• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

行政書士の問題に関して

行政書士の問題で理解できないものがあります。 問題は以下の文章です。 ★日本行政書士会連合会は、行政書士の登録を受けたものが  偽りその他不正の手段により当該登録を受けたことが判明  したときは、その事実が判明したときにその欠格事由が  消滅している場合を除き、当該登録を取り消さなければな  らない。 上記の文章は×(間違っている)のですが、いまいち理解で きません。問題集によると、「その事実が判明したときにその 欠格事由が消滅している場合を除き」の部分が×らしいので すが、文章自体がいまいちぱっと理解できないんです。 分かりやすくご説明いただければありがたいです。 どうぞ、宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数81
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#4746
noname#4746

*補足欄でのご質問に関して  執行猶予でも行政書士法第5条で欠格事由となっていますので、本来は、もちろん登録できません。  が、  いかんせん、登録する側も人間ですから、合格者が執行猶予中の身であることを隠していることに気がつかず(看過して)登録してしまうことがないとも限りません。  法律の条文は、様々な状況を想定し、万一の事態が生じた際にも適切な対処ができるようにしておくため、複雑難解な言葉・表現を多用しています。この点に留意して立法主旨を把握すれば、条文解釈が楽になりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すごく、俗に言う「ひっかけ問題」のようなものが 多々あり、かなり勉強しているときに理解に苦しむ ときが多いんです。 でも、とても助かりました。これからも多くの疑問が でてくると思いますので、また助けて下さいね。 本当に有難うございました。

関連するQ&A

  • 行政書士の問題に関して

    行政書士の欠格事由についてです。 行政書士会の会則の定めるところにより除名処分を 受けたものは、当該処分の日から2年間は行政書士 となる資格を有しない。 上記の文章は×なのですが、どこが間違っている んでしょうか。教えて下さい。

  • 行政書士を調べる方法

    行政書士と名乗る人を、名前から本物か調べる方法ってご存知でしょうか? 日本行政書士会連合会(http://www.gyosei.or.jp/search_members/)の検索は見つけたのですが、登録していない方もいるようです。 宜しくお願い致します。

  • 行政書士 欠格事由と登録について

     これから、行政書士を目指そうと考えています。欠格事由について、不明な点がありますので、ご教示下さい。    実は実刑判決を受け服役の経験があります。 「禁固刑以上の・・・2年を経過していない者」に未だ該当致します。 この場合、 (1)受験資格は有ると思うのですが、間違い有りませんでしょうか? (2)仮に合格した場合でも、欠格事由により行政書士として活動は出来ないと解しますが、この場合、合格の事実はいつまで有効なのでしょうか?(合格したときは、欠格事由に該当したが、欠格事由経過後に登録、活動が出来るのでしょうか? 以上、2点よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#4746
noname#4746

 登録取消については、行政書士法第6条の5第1項に規定されています。  「日本行政書士会連合会は、行政書士の登録を受けた者が、偽りその他不正の手段により当該登録を受けたことが判明したときは、当該登録を取り消さなければならない。」  要するに、ご質問の文中では、この条文に「その事実が判明したときにその欠格事由が消滅している場合を除き」が付け加えられています。  それでは、具体的な例と言いますと、行政書士の欠格事由は同法第5条第1号~第7号に規定されています。このうち、第4号の「禁錮以上の刑に処せられた者で、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなってから2年を経過しないもの」で考えてみましょう。  「執行を受けることがなくなってから2年を経過しないもの」は、すなわ ち、「執行猶予判決を受け、その執行猶予期間が終了してから2年を経過していない もの」です。こんな人でも、執行猶予期間中に試験を受け、合格することは可能です。で、執行猶予期間中であるにも関わらず登録され、そのことが執行猶予期間の終了後2年以上過ぎて判明したとします。この場合、執行猶予期間の終了後さらに2年以上が経過しているのですから、「欠格事由が消滅している」ことになります。  この場合であっても、日本行政書士会連合会は、行政書士法第6条の5第1項の規定により、この人の登録を取り消すことができます。一方、ご質問にある文を言葉通り解釈すれば、この人の登録を取り消すことはできません。  ご理解のお役に立ちましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のお返事有難うございます。 ちょっとお聞きしたいので補足させていただきました。 ということは、執行猶予期間中に登録されて、その事実が 執行猶予期間がすぎて判明した場合は、もちろん欠格事由が 消滅していますよね? ということは、この執行猶予を受けている人は登録する ことができるということですか?

