• ベストアンサー
  • 困ってます

アルコールパッチテストの原理について

アルコールパッチテストの原理を調べています。 アルコールパッチテストはALDH2が1型のホモなのか、ヘテロなのか、2型なのかの目安になるということはわかりました。 しかし、なぜ皮膚が赤くなるのかが分かりません。 インターネットで調べてみると皮膚から入ったアルコールがカタラーゼによって酸化されてアセトアルデヒドになりそれの代謝の速さを見ると書いてありました。 しかし、ここで疑問があります。 1.カタラーゼにはアルコールを酸化する能力があるのでしょうか? 私の記憶の中ではカタラーゼは過酸化水素が水と酸素になる反応を触媒するので、 酸化酵素ではないのではと思いました。 また、皮膚にはADH存在しないのでしょうか? 2.ALDHという酵素は肝臓にあるのですよね? それなのになぜ皮膚において反応が出るのでしょうか? よろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3070
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ADHは全身ほとんどの組織で発現しています。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/projects/geo/gds/gdsGraph.cgi?&dataset=_a4F.._65593X_23d7544b957ZPRUVelgiiToztqkfhm27-c9.ZgeQ.38acqpqn_9F.QVA4.NS.3L13.6&labels=44327m10034m7155p7156p1p2308p3508m3390m116p7726m10034p13041m14984p14985m14984p14985m13044p4194m6134p11979p2m7733p1887m6138p11983m2m5838m1m1889p1887m4p5839m7606m9582p12976m1m12972m2p1p7156m1941p4367p10617m12009m1033p2308m4249p6139m3164p12013m10738p10737m1m10619p1773p1m1890p1883p1621m7754m5215p17186m1m17190p8192p1392p3394p7226m7223m4792p4786m2p4221m9004p1p12012m7221m2m1m1624p5838&group=34293p10034:27138p7156:34295p2308:36721p3390:36605p7726:34297p13041:32354p14985:32355p14985:34296p4194:32356p11979:36604p7733:32353p6138:44334p2:38495p1:36606p1887:38489p5839:27140p9582:40115p1:27143m2:27142p7156:32357:36724p10617:35332:34299:32358p4249:35333p3164:36608p10738:47344p1:36725p1773:36609p1890:38492p1621:32359m5215:44329p1:27139p8192:36723p3394:40120p7223:35328:40114:40112:44333:35329:35330:47342:40121:40118p1:38494p5838&grouplabel=tissue&group=27138p7157p2310m2308m1943p1p1941m1940m5217p9467p116m9580p1p9580m4366p4367m117p118m4366p6130p2p1p2p2p1p2p1612p5p3p2p4206p10p3006p3m4m3012p3015m3009:34293p1p2309p118m117m4251p2978m8191p7158m7157p8191m1033m1941p2975p1275m1280p1281m1279m1m8185p11346p3p2p3p1614p1p2p2p1p2p4208p3p1p3p3003p1p1p1m3012p3015m3011p1:40114&grouplabel=gender&gmax=11.2521&gmin=0&title=GDS868+/+GATCCAAGATGCTGGGCTTG%20/%20Adhfe1:alcohol%20dehydrogenase,%20iron%20containing,%201 ALDHも同じようなものだと思います。 カタラーゼ.....は間違いだと思います。 血中アルコールの代謝は肝臓が中心で行いますが、他の組織、細胞も代謝能力は多かれ少なかれ持っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

カタラーゼは間違いですか。 ネットで見ていたら、パッチテストを普及させようとしていたのか、 とある独立法人のホームページに書いてあったのでそうなのかと信じてしまいました。 情報の真偽は自分で見極められるようにならないといけませんね。 参考URLもとてもためになりました。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • suiran2
  • ベストアンサー率55% (1516/2748)

下記URLが参考になりませんでしょうか。ALDH2が肝臓で欠損するヒトは,毛根でも欠損するようですね。前後の頁も参考になるのではと思いますが…

参考URL:
http://www.seikei.ac.jp/gakuen/hokekan/alcohl08.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考URLは大変参考になりました。 毛根に活性がないということはそのまま肝臓でも活性がないということになるのですね。 また、いろいろな組織に存在するってことが改めて確認できました。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • simakawa
  • ベストアンサー率20% (2834/13884)

ライフケア技研で販売しておりますので,ここに問い合わせれば教えてくれます.

参考URL:
http://lifecare-giken.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 キットを販売している会社があることは知っていたのですが・・・ 私は特にキットを買ってやったわけではないので、 キットを販売している会社に問い合わせをするのは気が引けてしまいます。 せっかくご回答いただいたのに申し訳ありません。

関連するQ&A

  • アルコール分解酵素について質問

    先日アルコールパッチテストをして気になったことがあったので質問させてもらいます。 アルコールパッチテストで、私は赤くなりませんでした。 母は後から赤くなるタイプで父も後から赤くなるタイプです。 そこで気になったのですがアルコール分解酵素とは、誰にいでんするのでしょうか?もしくは母5:父5で私がアルコール分解酵素1を持っていると考えるべきでしょうか?

