• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

エクソシストについて

悪魔を自分自身に乗り移らせた若い方の神父(ディミアン?)が、息をひきとる間際、親友の神父から神の許しを得ますが、あれは「悪魔が神の許しを得てしまった」ということなのでしょうか? とても気になっています。 このシーンの解釈について何かご存知の方、または感想をお聞かせ下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数4
  • 閲覧数259
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kuma-o
  • ベストアンサー率64% (819/1271)

カトリックの儀式(カトリックでは「秘跡」と言います)に「病者の塗油」というのがあります。病気等で生命が危なくなった病人が、自分のおかした罪の告白ができない時にこの秘跡を受けると、その人がおかした罪が赦される、というものです。私は「エクソシスト」を見ていないので(怖い映画は苦手…)よく分からないのですが、質問文にある場面も多分それではないかと思います。以上のことを踏まえての私の解釈は、#1の回答にあるように、悪魔の罪を赦したのではなく、若い神父自身の罪を赦した、ということだと思います。 余談ですが、本物のエクソシストであるカンディド神父が映画の「エクソシスト」を見て、「おおむねこんな感じだ」と言ったそうです。 #参考になれば幸いです。 #もし間違いがあったらご指摘ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当に丁寧な回答をいただき、ありがとうございます。 ご覧になっていない方から、こんなに充実した回答をいただけるとは、思ってもみませんでしたので、正直驚いております。 「病者の塗油」の説明に、とても大きな感銘を受けました。カトリックの儀式にお詳しい方なのでしょうか。 もしお差し支えなければ、もう一つ伺いたいのですが、悪魔はのりうつった人物が死亡すれば、同時に消滅するのでしょうか?稚拙な質問でお恥ずかしいのですが、もしご存知なことがあればお教え下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • kuma-o
  • ベストアンサー率64% (819/1271)

お礼を読みました。参考までに「悪魔」と「天使」についてのキリスト教(カトリック)の説明を書いておきます。 天使は純粋な霊で人よりもすぐれた知恵と能力を持ち、 神に仕えているもの 神にそむいた天使は地獄の永遠の罰を受けた。 これを「悪魔」と言う ということです。 悪魔に憑かれた人が死んだ時に、悪魔の霊が消滅するのか、ということについてですが、「地獄の永遠の罰」とありますので、私の解釈では悪魔の霊は消滅しないように思います。 私は少しキリスト教をかじった程度の知識しか持っていないので、もしかしたら間違っている部分があるかもしれませんので、参考程度にとどめておいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びのご回答、本当にありがとうございます。分かりやすく説明していただいたので、「納得!」です。 kuma-oさんのような方が観ると、「エクソシスト」もまた、随分違った見え方になるのでしょうね(怖い映画はお嫌いとのことなので、残念ですが)。 今回は、とても参考になりました、質問して良かったです。ありがとうございました。

  • 回答No.3

キリスト教の教えには、生前犯した罪を死ぬまでに告白しないと、楽園(パラダイス)に入る権利がなくなると聞いたことがあります。(つまり神の赦しを得られないと云うこと) 多分このことだと思いますが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはりあのシーンは、神父への赦し、ということなのですね。続編の事を考えすぎたのがいけなかったようです。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.1
  • koyata
  • ベストアンサー率20% (1/5)

エクソシスト(Director's CUT版)先日観てきました。 あのシーンは、私はカラス神父自身が犯してしまった罪に対する許しだったのではと思いました。 足の悪いお母さんを殺してしまった罪を、リーガンから悪魔を払うという善行をしたことで許されたんじゃないでしょうか? 人それぞれ解釈があるでしょうし、脚本家の人の話とか 監督の話を聞いたわけではないので「自信なし」ってことでご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 やはりあのシーンは、神父が神の赦しを得た、ということなのですね。 はっきりと内容を覚えていないのですが、この作品にはパート2があるので、ひょっとしたらどこかにその布石があるのでは?などと思ってしまったものですから…。 でも、最初から2が決まっていたわけではないでしょうし、考えてみればおかしな話ですよね。 ありがとうございました、とても参考になりました。

