• 締切済み
  • すぐに回答を!

有名人の似顔絵や風刺画を描いている方へ

有名人の似顔絵や風刺画を仕事として描いている方へ質問します。 私も雑誌の挿絵などで、有名人(プロレスラー)の似顔絵を描かせて頂くことがあるのですが、いつも肖像パブリシティ権の侵害ではないかとビクビクしています。 どこまでが、肖像パブリシティ権の侵害と認められると思いますか? 雑誌の表紙は、その有名人から許可を得なければならないと思いますが、挿絵ではどうでしょう? 風刺画は、表現の自由という観点から肖像権の侵害にはあたらないのでしょうか?または、新聞、雑誌というメディアだから許されているのでしょうか? 自分のHPに有名人の写真を載せていると完全に肖像パブリシティ権の侵害になるそうですが、似顔絵はどうなのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1366
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1

自分も絵を描いており、C・ワーグマン、暁斎等に 影響を受けております。 しかし、ネット上でコミュニティ運営している為、 今、風刺画は封印しております。 法曹関係の方に聞いたところ、 新聞・雑誌などのメディアに載せることは、 報道扱いされていましたが、 ネット上では、報道と主張する事は難しいので 「肖像権の侵害」となりうるとの事。 ただ、似顔絵が有名人を特定できるかというと、 難しいですよね。 個人サイトであってもハリウッドの映画配給会社が、 一斉摘発した事例がありますので。 風刺画で特に気を付ける問題は、 「名誉毀損・プライバシーの侵害」ですね。 「パブリシティ権」とは、 他人の宣伝効果を利用して、お金儲けをしてはいけないという事。 似顔絵も、商業誌掲載するのであれば、 正規の手続きを踏む必要がありますよね。 つい最近のニュースに、 正規の手続きを踏んだと思っていても、 権利関係代行業の担当者が、 権利者の許可する範囲を超えて使用した為訴えられた。 というケースがありましたね。 結論として、ネット上では法整備待ち、 絵を描く側はビジネス相手を信用するしか、 手がないのが現状です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 似顔絵と肖像権

    似顔絵と肖像権について質問します。 趣味でプロレスラーの似顔絵を描いていて、(投稿したイラストの著作権について何も書かれていない)プロレス雑誌などに投稿し、HPにそのイラストをアップしています。 そのホームページを見ていた雑誌の編集者さんから、実在するプロレスラーの挿絵の仕事を頼まれて、引き受けていたりしています。 プロレスラーという有名人の力を借りて、その似顔絵を描いていることに、問題があるように感じたりします。 このような行為は「肖像権を侵害している」のでしょうか? また、どこまでいったら肖像権の侵害にあたるのでしょうか? 例)有名人の似顔絵をTシャツにして売る。(ダメな気がしますが、ネットで売られているのをよく見ます。その人から、何らか許可を得ているのでしょうか。) 似顔絵と肖像権の関係を詳しく解説しているサイトや本がありましたら、あわせて教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 米メディア、イスラム教に関する風刺画の扱い割れる

    イスラム教に関する風刺画をめぐっては、報道の自由を重んじるアメリカメディアでも扱いが割れています。  ワシントンポスト紙がシャルリエブドの最新号の表紙を「宗教冒涜には当たらない」として掲載に踏み切った一方、ニューヨークタイムズや主要ネットワークの多くは掲載や放映自粛を続けています。  アメリカの有力紙・ワシントンポストは、13日の紙面で、イスラム教の預言者ムハンマドを描いたシャルリエブドの最新号を文化面の一面に掲載しました。これについて編集主幹のマーティン・バロン氏は、ワシントンポストは特定の宗教を冒涜する画像は掲載しないとした上で、今回の風刺画はこれにあたらないと判断したと説明しています。  また、ウォールストリートジャーナルは「シャルリエブドは挑発的な路線を維持した」という見出しをつけ、報道面の中面に同じ表紙を掲載。これに対し、ニューヨークタイムズやCNN、AP通信などは、今回の表紙を含め預言者ムハンマドの風刺画を掲載・放送・配信しない判断をしています。  判断の根拠はまちまちですが、イスラム教の根幹を冒涜する意図をもって描かれた画像を排除するという方針を示したり、ジャーナリストをテロ攻撃から守るためといった理由が挙げられています。  このようにメディアによって判断が割れている中、国務省の副報道官は次のように述べました。  「出版する側には様々な判断があると思うが、我々は彼らの出版の自由を完全に支持する。特にイスラム教徒がこうした風刺画に対して強い個人的な感情を持つ事は理解できるが、暴力や憎悪は正当化できないし、表現の自由を阻害することもあってはならない」(米国務省・ハーフ副報道官)  2006年にデンマークの新聞がムハンマドの風刺画を掲載した際には、当時の国務省の報道官は、「特定の宗教を冒涜する可能性がある作品の出版は慎重に判断されるべき」との立場を示していました。  アメリカでは表現や報道の自由は民主主義を支える根幹であるとの認識が広く共有されていますが、今回はシャルリエブドの最新号の表紙以外のムハンマドの風刺画を掲載する動きはありません。  あるアメリカメディアの担当者は、アメリカではイスラム国やアルカイダなどイスラム過激派との終わりの見えない戦いが続いているだけに、「イスラム教を冒涜しているか」、すなわち「イスラム教徒を刺激し、イスラム社会全体を敵に回す危険性があるか」という点がメディアの判断の分岐点になっていると説明しています ============================ この件 どう思いますか? 表現の自由。 冒涜する行為であっても許されるなら、そりゃ報復されて当然だろうと思うのです。 私は分別なき自由は大嫌いです。 風刺で挑発行為を繰り返せば、当然の報いであると考えるイスラム教徒も多いのではないでしょうか。 言葉の暴力が軽んじられている気がします。

