• 締切済み
  • すぐに回答を!

So do I.. とSo I do. の違いについて

 質問は2つあります。 質問1 会話問題の中に次のようなものがありました。   A: I get so annoyed watching TV these days.   B: ( ). There are too many quiz programs.    A: Yes, and there are so many commercials. ( ) に入る会話はどれか。   (1) So do I. (2)略 (3)略 (4) So I do.  答は、(1)ですが、(4)の同意を示すSo I do.でもいけそうな気がするのですが、なぜダメなのか説明していただけないでしょうか。 質問2 So do I.とSo I do.のちがいを、同じ例文を用いて明確に区別する説明をしていただけないでしょうか。(辞書の説明では、両者の表現が出てくる前の例文が、同一の文でないので、両者の違いを私は理解できませんでした)  いろいろ辞書で調べましたが、明確な両者を区別するための説明がなく、とまどっています。回答よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数16
  • 閲覧数4293
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.16

本の内容を転載して回答を削除されてしまい、読んでいらっしゃる皆さんには混乱を与えてしまったのではないかと反省しております。申し訳ございませんでした。 先日回答に使用しました文法書は、以下のものです。   江川泰一郎(1991)「英文法解説」金子書房 これまでにも教えてgoo!の質問や回答の中で取り上げられているようです。   http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=169059   http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=163670 これらのページでは他の文法書についても書かれていますので、文法書の購入の際には参考になるのではないでしょうか。 私の感想では、上記文法書は「万能」とまでは行きませんが、多くの場合は疑問を解決してくれます。 enngelさんの"So do I."と"So I do."の違いについての疑問にも、わかりやすくまとめて説明されているように思います。どの文法書が良いかということについては上のページを参考にしていただくとして、何か1冊文法書を持っていると、英語の勉強にはかなりこころ強いと思います。enngelさんの質問への回答として適当かどうかわかりませんが、「文法書を1冊購入されては」ということをアドバイスとさせていただきます(形として、この質問に対する回答以外は書けませんので)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.15
  • artist0
  • ベストアンサー率24% (92/378)

もう削除されていますが、toriyamaさんがNo.19ぐらいで、 とある文献から説明を抜粋し紹介されていました。 その説明は内容的には、私の説明と同じ (あまりにも似かよっているので、びっくりしてしまいました。) なのですが、口下手な私と違い、非常にうまく説明されていました。 できれば、もう一度この場で 文献の名前を紹介して欲しいと思います。 もちろん私のためというのもありますが、 他の多くの方にとっても有益だと思いますのでお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14
  • artist0
  • ベストアンサー率24% (92/378)

追加です。 So I do. は『同意』を表す表現として用いられますが、 『同意』ならなんでもかんでも、 So I do. の形(主語が I で、動詞が do) になるわけではありません。 以前書きましたように、 Yes, I do. I do. So I do. の3文はほぼ同じ意味ですが、 Yes, I do. であれ、 So I do. であれ、 I do. であれ、 前の表現を受けて、主語と動詞が決まってきます。 ですから、前の表現次第では So I do. の形でも『同意』ではなくなってきます。   A: I get so annoyed watching TV these days.     (『私は(=A)』最近、TVを見ると、とてもいらいらしてくる。)   B: So I do. There are too many quiz programs.     (『はい、私は(=B)』最近、TVを見ると、      とてもいらいらしてきます。クイズ番組が多すぎます。)   A: Yes, and there are so many commercials.     (そう。それに宣伝が一杯ある。) (No.11も参照されたし)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.13

