• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

夫の頭部を持ち歩く女性が出てくる映画のタイトル教えて下さい

 作品自体は90年代と思うのですが、 アメリカを舞台に、3~40代の女性が夫を殺害し、その頭部を帽子用の ピンクのバッグに入れて逃亡するという話しでした。 女性は夫の頭部と会話できる設定で、逃亡の最中も色々会話していました。 終盤、女性は結局警察に捕まり夫殺しで裁判にかけられるのですが、調停で は弁護士や本人が陪審員の同情を得ようと、生前夫がどんなに酷い人だった かを熱弁するものの、有罪になってしまいました。 ここからはうろ覚えですが、ラストでは無罪になったような感じでした。 後、女性の実子なのか、裁判の時には5人くらいの小さな子が来ていました。 ご存知の方いらっしゃれば、お教え下さい。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数57
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

アントニオ・バンデラスが監督した劇場未公開作「クレイジー・イン・アラバマ」だと思います。

参考URL:
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=163009

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。 まさにその映画でした。 「クレイジー・イン・アラバマ」と言えば黒人問題を扱った映画としか 記憶してなかったので、まさか質問した映画と同じ作品とは思いもしま せんでした。 お手数おかけし、申し訳ないです。 でもお陰でもう一度あの素っ頓狂な女性を観ることが出来ます。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 陪審員制度の実際の刑の決定の方法に関して

    アメリカの陪審員制度に関して友人と話していたのですが、一般から選ばれた人がその人の有罪、無罪を決定するという程度しか知らないことに気がつきました。 次の点に関して特にどうなっているんだろうって議論が及びました。下記に関して知っている方お教えください。 1.有罪、無罪のみを決定するのか? 2.全員一致じゃないとだめなのか?その場合はどのように判決は下されるのか? 3.有罪となった場合、懲役何年という判断は誰がどのように下すのか? 映画だと大抵全員一致で無罪、というところで終わってしまうので、有罪だった場合のその後が知りたいです。 ちなみに私の友人の意見では陪審員制度は日本でも取り入れるべきだっという意見だったのですが、そもそもこの陪審員制度って日本人に正しく理解されているの?っていう疑問でした。(知らないのは私だけ??)

  • 裁判員は必要❔

    今さらですが、裁判員は必要でしょうか❔各裁判員経験者様方には、多大な心労に担当裁判終了後も悩まれて居る方々も要ると思います。一般人にもう少し責任の軽い(語弊は有りますが心労を軽くしたい。)陪審員の方が参加しやすいと私は思います。有罪無罪の評決、裁判は専門家で良いと思って居ます。

  • 8人?18人?の男達?(タイトル教えてください)

     探している映画があります。雑誌か何かで紹介されていてタイトルがわかりません。 覚えているキーワードは 1、8人か18人かなにしろ数人の男性が出ている。 2、アメリカの陪審員に関係する物語 3、黒人男性(だったと思う)が殺人容疑かなにかをかけられていて陪審員の多数が有罪と主張する中、1人が反対し、容疑をはらしていくらしい。  結局無罪になった気がします。   こんな感じの紹介でした。タイトルわかる方いませんか?結構、名作らしいです。宜しくお願いします。

  • マイケル裁判 〔無罪判決〕

    無罪判決がおりました。 マイケルのファンではありませんが、特段嫌いという訳でもありません。 米国の有名人の裁判では、被告の知名度によって陪審員が判断を左右されてしまうと聞きました。 日本の方々はこの裁判をどのように見て感じていたのか、知りたいと思い投稿しました。 個人的には、私は無罪で「ホッ」としています。 もし複数ある罪状の内、1つでも有罪になっていたら・・・と思うと、マイケル自身や彼のファンはどうなっていたのでしょうか。

  • 大陪審と普通の陪審について教えてください

    アメリカに陪審制度がありますが、普通の陪審は有罪か無罪か決めるわけですね。大陪審は「12人から23人で起訴するかどうか決める」そうですが、質問があります。 大陪審は逮捕された人を裁判にかけるかどうかを決めると言うことですか。何でそんなことに陪審の倍の人数が必要なんですか。 有罪か無罪か決める陪審の方が重要なような気がするんですが、大陪審のほうが名前も重要そうですよね。 あまり知識がないものなのですが、どうかよろしくお願いします。

  • アメリカの陪審制では・・・?