関連するQ&A

  • エクソシストの・・・

    「エクソシスト」シリーズ?の中で、悪魔に取り付かれるのが少女ではなく少年で、 彼を救う神父には戦争にまつわるトラウマがある、というストーリーの作品を 探しています。 「エクソシスト・ビギニング」がそれかなと思っているのですが、解説に、その神父は 考古学関係の仕事をしていたところで少年の悪魔払いを依頼された、とあったことが 気にかかっています。 わたしの探している作品では、神父は高校か大学でアメフトかバスケ(水泳だったかも)の コーチをしていて、キャンパスにいるときに声をかけられる、という設定だったからです。 ・悪魔に憑依されるのが少年 ・神父は高校か大学のスポーツのコーチ ・神父には戦争にまつわるトラウマがある 「エクソシスト」シリーズのうち、このポイントが当てはまる作品をご存知でしたら 教えてください。よろしくお願いします。

  • エクソシスト ディレクターズカット

    エクソシスト ディレクターズカット版で、ラストシーン、カラス神父に悪魔が乗り移った時に、窓に老人の顔が映りますが、あれは誰なのでしょうか?ご存知の方よろしくお願いいたします。

  • 「エクソシスト」の冒頭の悪魔像について

    映画「エクソシスト」の冒頭シーンで、悪魔(あるいは獣)の像が出てきます。 どこかの寺院の装飾だと思いますが、あれは何なのでしょうか? 寺院であんな悪魔のような像があるのも不自然ですが、あの映画以外でも旅行案内書などで同じような塑像を観たような気がします。 あの悪魔像についてご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

  • 韓国映画 恋する神父(神父授業)でラストでわからない所が※ネタバレ注意

    公開中の韓国映画「恋する神父(神父授業)」を見ました。 たまたま見て個人的に結構気に入ったのですが、ラスト付近でキュシク(主人公 クォン・サンウ)の言った台詞の意味がわからない部分がありモヤモヤしております。 2回見てみたのですが、やはりその部分がよくわかりませんでした。 ラストシーン(本当に最後のシーン)で、キュシクと、ポンヒが街を見下ろす高台の所に二人で行った時に、キュシクがポンヒに「もう少し待てないか?」と言うシーンなのですが、これは何を待ってくれという意味なのでしょうか? キュシク「もう少し待てないか」 ポンヒ「私?」    「神様に言いたいことがあるの」 キュシク「僕もひとつ言いたいことが」 テロップ[どこでどんな姿でも、変わらず君を愛します][デオ グラシアス] で終るんですが、、、 前後を見ても、何が「もう少し待てないか」なのかがぜんぜんわかりません。 結婚をということでしょうか?でもキュシクは神父にならなかったんですよね?(この解釈も自信がないです)なら何故 待てないか?なのでしょうか? 質問は 1、何を何故「もう少し待てないか?」なんでしょうか?? 2、キュシクは神父にならなかったという解釈で合っているのか? という2点です。 この映画を見た方でわかる方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。 ご自分なりの解釈でも構いません^-^;今だにモヤモヤしています。

  • 昔見た映画なのですが

    何年か前にTVで見た映画なのですが タイトルが思い出せないのです。 なんとなく覚えているシーンを書くと 神と悪魔の戦いのような雰囲気の映画で、神父とかが 出てきた気がします。 お婆さんがベッドのたくさん並んでいる 部屋(病院?)の天井を這い回っている シーンがありました。 誰かのセリフで「人間の首は切り離しても何分かは 物を見ることが出来るから、自分の体を見せてやるんだ」 というようなセリフがあったと思います。

  • エクソシスト・ビギニング(※ネタバレあり)

    「エクソシスト・ビギニング」で疑問に思ったことがあります。解釈はそれぞれあると思いますが、お答え下さい。 悪魔は少年に憑いていると思わせて実は女医に憑いていましたが、少年が兄と喧嘩をした時、井戸から現れたハイエナ達が少年の兄を襲いますよね?これは悪魔の仕業だと思うのですが、その場に女医はいなかったと思います。この悪魔は憑いてる人間から離れたりするのでしょうか?それとも憑いていながらも「全てを見渡す」ような能力があるのでしょうか?はたまた単に悪魔とハイエナは別で、少年の兄を襲ったのはハイエナの独断か。 メリンが病院へ会いに行った発狂した男(学者?女医の旦那)が死ぬ前に、この男が知るはずもないメリンの過去を言ったりもしますよね。このシーンでは男に悪魔が憑いているように思えたのですが…そうすると移動可能な気がします。 けど移動が可能なら、何で他の人間に移って逃げないのか…とかも思ったり。憑いた人間に固執しているから? 余談ですが、「エクソシスト」は昔観ましたが記憶が曖昧です。続編もあるようですが観ていません。これらを観れば分かりますか? どうかご意見お願いします。

