• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

食品としてGABAを摂取しても、血液脳関門を通ると説明してあるページを見つけたのですが・・・実際通るの?通らないの?

抑制性神経伝達物質であるGABA。 従来はこのGABAをチョコレートや発芽玄米で摂取しても血液脳関門を通過できないので脳には届かないと考えられていたそうですが。 最近、血液脳関門を通ることが解明されたと説明してあるサイトを発見しました。 http://www.medical-express.jp/jun/gya.htm そこで疑問が湧いてきたのですが。実際のところ、BBBを通過できると考えるのが今の最先端の常識なのですかね? 通過できないのというのは誤解なのでしょうか? また、脳に届く場合。 GABAを大量に含んだサプリメントが市場には出回っていますが。 このGABAをあまりに大量に摂取した場合に出る弊害を、向学のために知っておきたいのですが。 GABAはグルタミン酸の働きにブレーキをかけると、巷で小耳に挟んだこともあるのですが。 ならば、食品に含まれているGABAをあまりに大量に摂取しすぎると、脳内の『グルタミン酸によるニューロン同士の結合』などが弱くなったり断たれたりするという現象も『理論的には起こりうる』のでしょうか??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3135
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • TCA
  • ベストアンサー率49% (115/231)

GABAは血液脳関門を透過しません。血液脳関門を構成する細胞上にある輸送蛋白によって血液脳関門をこえて脳から血液に排出されます。 GABAのような神経伝達物質は、シナプス間隙に蓄積すると神経が誤作動してしまうので、シナプス前細胞から分泌された後速やかに処理されるようになっています。

参考URL:
http://www.neurorx.org/cgi/content/full/2/1/63, http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/subs-transm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • GABA(ガンマアミノ酸)を大量に摂取すると、脳内で『ニューロン同士のグルタミン酸による結合』が弱くなったりするの??

    発芽玄米やチョコレートなどに多く含まれているという、『抑制性神経伝達物質』のGABA(ガンマ・アミノ酸)。 最近は、GABAが一袋に数百ミリグラムも入っているサプリメントなどが健康食品売り場の店頭などで売られていたりするのを、よく見かけます。   このGABAは『グルタミン酸へのブレーキ』のような役割もこなすと、ちまたで聞いたのですが。 ということは、つまり、このGABAをサプリメントなどで過剰に大量に摂取すると、脳内での『グルタミン酸によるニューロン同士の神経接続』が弱くなったり、接続が切れていったりするものなのでしょうか・・・?? 向学のために、GABAを体内に大量に摂取しすぎるとどうなるのか、知っておきたいのですよね。

  • 抗うつ薬などは血液脳関門でシャットアウトされない?

     グルタミン酸などを経口摂取しても血流で運ばれたグルタミン酸は脳の細胞に届く前に血液脳関門というチェック機構に阻まれ、神経細胞までほとんど届かないということを知りました。 つまり外部から血液に入った多くの物質は血液脳関門でシャットアウトされるためサプリメントを経口摂取しても意味がないということだそうです。 そこで疑問に思ったのですが、抗うつ薬などはほとんど経口摂取ですが、脳の神経伝達に作用すると説明されています。それらの抗うつ薬は血液脳関門でシャットアウトされないものなのでしょうか? 抗うつ薬は神経伝達物質を取り入れるわけではないのでサプリメントとはまた異なるのでしょうか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • チョコレートのGABAと、その効用について

    ちょっとくだらない質問かもしれません。 グリコの製品で「GABA」というチョコがあります。 リラックスに関係する神経伝達物質であるGABAを 100g中280mg含んでいるため、 ストレスをやわらげる、との触れ込みです。 これは本当なのでしょうか? 1.口から摂取した物質が簡単に血液中に入るのか? 2.血液中のGABAが血液脳関門を通り抜けるのか? 3.脳に到達したとして、実際に神経伝達物質として機能するのか? (4.GABAとは直接関係ないですが、    抗不安剤などの薬品はどのような経路で機能を発揮するのでしょうか?) どなたかご存知の方、よろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • TTOS
  • ベストアンサー率40% (209/510)

何の知識も無いので検索してみました。 URLの下記PDF文書には、BBBはGABAを選択的に脳から血液に排出するとかかれています。 研究領域 「脳を守る」 □寺崎 哲也 (東北大学未来科学技術共同研究センター 教授) 「脳関門排出輸送に基づく中枢解毒」   

参考URL:
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/sh_heisei10/html/mokuji.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • garouz
  • ベストアンサー率19% (178/917)

参照ページを拝見しましたが,エビデンスの記載もなく,しかも通信販売のページですので,あまり信用しないようがよいと思います. ヒトのBBBとマウスのBBBを同一レベルで考えるのも,ちょっといただけないと思いますよ.サルなどの高等哺乳類ならば別ですが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ギャバ(ガンマーアミノ酸)のサプリメントを探しています。

    (発芽玄米などでギャバが摂取できることも知っていますが、今回、健康面や他のことなど細かいことは全て抜きにして・・ごめんなさい) ギャバのサプリメントを探しているので、ご存知の方ぜひおしえてください(これだけの回答をお待ちしています)DHCのギャバを飲んでいました。特に父がかなり気に入っていたのですが、販売終了ということで。どこかにないでしょうか。販売しているサイトなどをおしえていただけるととても嬉しいです。