質問2に関して、形としてはenngelさんが求めておられる例文を思いつきました。   (8)A: She thinks you work hard.「彼女は君が勉強家だと思ってるよ」    B: So I do.「実際僕は勉強家だよ」   (9)A: She thinks you work hard.「彼女は君が勉強家だと思ってるよ」    B: So do I.「僕(自身)もそう思ってるよ」 前の例文が同じでも、"So I do."と"So do I."のどちらも回答が可能で、2つの回答の意味が違っています。 しかしこれらの例文の場合、例文(8)では"you work hard"の部分、例文(9)では"She thinks you work hard."全体と、'so'の指している部分が違うからどちらの回答も可能になったのであって、'so'が同じものを指して、どちらの回答も可能という例文は作れません。その理由についてはNo.8等で説明した通りです。ですから結局はあまりわかりやすい例文とは言えないかも知れませんね。 質問2にこだわって例文を作ってみましたが、2つの形の違いについての説明は、他の方がされている、2つの形において'so'の意味がどう違うか、という説明がわかりやすいのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12

No.12の回答を自分で読んでいて厳密な書き方ではないと思いましたので、また補足させていただきます。 (No.12の例文)   (5)A: I think they work hard. 「彼らは勉強家だと思う」    B: So they do. 「実際そう(=彼らは勉強家)だ」 この例文(5)のB:の発話として、文の主語である'I'に対して"So you do."と言うことももちろん可能です。当然意味は例文(5)とは違ってきますが。   (7)A: I think they work hard. 「彼らは勉強家だと思う」    B: So you do. 「いかにも君はそう思っているね」 また、例文(2),(4),(6)、つまり(so+(助)動詞+主語)語順の例文においては、Bの発話の主語は、Aの発話文の主語以外の誰かを指すのであれば誰でも構わないということも、念のため補足させていただきます。 何度も訂正や補足をして、1つのまとまった回答にならずにわかりづらくなったかも知れません。本当に申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

No.8, No.9(No.8の訂正)を回答したものです。例文を追加し、補足してみました。 (前に載せた例文)   (1)A: They work hard. 「彼らは勉強家だね」    B: So they do. 「まったく(彼らは勉強家)だ」   (2)A: They work hard. 「彼らは勉強家だね」    B: So do I. 「僕だってそう(=勉強家)だよ」 (新たな例文1:"So I do."を含むものを追加)   (3)A: You work hard. 「君は勉強家だね」    B: So I do. 「まったく(私は勉強家)だ」   (4)A: You work hard. 「君は勉強家だね」    B: So do you. 「君だってそう(=勉強家)だよ」 説明内容は前に書いたとおりですが、補足説明を試みてみます。 例文(2)のように"So do I."という答えが可能になるのは、前の文の主語が'you'以外の場合のみです。 例文(3)のように"So I do."という答えが可能になるのは、前の文の主語が'you'の場合のみです。 従って、問題の答えとして、"So do I."と"So I do."のどちらも可能というようなことはありえないということが言えます。質問1の問題の場合は、前の文(Aの1つ目の発話)の主語が'I'(つまり'you'以外)ですので、"So do I."のみが可能となります。 例文(3)に関しては、厳密に言えば前の文の主語ではなくて、前の陳述で話題となっている事柄の主語ということになります(例文(5)を参照してください。このような例文はNo.4のsonorinさんも出されてますね。) 例文(2)に関しては、前の文の主語ということになります(例文(6)の訳が、例文(2)のように「僕だってそう(=勉強家)だよ」という意味にならないことに注意してください)。 (新たな例文2:主語の一致の説明のため)   (5)A: I think they work hard. 「彼らは勉強家だと思う」    B: So they do. 「実際そう(=彼らは勉強家)だ」   (6)A: I think they work hard. 「彼らは勉強家だと思う」    B: So do I. 「僕もそう思う」 "So do I.","So I do."を中心にして例文を見てもいいですが、形としては、例文(1),(3),(5)が同じ(so+主語+(助)動詞)語順のもの、例文(2),(4),(6)が同じ(so+(助)動詞+主語)語順のものになっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
  • artist0
  • ベストアンサー率24% (92/378)

