• ベストアンサー
  • 困ってます

水のピーク

LCにイオン水や蒸留水をそのまま300マイクロ注入したらある一定の所へピークが出てくるのですが水を注入してピークが出るものなのでしょうか?負のピークではないです。綺麗なシャープなピークです。小さいですが。 ちなみにLCに使用しているキャリアは アセトニトリル45% 緩衝液55%の溶液です。 職場のいろんな装置のイオン水や蒸留水を入れても全部同じところにシャープなピークが出てきます。したがってイオン水装置や蒸留水装置は異常ではないと思います。 何かピークが出る原因がLCにあるのでしょうか? 一つ気がかりなのが注入するオートサンプラーのシリンジを洗浄する液がキャリアとは違ってアセトニトリル100%で洗浄しています。同じキャリア液を使ったほうがいいでしょうか? どなたかアドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数312
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1602/3252)

逆相で目的物質のピークが水と重なるということは,ほとんどカラムに保持されていないということでしょう.水のピークが見えることより,溶離条件がその試料に合っていないということです.ODSへの吸着力に比べて溶離液の溶離力が強すぎるわけですから,ANの混合比を減らすとか,緩衝液のpHを操作する必要があるかもしれません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度重なる御解答ありがとうございました。昼休みに会社のインターネットを通じて拝見して早速PH調整の操作を行ってみました。綺麗に水のピークと分離しました。これで定量が出来ます。本当にありがとうございました。質問してよかったです。涙が出るくらい嬉しいです。感謝感謝です。化学の事や分析の事はまだまだ素人なのでまた何かありましたらご指導の程宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 分光光度計での対照について

    分光光度計を用いてNADHの吸高度を測定したのですが、蒸留水でAUTOZEROした後、対照として蒸留水ではなく、Tris-HCl緩衝液pH8.0を使用しました。サンプルには臓器より得たLDHと蒸留水、NADH溶液、ピルビン酸ナトリウム溶液が入っています。サンプルにも蒸留水が入っているのになぜ、対照には緩衝液を用いたのでしょうか。蒸留水でも測定は可能なのでしょうか。教えてください!!!

  • 液クロの分離について

    高速液体クロマトグラフィーを使って ビタミンB郡とナイアシン補酵素を分析します。 カラムは島津のCLC-ODSを用いて ビタミンB郡用のキャリアは  100mMリン酸緩衝液(pH2.1)  1.5mMオクタンスルホン酸ナトリウム  とアセトニトリルを9:1で混合。 補酵素(NADなど)のキャリアは  10mMリン酸緩衝液(pH2.6) ベースラインが安定しなかったり、 蒸留水だけのブランクに波が出たりするのですけど、 これはカラムなどが原因なのでしょうか? 測定したことのある方がいらっしゃいましたら、 助言をしてもらえると助かります。

  • 緩衝溶液(トリスアミノメタン緩衝液)を用いたpHの実験で困っています。

    化学の初心者です。 皆さんのお力をお貸しいただきたく思い、質問させていただきます。 先日、化学実験を行ったのですが、どうしてもわからないことがありました。 実験の内容は以下の通りです。 ≪0.1mol pH8.3トリスアミノメタン緩衝液によるpH実験≫ (1)0.1mol pH8.3トリスアミノメタン緩衝液30mlに蒸留水を10ml加える。 (2)蒸留水30mlに0.1mol pH8.3トリスアミノメタン緩衝液を10ml加える。 (3)0.1mol pH8.3トリスアミノメタン緩衝液30mlにNHClを10ml加える。 (4)NHCl 30mlに0.1mol pH8.3トリスアミノメタン緩衝液を10ml加える。 その結果 (1)トリスアミノメタン緩衝液(pH8.3)+蒸留水(pH6.62)=混合液pH8.3 (2)蒸留水(pH6.62)+トリスアミノメタン緩衝液(pH8.3)=混合液pH8.29 (3)トリスアミノメタン緩衝液(pH8.3)+NHCl(1.22)=混合液pH7.70 (4)NHCl(1.22)+トリスアミノメタン緩衝液(pH8.3)=混合液pH1.38 です。どうして緩衝溶液にもかかわらず、pHが変化したのでしょうか? 加える順番や溶液の量が関係するのでしょうか? 詳しい解説をお願いします。 失礼します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1602/3252)

どんなカラムを使って,検出を何でやっているの知りませんが,水のピークが出ることは別に珍しくもないです. ただし,溶離液よりも水によく溶けるような何かがインジェクタに付着していて,水をインジェクトするとそれがカラムに流れていくという可能性もないことはないですが.まあ,この辺はリテンションタイムとかから検討してください. 洗浄は,残液が影響しないならANでもいいのでは? どうせシリンジ自体に残る量はごくわずなはずだし.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりすいませんでした。カラムはワコーシルのODSタイプで検出器はUV検出器です。定量したいピークにこの水のピークが重なり定量できないので困っています。 今日はLCを別の装置に変えてとカラムも別のものにし注入しましたがやはり同じところにピークが出てきます。 また試行錯誤してみます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • HPLCの溶媒置換

