• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

賃貸契約キャンセル料について

6日に契約書を不動産屋へ持参し、10日までに契約金を振込みするように言われていますが、まだ振り込んでいません。キャンセルしたいと思っているのですが、 この場合、キャンセル料を請求されるのでしょうか。 カギを受け取るのは12日で、入居予定は16日です。 重要事項説明書には、賃貸物件に対する借り主の故意又は過失による損害は、借主が賠償する。契約解除通知後の明渡し期日遅延による貸主の損害は、借主が責めを負う。その他、法令の定めるところによる。とあります。   

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数647
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

#1です >確定したら連絡をくれると不動産屋の方 失礼、まだ未確定なのですね、なら間に合うかも? キャンセルなら出来るだけ早く仲介業者に連絡して下さい。 契約はまだ確定していないと思います。 お金を一切払っていない、入居予定日も来ていないのならおそらく間に合います。 少しでもお金を頂いていると私は難癖をつけて返しません...(爆)。 ただ、一度貴方の様なケースでキャンセルするとその仲介業者での申し込みは一生出来ません。 今度は他の業者へ行って下さい...(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 明日、言ってみます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

大家してます キャンセル料、違約金は契約書に書いてあるはずです。 通常家賃の1ヶ月分程度だと思います。 契約が確定している以上仕方有りません。 よくまだ入居もしていないと言われる方が居ますが、 契約した以上、大家はその部屋を募集する事が出来ません。 いわゆる拘束された状態になります。 違約金はその賠償の意味が有ります。 貴方は6日からその部屋を手に入れている訳です。 重要事項説明書の規定は壊したり汚したりした時の事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 確定したら連絡をくれると不動産屋の方が言っていて、まだ連絡は無いのですが、それでも契約成立している状況なのですよね? すみません、また質問です。

関連するQ&A

  • 賃貸契約について

    転勤で家を貸しています。 最近、家賃が遅れ気味です。 事情では、昨年末に借主が失業したとかで、1ヶ月ほど遅れたことが ありました。 最近、就職できたらしいとのことですが、また職を変えたとの話です。 契約書には、「3回以上遅延することにより、その支払能力がないと認め、且つ、 その遅延が信頼関係を著しく害するものであると認めたときは、物件の明渡し を請求でき、(借主は)その請求に応じなければならない」 と記載されています。 現在、転勤で戻ってきたので、持ち家の近くで借家住まいをしています。 契約更新時に、仲介業者、借主に相談したのですが、 私が直接、相談したのがまずかったのか、借主が怒っていると 仲介業者にも文句を言われました。 仲介業者からも「住んでいる方に権利があるから」と言われ、仕方なく 契約を更新しました。 こんな心情面の問題はありますが、契約書に家賃滞納について 記載されているのですから、明渡請求できるのでしょうか? このうような場合、契約終了後は必ず明渡してもらえるのでしょうか? ちなみに、仲介業者からは「契約書は形式だけだから、裁判しても住ん でる方に権利があるんですよね」と言われてます。