>どうもよく分からないのですが。 (No.7より) これは私の投稿に対するものだと思われますので、 少々補足します。 以下の3文は用法はさておき、意味的にはほとんど同じです。 Yes, I do. I do. (前回の投稿では It is! にあたります。) So I do. ある状態であること、あるいはある行為をしていることを肯定しています。 この肯定は最後の一語 do で表現されています。 (くどいですが、アクセントは文末の do にあります。) とすると、   A: I get so annoyed watching TV these days.     最近、TVを見ると、とてもいらいらしてくる。   B: So I do. There are too many quiz programs.     その通りです(あなたの言う通りよ)。クイズ番組が多すぎます。   A: Yes, and there are so many commercials.     そう。それに宣伝が一杯ある。 はおかしいことになります。 So I do. を Yes, I do. に置き換えてみてください。 A:『私は(=A)』最近、TVを見ると、とてもいらいらしてくる。 B:『はい、私は(=B)』最近、TVを見ると、とてもいらいらしてきます。 A:そう。それに宣伝が一杯ある。 いかがでしょうか?話がかみ合っていませんね。 Bは「私も」(Me, too)と答えないと変です。 So do I. = Me, too. ですが、この me の意味もやはり 文末の一語 I で表されています。 So I do. の so も So do I. の so のどちらも 前の言葉を受けていて単純に「そう」という意味でしかありません。 まとめると、 So ~ do. (強い)肯定(=indeed, truly) So do ~. (Neither do ~) 「~も」 なのですが、 この(強い)肯定のニュアンスも「も」のニュアンスも 文全体から出てきます。 言わんとすること(重要な情報)である文末の一語を強調すると どうしてもこのようなニュアンスになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

No.8 の toriyama さんとまったく同じ趣旨ですが、ご質問の例文と英英辞典を調べた結果を使って説明したいと思います。 (1) So do I. の場合、so = also, too, likewise (4) So I do. の場合、so = indeed, truely ご質問の例文に適用すると、次のようになります。 A: I get so annoyed watching TV these days. (1) B: I do, too. (= So do I.) (4) B: Indeed, I do. (= So I do.) 最初の A の発言は A のことを述べているので (1) は自然につながりますが、(4) ではうまくつながりません。もし A の発言が "You get annoyed watching TV these days, don't you?" であれば、(4) の "So I do." が正解になるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

質問1については、私もNo. 3のbishop0さんの回答が正しいと思います。 "So I do."の語順(so+主語+(助)動詞)の場合、私の使っている辞書には、 [先行の陳述に対する同意・確認を表して]まさに,いかにも,実際 と説明されています。この意味から考えても、先行の陳述における主語と、"So ・・・."の主語は一致していなければなりません。ここで一致と言うのは、指示しているものが同じことを意味していて、どちらも一人称の'I'で一致しているとかいうことではありません。 それに対して、"So do I."の語順(so+(助)動詞+主語)の場合は、 [異なった主語に従う肯定の陳述を付加して]…もまた と説明されています。ですから、"So I do."の語順の場合とは逆に、主語は一致することがないのです。 そういう意味で、質問2で書かれているような、前の例文が同一の文で"So I do."と"So do I."の違いを説明するということは無理だと思います。前の例文を同一にすると、逆に"So …"の文内での主語が異なってきます。 A: They work hard. 「彼らは勉強家だね」 B: So they do. 「まったく(彼らは勉強家)だ」 A: They work hard. 「彼らは勉強家だね」 B: So do I. 「僕だってそう(=勉強家)だよ」 しかし書いてみると、こちらの方が違いがわかりやすいようにも思われますが、いかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

    どうもよく分からないのですが。     A: I get so annoyed watching TV these days.     最近、TVを見ると、とてもいらいらしてくる。   B: So do I. There are too many quiz programs.     私もそうです。クイズ番組が多すぎます。   A: Yes, and there are so many commercials.     そう。それに宣伝が一杯ある。     A: I get so annoyed watching TV these days.     最近、TVを見ると、とてもいらいらしてくる。   B: So I do. There are too many quiz programs.     その通りです(あなたの言う通りよ)。クイズ番組が多すぎます。   A: Yes, and there are so many commercials.     そう。それに宣伝が一杯ある。     これだと、Bの答えは、どちらが正しいのか、どちらも会話として成立しているように思えますが。(わたしは、会話として、どちらでもよいと思ったし、そう記しました。しかし、敢えて、一方が「正解」だというのは何故かというので、理由を考えてみただけですが)。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • センターの会話問題です。

