• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国際法の違反 沖縄戦

戦争を体験した方にお話を聞いたところ 沖縄戦において、アメリカ軍が国際法を無視し、病院を攻撃したり、ガス弾を使ったりしたそうです。 そのことについてですが、少し調べて、国際法というのは規範的強制力をもたないというのはわかりました。しかしこのようにアメリカ軍が国際法を無視したあと、になにか罰をうけるとかいったことは一切ないのでしょうか? また日本軍もアメリカ侵略の時に国際法を違反したと聞いています。そのときも特になにも罪にならなかったのでしょうか? こんな国際法で意味があったのでしょうか? 今はまた新しく改正されたと聞いていますが、もし今同じように国際法を無視したようなことがおきたとき、その罪(?)はつぐなわされるようなことはあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数384
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • maeken
  • ベストアンサー率21% (32/152)

まず、質問の疑問点から回答しましょう。 <日本軍もアメリカ侵略の時に国際法を違反したと聞いています。 アメリカ侵略というのはパールハーバーのことでしょうか?・・・まあ、実際に大陸に侵攻しているわけではないのでそのように解釈します。パールハーバーは宣戦布告が遅れてはいるがれっきとした軍事行動なので国際法違反ではありません。もし、周辺の民間人に対し無差別爆撃を行ったというならば別ですが少なくても現在存在している歴史資料にはそのような事実はないので別に国際法には違反していないものと思われます。 <沖縄戦において、アメリカ軍が国際法を無視し、病院を攻撃したり、ガス弾を使ったりしたそうです。 沖縄戦以前に東京大空襲や原爆投下がある時点で国際法に違反していることは事実です。 しかも、もっとたちの悪いことにアメリカ人は日本人を根絶しなければいけないと当時の内部資料に書かれていたことからある意味ナチスドイツのユダヤ人大虐殺と似た類のホロコーストをやっていたという事実が見えてくるでしょう。 <アメリカ軍が国際法を無視したあと、になにか罰をうけるとかいったことは一切ないのでしょうか? 本来ならそうすべきですが、連合軍の中国とアメリカの強い圧力がありそのような処分は出来なかったと思われます。なにより違反件数がこの二カ国がダントツで多かったですから。 ただ、もしこの時きちんとした処分が行われていれば現在のような勝てば官軍のような状態にならずにすんだとも言われています。 そして、国際法が無力だといえばかならずしもそうではない例がアメリカ自身で出しています。イラク戦争の「戦闘終結宣言」という言葉のすり替えがこの事実を物語っています。(もちろん意味は分かりますよね?)もし、アメリカがこれ以上勝手なことを行った場合は当然周りの国が黙っていないだろうし皮肉にもアメリカがもっとも進めているグローバルゼーションのおかげでアメリカの無法行為が世界中に監視される状況を作ってしまい国際法を守らざるを得ない状況をつくってしまったのもアメリカであるというのも一つの事実です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 沖縄戦についての意見を下さい。

    修学旅行で沖縄に行くことになったので、事前学習として沖縄戦について調べています。 皆様の意見を聞かせていたたきたいので、質問させていただきました。 [聞かせていただきたいのは] ・沖縄戦についてどう思うか。 ・戦争の無い世の中は実現できるか? です。あなたのご意見をどのような形でもいいので、お願いします。 今回、月桃の花という映画を見て。 ・沖縄戦の歴史→沖縄が日本帝国主義に吸収・一体化される過程。 しかし、差別と偏見が、最も露骨に表れた局面。 のように、沖縄の人と日本軍とのやりとりを主題としています。 自分が思ったのは、日本軍は何のために戦ったのかということです。 国・国民のために戦ったのであれば、ガマから追い出された現地の人は国民と考えられていなかったのではないか。 現地の人を軍が、保護することが出来たのではないか。 現地の人は、本土の人に対し、同等に扱われない不満があったのだろう。 のように、沖縄戦は、本土の人と現地の人の思いが高く表れたところだと思います。 戦争の無い世界が実現できるか?は、無理だと思います。 そもそも、国というまとまりがあり、それぞれの国で何もかもが異なる世界で意見を揃えることは不可能だと思います。 正義のための戦争などというのは馬鹿げていると思いますが、自分を正当化する物が戦争だと思います。 不出来な文章ですが、回答よろしくお願いします。 可能なら年代も教えて下さい。

  • 沖縄戦の自決人数について。

    太平洋戦争での沖縄戦に於いてですが、日本軍の強制により自決したおおよその 人数を知っている方はおられるでしょうか。また、おおよその人数を記録した文書は 残っているのでしょうか。

