• 締切済み
  • 困ってます

/etc/hosts.allowの設定が反映されません

こんにちわ。 freeBSD 5.4-Rを導入してみたばかりです。 telnetからの接続を禁止したいので/etc/hosts.allowに telnetd : ALL : deny と記述したのに、なぜかtelnetでログインできてしまいます。 なにがおかしいのかアドバイスいただけませんでしょうか? よろしくお願いいたします。

noname#92745
noname#92745

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2260
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.1
  • osamuy
  • ベストアンサー率42% (1231/2878)

tcpdchkやtcpdmatchで設定を検証してみては。

参考URL:
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=tcpdmatch&dir=jpman-5.2.0%2Fman&sect=0

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すいません。 /ect/hosts.allowのしょっぱなの ALL : ALL : allow をコメントにしてなかったのが原因のようでした。 色々アドバイスしてくださりどうもありがとうございました。 便利なコマンドがあるのですね。

関連するQ&A

  • hosts.allowのIPアドレスの記述ついて

    Red Hat Linux9を使用して勉強しています。 SSHを動かしていて、hosts.deny と hosts.allowを使い IPアドレスの接続制限をかけようと思っています。 hosts.denyはALL:ALLにしてあるのでhosts.allowに 接続を許可するIPを記述するのですが、例えば許可する範囲を 「192.168.1.90~192.168.1.99」とする場合は、どうやって 記述すればいいのでしょうか。 まさか1個ずつカンマで区切って記述するということではないですよね。 宜しくお願いします。

  • VNCのインストール後の allowとdenyの設定

    お世話になります。 vine linux3.2でrealVNCをインストールしたのですが /etc/hosts.allow /etc/hosts.deny への記述が上手くできずクライアント(windowsXP 192.168.1.11)からサーバー(192.168.1.20)に接続できずに困っています。 /etc/hosts.deny には ALL : ALL /etc/hosts.allow には Xvnc :192.168.1.11 としているのですが何がいけないのでしょうか? 教えてください。/etc/hosts.denyの方を何も書かないでいたら きちんと接続できるんですけど・・・・。 私がOSをインストールしてから、Linuxで行った作業は VNCまでです。

  • /etc/hosts.allow 及び /etc/hosts.deny について

    /etc/hosts.allow 及び /etc/hosts.deny は Tcp Wrapper のみが参照するファイルなんでしょうか? それとも inetd が参照するファイルなんでしょうか? 素人な質問ですみません。

  • ファイアウォールは必要?hosts.allow と hosts.deny だけではダメ?

    ネットで調べたところ、次のことが分かりました。 ●TCP Wrappers (/etc/hosts.{allow,deny} で設定)は inetd または xinetdで制御されていないプロセスへのアクセスをブロックできない。 ●とはいえ、sshd, sendmail は inetd/xinetdで制御されていないものの、/etc/hosts.{allow,deny}を自ら読みに行って、ここで許可されてないアクセスは拒否することができる。 sshd や sendmail も hosts.allow と hosts.deny で守ることができるとすると、Firewall(iptables)は、なぜ必要なのでしょうか?hosts.allow と hosts.deny で守ることができないデーモンがあるのでしょうか?

  • hosts.allowとhosts.denyについて

    centos5を利用しています。 /var/log/btmpファイルが200M、/var/log/secureファイルも20Mにもなっていました。 恥ずかしながら初めて中身をチェックしたのですが、SSHログインの失敗履歴のようでした。 このような場合の対処法をお聞きしたいのですが、 1. hosts.allowとhosts.denyを設定すればこの手のアタックは防げるのでしょうか? 2. hosts.allowとhosts.denyを設定後、/etc/rc.d/init.d/sshd restart でSSHを再起動したのですが、これで反映されたのでしょうか? 3. btmpファイルは削除しても問題ないでしょうか?削除する際に注意点などありましたらあわせて教えて頂けると幸いです。