  • 映画のタイトルがわかりません。

    映画のタイトルがわかりません。1960年ごろのヨーロッパ映画だと思います。神父が悪魔と教会の中で戦います。少女が生贄で差し出されて、神父が悪魔と戦って少女を救います。昼間は悪魔たちも隠れていて、夜になると床や壁からすり抜けるように沢山の悪魔たちが出てきます。神父は窓を覆い隠して日の出がわからないように悪魔たちと戦い、日が十分に出た頃に覆いをはずします。すると悪魔たちは床や壁に逃げ込むのですが、日にあたったために、体が床や壁に半分めり込んだ状態で死んでいき、神父が勝つというストーリーでした。もう一度見たいのですが、タイトルが解りません。どなたかご存知の方、教えてください。よろしくお願い致します。

  • ホラー映画のタイトルを教えて下さい

    昔見た、ホラー映画ですが、タイトルが思い出せないためレンタル出来ません。 悪魔払い系の洋画です。 全体的な内容は忘れましたが、 ラストシーンだけ憶えています。 エクソシスト(悪魔払い師)が悪霊と闘うが、なかなか追い払えない。 そこで、最後の究極の技「自ら命を絶つ」という方法を使うことにして、 自分で自分の腹を刺して死ぬ。 一度は死ぬが、神の力で復活。 復活すると強力な神の力が使えるようになり、悪魔に勝つ。 というのような内容です。 エクソシスト(悪魔払い師)は黒人だったような気がします。 また、日本語は字幕のみの対応だったと思います。 ご存じでしたら、ご回答宜しくお願い致します m(_ _)m

  • 映画の題名を教えてください

    確か、ポール・ニューマンが主演だったと思います。 ポール・ニューマン扮する神父(?)が、女性を妊娠させてしまい、その女性が妊娠を打ち明けたとき、この神父はその女性の事を気遣うよりも、自分の罪が神に罰される事のほうを恐れて気にして、自分の罪が許されるよう神に祈る場面があり、とても衝撃を受けた記憶があります。 この映画をもう一度見たいのですが、題名を忘れてしまいました。 どなたか、題名をご存知でしたら教えて戴けるとありがたいです。 どうぞ、よろしくお願い致します。

  • 悪魔祓いをするのは男性(神父)だけでしょうか?

    悪魔祓いをするのは男性(神父)だけでしょうか? SFやホラーが好きで、エクソシスト系の映画も好きでよく観ています。 アマチュアが書いたホラー小説を募集している所があり、面白そうな為、応募しようと思っているのですが、映画で得ただけの知識なので、根本的な事が分かりません。 宗教はキリスト教(カトリック)として・・・ ・悪魔祓いをするのは神父だけなのでしょうか?女性は悪魔祓いは出来ないのでしょうか?  映画では、シスター(女性)は悪魔祓いしているシーンを見た事がないのです。 ・悪魔にもインキュバス、サキュバスと性別(?)がありますが、その違いによって、その悪魔を倒す人間(適した人物)も異なるのでしょうか? 設定自体は、多少事実と異なっても可らしく、メールフォームで、どのくらい事実と異なって許されるか聞いたのですが、「警官が医者として働く」ような明らかな改変はNGだけど、エクソシスト自体がフィクションめいているため、アニメの「クロノクロセイド」ほど逸脱しても構わないそうでした。 しかし、出来るかぎりは基づきたいです。 友達がクリスチャンでカトリックなので、連れてってもらおうと思いましたが、SFすぎて神父さんに嫌な顔をされるもの困るため、やめました(笑)。 ご存知の方、教えてください(アニメ・書物の設定でも構いません) この質問がアニメか映画か哲学か、何処にカテゴリを絞るか分かりませんでした。 キリスト教の為、哲学カテゴリにしましたが、場違いであれば申し訳ないです。