  • 沖縄戦はそれほど特別だったのか?>太平洋戦争

    この度、太平洋戦争について質問をさせて頂いております。 最近太平洋戦争に関する本を読み進めています。 私の「沖縄戦」の認識はとても悲惨で苦痛に満ち溢れているものです。 民間人の方が多く軍人として?徴用され、そうでなかった民間人が軍人と同じく大量に虐殺されました。 映像で見ても、画像で見ても、現地の生き残った方からの証言を(TVなどで)聞いてもそれは本当に恐ろしばかりです。 見る度聞く度心が痛みます。 ですが、それは日本の占領下にあったどの地域(アジア諸国含め)でも行われていたことではないのか?と思うようになりました。 確かに本州での陸上戦はなかったですが、アジアの国々にいた日本民間人・軍人ともに同じような攻撃を受けていたのではないのでしょうか? 満州では日本軍が民間人を置いて朝鮮に撤収していき、多くの民間人が矢面に立たされ老若男女問わずロシア兵に殺されたと聞いています。 本土以外にいた日本軍は本土(本州のことでしょうか)決戦に備えていたとも聞いています。 マスメディアは特に沖縄戦の悲惨さについてよく報道しています。 私の情報源が乏しいせいもあるのかもしれませんが、沖縄戦に比べ他の戦地での話は殆ど聞きません。 また沖縄県の方たちは今でも当時また現在の日本政府に対し強い怒りをお持ちのようです。 質問 ・沖縄戦は他の戦地よりもはるかに悲惨な状態であったのでしょうか。 ・日本にとって沖縄戦は特別だったのでしょうか?(本州決戦の前哨戦だったことは理解しているつもりです) ・なぜ日本のマスメディアは沖縄戦ばかり報道するのでしょうか。 ・日本全土の大都市はほとんど大きな空襲を経験しています。 その中にあって他都道府県の中で沖縄の方がどうしてそれほど日本政府に強い怒りをお持ちなのでしょうか。 どのような回答でも結構です。 沢山の方のご意見をお聞きしたいと思っておりますので、 質問すべての回答でなくてもご意見をお聞かせください。 どうぞ、よろしくお願いたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

 国際法とは多くの国家が参加する条約と、慣例法があります。その慣例を作るのは慣例を破ることができる強国だけです。国家よりも上位にある組織はありません。主権とはそれ以上に上位にあるものがなく全ての決定を自由に下せる存在と言うことです。主権国家に命令できるのは、もはやその主権国家よりも強い国家だけなのです。  国際法とは、標準的にそれを守っておけば他国から非難されることはないという基準であり、それでもなお国際法を破り強行した場合に、それを止められる国家がなかったとしたら、その行為は新たに国際法として認められたと言うことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

前に回答した方、「勝てば官軍」とありますが私もそう思います。戦争は人と人の殺し合いです。国と国の殺し合いとも言えるでしょう。スポーツとは違います。戦いは「先に殺さなければ自分が殺されるのです」このような状況で「法」など考えられないでしょう。とにかく相手を倒す(戦争に勝つ)のが先です。勝てば官軍ですから賊軍をいろいろ理屈を付けて処分(東京裁判のように)すればそれで良いのです。他の中立国は自分の国に大きな不利等がなければ「われ関せず」で沈黙です。下手に口を出せば内政干渉と言われるのが「おち」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