  • /etc/hosts.allow にて alex@192.168.1.10 指定

    CENTOS5を使っております。 FIREWALL 有効 SELINUX 有効 server1 リモートホスト server2 SSHサービス稼動中。 ============================================ ここで、制御ファイルにて下記のようにしていますが、 server2側でアクセス拒否されてしまいます。 1. /etc/hosts.allow # hosts.allow This file describes the names of the hosts which are # allowed to use the local INET services, as decided # by the '/usr/sbin/tcpd' server. # ALL:127.0.0.1 sshd: alex@192.168.10.62 2 /etc/hosts.deny # hosts.deny This file describes the names of the hosts which are # *not* allowed to use the local INET services, as decided # by the '/usr/sbin/tcpd' server. # # The portmap line is redundant, but it is left to remind you that # the new secure portmap uses hosts.deny and hosts.allow. In particular # you should know that NFS uses portmap! sshd: ALL [root@server1 ssh]# ssh alex@server2 ssh_exchange_identification: Connection closed by remote host 私の認識では、allow→denyの読み取りで判断されるので許可されると 考えています。 それともUSER@を指定した記述が違うのでしょうか。 deny にて、sshd : ALL EXCEPT alex@192とも指定したがぺけでした。 どなたかご指摘お願いします。 P.S グーグルでもUSER@指定の場合を検索してみました。 http://www.cromwell-intl.com/unix/ssh.html sshd_config にてAllowUsers alexもぺけでした。。。 よろしくご指摘お願いいたします。

  • Linux hosts.allowでのアクセス制御

    いつもありがとうございます。 RedHat hosts.allowでのアクセス制御について設定方法を質問させて頂きます。 /etc/hosts.allowに以下のサービスについて制御したいと思っております。 ************************************************************* http ssh icmp smtp ntp pgadmin samba postgresql dns ************************************************************* 以下「hosts.allow」の内容 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ # ssh sshd: 192.168.1. # http httpd: ALL # dns domain: ALL # icmp icmp: ALL # ntp ntpd: ALL # netbios-ssn netbios-ssn: ALL # smtp smtp: ALL # postgresql postgresql: 192.168.1. # pgadmin pgadmin: 192.168.1. -------------------------------------------------------------------- 上記にて設定すると、SSHのみ適用されますが他の設定が反映されません。 ※hosts.denyは「ALL: ALL」としております。 また、ファイアーウォールを有効にすると、SSHも含め接続できなくなります。 ※ファイアーウォールのルールは定義していません。 初心者からの質問で申し訳ありません。 アドバイスの程よろしくお願い致します。

  • TCPWrapperの設定がうまくできません。

    以前の質問で、「TELNETできません」というお話がありましたが、 その内容を確認しても問題が解決できませんでしたので、改めて投稿させていただきます。 やりたいこと: インターネットに公開するサーバに、ローカルLANからのみtelnet接続できるようにしたい。 問題: TCPWrapperをインストール・設定してみたが、うまくtelnetで接続できない。 (ログインプロンプトがでない) 設定: <hosts.allow> in.telnetd: 192.168.1.0/255.255.255.0 ALL: 127.0.0.1 <クライアントPCのIP> 192.168.1.3 ちなみに、上記IPの指定をALLにすると接続できるので、hosts.allowの設定を いろいろ試してみたのですが、解決に至れませんでした。 何か、お気づきの点があれば、ご指摘お願いします。

  • sshのセキュリティ 鍵方式にすべきか

    LinuxPCにWindowsからリモートでログインすることを考えています。 現在は、 /etc/hosts.deny に ALL:ALL /etc/hosts.allow にホストのIPアドレス としています。ログインは普通のパスワード認証です。 より安全な鍵方式のログインもあるそうなのですが、導入すべきでしょうか? また現状のセキュリティで十分といえるでしょうか?

  • xinetd を使う場合の hosts.allow/hosts.deny

    サーバ:CentOS 4.4 xinetd を使ってアクセスコントロールをしようとしています。 /etc/xinetd.d/サービス名 でサービス毎の設定が出来ますが、その中で(only_fromを使って)制御しようとしていますが、その際に /etc/hosts.allow と /etc/hosts.deny はどうなるのでしょうか。これらのファイルを削除して、xinetd の設定ファイルのみでアクセス制御するにしても、xinetd を通さないデーモンが直接 hosts.allow と hosts.deny を参照しようとする場合もありそうで怖そうです。 かといって xinetd と hosts.allow,hosts.deny の両方でアクセス制御するのもわかりにくくなりそうですし。 何かスマートなやり方というものはあるのでしょうか。