  • アルデヒド脱水素酵素 命名法について

    生化学に関する以下の質問です。返信よろしくお願いします。 お酒を飲むと、お酒の主成分であるエタノールがADH(アルコール脱水素酵素)によりアセトアルデヒドとなり、さらにアセトアルデヒドはALDH(アルデヒド脱水素酵素)により酢酸へと分解されるという事は理解できたのですが、ここで、疑問が生じました。 アセトアルデヒドはCH3CHOという構造で酢酸はCH3COOHという構造であり、アセトアルデヒドから酢酸に変換する際に水素は脱離していないと思うのですが、なぜこの反応に関わる酵素がアルデヒド脱水素酵素なのでしょうか?むしろ、この反応ではO(酸素)が一つ増えているので、アルデヒド酸化酵素という名前になると思うですが、どうでしょうか? つまらない質問ですが、お答えいただけたら幸いです。

  • ハンチ反応について

    グルコース酸化酵素法のカタラーゼ共役反応のところでハンチ反応がでてくるんですが、ハンチ反応の原理を教えてください!!!!

  • アルコール分解酵素について

    大学主催のイベントで、アルコール分解酵素についての実験に参加したのですが、 不明な点を残したまま終わらせてしまったので、どうか答えてくださる方がいましたらよろしくお願いします。 最初に絆創膏にアルコールを染み込ませて肌に貼り、どの程度赤くなるかを見ました。所謂パッチテストです。 4人とも赤さはさまざまでした。 そこで、髪の毛からDNAを採取し、PCR法とか円新聞地とかいう過程を経て…電気泳動でバンドを確認し… 被験者が野生型(アルコールを分解する酵素を多く持つ)であるかヘテロ型であるかホモ型であるか、 を調べましたところ、4人ともヘテロ型(酵素が多くも少なくも無い?)でした。 パッチテストでは赤さがマチマチであったのに、 遺伝子からみると全員がヘテロ型。 この赤くなる程度の差はどこから生じるのでしょうか? 食習慣とか、普段の生活が原因なのでしょうか。 また、地方によっても異なると聞いたことがあります。 確か、九州の方は、お酒に強い人が多いとか…。 日本人は50%が野生型、40%がヘテロ型、10%がホモ型であると 本に書いてありました。 この実験やりました、という方などいましたら、是非よろしくお願いします。

  • アルコールへの強さと麻酔の効きにくさ

    アルコールパッチテストというものがありますよね? 僕は、高校時代に科学の授業で受けましたが、パッチを貼って10分以上経っても無反応でした。 受けた人の中には、体調が悪くなって早退したという人も過去にいたらしいです。 なので、僕はアルコールに強い体質だと思います。 父方も母方も、酒に弱いという人はおらず、男性は酒飲みが多いです。 遺伝は裏切らないようです。 アルコールに強い人は、麻酔にも強い(麻酔が効きにくい)らしいのですが、皮膚麻酔も同様の事が言えるのでしょうか? だとすれば、僕もその内に入るのでしょうか? 未成年なので、アルコールを口にする事はありません。 これからもアルコールを口にしなければ、“麻酔が効き易い”体質は作られるのでしょうか?

  • カタラーゼについて

    過酸化水素水,純水,塩酸などの液を試験管に入れ、それらに酵素(カタラーゼ)液や酸化マンガンを加えてそれぞれの気泡の発生量を調べたり、そこからカタラーゼのはたらきを考えるといぅ実験をこの前学校でやりました。 それで実験の[考察]を考えるのですが…どうしても分からないものがあるので、良ければ教えてもらいたいです。 [考察] (1)酵素のはたらきを失わせずに過酸化水素の分解反応が起こらないようにするには、どのようにしたら良いか。 (2)肝臓には多くの酵素を含んでいる。過酸化水素の分解に働いている酵素がカタラーゼであることは 酵素のもつどのような性質から判断できるか。 (3)純水に酵素液、酸化マンガンを入れるような実験は何と呼ばれているか。 よろしくお願いします。

  • 酵素ペルオキシダーゼとカタラーゼの違いは?

    唾液に含まれるペルオキシダーゼとカタラーゼには過酸化水素を分解する働きがあることはわかりました。 しかしこの二つの酵素は構造以外の点で何が違うのでしょうか? カタラーゼは過酸化水素を分解し、 H2O2+H2O2→2H2O+1/2O2 の反応式だと調べて分かったのですがペルオキシダーゼの反応式がわかりません。分かる方ご教授お願いいたします。

  • アルコールに強いか弱いか

    アルコールに強いか弱いかを調べる方法として、アルコールパッチテストや、PCR法による遺伝子型判断があります。この2つ以外にどのような検査法があるのかを知りたいのですが、なかなか知っている方も書いてる著書もないので大変困っています。。。 なので、上記の2つ以外になにかいい検査方法をしっていたら、それがどのような方法で行われて、どんな風な結果がでたら強かったり弱かったりするのか教えてください。

  • アルコールパッチの使い方

    説明書に書いていることで疑問が出ました。アルコール体質を判定するものです。これを腕の裏にはっておき、そのあとの色の変化を調べるものです。対照実験ではないですが、アルコールがついていないシールを腕に張っておきました。すると、そこも赤くなっています・・。つまり、アルコールパッチの部分の赤は、「アルコール反応なのか、皮膚が弱いためできた赤なのか・・。」判定する方法やなにかアドバイスがあれば教えてください。また皮膚が弱いとこうなるものですか?よろしくお願いします。

  • 過酸化水素の分解反応について教えてもらいたいです!

    先日、学校の授業の一環として過酸化水素の分解反応の実験を行いました。 しかし、反応の説明がとても難しくてよく理解できませんでした。 過酸化水素分解反応をわかりやすく説明していただけんませんか また、過酸化水素の分解を促進する触媒や酵素って何がありますか? 学校の実験では、カタラーゼと二酸化マンガンを使用しました。