  • 戸建の賃貸契約について

    茨城で一戸建て物件を借りるのですが、賃貸借重要事項説明書の説明事項の欄に、 抵当権が実行されて競売にかけられた時に内容が書かれていますが、 一部納得がいきませんが、一般的な内容なのでしょうか。 記載されている内容は以下のとおりです。 「本物件に抵当権が設定されていますので、借主は、その抵当権が実行されて競売になり、  万一、買受人から明け渡しを求められたときは6ヶ月以内に明け渡さなければならない  (その間も賃料の支払いが必要)。なお、この場合は、貸主に預けた敷金(保証金)の返還を  買受人に求めることはできない。  また、買受人により明渡しが求められない場合においても、買受人より賃貸借契約の締結を  求められ、新たに敷金(保証金)の預託を求められることがある。」 上記の内容で、納得できないのは、以下のとおりです。  (1) 貸主の都合により競売にかけられるのに、引越などにかかる費用は負担されるべきではないか?  (2) 貸主に預けた敷金(保証金)に関しては、買受人に引き継がれるべきではないか? 上記2点から、以下のような内容があるべき形ではないかと思うのですが、 間違っておりますでしょうか。 「本物件に抵当権が設定されていますので、借主は、その抵当権が実行されて競売になり、  万一、買受人から明け渡しを求められたときは6ヶ月以内に明け渡さなければならない  (その間も賃料の支払いが必要)。  退去にかかる費用に関しては、買受人が全額負担とする。  貸主に預けた敷金(保証金)は、買受人が継承し、買受人より賃貸借契約の締結を求められても、  新たに敷金(保証金)の預託を求められることはない。  退去時には、買受人により貸主に預けた敷金(保証金)の返還を求めることができる。  」 如何でしょうか。 「退去にかかる費用に関して・・・」の一文はもしかすると 難しいかなぁと思っていますが、それ以外は普通なんじゃないかなぁと思っています。 ご教授下さい。

  • 賃貸物件,申し込み後で契約書提出前のキャンセル料について

    他にもよく似た質問があり拝見しましたが,こちらの事情と少し違っていてどうなるのかよくわからないので質問させていただきます。 5月の中旬に大手不動産会社で物件見学をしました。 いいなと思う物件があったのですが1週間ほど迷っていたら電話がきて,早く返事がほしいと言われました。 再度見学に行き,7月中旬の入居がいいと言ったら即入居の所を7月中旬からの入居にしていただき,更に家賃交渉までしてもらいました。 このとき重要事項説明書の説明を受け,申込金を払いました。 もし契約前にキャンセルするときには申込金は返さないといわれました。 (重説に「手付金の段階では,借主は手付金の放棄で契約を解除できる。」と書かれておりその説明は受けました。) 翌日決済金(敷金礼金等)を払い,審査も通り,契約書も送られてきましたがそこから不動産会社からの連絡は全くなくなりました。 いつまでに契約書を送るようにとも書かれていないし,書名と捺印が必要な部分にふせんが貼ってあるだけでした。(5月終わり頃) 色々と融通をきいてもらった大家さんには大変申し訳ないのですが, 申し込み以降の不動産会社の対応と,両親との相談・自分の体調なども考え,引越し事体を見送ることになりキャンセルの旨を伝えました(6月終わり頃) 不動産会社からは 「契約書を送ってから日にちがたっているので解約扱いになるかもしれないし,もしキャンセル扱いになったとしても大家さんへのキャンセル料として家賃1か月分は必要だ」 といわれました。この場合キャンセル料は必要になってくるのでしょうか? 申込金の預り証には 重要事項説明書記載の物件に対する賃貸借契約成立による充当金としてお預かりいたしました。 万一借主の都合にて解約の場合はその理由の如何を問わず手付金は無効とし,既領の手付金は貸主より返還されません と書かれていました。 契約書が送られてきて約1ヶ月経っていますが契約書にはまだ何も書いていない状態です。 申込金(手付金)は戻ってこないだろうと諦めていますが色々な回答を読んでいたら申込金も戻ってくるべきだというものもありましたので・・・私の場合はどうなるのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • 賃貸契約書の特約事項について

    契約書の特約事項に (7)【原状回復費用】本契約に伴う原状回復にかかる退室時のルームクリーニング費用および原状回復費用については貸主の負担とします。ただし、故意過失を問わず、借主の責に帰すべき事由による補修費用は借主の全額負担とします。 と記述されていますが、通常使用で生じた損耗は元々貸主負担で故意過失が敷金などから現状回復費用として使用されるんですよね? 特約事項だと費用かからないという事ですか? また「ただし、故意過失を問わず、借主の責に帰すべき事由による補修費用は借主の全額負担とします。」とは何を指すのでしょうか?

