• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

it と that の違い (I knew it. と I knew that. の違い等)

・I knew it. と I knew that. の違いについて I knew it.  「やっぱり。知ってたよ。」 I knew that. 「そんなことなら(当然)知ってたよ。」というキツイ表現になる、と書いてありました。 どうしてそんな違いがでるのでしょうか。何冊か文法書を読んだのですが、記載がなく分かりませんでした。 話手の心理的な距離が it より that のほうが遠い(?)ということですか。 it とthat で違いがあるならば、 ・「ごめんなさい。」と謝るときは、 I am sorry about that, の時と I am sorry about it と言った場合、どうなりますか。違いがあるのでしょうか。 ・「(そんなの)もったいない」の表現は That`s a waste とあったのですが、 It is a waste ではダメなのでしょうか。これも違いがありますか。 基本的に、it(それ) と that(あれ) の違いは何なんでしょうか。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数264
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

it と that の違いは日本人には掴みづらいですよね。私も気を抜くと間違えてしまいます。   あえてその2つの違いを日本語で表現すると、that 「それ/そのこと」 it 「そういうこと」という感じだとお思います。つまり、that の方が、より限定的で、強いと思います。それを踏まえて、上記のフレーズについて考えてみてください。なんとなく、分かりませんか?   >I am sorry about it / It is a waste   これは私の身近では聞いたこと、使ったことがありません。謝るとき、「もったいない!」というときは、たとえば「遅刻した」とか「物をなくした」、「食べ物を捨てる」という具体的な行為について述べているので、that を使って、具体的にその行為を指すのだと思います。   あと、it's okey. と that's okey. では、it の場合は、たとえば犬におびえている子供にたいして「大丈夫だよ~安心して~」という感じで、その「大丈夫」が具体的に何を指しているのかよく分かりませんが、that の場合は、私の物を壊しちゃった友人に対して「大丈夫、気にしないで」という感じで、その「大丈夫」は、具体的に「物を壊しちゃったこと」とつながっています。   どうでしょうか?なんとなくイメージが掴めていただければうれしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「It is a pity that~」「I'm sorry to hear that~」について

    「It is a pity that~」「I'm sorry to hear that~」は 「~とは残念だ /(~を)気の毒に思う」という意味だと思いますが、 pityの方は、同情の意味合いが強いような気がしてしまいます。 (同情されたくない方もいると思うので)同情を強く表さずに 「それは残念な事ですね。/ 悲しい事です。」と 伝える時、「It is a pity that~」ではなく「I'm sorry to hear that~」を使う方がよいのでしょうか。 それとも実際は、どちらを使用しても問題ないのでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • knew?それともlearned?ですか。

    It was not until yesterday that I ( ) about his marrage.「昨日になって初めて彼の結婚のことを知った。」という文で( )の中に入る単語はlearned、heard が正しいと思うのですが、knewはどうでしょうか。

  • itとthatの使い分け

    某ラジオ放送局の英会話講座に、下記の文がありました。 1.  A: I had a baby last week ! It's a girl. B: I'm sure your parents are very happy about it,too. 2.  A: I was delighted to hear (that) Tom is doing fine. B: Is he ? I'm pleased to hear that,too. 1. 2. のBさんのitとthatはともにAさんの文を受けていると思うのですが、1.にthatを2.にitを使った ら間違えでしょうか。 thatとitの使い分けの原則を教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#20688
noname#20688

itは人称代名詞で前出の人間以外の名詞を受けています。thatは指示代名詞で thisと対比して遠くにあるものを指します。

参考URL:
http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=11&docid=28785

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

No2です     ここも参考になるかと思います http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1658359   さっきはササッと書いてしまって言いそびれてしまったのですが、こういう風に、どちらも文法的にはあってるし、辞書を見るだけでは違いがよく分からない、という言い回しの場合には、質より量で、普段、映画を見たり、本を読んだりするなかで、この場面では it を使うことがおおい、この場面では that を使うことが多い、と体で少しづつ、感覚をつかむのが良いと思います。そうすると、たとえば、日本語でいうところの「昨日なにしてた?」「私<が>テレビを見てた」の<が>に違和感を覚えるような感じで、そのうちだんだんと、「ん?この場合に it は変じゃないかな?」と気づけるようになってきます。   そういえば、No1さんの「itを普通使う場面でも、thatを使い、強調したり、文に変化をつけると言うこともよくあるようです。」を見て思い出したのですが、私の友人のアメリカ人が、「私はひとより that を使う傾向が強いかも」というようなことを言ってたことがあります。日本人でも、「は」も「が」もどちらでもいいような場合に、「が」を好んで使う人と「は」を好んで使う人がいますよね(普段はあまり意識しませんが)。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1658359

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

よく参考書に、itは人称代名詞、thatは指示代名詞と載っていて、ただ、だからどうだと感じることってありますよね。 これに沿って説明すれば、That boy is Tom. He is ... のheと同じように、itは使い、 This is a red pencil, and that is black. のように、thatは使うと言うことです。 基本的に、既に話題に上っていて、改めてそれが主語、または目的語と明示する必要がないときit。 対して、改めて、話題に出す、または、話題に上っていることを別の視点で捉え直す、そう言ったとき、that。 もっと簡単には、音の強さです。itは弱い。thatは強い。つまり、thatは対象をitよりも強く、印象深く、示すと言うことでしょう。 >話手の心理的な距離が it より that のほうが遠い(?)ということですか。 心理的距離と言うことは、よく色々な説明で使われますよね。この場合も、ある意味、当てはまると思います。 >I am sorry about that, の時と >I am sorry about it と言った場合、どうなりますか。違いがあるのでしょうか。 これは違いがあるでしょう。最初は、相手の苦情を受けて、言う文句。後のは、自分で謝ることをしていて、その付け足しとして言うもの。 >・「(そんなの)もったいない」の表現は >That`s a waste とあったのですが、 >It is a waste ではダメなのでしょうか。これも違いがありますか。 これも同じでしょう。 ただ、itを普通使う場面でも、thatを使い、強調したり、文に変化をつけると言うこともよくあるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • It is ~ to V.とIt is ~ that SV.

