量の期待値は0。<x>も(1)の積分式の中のpの代わりにxを入れて同様に計算すると<x>=0となることがわかります。 これではあまり面白くないので<x^2>を求めると <x^2>=∫[-a,a]Ψ*(x)x^2Ψ(x)dx=(2/L)(∫x^2sin(nπx/L)^2dx=(2/L)(1/12n^3π^3){4a^3n^π^3-6aL^2nπcos(2anπ/L)+3L(L^2-2a^2n^2π^2)sin(2anπ/L)} という長ったらしい式になりました。この積分は手抜きしてMathematicaにやらせました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

積分区間が0~Lなのですが、それでも運動量の期待値は普通に計算すると0になるのでしょうか? (nを正整数とすると0になりましたが)

関連するQ&A

  • 一次元の井戸型ポテンシャル中の自由粒子についてハミルトニアンを導くとこ

    一次元の井戸型ポテンシャル中の自由粒子についてハミルトニアンを導くところなんですが 全エネルギー E = p^2 / 2m + U(x) --(A) p <- -ih d/dx (hは棒付き) --(B) ∴ H^ = (-h^2 / 2m) d^2/dx^2 + U(x) --(C) において、 (1) (B)運動量演算子 -ih d/dx がいきなりでてくるのがわかりません。教科書など見てもこの導き方が載っていません この運動量演算子というのは波動関数に作用させると運動量になるというものなのでしょうか (2) (C)ハミルトニアンは演算子なのに、U(x)の部分はただのスカラーになっていますがいいのでしょうか (3) (1)で運動量演算子を波動関数に作用させたものが運動量ならば、波動関数に(C)を作用させたものは、(運動エネルギー)+(ポテンシャルエネルギー×波動関数)になってしまいませんか? そうするとシュレーディンガー方程式は (運動エネルギー)+(ポテンシャルエネルギー×波動関数)=(全エネルギー×波動関数) となって、次元が合わないような状況になってしまいませんか? 質問の意味がわからなかったらすぐ補足するので、1つでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

  • 量子力学の問題について質問です。

    量子力学の問題です。 一次元だけで考える。粒子の波動関数がAe^{(k/2)(x-c)^2} (A・k>0.cは実数の定数)であたえられている時、 (a)規格化条件からAを求めよ (b)xの期待値を求めよ (c)(x-c)^2の期待値を求めよ (d)運動量p=-ihd/dx の期待値を求めよ (e)上で求めた運動量の期待値をp₀とするとき、(p-p₀)^2の期待値を求めよ どなたかわかる方説明していただけるとありがたいです。

  • 箱モデルと不確定性原理についての質問

    一次元の箱モデルを考えます。 粒子の質量はm 0=<x<=a この条件によってエネルギー固有値Eと規格化された波動関数Ψが求まります。 E=n^2*h^2/(8*m*a^2) Ψ=√(2/a)sin((nπ/a)x) (1)n=1のときのエネルギー准位について、粒子の運動量pと位置xがおおよその近似で 不確定性関係を満たすことを示せ。 (2)境界点を含む箱の外側におけるポテンシャルが一定の有限値に変わると(箱の内部はU=0), 粒子の運動やエネルギー准位はどのように変化すると予想されるか (3)三次元の箱に閉じ込められた粒子のエネルギー准位を求め、箱の稜の長さがすべて異なる直方体の場合と、すべての稜の長さが等しい立方体の場合を比較したとき、本質的に大きく異なる点は何か 実は4問ありましたが、もともとの(1)はエネルギー固有値Eと規格化された波動関数Ψを求めよという問題で自力で解けました。 で、今書いてある(1)からどうやってやっていけばいいかわからなくなりました。 p=h/(2a)まで求まって、これにxをかけるとp*x=(h/2)(x/a)<h/2という不確定性原理と正反対な結果に なってしまいました。 (2)はトンネル効果が起こるだろうと思います。粒子の運動は箱の外まで広がるだろうと思いますが、 エネルギー准位はどう変化しますか。 (3)はまったく打つ手がありません。一次元のものしか習ったことがないので... では、ご指導をよろしくお願いします!