国の中では、国家が権力を独占し、法に反する行為を行えば、警察が捜査をして、検察が訴追し、裁判所が判決を下して、何らかの刑を受けることになります。 国際社会でも、国家が権力を持っています。ただ、国の中と違って、国際社会では国家は200近くあり、これの上に立って権力を持つ者は存在しません。それでは、国家が違法行為をしても、何も刑罰を受けないのでしょうか? これは、「国家責任」あるいは「国際責任」という国際法学の重要な一分野を構成する問題で、簡単にいうことはできないのですが(興味がおありなら、国際法の概説書などで調べてみてください)、一般に、他国を侵略したり(何を侵略とするかについては議論があります)、ジェノサイドなどの大規模な人権侵害をしたり、ということについては、重大な違法行為として対応すべきだろう、とされています。 具体的には、国際的に非難をするとか、各国が外交関係を絶つとか、禁輸措置を取るとか、場合によっては武力で制裁するといったことです。なお、武力の行使は、国際連合の決議なしに行うことはできないとされています。 また、第2次大戦後には、国家の指導者や違法行為を行った責任者自身を、国際的に処罰する流れができています。ニュルンベルグ裁判・東京裁判(日本の侵略について裁いたものです)がその始まりですが、最近では、ユーゴスラビアでの虐殺などに関しても、国際裁判が行われています。これらはいずれも臨時の裁判所でしたが、最近、国際刑事裁判所という常設の裁判所ができました。 以上は、重大な違法行為の場合ですが、そこまで至らない約束違反の場合にも、たとえば原状回復を求めるなどの措置を取ることができます。 繰り返しになりますが、国際社会では、権力を集中している組織がありませんから、国内以上に違法行為の発見と追及にムラができやすい状況はあります。弱い国家の違法行為は比較的追及されやすいが、強い国家の違法行為には追及の手が及びにくいというようなことです。 しかし、強い国家も、「俺は強いから何をしてもいいんだ」とは決して言いません。「俺はちゃんと国際法にのっとってやってるんだ」と弁明をします(または「そんな事実はない」といいます)。無法地帯だとしたら、こんな弁明をわざわざする必要があるでしょうか? 弁明ができないような行動は、どんな国家でもさすがに行いません。この点で、国際法の機能は確かに認められるのです。 そもそも、国際法というのは何か。 一つには条約というものがあります。これは、国と国が明文で約束を取り交わすものです。二つの国の間で行われるものと、多数の国の間で行われるものがあります。これは、国家の同意がなければ成り立ちません。 もう一つには国際慣習法というものがあります。これは明文にはなっていませんが、それまでの国家の行為などから、「当然これはこうだろう」「いや、そりゃまずいだろう」といったことが積み重ねられて、法として認められるものです。 「国際法」というひとつの法律があるわけではありません。 そのうえで、国際社会は国内社会に比べて法の執行という点では大幅に劣ること、また国家間の力の差から国際法の制定・執行において、どうしても大国に有利になりがちなこと(しかし場合によっては例外も見られること)は、付け加えておきたいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

No.2の者です。 No.2でイラク戦争が国際法違反であるという資料を提示し忘れていたのでここに。 http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/bunken/bunken16.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

No.1さんの言うとおり「勝てば官軍」なのです。 国際法は先の大戦での罪と罰だけでなく、それ以降の未来への罪と罰も変質させているのです。 原爆投下やイラク戦争も国際法違反だという主張があります。 http://www.nipponkaigi.org/gennbaku.htm パール判事の意見を読むと、質問者の言うとおり、国際法は機能していなかった、今も機能していないことがわかります。 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog039.html 国際法は先の大戦での勝者が占拠している国連でできたものですよ。 勝者であり、その中でも地域主義からくる「世界の警察官」というアメリカが罰せられることはないのです。 日本の真珠湾攻撃が違反であったとしても、この法では裁けません。 これからの日本は国連での発言力を増加させ、悪質な国連の体制の変化=国際法を良好なものに変化させる必要があると考えます。 しかし勝者たる国々は拒否権で、日本の発言権増加を認めません。 日本が常任理事国に入ることを反対というものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

勝てば官軍ですから。 非難を受けることはあっても強制的に罪を償わせることは無理でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 国際法と戦争

    国際法で戦争のやり方というか作法というかを決まっているらしいですが、具体的にどう決まっているのでしょうか。 なんか条文とか条約があるのかどうかも分からないです。 たとえば、戦争で何をしたら国際法違反で、どんな条文に違反して、どんな裁きを受けるのでしょうか。 宣戦布告をしないで先制攻撃をするのが国際法違反らしいですが、どんな条文に違反していて、どこの裁判所(というのでしょうか)、どういう裁きを受けるものなのでしょうか。

  • 祖父が沖縄戦に向う途中の輸送船?でアメリカから攻撃を受け、戦死したとの

    祖父が沖縄戦に向う途中の輸送船?でアメリカから攻撃を受け、戦死したとの情報があるのですが、本当なのかどうかを調べたいと思っています。 太平洋戦争時のこうした真実を調べたいとき、どのように探ればいいのでしょう?情報を提供していただける機関や施設があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 憲法9条の「国際紛争」の意味

    憲法9条の「国際紛争」の意味 この「国際紛争」は国際法上の定義である「侵略戦争」の意味だといわれることがあります。が、国際法上の定義ってどういうことなんでしょうか?どの国際法のことなんでしょうか?それとも国際法学的用語で当然の定義なんでしょうか?それは国際的に統一的見解なんでしょうか? 何かご存知のかた、よろしくおねがいします。

  • 国際法は人治?