関連するQ&A

  • 行政書士事務所の法人化について

    日本行政書士会連合会のサイトに下記のようなニュースがあったのですが、これについての解りやすい解説などが掲載されているサイトなど、ご存知ないでしょうか? 「7月23日午前、参議院本会議において、行政書士事務所の法人化をはじめとする行政書士法の一部を改正する法律案が可決承認されました。平成16年8月1日施行」 具体的に、どういう事で、どういうメリットがあったりするのか、ちょっと気になっていますのでご存知の方、よろしくお願いします。

  • 行政書士の業について

    自分で色々調べたのですが解らない点があり、お尋ねしたいことが2点あります。 (1) 行政書士の資格取得後、行政書士会連合会に登録をしなくても資格が無効になることはないですか?(一度資格を取得すれば一生有効でしょうか?) (2) 行政書士会連合会に登録をしなくても自分自身や親族の利用目的(営利目的ではない)での官公署に提出する書類の作成、及び相談、代理は可能でしょうか?

  • 行政書士は法律家?

    いろいろな行政書士の先生のHPで免税軽油使用者証交付申請の業務があります。これは、税理士業務ではないのでしょうか? 税理士会連合会では税理士の独占業務、行政書士会では行政書士業務といわれました。なぜ、立場によって異なるのでしょう。行政書士側は根拠も検討中、それでいて行政書士業務と言い張っています。その割に一部の行政書士会のHPから業務が減りました。 行政書士は法律家ではないのでしょうか? 行政書士会連合会は法律家の団体ではないのでしょうか?

  • 行政書士について

    今年初の受験生ですが、2点ほど質問があります。 1つは、行政書士法に2年間業務を行なっていないものは、行政書士の資格を行政書士会連合会で取り消すことが出来るということが、書いてありますが、 私は現在、働いており、 行政書士の仕事をするかどうかはまだ決めておりません。 この場合、2年以上、現在の仕事を続けていれば、 取り消されてしまうのでしょうか。 もう1つは、試験問題を持ち帰ることができ、 自己採点(解答がWEB公開等されるのか)が可能かということです。 よろしくお願いします。

  • 行政書士の独占業務

    私は、元税理士事務所職員です。 現在IT関連会社を経営し、副業で税理士法に抵触しない会計業務(記帳代行や決算業務、経理指導など)を個人事業を立ち上げました。 そこでですが、税理士業務の付随業務である会計業務部分だけを事業とするのは、法に反しないと解釈(日本税理士会連合会確認)していましたが、このたび日本行政書士会連合会及び行政書士会に確認したところ、行政書士の独占業務であり、一部の士業に付随する場合認めているといわれました。 念のため、日本行政書士会連合会に文書で解答を求めるお伺い書を提出しましたが、3ヶ月以上かかっています(解答はすると言っています)。 よく会計センターなどの名称で、税理士などが別法人で会計業務をやっていたり、記帳代行業者(個人・法人)などが結構見受けられます。 実際、会計業務は行政書士の独占業務に該当するのでしょうか。 処罰が無い・甘いだけなのでしょうか。 お分かりになる方、よろしくお願いいたします。

  • 無資格になってしまった行政書士

    私の友人である行政書士が、ある犯罪で有罪になってしまい、執行猶予付きの懲役刑を宣告されました。 そうなると彼は、行政書士法第2条の2(欠格事由)に該当し、行政書士業務ができなくなるのですが、将来、執行猶予が解けて2年を経過した時、又は懲役刑になり刑が終了した時に、また行政書士として業務ができるようになるのでしょうか? 根拠法令や判例、実務上の例などがあれば、併せて教えてください。 お願いいたします。