  • 賃貸借契約書 重要事項説明書

    不動産 賃貸借契約書で、重要事項説明書は、借主側だけにしかなくてもOKなのですか? 貸主・借主、両方の契約書になくても問題ないのでしょうか?

  • 遅延損害金は定額でも問題ない?(定期借家契約)

    近々レンタルオフィスを借りようと、貸主から契約書をもらってきました。 すると、遅延損害金の項目について 「借主が、本契約に基づく債務の支払いを遅延した場合に、金3,000円の遅延損害金を直ちに支払うものとする。」 とありました。 遅延損害金について自分で調べたところ、消費者契約法により、金利の上限が設けられているようですが、 今回の賃料は60,000円/月程度ですので、仮に1日滞納し、3,000円を支払うと仮定すると、遅延損害金の年利は1825%ということになります。 上記のように、固定金額を設定する遅延損害金は、社会通念上有効なのでしょうか。 もし、無効なのであれば、契約前に変更を依頼したいと思います。 詳しい方のお助けを宜しくお願い申し上げます。

  • 賃貸をキャンセルする場合の手付金返還について

    お世話になります。長文になりますが失礼致します。 11月末頃に気に入った物件を見つけ、賃貸を契約しようとしていたのですが やむを得ない事情でキャンセルする事になりました。 そこで、既に支払った申込金の返却はされるのかどうか気になり 不動産屋から受け取った書類を再確認した所、 「契約のご案内」と記載されてある書類(契約金の金額や内訳・支払い方法等が記載されているものです) には、「申し込み金」と書かれていたのですが もう一枚「御預証」と記載されてある書類には、「手付金」と記載されていました。 そして末尾には小さく「上記記載の手付金に関しては借主の自己都合による契約解除の場合、一切の返金はできないことをご了承下さい。」 と記載されています。 これは、もう返金は見込めないという事でしょうか・・・? 確かによく勝手な自己都合ではあるのですが、 まだ契約を交わしたわけでもないのでよくわかりません。 「自己都合による契約解除」の契約が何を指すのかも不明です。 書類をちゃんと確認しなかった私が完全に悪いのですが、皆様どうか知恵をお貸し下さい。 宜しくお願い致します。

  • 契約前ですが、退去時について。

    契約内容について不明な点があるので、仲介の不動産屋に問い合わせるのですが、客観的なご意見を頂ければ大変助かります。 内装リフォームした築30年ほどのマンションを賃貸する予定です。 賃料3万3千円、敷金6万6千円、礼金なし、管理・共益費なしですが、家賃は当初3万5千円だったところを、不動産屋からの申し出でこの金額になりました。 同時に駐車場も1万2千円で借りますが、家賃と合わせて4万5千円にということにです。 手付け金なしで入居申し込み後日、契約書と重要事項説明書などが郵送されてきて、署名・捺印後は返送か持参でとのことでした。 ●重要事項説明書については宅建主任者が直接説明をする義務があると把握していますので、これはそうして頂かないと不動産屋が法律に抵触しますよね? ●明け渡し・原状回復については原則として契約書の通りとは思いますが、重要事項説明書に 『借主は使用状況に拘わらず下記解約精算基準に従い修理費・交換(張替え)代・清掃料等を負担しなければなりません』 と書かれていて、その下に解約精算基準と題した表の中に部屋全体といえる30~40項目についての汚損・破損状態と修繕内容が記載されています。中にはその部屋に無いものも書かれています。 借主の故意・過失による破損箇所があれば修繕義務が生じるのは納得していますが、これではどんな場合でも借主が負担と受け取れる気がします。 さらに注記で『本別表に記載する以外にも、借主の故意・過失による破損箇所があれば全額借主負担となります』『冷蔵庫・テレビの後方等の電気焼けは、経年劣化・自然損耗になりません』と書かれています。 他に何があるんだろう??というくらい、その表に書かれていたのですがこれではますます、どんな場合でも借主が全負担と受け取ってしまいます。 さらにその表には『退去時には借主負担でシリンダーごと鍵の交換をします(有料)』も書かれていますが、入居時ではなく退去時ですのでこれは通常貸主の負担になるのでは??と思います。 賃貸借契約書の「明け渡し・原状回復」の項目には、 『借主の義務として原状回復の範囲は別表に定める解約清算基準によるものとし、ハウスクリーニングについては、汚損の程度・入居時の長短に係わらず室内のクリーニングを行い、借主が費用の全額を負担』 『借主は退去に際して、貸主に対して立退料・補償料その他の名目の如何に関わらず、一切の請求をすることができません』 と記載されています。 このたび、しばらく入居者がいなかったため、もう一度家主負担でクリーニングを行うと言っていました。 このことからも、退去時にハウスクリーニングを行うことに関してはまぁ理解できるのですが、全額負担というところが疑問です。 そして使用状況に拘わらずの修理費の負担・・・ 一方的な内容ではないかと感じているのですが、いかがでしょうか? よろしくお願いします。