    法治国家とは?何人も法の下に平等で法を犯して場合は、法の番人である裁判官が方に則って判決を下します。 しかし、国際法は違うようです。アメリカのブッシュ前大統領は大量破壊兵器がないのにもかかわらず、イラクを攻撃し、罪のないイラク人たちを大量に虐殺しました。 しかし、アメリカにかなう国がないのでブッシュは裁かれずにフセインが死刑になりました。 第二次大戦も連合国の戦争犯罪である原爆投下、本土無差別空爆、シベリア抑留、ドレスデン空爆、ベルリン占領かにおけるレイプetc. 戦勝国はやりたい放題、敗戦国は戦争犯罪を問われる! 国際社会においてルールは必要だと思いますが、強いものが好き勝手で来るならば、それは「人治主義」になるので、強い国や権力者の主観で決まってしまいます。 とても矛盾していると思いますが、どうか詳しい方教えてください。

  • 戦前、旧日本軍は、ただの一人もレイプしていない?

    侵略の定義は、1974年に国際法で決まったので、1974年以前の日本の戦争は侵略戦争には当たらないそうです。とすると、どういう行為がレイプであると国際法上定められる以前は、誰一人レイプはしていないことになります。当時は現在言うところのレイプ、をするのが当たり前であり、それはレイプではなく、ただのセックス、女はやられて当たり前の世の中。国際法上、レイプは、いつからレイプになったのでしょうか?

  • 沖縄戦 / 沖縄本島北部は非戦闘地域だった?

    大東亜戦争末期、米軍が沖縄に侵攻する前に何らかの方法で「沖縄本島の北部は攻撃しないので、非戦闘員はそこへ避難されたい」ということを日本に伝え、沖縄県庁から県民に対して「本島南部の住民は北部へ疎開せよ」という指示が出たと言う話を聞いたことがあります。 ただ、 * 当時も現在も沖縄本島の北部は「何もない」場所であり、疎開しても生活する手段がない * 沖縄県が交通手段や食料を用意するなどの具体的な疎開促進策を取ることもなかった ので実際に疎開する者は少なく、那覇を中心とする地域に米軍の上陸を迎えることとなり、史実のように多数の民間人が犠牲となり、かつ全ての財産を失うと言う悲惨な結果となったようです。 質問ですが 1)「米軍が沖縄本島の北部を非戦闘地域と宣言し、沖縄県庁から『北部へ疎開せよ』という指示が住民に為されたという事実はあるのか否か。 2) (1)で「米軍が沖縄本島の北部を非戦闘地域と宣言した」事実があった場合、沖縄戦が終結するまで、沖縄本島北部への空襲、艦砲射撃、地上部隊の侵攻などが行われなかったのか否か。 要するに「米軍は約束を守ったのか」ということです。 (3) 沖縄戦について、軍事の専門家が詳細に書いた本と言うのを知らないのですが、ご存じでしたらご紹介下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 「戦争」と「侵略戦争」の違いについて

    「戦争」と「侵略戦争」は違うものなのですか? よく「日中戦争は侵略戦争であったかどうか」などのことをテレビで議論していますが、よくわかりません。 国際法に則り、宣戦布告すれば侵略ではないのか、それとも戦争自体が侵略戦争なのか・・・。 よろしくお願いします。

  • 特に沖縄の方へアメリカについて

    私は沖縄文化や風習、食べ物が好きで沖縄に何度か行き、まだほんの少しですが 歴史など勉強する事ができました。先ほどテレビでテロの影響で観光客が激少したと聞き 前々から思ってたのですが 昔 多くの沖縄の人がアメリカ人に殺され最近では色々な犯罪の被害にあいながらも経済効果、食べて行く為、アメリカ軍は必要だと言う一部の沖縄の人の意見を耳にし又基地反対問題も関心が薄れつつあると聞き なぜ沖縄の人はもっと団結してアメリカ軍を撤退させないのだろうと思ってました。  今までアメリカはベトナムや朝鮮や色々な国で応援だ援助だといつわり戦争をしてその国の人を殺してきました。 一度も自分の国で戦争した時がないしアメリカの国民は誰からもどの国からも攻撃を受け殺されていないじゃないですか? アメリカ軍がいるおかげで観光客がこなくなったとは皮肉な事だと思います。日本にも自衛隊がいるしわざわざアメリカ軍までタダメシ食わせておいておかなくても又歴史上出て行かねばならぬと私は思いますが沖縄の人、又みなさんは どうおもいますか。

  • 憲法9条の解釈

    学説の多数説および政府解釈は、国際法上の用例にならって、 「国際紛争を解決する手段としての戦争」とは侵略戦争を意味し、したがって 1項で放棄された戦争は侵略戦争のみであると解している。 -------------------------------------------------------------------- ある雑誌で上記のような記事がありました。 ここでいう侵略戦争は、具体的にどういうことを言ってるんですか? できれば、具体例を挙げて説明してください。

  • 開戦について教えてください。

    どうやって戦争が始まるか。 また、戦争のルール(国際法?) も教えて下さい。 (軍の施設のみの攻撃可 と聞いたことがあります。