    ここ1年HPLCを使っている者です。 現在使用しているHPLCは順相条件なので、逆相にしたいと思っています。前任者が手順を残してくださったのですが、その方法が「順相移動相→両方に混和する溶媒(2-プロパノールなど)→蒸留水→逆相移動相」です。 この蒸留水の意味がわかりません。緩衝液を使用している場合は蒸留水で洗浄するというのであればわかるのですが、2-プロから逆相にする場合に蒸留水は必要なのでしょうか。 また、逆相から順相に戻すときは「逆相移動相→蒸留水→両方に混和する溶媒(2-プロパノールなど)→順相移動相」となっています。逆相移動相の後の蒸留水にも意味がないと思います。 前任者とは連絡がとれませんので、わかる方またはご意見のある方がいらっしゃいましたらお願い致します。

  • 蒸留水とイオン交換水の導電率(比抵抗)について

    いつもお世話になります。 ご存じの方がいらっしゃいましたらどうかお教え下さい。 蒸留水製造装置でイオン交換水と蒸留水を作っているのですが、 蒸留水よりイオン交換水の方が導電率が低くなっているのです。 イオン交換水を蒸留する方法なので、蒸留水の方が純度が高い つまり導電率は低くなると認識しているのですが、間違っているのでしょうか? 同型の別の製造装置も同じ結果になるので機械の故障ではないような気がします。 私の認識違いでしょうか?あるいは装置の故障でしょうか? メーカーに問い合わせようかとも思ったのですが、 初歩の初歩だったら社会人としてあまりに恥ずかしいので こちらでご質問させて頂きました。 何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 酵素の実験

    酵素に関する実験について。 グルコアミラーゼが デンプン→グルコースを触媒する という反応です。 (1)基質溶液の濃度を0w/v%から 徐々に増やして7段階つくる。 これを2セット用意する。 (2)2セットに共通して 緩衝液、酵素溶液を それぞれ一定量で加える。 さらに 1セット目には蒸留水、 2セット目には阻害剤を 同量ずつ加える。 (3)ソモギネルソン法によって 吸光度測定をする。 (4)縦軸V、横軸[S]のグラフを描き、 さらに二重逆数プロットも描く。 よってVmaxとKmが求まり 非競合阻害剤だと分かった。 ここまでは分かったつもりですが 間違っていたら教えてください。 (5)使用した酵素溶液の濃度を 求めたい。 そのために 今度は酵素溶液量を0μlから 徐々に増やして7段階つくる。 (6)さらに 緩衝剤、蒸留水、基質溶液を それぞれ一定量で加える。 ★質問1★ このとき、 7つのそれぞれの全体量は 酵素溶液量の差だけ 差が出ているということですよね? 蒸留水量で調節して 全体量を統一しなくてよいのか 疑問です。 しかし蒸留水で調節してよいのかも 疑問です。 (7)(3)と同様にして測定値を得る。 (8)縦軸がグルコース生成量、 横軸が酵素溶液量のグラフを描く。 ★質問2★ 出来上がったグラフは ほぼ直線になりましたが 私としては、基質が一定なので 頭打ちのグラフになるかと 思っていました。 本来どうなるべきなのでしょうか? (9)(8)のグラフから 使用した酵素溶液の濃度を求める。 まだ続くのですが (9)が分かれば大丈夫だと思うので ここで一旦ストップします(^^;; 読みにくくて申し訳ないのですが 回答よろしくお願いします。

  • HPLCの溶媒ピーク

    HPLCの溶媒ピークについて質問です。現在、あるサンプルをUV検出器を利用してHPLC分析おこなってます。移動層はアセトニトリルと水&0.1%リン酸のグラジエントです。サンプルはメタノールに溶解して10μLでインジェクトしてます。標準曲線のR2も0.95以上の値がでてます。 何が疑問なのかというと、メタノールのみでインジェクトした時(気になってやってみました。)、メタノール溶媒のピークが標準サンプルのピークとまったく同じ場所に同じようにでてしまうのです。ピークAreaは標準サンプルの0.01mg/mlと同じくらいの値です。これはどうしてでしょうか?シリンジをよく洗浄しても同じようにサンプルとほぼ同じ場所にピークが検出されます。原因がよくわかりません。 ご教授お願い致します。

  • HPLCのリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製

     HPLCの緩衝溶液;リン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)の調製法を教えてください。  核酸関連の物質(ATP,ADP,AMP,IMPなど)をHPLCで分離させるために,島津の分析ガイドに掲載されている方法を用いています。その移動相なのですが,100mMリン酸(トリエチルアンモニウム)緩衝液(pH6.8)との記載です。  とりあえず,考えつく方法で緩衝溶液を調製しました。リン酸溶液にトリエチルアミンを少しずつ加えてpH6.8に調整した後,リン酸濃度が100mMになるように定容しました。  この緩衝溶液とアセトニトリルを100:1の割合でを用いて分離を行いましたが分離が上手くいきません。緩衝溶液以外の部分は設定を完全に合わせてあるので,緩衝溶液以外に原因が考えられません。  ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