  • 有名人似顔絵の肖像権について

    一般の方のお顔を色紙に描く商売をしている者です。(似顔絵) 自分のブログやサイトを作る事に決めたのですが肖像権の知識が少なく、サイト作りが進まず困っています。(涙) なかなか一般の方にお願いして顔写真と似顔絵を紹介するというが難しいので、有名人にしようかと思っています。 (似顔絵は良いけど写真は駄目という方が多くて・・・お気持ちわかります・・・) 見本として、許可無く有名人の顔を描いて表示するのは肖像権に反するのでしょうか? つまり営業活動に有名の似顔絵を描いてブログやサイトにのせるという感じになります。 沢山の似顔絵サイトで名前を出して有名人を描いて営業活動されてる方がいるので大丈夫なのかな?と思ったんですが、不安です。 【ブログ村似顔絵】 http://illustration.blogmura.com/nigaoe/ 知識がある方・・・どうかお助け下さい。

  • 有名人の肖像権

    誰でも無料で入場できて、撮影禁止・SNS投稿禁止でないイベントで、会場内のステージに有名人(例えばアイドルなど)が出てくることがあります。 このようなイベントで、個人がその有名人を撮影した写真や動画が(おそらく無断で)たくさんSNSやブログに投稿されています。 ————— この行動について、ふと思いました、肖像権侵害にはならないのかと。 写真や動画に、 イベントの観客が小さくたくさん映り込んでいるのは観客に対する肖像権侵害にならないと思われますが、 ステージ上の有名人に対しては肖像権侵害になるのでしょうか? 又、ステージ上にいる司会者が映っている場合はその人に対する肖像権侵害でしょうか?

  • 私は某SNSサイトで日記を書いておりますが、その際に自分で描いたイラス

    私は某SNSサイトで日記を書いておりますが、その際に自分で描いたイラストをアップロードもしております。ある日、とあるプロ野球関係者の方の似顔絵をアップロードしましたが、その方の肖像権などの侵害にあたるのかが心配で仕方がありません。このように、著名人の方々の似顔絵をSNSサイトにアップロードするのは違法であり、肖像権やパブリシティ権などの侵害にもあたるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、お答えいただければ幸いですので、よろしくお願い致します。 補足:他人の著作物(絵画、イラスト、写真など)は一切アップロードしておりません。

  • どこまで肖像権、著作権違反?(似顔絵)

    似顔絵のWebサイトを作ろうかどうしようかで迷っています。 いっしょに考えてくれませんか? ケース1 (1)有名人の画像をネットからダウンロードし、 (2)そのまま個人のWebサイトに掲載する。 →もちろん違反ですね。似顔絵じゃないし。 ケース2 (1)有名人の画像をネットからダウンロードし、 (2)いくらか加工して個人のWebサイトに掲載する。 →これも違反ですよね。 ケース3 (1)有名人の画像をネットからダウンロードし、 (2)レイヤ処理でその画像の上から似顔絵を描き、 その描いた似顔絵だけをWebサイトに掲載する。 →きわどい?でもダウンロードした時点で違反かも。ならば・・・ ケース4 (1)有名人の画像をオフラインで横目に見ながら、 (2)別の作業で似顔絵を描き、Webサイトに掲載する。 →もはや単なる似顔絵? どこからどこまでが著作権や肖像権に抵触すると思いますか? それともそもそも似顔絵の公開自体が肖像権の違反?

  • 有名人の写真をブログに投稿すると肖像権侵害?

    ブログ初心者ですが、肖像権についてよくわかりません。 海外旅行先で有名人と並んで一緒に写った写真が撮れたので ブログに投稿したいと思いますが、これはその有名人の肖像権の侵害になりますか? よろしくお願いします。

  • 肖像権?

    あるガソリンスタンドにてタレントや話題になった有名人を似顔絵(かなり特徴を捉えていてその人物だと分かります)にして店舗の宣伝、呼び込みをしていますが、幾ら似顔絵でもその人だ と判る似顔絵は肖像権の侵害にはあたらないのでしょうか?

  • マスコミによる、犯人探しの似顔絵公開

    捜査において、疑わしき人物の写真(例えば防犯ビデオで撮られたもの)を公開するについては、非常に慎重ですね。 「グリコ・森永事件」での「キツネ目の男」の写真を公開したのが、非常に珍しい例だと記憶しています。 今回の「ドン・キホーテ放火事件」では、マスコミが目撃者の少女の証言から、「不審な男性」の似顔絵を作成し、テレビで放映していました。 この場合、 (1)似顔絵の公開は、もしそれが本人と酷似していた場合でも、プライバシーの侵害や、肖像権の侵害にはならないのでしょうか。 (他の質問を検索すると、芸能人の場合の似顔絵は、肖像権の侵害には当らないようですが・・・) (2)法的に問題ない場合でも、番組審査会といった機関での審査対象になる可能性は、あるのでしょうか。 (3)製作内部では、正当と判断される手法なのでしょうか。(議論にならないように、この質問についてのみ、報道・マスコミ関係者限定のご回答でお願いします)

  • 似顔絵と写真ではどちらが名誉毀損になりやすいのでしょうか?

    こんにちは。 いつも気になるのですが TV番組などで トークに出てきているタレントさんなどの 顔を表示するときに大体似顔絵になってしまいましたよね。 いわゆる肖像権の問題だと思うのですが 似顔絵だとほとんどのことはOKなのでしょうか? いわゆる名誉毀損となるような 週刊誌などの悪質なプライバシーの侵害でも 顔を公表するよりは、似顔絵の方が罪は軽いのですかね? 絵のタッチで逆に首謀者を特定できそうな気もしますが。