  • 脳内神経伝達物質について

     脳内の神経伝達物質で次のようなことを、ある本を読みましたら出ていました。 * 脳の中でよく使われる伝達物質には「グルタミン酸」というアミノ酸だ。それはナトリウムイオンの電気信号を伝えるの役立つ。  もう一つは「γアミノ酸」といって、通称ギャバという物質。これはCLイオンと関係がある。 量でいえば、この二つ(グルタミン酸とギャバ)で脳のほぼ全てを握っていると思っていい。  という内容です。 そこで、教えていただきたいのは、 私は、脳内神経伝達物質として、セロトニンやドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンやアセチルコリンなどのほうが多いのかと思っていました。  上の説明によると、「グルタミン酸やギャバの二つでほぼ全てを握っている」としていますが、グルタミン酸は、どんな働きをしているのでしょうか。セロトニンなら心の安定、ドーパミンならやる気、ノルアドレナリン、アドレナリンなら集中力の働きをしていますが、多量に使われているグルタミン酸はどんな働きをしているのでしょうか。   

  • 神経症

    自分の今の症状で、体のだるさ、無気力、顔面が重い、他人の視線が痛いなどの症状をみると、神経症だと思うのですが、以下の治療を考えています。 ギャバ摂取(発芽玄米で) 助言をください。

  • 抗鬱剤SSRI/SNRIに対する脳の反作用はありますか?

    カテゴリ違いかも知れませんが、「医学・薬学」というカテゴリがないのでこちらで質問 させていただきます。 抗鬱剤SSRI/SNRIは、神経伝達物質セロトニン、ノルアドレナリンの再取り込み を阻害します。 シナプス前ニューロンのトランスポーターによる再取り込みを阻害する事で、ニューロン 間のセロトニン・ノルアドレナリン濃度を相対的にあげ、シナプス後ニューロンのセロト ニン受容体、ノルアドレナリン受容体が各神経伝達物質を受け取りやすい状況を作り出し ます。 うつ病の方は、このセロトニン・ノルアドレナリンが不足しているため、脳の神経活動が 滞りその活性範囲が小さくなっています。SSRI/SNRIはこれを改善します。 このSSRI/SNRIを摂取した時の、脳の反作用(薬剤の効果を弱める)について質 問です。 いずれについても実証例があるならご紹介願います。 1)SSRI/SNRIを摂取した脳は、セロトニン・ノルアドレナリンの分泌を低下させ、  セロトニン・ノルアドレナリンの濃度をSSRI/SNRI摂取前の状態に維持しよう  とする作用があるそうですが、事実ですか? 2)SSRI/SNRIを摂取した脳は、シナプス後ニューロンにあるセロトニン受容体、  ノルアドレナリン受容体数を減少させ、シナプス後ニューロンのセロトニン、ノルアド  レナリンへの感度を低下させる作用があるそうですが、それは事実ですか? 3)SSRI/SNRIを摂取した脳は、シナプス前ニューロンにある再取り込みトランス  ポーターの数を増殖させ再取り込みを促進させる事で、セロトニン・ノルアドレナリン  の濃度をSSRI/SNRI摂取前の状態に維持しようとする作用がそうですが、事実  ですか? ※「『うつ』を改善する最良の方法」(生田哲/著 PHP新書)には記述されています  ので、それ以外の実証例をお願いします。

  • GABAの摂取量

    GABAの1日摂取量の上限はありますか?GABAの過剰摂取による副作用などがあれば教えていただきたいです。

  • ギャバを摂取して脳内ギャバは増加するのですか?

    脳には他の臓器とは違って「関所」があって脳内に存在するギャバと同じ分子構造物でも異物として侵入させない仕組みがある、と思っていました。植物由来のギャバは脳に栄養素として取り込まれるのでしょうか?

  • ギャバ摂取の限度値を知りたいです。

    サプリメントでギャバ(500mg)を一日三回、計1500mg飲みたいのですが、飲み過ぎによるデメリットが気になります。 調べていると、ギャバはどれだけ飲んでも大丈夫、症例は報告されていないと書かれているものが多いのですが、さすがに1500mgは多いと思います。 そこで、ギャバに詳しい方。実際に1500mgの量で常用している方の意見が聞きたいです。よろしくお願いします。

  • 血液脳関門

    ある物質が血液脳関門を通過できるか否かを知りたいのですが、どういう風に調べたらいいいのでしょうか? 例えば、ビタミンCはどうかとか、アミノ酸やペプチドはどうかとかです。 よろしくお願いします。

  • 精力をつけたいが、食品から摂取したい

    精力で検索すると精力増強剤とかマカなどの錠剤がヒットするのですが、何か食品で精力をアップさせることはできないでしょうか?この食べ物が精力増強に向いているというような事を教えていただけたら嬉しいです。

  • 食品群別摂取量(ミートソース)

    「食品群別摂取量」を調べなければいけないのですが、イマイチ良く分かりません。 計算の例では、ご飯…(米100g=ご飯220g)         ごはん÷2.2→米の分量 と、書いてあり、記入例には、 材料の欄に「ご飯」 一人当たりの質量の欄に「220」 穀物の欄に「100」と書いてあります。 私の場合は、ミートソースの分量計算をしなければいけません。どうやって計算すると、このような結果がでるのでしょうか?または、ミートソースの食品群別摂取量の載っているHPをご存じの方、教えて下さい。 よろしくお願いします。