  • HPLCピークの同定について

    HPLCで初めて分析した成分のピークがどれか分からず困っています。 このメソッドはまだ開発途中で、取り敢えず分析できるか確認する為に行ないました。 測定したサンプルは以下の通りです。 (1)1、5、10mg/mlのSTD溶液(溶媒はミリQ水) (2)ミリQ水のみ(ブランク用、STDの溶媒でもあるため) (3)りん酸緩衝液(移動相に使用しているもの) (4)アセトニトリル(移動相に使用しているもの) 単純に(2)~(4)で現れなかったピークがSTD(分析対象成分)だと考えたのですが・・・。 STDでは3分あたりに形が変な大きなピークが現れたのに対して(2)~(4)にはそのピークはなく、 STDの8分あたりにそこそこきれいなピークがあって(2)~(4)にはない。 この結果から、3分あたりに現れた大きなピークが分離に失敗したSTDなのか、 8分あたりに現れたそこそこきれいなピークがSTDなのか、分からないのです。 8分あたりに現れたピークは、面積がきちんと濃度によって比例していました。 しかし、これがSTDだと断言できるかといったら、正直不安です。 どのようにしたらRTが分からない成分を特定することができるのでしょうか? 分かり難い質問になってしまい申し訳ありませんが、ご意見を伺えたら幸いです。 宜しくお願いします。

  • なぜ蒸留に塩を使うのか?

    サクラ蒸留水製装置(名前はうろ覚え)というものがあり、イオン交換と蒸留で精製水を作っています。そして、装置に定期的に食塩を入れなければなりません。食塩はなんの意味があるのでしょうか?

  • HPLCを用い液体を分析する

    HPLCを用い液体の分析をしたいです。HPLC用アセトニトリル(CH3CN)を溶媒として用い、液体の分析を行った。取りあえず、蒸留水で測定したところ3.60min付近ピークが表示しました。アセトニトリルだけを測定したところ3.60min付近ピークが表示されました。何も、入れない状況した測定したところ同様に3.61min付近のピークが表示されました。これはどうしてですか?

  • HPLCにおけるカフェイン定量の際にカラムがおかしくなってしまいました・・・

     学生実験でカフェインの定量をHPLCを用いて行ったのですが、その際にチャートのベースラインが崩れ、非常にガクガクした重なったピークになってしまいました。カラムを洗浄してみましたが、まったく正常になりません。  先生に相談したところ、移動相として用いたメタノール:リン酸緩衝液=60:40に原因があるので、なぜリン酸、または塩を用いるとカラムがおかしくなるのかをを考察してこいといわれたのですが、まったく検討がつきません。文献を調べても載ってなかったので非常に困っています。  どなたか分かる方がいましたら教えていただけないでしょうか?推測でも結構です。測定条件は カラム:ODS-2 移動相:メタノール:リン酸緩衝液=60:40 pH=6.7 試料:カフェイン標準溶液 です。どうかよろしくお願いします。  

  • 抗酸化測定(ラジカル消去活性、DPPH)について

    今大学の実験にてある試料の抗酸化性をDPPHを用いて測定しよとして疑問があり困ってます(>_<) 試料は四種類ほどの希釈倍率を設定し、それぞれの試料+緩衝液+DPPHエタノール溶液を混合し(ブランクは試料の代わりに蒸留水)、暗所にて50度の恒温槽で20分置いたのち50%エタノールを足し、OD517で吸光度測定します。 その後ブランクの吸光度-試料の吸光度/ブランクの吸光度×100 にてラジカル消去率を求めます。 以上の方法を用いてます。 しかし疑問に思ったことがあります汗 1:吸光度を測定する際にオートゼロに合わせるブランクは蒸留水でよいのか? 上記で述べたように文献などでブランクは試料の代わりに蒸留水を用いると書いてあります。しかしこのブランクはゼロ合わせのためではないですよね? 何故なら計算式にブランクの吸光度と書いてあり、ゼロ合わせにブランク用いてしまったら吸光度はゼロですし(-。-; この場合ブランクは蒸留水でよいのでしょうか? あと試料には元々色が着いているので、それぞれの希釈倍率の試料を用いて、それぞれのゼロ合わせに使ったりなんてやり方ありますか? 2:二回ほどもう上記の方法で(ゼロ合わせは蒸留水)したんですが、計算式で使うブランク(蒸留水+緩衝液+DPPHエタ溶液)の吸光度が1.0をこえてしまいました(^_^;) この吸光度を1を超えないようにするには、ブランクに何かを加えて希釈するのか、又はDPPHエタ溶液を作る際にモル濃度を下げたものを使用するべきか? それとも他の方法(吸光度の測定方を変えたり)か? 先生があまり学校に来なく、自分で調べて頑張ってたんですが分からなく困ってます!(>_<) どなたか回答お願いします。