-PR-
締切済み

一般の二項定理について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.17842
  • 閲覧数628
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 50% (2/4)

(1+x)^mの2項展開がmが実数(複素数)の時にも成り立つことをわかりやすく教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 57% (1014/1775)

回答がないようなので。
f(x)=(1+x)^a
|x|<1としても一般性を失いません。(|x|>1なら、y=1/xとおいてf(x) = (x^a)((1+y)^a )とできます)
f(x)をマクローリン展開して
f(x) = 1 + (f[1]/1!) x^1 + (f[2]/2!) x^2 + .....
ここに
f[n] = a(a-1)(a-2).....(a-n+1)
f[n]はf(x)をn回微分して、x=0を代入した物です。マクローリン展開(或いはテイラー展開)は公式集や参考書等をご参照下さい。
特にaが自然数なら、n>aのときにf[n]=0となり、有限個(a+1個)の項だけに展開される訳ですが...
これで良いでしょうか。

でもこれって「2項展開」と言うんでしょうかねえ?


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