    アメリカの陪審制では、殺人犯でも無罪の評決が下されたら、たとえ有罪の証拠があっても、無罪になるのでしょうか? 被害者が凶悪犯だった場合、陪審員たちも犯人を「賞賛する理由はあっても、問責する理由は無い」という流れになって、感情的に無罪の評決をが下されたら、たとえ検察側が有罪を立証できても、その犯人は無罪になるのでしょうか?

  • 映画のタイトルを教えて下さい!

    初めまして。 アメリカの映画だと思います。80年代~90年代の作品で、ハッピーエンドです。  『再婚しようとする女性の前に、死に別れた夫の幽霊が現れ、困惑します。再婚に反対して夫の霊が現れたと思い込みます。しかし、未だに前夫の事を忘れずにいたのは、女性の方でした。  前夫が自分の事を忘れさせようとして、女性の前に姿を現したのでした。最後は、女性は結婚式を迎えます。』  とても、感動する内容です。ぜひ、皆さんにも見て頂きたい素晴らしい作品だと思います。

  • 裁判員制度は廃止できないか?

     裁判員制度が始まって多く問題も浮き彫りになってきました。  ここで裁判員制度について検証して廃止の方向に持っていくことは出来ないのでしょうか?  裁判で証拠を吟味して適切な判決を決めることは非常に難しいことです。それこそ、その仕事をするために裁判官に多くの給料を払って仕事をして貰っているのだと思います。  また、アメリカに陪審員制度はありますがそれは有罪か無罪かを決定するだけで刑罰を決定するのは裁判官の仕事になっていると思います。

  • アメリカの裁判用語? 『フレーズ』

    いま、娘さんをアメリカで殺害された日本人の父親の本を読んでいます。 そのなかで、多分、アメリカの裁判用語だと思うのですが、 『フレーズ』という言葉が出てきます。 (第一フレーズでは、陪審員が有罪か、無罪かを決める。第二フレーズでは、 判事が量刑を決める...のように出てきます。) この『フレーズ』のつづりを色々検索したのですが、わかりません。 この『フレーズ』(”第一審”とかの”審”という意味なのでしょうか?)の つづりを教えてください。

  • 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律

    次は、「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」に関するジャパンタイムズの記事の一部です。 http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/ed20070218a1.html In principle, six lay judges will sit with three professional judges. The nine will determine guilt or innocence and hand down sentences by majority vote. A guilty ruling must be supported by at least one professional judge. If either all three professional judges or five of the six lay judges favor a not-guilty ruling, the defendants must be acquitted. Lay judges sit for only one trial. (私の翻訳) 原則として、6人の裁判員は3人の裁判官と同席する。9人は多数決の表決で有罪、無罪および量刑を決定する。有罪判決は少なくとも1人の裁判官の支持が必要だ。もし3人の裁判官全員または5人の裁判官が無罪票決すると、被告は無罪となる。裁判員は一度きりの任命となる。 ---------- つまり、裁判官3人には、連帯して(有罪判決に対する)拒否権がある。ということは、陪審員が凶悪犯罪につき有罪にしたくとも、裁判官3人が無罪と手を上げると、裁判員の存在理由はなくなる。無罪となる。 また、建前は有罪でも本音で無罪にしたい、あるいは政治的に無罪にしたい場合は、それなりの裁判員を動員、裁判官は有罪としたが、陪審員が無罪としたため多数決で無罪となる。責任は陪審員となる。 新たな抜け道だらけの「ザル法」となりますが、 このJapantinesの解説は正しいのでしょうか。いろいろ調べますが、それなりの情報がえられません。 法案は次の通りだと思います。何度呼んでも理解に苦しみます。 このJapantimesの解説は正しいのか、間違っているのか、教えてください。 次の条文を何度読んでも条文から上の結論が導き出せません。 説明をお願いします。 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律 http://www.ron.gr.jp/law/law/saibanin.htm