  • マンションの賃貸契約について

    今、住んでいるマンションの賃貸契約とは別に、家賃を保障する保障会社と保障契約を締結したのですが、これについて相談させて下さい。 この保障契約、今月で一年の有効期限が到来するので契約を更新するよう、更新料の一万円の支払い請求が来ているのですが、これって払わないといけないのでしょうか? 賃貸契約の約款には保障契約のことについては何も書かれておらず、これだけなら無視出来そうなんですが、保障会社との契約約款には既定の期日までに既定の料金を払わない場合には、『重大な義務違反であり、貸主が部屋の明け渡しを求めた場合には借主は部屋を明け渡さなければならない』と書いてありました。 この保障会社との契約は争う余地なく、有効に成り得ますか? 単純に考えれば、知らなかったとはいえ、契約書にサインしているのだから有効は当たり前なのですが、いかんせん胡散臭い不動産業界のことです。 違法スレスレ(場合によっては明らかな違法行為も)を平気でやってくる業界なので、この契約約款自体、イマイチ信用出来ません(たとえば、今でも多い『退去時の鍵の交換代を借主に払わせる』など。本来、鍵の交換にかかる費用は貸主負担が原則で、契約約款に書かれていようと、即座に無効とはいかないまでも、争う余地なく有効には成り得ません)。 たかだか、一万円のことなのですが、納得いかないもの(保証料を払っているのは借主なのに、貸主ばかり手厚く保護するような契約内容など)に払う金など持ち合わせていないので、相談させて頂きました。 ちなみに、連帯保証人は保障会社とは別に、母になってもらってます。 少々分かりにくい文章で申し訳ありませんが、回答をよろしくお願いします。

  • 賃貸契約のトラブル

    会社で事務所兼作業場として、個人から50坪ほど賃貸しています。 契約は不動産会社を仲介として入れ、3年に1度の更新をしています。 今年は契約の更新する年でしたが、先日貸主の娘さんが来社し、貸主だった人が昨年9月に亡くなったので、立ち退きをと言われました。 さらに、内容証明書が配達証明で送られてきまして、建物賃貸借契約解除通知書が入っていました。 その中には  貸主が昨年死亡したため、相続人が協議した結果借りている不動産を売却すること  になった。 と書かれていまして、  (禁止次号9条の21)として    借主の前社長(連帯保証人)が死亡し、その後連絡なく新社長に変更されている    連帯保証人(前社長)は死亡のままである。  (契約の解除)  契約期日期間満了をもって解約致します  と書かれていました。    契約書を見ると、検体保証人の住所・氏名等の変更や死亡については、書面により貸主に  通知するようには書いてありますが・・・。  3年前、前社長が亡くなり社長が交代して連絡もしませんでしたが、これが  契約解除の理由として成り立つのでしょうか?  それとも、禁止事項の本件賃借権の譲渡、転貸に相当してしまうのでしょうか?  貸主の方も昨年亡くなったのに、連絡なしです。それで、契約解除って・・・  ご意見お願いいたします