  • 行政書士で登録する際の欠格事由について

    現在、行政書士の試験に合格し、将来的に登録を考えています。 ふと最近になって自分は欠格事由に該当しないかと不安になっています。 犯罪を犯したわけでもなく、破産者でもないですが、「行政書士の信用又は品位を害するおそれがある者その他行政書士の職責に照らし行政書士としての適格性を欠く者」と言う一文が妙に引っかかるのです。 信用とは?品位とは?と考えてしまいます。 過去にクレジットカードを強制解約させられている。 仕事を転々としている。 高校中退(旧大検には合格) など、信用、品位を害する恐れが自分の中で少なからずあると思っています。 こういう理由で登録拒否をうけた方はいるのでしょうか? どなたかお教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 行政書士の登録の際の欠格事由について

    現在、行政書士の試験に合格し、将来的に登録を考えています。 ふと最近になって自分は欠格事由に該当しないかと不安になっています。 犯罪を犯したわけでもなく、破産者でもないですが、「行政書士の信用又は品位を害するおそれがある者その他行政書士の職責に照らし行政書士としての適格性を欠く者」と言う一文が妙に引っかかるのです。 信用とは?品位とは?と考えてしまいます。 過去にクレジットカードを強制解約させられている。 仕事を転々としている。 高校中退(旧大検には合格) など、信用、品位を害する恐れが自分の中で少なからずあると思っています。 こういう理由で登録拒否をうけた方はいるのでしょうか? どなたかお教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 行政書士と行政書士有資格者の違い

    とある者が言っていた事なのですが。 「行政書士=行政書士有資格者 行政書士登録していない者=行政書士試験合格者 」 であり、行政書士登録していない者が「行政書士有資格者」又は「行政書士の有資格者」を標榜した場合、行政書士法の標榜規制に反し、違法であるとその者は言っておりました。 これは、「行政書士という資格」と、「行政書士になるための資格」が別々のものだという解釈だと思います。 行政書士会連合会に電話をかけると、電話対応の事務員が同じ事を話していました。 かくいう私も、行政書士試験の合格者ですが、早稲田セミナーから出版されている「success」という雑誌で行政書士と行政書士有資格者の名称が使い分けられている点や、登録していない者がインターネット上で「行政書士有資格者」と名乗っている事から、「行政書士有資格者」=「行政書士になるための資格を有している者」(行政書士法2条各号の者)を指しているのだと認識しています。 しかし、他の行政書士に聞けば以下の見解でした。私は、こちらの行政書士の論理展開が正しい帰結であり、説得力があるように思えます。 行政書士法2条の規定を見れば、行政書士有資格者=行政書士試験合格者でも構わない。一号~六号までは全て有資格者です。 法上は「行政書士」はその「登録者」を指します。つまり行政書士業務を現に行えるものをさします。 ちなみに19条の2はいわゆる名称独占規定で、その禁止するのはその名称を使用すること全般に及ぶので、「19条の2」の守備範囲は「2条」にある内容と必ずしも一致するものではないということです。 この条文の趣旨は「行政書士」業務ができない状態の者が「行政書士」等紛らわしい名称を使用することによる混乱を防ぐというものです。 ここで本件における事例を振り返ってみますが、有資格者という表現そのものは法上も別に誤りというわけでもないので使えないというわけではないかと思います。 「なる資格=試験合格者等」と「働ける資格=行政書士」は別ですがこういう「資格」という単語を使った区別自体、法令にもありませんし、処罰されるかどうかは個々具体的にその悪質性等を判断して決定されることなので、2条による有資格者を名乗っても直ちに違法とは言えないということでした。 ちなみに行政書士法コンメンタールでも試験合格者を有資格者と表現しているのだそうです。 別に、標榜など個人的にはどちらでもいいと思うのですが、気になってしまったので。お分かりの方いらっしゃいましたら、是非ともご識見をお伺いしたいのです。私は前者二人が解釈を誤っており、後者行政書士が正しい事を申していると考えます。

  • 行政書士について

    行政書士について教えて下さい。 行政書士が業務として仕事をしいなければ、この様なことをしてもいいのですか? 1、行政書士と名乗って電話をかけてくる。 2、電話で慰謝料請求の話をしてくる 3、内容証明は書くのが無駄と言っている 業務としてやってなければ反対に詐欺行為だと思うのですが、どうなのか教えて下さい。 この行政書士は行政書士会にも登録していて、さらに私は電話のやり取りを録音しています。