• 締切
  • 暇なときにでも

マルチブート設定後のパーティション分割

  • 質問No.1743142
  • 閲覧数274
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 97% (44/45)

WindowsとLinux(Fedora Core 4)のデュアルブート環境を作ったあと、Windowsがインストールされているパーティションを分割しFAT32の拡張パーティションを作成したところ、Fedora Coreが起動しなくなりました。拡張パーティションを削除するとまた起動するようになったのですが、その理屈を教えていただけないでしょうか。

なお、
元々のパーティション
hda1 : Windows XP Pro(NTFS)
hda2 : Linuxのboot
hda3 : Linuxのswap
hda4 : Linuxの/

新しいパーティション
hda1 : Windows XP Pro(NTFS)
hda5 : Windowsの拡張パーティション(FAT32)
hda2 : Linuxのboot
hda3 : Linuxのswap
hda4 : Linuxの/

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (595/2071)

拡張パーテーションが、hda1とhda2の間に入ったので、Liloの認識するハードディスクの番号が変わっただけな気がします。

とはいえ、windows自体、Linuxのext3とか全く認識する気がないので、ドライブ番号hda1の下に割り込ませるんですよね。何もしないと。
補足コメント
salt-water_tabby

お礼率 97% (44/45)

少し補足いたします。
ブートローダはGRUBで、デュアルブートの設定は、
http://kody.jp/redhat/dualboot.shtml
に書かれているやり方とほとんど同じ方法で行っています。
投稿日時:2005/10/31 22:41
お礼コメント
salt-water_tabby

お礼率 97% (44/45)

ありがとうございます。

私のマルチブート設定は、補足に書かせていただいたとおりなのですが、起動時のエラーを思い出すに、GRUBを呼び出すところまではうまくいっていて、そこからLinuxを起動するに至らない、という感じですので、t_nojiriさんの書かれている内容で当たっている気がします。

拡張パーティションを作った場合、再度boot.iniを書き換える必要がありそうですね。もう少し勉強します。
投稿日時:2005/10/31 23:02
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