    A: I get so annoyed watching TV these days. B: ( ) There are too many quiz programs. A: Yes, and there are so many commercials. 1. Me, too 2. Oh, are you? 3. Oh, did you? 4. So I do. Bは同意していると思うので、1か4だと思うのですが。 もう一問 A: Look at this old coin you have here. B: It looks rather old, but I don't know whether it's ( ) much. 1.useful 2.valuable 3.excellent 4.worth Bの会話文の最後のmuchはどういう役割ですか。valuableではなぜいけないのでしょうか。

  • so+形容詞+a+名詞

    so+形容詞+a+名詞 は、名詞は必ず単数形で複数形では用いられないようです。 質問なのですが、 1 名詞は必ず可算名詞である必要がありますか? There was so much dust that we couldn't see what was happening. という例文がありました。 2 名詞は必ず単数形だと思っていたら、 He made so many mistakes that he failed the exam. という例文がありました。ということは、名詞は必ず単数であるという説明は間違っているのではないでしょうか?

  • , so~that...の解釈

    The new discoveries that mathematicians are making are very varied in type, so varied indeed that it has been proposed (in despair) to define mathematics as ‘what mathematicians do': for mathematicians today attack many problems not regarded as mathematical in the past, and what they will do in the future there is no saying. (質問) The new discoveries that mathematicians are making are very varied in type, so varied indeed that...の「,so varied that」の部分ですが、文法的にはどういう説明がつきますか?(so~that構文は分かっていますが、私にはこの部分が、何か宙に浮いたような感じがしてたまりません)更に、似たような文章があれば提供していただけると幸いです。 The sea was very rough―so much so that the ship couldn't get into the harbor.(ジーニアス) これと同じような感じもしますが、ただこれはso much so that...なので、はたしてso much so that=so rough thatという風になるか定かではありません。

  • There are を文末に持ってこれますか

    There are so many people. 「たくさん人がいる」という意味ですが、これを So many people are there.  と表現することもできるでしょうか。 ご回答よろしくお願い致します。

  • There are so many sports about whic

    There are so many sports about which British people seem to go crazy about that it is difficult to know where to begin, ... Crown English Reading, p16 より抜粋 上記の文の場合,so...that...構文であるのならばso many sportsの部分がsuch many sportsではないといけないと思うのですが,どなたか説明をして頂けないでしょうか?

  • 仮定法:主節と従属節の時制の関係について

    仮定法の学習において今まで、特に意識せず主節とif節の時制を合わせたり、完了形でそろえて使っていました。 例)I would call Lisa if I had her number. I would have called Lisa if I'd had her number. しかし、文法書の仮定法のセクションで、There are many things I'd like to do if I had more time. という例文があり、仮定法の文で主節の動詞がareが使われ現在形になっていることに疑問を覚えました。この文を、 There are many things[ I'd like to do if I had more time]. とif節までmany thingsを修飾している節の一部だと考えてみるといいのではないかとも考えてみたのですが、インターネット検索で、 There's so many things I want to do if I had one normal day. といった文章がいくつか見つかり、上の考え方では解決はできないとわかりました。 仮定法の文において主節とif節の時制が一致しない場合とはどのようなときに起こる用法なのでしょうか? 上手でない説明で申し訳ありません。 わかる方がいましたらご説明よろしくお願いします。