    形式主語を勉強しているのですが、 It is necessary for Bill to go right away.は、 It is necessary that Bill goes right away. と書きかえられますか? 私は基本的に両者自由に書き換え可能と思っていたのですが、 It is certain that Jim didn't go out that day.は、 It is certain for Jim not to have gone out that day.(×) としてはいけない、と参考書にあります。 でも、~にくる語が強い感情表現を表している場合は、toVに書き換え可能とあったのですが・・・。 参考書を見ている限り、~にくる形容詞によって、toVになるかthat節になるかが決まる、ということのようですが、その辺の基準、がよく分かりません・・・。 toVの場合は、どういう形容詞なのか。 はたまたthat節の場合は、どういう形容詞がくるのか。 また、ItがtoVになってもthat節になってもどちらでもいい形容詞ってあるのでしょうか? よろしくお願いしますm(__)m。

  • このときはTHAT?THIS?IT?

    このときはTHAT?THIS?IT? たとえば、クラスで自分の発表が終わって、「発表どうだった?」 ってきかれて (1)That was a alot of pressure on me. (2)I have never done this before i am sure (3)it can be rewarding って答えてみたんですが、それぞれ (1)のTHAT、(2)のTHIS (3)のITがあっているのかわかりません。 特に(1)はTHISで(2)はTHISではなくITなのかな?と思います。 (1)をTHATにしたのは、たとえば、映画とかで、お金の話をしていてそのときに 「THAT is my after」と、今話していることなのでTHATを使っていたるするので THATかな?と思いました。 (2)はTHISをITにして言ったことがないので、ITで発音したら違和感があったので・・・・

  • 英文法 it is preferred that

    以前の記憶では、~が好ましいという英語表現は It is preferred that ~だと思っていたのですが、that が無いものを見つけました。thatは省略可能、あるいはそれが普通なのでしょうか。

  • この文法の意味を教えてください

    I am sure that he will help us. =It is certain(sureは×) that he will help us. =He is certain(sureでも○)to help us. I am sorry that I have kept you waiting so long ≠It is sorry that... =I am sorry to have kept you waiting so long この2つの文でどういうような文法がいいたいのでしょうか? ノートにはこれしか書いていなくてわかりません。 回答お願いします。

  • It is ~ that ….

    形式主語構文と強調構文についてです。両者とも訳の違いはほとんどないと思うのですが、(1)なぜこの2つは区別されているのでしょうか?(両者の文法上の見分け方は問題ありません) 私の考えでは、前者は「文末焦点の法則」で大事なことほど後ろに置かれるという法則に従って「後ろにあるもの」を強調したいのだろうな、後者はIt is ~ thatのはさまれている~の部分の語を強調したいのだろうなとかんがえています。 (2)形式主語構文に関してですが、It is ~ to….の文の事を「形式主語構文」、It is ~ that….の文のことを「仮主語構文」と論じているサイトや発言者の方がおられたのですが、一方、両者の構文の名前の違いを区別していないサイトもありました。どうなのでしょうか?

  • 代名詞のit とthat

    こんにちは。いつもお世話になっております。 参考書を読むと、代名詞のitはthe+名詞と言い換えられ、thatは前にthe+名詞として出てきたものと言い換えられると書いてあるのですが、そうすると、以下の文で合っているのでしょうか? (1)I lost a pen. My uncle gave me it(=the pen). (2)I lost the pen. My uncle gave me that(=the pen). (3)The population of America is larger than that(=the population) of Japan. (1)はいいのですが、(2)の文のthetはitでもいいような、むしろitの方がいいような気がするのですが…。(3)はthatの方がいいなという気がします。そうすると(2)と(3)の違いは何なのでしょう。名詞の種類の違いでしょうか? どなたかお願いいたします。

  • Is it possible.../That is how...の意味を教えてください

    Is it possible that you're wrong? Is it possible that he cares about you? Is it possible that you misunderstood? That is how I do it. That is how to bake a cake. That is how I like it. 複数を翻訳機にかけてみましたがなかなか奇妙な文章に仕上がってしまってお手上げですorz 二つのニュアンスをごく簡単にでも結構なので、どなたかよろしくお願いしますorz

  • After that or after it; That or it sounds interesting

    皆さん、こんにちわ。 次のような文では after that、after itのどちらが適切だと思われますか、またその理由は? I saw Tom on my way to school. After that (or it) I ran to school. 同じように次の場合は that又はitのどちらが適切だと思われますか、またその理由は? I am going to talk about my grand-grand father in the class. That (or it) sounds interesting. 宜しくお願いします。

  • it

    It goes without saying that exercise is necessary for good health. 運動が健康に良いのは言うまでもない。 という文があるのですが、この it はどういうit ですか? 文法的な説明をお願いします。

  • It=to~なのか?It=that~なのか?

    くだらない質問かもしれませんが、教えている立場として論理的な説明が必要です。皆さんならどうしますか? Some hospital patients surprise the medical staff by expressing positive emotions about their current situation, despite being seriously ill. It is tempting to assume that patients who say that they feel good or content with their lives are simply refusing to face up to the facts. (質問)It is tempting to assume thatの部分ですが、It=to assume~なのか、それともIt=that patients~なのか説明がつきません(私は前者だと思ったのですが、なぜ後者が駄目なのか説明できません)本日の授業で使います。宜しくお願いします。

専門家に質問してみよう