• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アセトアルデヒド生成に失敗しました。

試験管にエタノール5ml+二クロム酸カリウム水溶液2ml+沸騰石1つを熱して 下方置換法でアセトアルデヒドを作るという実験に失敗しました。 本によると、熱すると溶液が緑になるらしいのですが 緑にはならず、濁った茶色になりました。 先生によると、うまく溶液が混ざっていなくて、エタノールが酸化されなかったのではないか…とのことなんですが いまいち説明が足りないような気がします。 この詳細が解る方、説明をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数450
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

溶液の色が緑色にならなかったということは、やはり反応が充分に進まなかったのだと思います。 通常、クロム酸塩・二クロム酸塩の酸化力を最大限に発揮させるには酸性にします。 ただ、アルデヒドはアルコールより酸化されやすいので、今回の実験ではpHを中性領域にして酸化力を抑えたと推測します。 (アセトアルデヒドはエタノールより水に溶けにくく気化もしやすい為、生成後にうまく溶液から気化させてやれば、酢酸に酸化される前に取り出せる、と) それが、今回の場合は、酸化自体が充分に進まないという結果を招いたのではないかと思います。 (もちろん、液がよく混ざらず2層に分離していた場合も、充分に酸化されませんが) 二クロム酸による酸化についての参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/Jones%E9%85%B8%E5%8C%96 さて、溶液の色についてですが、クロムの場合、正三価(Cr3+)が最も安定な電荷になり、水溶液中では[Cr(H2O)6]3+などの錯イオンとして存在します(→これが緑色)。 二クロム酸による酸化反応が進むと、クロムは正6価から還元されて正3価になるため、酸化される物が充分にあれば、液の色が緑になります。 これが茶色になったというのは、恐らく一部でしか酸化還元が起こらなかったために、二クロム酸カリウムの赤橙色と正3価の錯イオンの緑色が混ざったのでそう見えた、ということだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事が遅くなってしまってごめんなさい。 大変参考になりました。 参考書に失敗例は載っていないんで…。 たしかに、橙色と緑を混ぜたら茶色になりました! 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • アセトアルデヒドの考察

    昨日学校で「アセトアルデヒドの合成」の実験を行いました。 手順は、 1、試験管に希硫酸2mlと二クロム酸カリウム水溶液を1ml加える。 2、エタノールを少量ずつ加える。 というものです。 考察がいくつかありまして、その中で分からなかったものを質問したいと思います。 1、この化学変化を略式構造式を用い化学反応式で表せ。 2、塩酸や硝酸を用いず、希硫酸を加える理由は? 3、酸化剤として「過マンガン酸カリウム」を用いない理由は?? 4、生成したアセトアルデヒドを分離するには? 以上4つです。 1つでも分かるものがございましたら、 教えてください。

  • エタノール→アセトアルデヒド→酢酸 反応機構

    二クロム酸カリウム水溶液を用いてエタノールを酸化させていく反応がありますね エタノール→アセトアルデヒド→酢酸 としていく反応です このとき各段階 エタノール→アセトアルデヒド            アセトアルデヒド→酢酸 では何が起こっているのですか? 反応機構を教えてください

  • アルデヒド

    銀鏡反応とフェーリング反応、ヨードホルム反応の実験をしたのですが,それぞれ試薬を使う理由等がよく分かりません。 あと、それぞれの反応の一般的メカニズムみたいなのを教えていただければうれしいです。 銀鏡反応:  アセトアルデヒド1mlにジアミン銀(I)イオンの水溶液5mlを加えて60℃の温湯であたためた。  ?なぜ、60℃なのか。とか、その、メカニズムを教えてください! フェーリング反応; フェーリング液2mlに、アセトアルデヒドの水溶液1mlと、沸騰石を加えて煮沸する。 ヨードホルム反応; 300CCのビーカーに水役100ccを居れて金網上で暖めておく。 6本の試験管にヨウ素水溶液を2ccずつとり、これらにメチルアルコール、エチルアルコール、n-プロピルアルコール、イソプロピルアルコール、アセトアルデヒド、アセトンを数滴加えよく振ってから、10%水酸化ナトリウム水溶液をヨウ素の褐色が消えるまで加えて、300ccのビーカー中の温水につける。しばらくして試験管の中に黄色の結晶ができているの調べる。 という感じの実験です。 わたしに教えてください。どんなことでもいいので!!

  • 酸素、水素、二酸化炭素、アンモニアの作り方

    酸素、水素、二酸化炭素、アンモニアの作り方が覚えれません>< なにか良い覚え方はないでしょうか??? ちなみに、 酸素→    オキシドール、二酸化マンガン  水上置換 水素→    薄い塩酸、亜鉛           水上置換 二酸化炭素→塩酸、石灰石            下方置換 アンモニア→ アンモニア水、沸騰石       下方置換 薬品だけでもいいのでお願いします><

  • 実験 酸とアルコ-ルからエステルを作る

    ↑の実験をしました(高校化学)。流れを書きますと。 1、 4本の試験管(A,B,C,D)に、氷酢酸2mlを入れ、そこに沸騰石を1粒ずついれる。 2、 A,Bに、無水エタノールを2ml、C,D,にアミルアルコールを2mlずつ入れる。それぞれを良く振って、臭いを嗅ぐ。 3、 B,Dにだけ、濃硫酸を0,3mlずついれる。また良く振って臭いを嗅ぐ。 4、 これらの試験管を約70℃の水に浸し、試験管の内容物が沸騰しない程度に10分間加熱する。 5、 試験管全部に冷水約5mlを入れ、臭いを調べ、上層部の体積を調べる。 私は風邪をひいていて、臭いが良くわかりませんでした。どなたか臭いを教えていただけないでしょうか?それと、他に疑問に思ったことについても教えてください。 下のことでわかることがありましたら、どうか教えてください。御願いします。 ・氷酢酸と無水エタノールを混ぜた臭い。 ・氷酢酸とアミルアルコールを混ぜた臭い。 ・酢酸エチルの臭い。 ・酢酸アミル(酢酸ペンチル)の臭い。 ・なぜ10分間加熱したのか。 ・なぜ濃硫酸を0,3mlだけ加えたのか。 ・酢酸エチルと、酢酸アミルの合成された量が異なったのはなぜか(酢酸アミルの方が多かった)。 ・なぜ「冷水」を加熱後加えたのか。