  • 三次元球面ポテンシャル

    球対称なポテンシャルを考える。半径 a まではポテンシャルがゼロ、それより大きなところでは無限大であるような球対称なポテンシャルとする。このなかに存在する質量 m の粒子の基底エネルギーと対応する波動関数を求めよ。 こんな問題をしているのですが、基底で球対称なので、一次元の井戸型ポテンシャルと同じ形になり、求める関数F(r)=Aexp(ikr)+Bexp(-ikr) : (k=√2mE/h) だということは予想できるのですが、そのあと何を考えていけばいいのでしょうか。 基底エネルギーと対応する波動関数はどのようにだすのでしょうか。 お願いいたします。

  • シュレディンガー方程式の問題お願いします

    一次元井戸型ポテンシャルV(x)中におかれた質量mの粒子の運動について考える 粒子の波動関数をΦとする ポテンシャルが V(x)=0(0≦x≦a) ∞(x<0 a<x) であるとき以下の問いに答えよ (1)粒子のエネルギーをEとして1次元シュレディンガー方程式を記述せよ (2)粒子のエネルギー準位を低いほうから2つ求めよ (3)規格化された波動関数をエネルギーの低いほうから2つ求めよ (4)存在確立の最も最も高いxの位置をもとめよ 自分の答えは (1)0≦x≦a -h^2/2m*d^2Φ/dx^2=Eφ x<0 a<x -h^2/2m*d^2Φ/dx^2+Vφ=Eφ (2)E=h^2π^2/2ma^2 E=2h^2π^2/ma^2 (3)φ=√a/2*sin(πx/a) φ=√a/2*sin(2πx/a) (4)わかりませんでした こうなったんですけど・・・ 添削と(4)の解説お願いできないでしょうか?

  • 箱型ポテンシャルの1粒子束縛問題

     一応手元にある量子力学の教科書二冊を調べながら解こうとしてもよくわからなかったのでヒントでもいいので教えてほしいです。 問題 次のような壁を持つ箱型ポテンシャルの1粒子束縛問題を考えよ。 V(x)=∞ (x<0), V(x)=0 (0<x<a), V(x)=Vo (a,x) と言う条件です。(見にくくて申し訳ありません。)  私はまずシュレーディンガー波動方程式(時間に依らない)を書いて、その後、波動関数の一般解を書きました。 そして境界条件でその一般解を解こうとしました。が形が左右対称ではないからかうまく解けない状態です。

  • 階段型ポテンシャル障壁について質問です

    波動関数の求め方はどのようになっているのでしょうか? 階段型ポテンシャル障壁の波動関数を求める際 エネルギーEが障壁V0より大きい場合と小さい場合の二通り ありますよね。 0<V0<Eの場合は 粒子を入射したら透過し、障壁の向こうには反射する粒子は存在しえず、 透過粒子しか存在しないため Φ=Ae^(ikx)  のようになると教科書やネットに書かれています。  しかし、 0<E,<V0の場合は 無限遠方で発散を避けるため Φ=Be^(-Kx) というようになっています。 僕は後者の求め方には納得しています。 前者の方は透過するならなおさら無限遠方を考慮したほうが良いのではないかと思います。 そして、最後の定数についてです。 障壁の前では 反射と入射によって波動関数は Φ=Ae^(ikx )+Be^(-ikx) となります。このAとBを求める際、 障壁の向こうの波動関数との連続条件から 求めると思いますが、この反射と入射でできた波動関数は sin cosの形にしてA,Bを求めても良いのでしょうか? 加えて、sin(kf+φ)のように合成しても良いのでしょうか?定数が1つ減るので気になります。 以上です。 駄文ですみません。 独学なため、おかしな記述・表現の箇所があるかもしれませんが、 どうかよろしくお願いします。

  • 量子力学

    波動関数Ψ(x)が Ψ(x)={π^(-1/4)d^(-1/2)}exp{ikx-(x^2/2d^2)} と表される。 d,kは正の定数、プランク定数hとする。 (1)位置xについて、期待値<x>と<x^2>を求めよ (2)運動量pについて、期待値<p>と<p^2>を求めよ (3)Δx=(<x^2>-<x>^2)^(1/2),Δp=(<p^2>-<p>^2)^(1/2)とするときΔxΔpを求めよ。 全くわかりません。詳しい解説お願いします。

  • 物理学についての質問です。

    全エネルギーEをもつ質量mの粒子がポテンシャルエネルギーU(x)の箱中を一次元で運動している。ポテンシャルエネルギーU(x)がx<0ではU∞、0≦x≦LではU=0、L<xではU=∞である。 (1)0≦x≦Lでは方程式のひとつの解がΨ(x)=Asinknxであらわされることを示せ。 (2)境界値条件を用いてエネルギーEnを求めよ。 (3)ドブローイの関係式と波動関数の境界値条件から箱の中の粒子のエネルギー準位を求めよ これらの問題問題がどうしてもわかりません。 どなたかよろしくお願いします

  • 摂動論を用いた波動関数

    電荷eを持つ一次元の粒子について Ho=p^2/2μ+μ^2x^2/2のハミルトニアンを考えます。電場によるポテンシャルはH1=eV=eεzです。 これの基底状態のエネルギーと波動関数を摂動論を用いて一次まで求めるのですが、エネルギーはなんとか求めることができました。さて波動関数についてですが、参考書をみると係数の求め方は乗っているのですが、係数がかかる波動関数の求め方がわからず困っています。ぜひ教えてください> <よろしくお願いします。