  • like so many

    NHK実践ビジネス英語2006年10月Lesson 1(3)のBellさんの台詞で、 The company doesn’t want expats sitting in the same place for 15 or 20 years like so many middle-aged execs in the older workforce. とあります。 テキスト訳:「会社としては海外駐在員を、古い世代の多くの中高年役員のように同じ場所に15年も20年もとどめておきたくないのです。」 Bell: Five years max. Then they rotate me back here to headquarters for a year or two before I get reassigned. Next time could be Amsterdam or Buenos Aires. The company doesn’t want expats sitting in the same place for 15 or 20 years like so many middle-aged execs in the older workforce.@ 2006年10月L1(3) 読んだときは、何も気に留めずにいたのですが、「上級英語への道」ブログに載っていた山崎貞「新々英文解釈研究」という参考書復刻版の紹介で 2009/3/1 山崎貞「新々英文解釈研究」が復刻 [辞書・学習参考書] https://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2009-03-01#more 「またあるページでは They worked hard like so many ants. という例文をあげて so many は同数を表すことを説明している。先日取り上げた本「さよなら英文法!」が提唱するような、辞書も参考書も捨ててひたすら多読だけ、という方法だと、many を「多い」ととらえたままで読み流してしまう人もいるのではないだろうか。」 という一文があり、NHK実践ビジネス英語のテキストにもあるか調べて見ました。 随分、古い用例を引っ張り出してきて済みません。この一例だけでした。 [質問] 通常思い出すのは、 “so many as”や “so much as”として使われる用法と思いますが、これらと同じように “like so many”という使い方もあるという程度の話でしょうか? 以下、Web検索してみました。 like so many(英辞郎 on the WEB) あたかも同数の~のように ・Stars are shining like so many diamonds. : 星が、ダイヤのように輝いている。 like so manyとは 2015年12月14日 by EWG(English Without Generations) https://masakuraya.com/englishblog/2015/12/like-so-any%E3%81%A8%E3%81%AF/ like so manyとは「まるで~のよう」という意味で、so manyで「それと同数の」という意味合いになる。 例えば、 They follow their leader like so many bees. (彼らはまるでハチのようにリーダーに従っている) The houses look like so many stones. (その家々はまるで石のように見える) like so manyの後は必ず複数名詞、なぜならso manyと言っているのに単数だとおかしい。 ちなみにas so manyも同様の意味。 例えば、 They follow their leader as so many bees. (彼らはまるでハチのようにリーダーに従っている) アリさんもハチさんも黙々と働いているという昭和ノスタルジーでしょうか?

  • do need a ~, but don’t.

    英国版ヤフーニュースより、  (1)最後のbut don’t.はどういう意味でしょうか? There are so many dangerous roads which really do need a cycle lane, but don’t. https://uk.news.yahoo.com/is-this-the-silliest-cycle-lane-in-britain--chesterfield-bike-lane--an-embarrassment-to-town-105656866.html#BFnFyIK 「本当に自転車用の道が必要なたくさんの危険な道はあります、but don’t. (←?)」 (2)この記事で、最後の方の、Cyclist Lisa Jennings, 36, saidから始まって引用符から始まる文が、 "It’s an embarrassment~ (引用符終わりなし) "There are so many dangerous roads~ (引用符終わりなし) "The council needs to get its priorities straight."(引用符の始めと終わりあり。) となっていますが、誤植でしょうか? よろしくお願いします。

  • 私では駄目な事が多すぎる

    こんにちは、いつもお世話になります。 タイトルそのままなのですが、「私では駄目な事が多すぎる」を英語にするとどうなりますか? 「私では駄目な事」のすっきりする表現が思い浮かびません。 There are so many things that I can't do とか思ったのですが、私が出来ない事になってしまうので、感覚的に今ひとつです。 宜しくお願い致します。

  • Did you knowtとDo you know

    お世話になります。 Did you knowtとDo you know の使い方について教えてください。 たとえば、(いい例が浮かばなくてすみません)オーストラリアには コアラたくさんいるって知ってる?と聞きたいとき、 Do you know there are many koalas in Australia? というのか Did you know there are many koalas in Australia? とするのと どちらがよいのでしょうか。 彼がアメリカに住んでいたって知ってた?といいたいとき、 Do you know he lived in America ? Did you know he lived(had lived?)in America? のどちらがよいのでしょうか。 Did you know とDo you know の使い方について こういうときはDidでこういうときはDoを使うという アドバイスをいただけると大変ありがたいです。 よろしくお願いします。