  • センター試験 化学

    2008年度のセンター試験の有機分野の過去問で分からないものがあるので教えてください。  乾いた太い試験管にサリチル酸0.5g、メタノール5ml、濃硫酸1mlを入れ、沸騰石を加えた。この試験管にガラス管を取り付け、熱水の入ったビーカーの中で30分間熱した。この試験管の内容物を冷やしたあと、30mlの□が入ったビーカーに少しずつ加えたところ、サリチル酸メチルが生成した。      ・□に入るものを選べ。  (1)6mol/l水酸化ナトリウム水溶液  (2)飽和炭酸水素ナトリウム水溶液 答えは(2)なのですが、どうしてこの答えになるのかわかりません。丁寧に教えて下さい。  

  • アルコールの酸化について

     水とメタノールを1mlずつ入れた試験管に、らせん状に巻いた銅線を加熱して、この試験管に出し入れすると、ホルムアルデヒドができるみたいなんですけど、何でこの操作でメタノールが酸化されるんですか??  それと、もう一つなんですけど、試験管にエタノール1ml、ニクロム酸カリウム酸2ml、希硫酸0.5ml、沸騰石を入れて、弱い炎で加熱蒸留する。留出液が1mlほどたまったら加熱をやめ、アンモニア性硝酸銀水溶液0.5mlを加え、70度くらいの温水に入れて、銀鏡反応を見る。  という実験をしたんですけど、失敗したんですよね。どの班も成功してなかったみたいなんですけど、何か注意する点とかありますか??  長くなりましたが、誰か分かる方教えてください!

  • また希釈で;

    前回も質問したのですが、また先輩と計算結果が違ってしまいました; ある試料を希釈したのですが、その溶液に含まれている試料が何mgなのかで、先輩と計算結果が違ってしまっています。 試料1gの入った10mlの溶液(溶媒;エタノール)・・・(1) (1)を2倍に希釈しました((1)を5ml+エタノール5ml)。 2倍に希釈した溶液2mlに、DPPHエタノール溶液2mlを加えました。 それをキュベットに入れ、吸光度を測定したのですが、 このキュベットの中に、試料が何mg含まれているのかを計算しました。 1g×(5/10)×(2/10)×1000=100mg      ↑      ↑    (1)の5ml   取り出した2ml と計算しました。 多分、先輩と私の計算で違う点は、キュベットへと取り出した2mlを式に入れるかどうかだと思います。 希釈をしない場合は、 1g×(2/10)×1000=200mg だと思ったのですが、 希釈していないのだから、1gじゃないのか?といわれました。 御意見を聞かせてください。

  • 教えてください

    こんばんは。実験結果についてのプリントなのですが、説明になんと書けばよいのかわかりません^-^;。教えていただきたいです まず実験は <題:色の変化でわかる化学平衡の移動> 実験操作 A温度による平衡移動を調べる 試験管に演歌コバルトIICoCl2約0,10gをとり、水を2ml加えると桃色の水溶液になる。これに濃塩酸5mlを加えると溶液の色は青色に変わり、さらに水5mlを追加すればまた桃色に戻る。その色の変化を観察、記録する。 <課題>桃色に戻った水溶液に塩化カルシウムCaCl2約1gを加え、ゴム栓をしてよく振り、色がどうなるか、観察、記録しその結果を説明しなさい。 色:青  説明:? B温度による平行移動を調べる 試験管に約1gの塩化コバルトIICoCl2を約20mlのエタノールに溶かしてから、水を2ml加え、混ぜて均一ににすると、赤紫色の溶液になる。 これを2本の試験管に分け、1本は冷水で冷やし、もう1本は熱湯に浸す。その色の変化を観察、記録する。 <課題>実験結果より、この反応の反応熱Qkjは正または負のどちらか。又その理由を述べよ。 [CoCl2 (H2O)2] + 4H2O →      [Co(H2O)6]^2+ + 2Cl^- + Qkj  反応熱:?  理由:?

  • 二酸化炭素の置換方

    中学生です。 置換方についての疑問なのですが、二酸化炭素は下方置換でも水上置換でも集めることができるんですよね? このような問題がありました。 【実験】 酸化銅の粉末と炭素の粉末をとり、完全に混合してから試験管に入れ、ガスバーナーに火をつけて十分に加熱した。 問1 この実験で発生する気体の採取方法として、もっともよい方法を(1)~(3)より1つ選び、記号で答えなさい。(発生する気体は熱せられていると考える) (1)上方置換 (2)下方置換 (3)水上置換 学校のテストの問題ですので、次の理科の授業になれば答えがわかるのですが、どうしても気になるので教えてください(><) (「もっともよい方法」と「発生する気体は熱せられていると考える」という部分が少し気になるのですが) 教科書などを見ると(2)の下方置換の図が多いのですが・・・これは、何か関係あるのでしょうか? (私は(3)の水上置換を選んでしまいました^^;;)