• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

基本的な質問ですが

標準偏差ってなんですか? 具体的にどんな場面で使って、何を意味するものでしょうか? また、その計算方法は? お馬鹿な質問ですいません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数850
  • ありがとう数26

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.11

補足見ました。もう一度、本質的な点だけに絞って整理します。  例えば、母集団として、M=10個のデータがあるとします。 (「わたしの今年のボーリングのスコア全部」というのでも良いですね。)  計算が面倒だから、母集団からN=5個のサンプルをとって、これを使って「母集団の平均値と標準偏差を推定しよう」とする場合を考えます。  データを無作為に選んで作ったN=5個のサンプルは、偶然のために、多少大きい目か、小さい目の方に偏ってしまいます。だから、サンプルから計算した平均値は、「母集団の本当の平均値」に比べて、多少大きい目か、小さい目の方にずれてしまいます。  しかしこの計算で出た平均値を「母集団の平均値の推定値」として使わざるを得ません。サンプルが大きい目の方に偏っているか、小さい目の方に偏っているかは分からないからです。  次に、この同じ5個のサンプルを使って、母集団の標準偏差を推定します。この場合、計算に使う平均値がそもそも「母集団の本当の平均値」に比べてずれている。この「偶然のずれ」の影響が最低限になるように補正するのが、標準偏差の計算式の分母にあるN-1 の「-1」の部分なのです。(どうして-1を付けると良いのか、というのが前の回答で数式で示した内容ですが、あんまり気にしないで。) 「自由度」という言葉については、以下のように考えると良いです。 ●「なんでも良いから5個数値を書きなさい。」と言われれば、5個の数値を好きなように選べます。これが自由度5。 ●「なんでも良いから5個数値を書きなさい。ただし、その平均値が100になるようにしなさい」と言われれば、4個の数値a,b,c,dは好きに選んで良いのですが、5個目のeは、「平均値が100になる」という条件から、自動的に決まってしまいます。  だから、自由に選べるのは4個。つまり自由度4。 ●「なんでも良いから5個数値を書きなさい。ただし、その平均値が100、標準偏差が10になるようにしなさい、」と言われれば、3個の数値a,b,cは好きに選んで良いのですが、4個目のdと5個目のeは、「平均値が100、標準偏差が10になる」という条件から、自動的に決まってしまいます。  だから、自由に選べるのは3個。つまり自由度3。  なお、前の回答の数式は、Σを使っているのが難しさの理由かも知れません。どうしても必要なら、N=4ぐらいにして(つまりΣx[j] の代わりにx[1]+x[2]+x[3]+x[4]に書き換えて)追っていってはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!理解できましたあ! ありがとうございます。 当初私、「標準偏差」が統計学の分野であることも知らずにおりましたが、おかげで少しはお利口になりました。 何がわからないかがわからない状態でしたので、どこに行くか分からない補足質問をしましてすいません。 そんな私に丁寧に回答して頂いた他のみなさん、kawakawa様、MiJun様、mako18様、nanashisan様にもこの場を借りてお礼申し上げます。 ただ、少し賢くはなりましたが、その分この質問に関連してまだまだ分からないこと知りたいことがたくさんあることに気付きました。 そこでこの質問を一旦締め切り、年が明けたら今度はもう少し具体的に問題を絞り込んで別の質問を立てたいと思いますので、その時はまた来たかとよろしくお願い致します。 それではよいお年を!

関連するQ&A

  • 標準偏差の算出について質問があります。

     野口悠紀雄著『金融工学、こんなに面白い』(文春新書)中の標準偏差の算出で質問があります。    74頁 表3-4に、     円安   円高  標準偏差 A社  1000円  300円  494.97円 とあります。  数学の教科書にあります方法で標準偏差を求めますと、A社の株価の平均は650円ですから、 {(1000-650)×(1000-650)+(300-650)×(300-650)}÷2の平方根で350円になります。エクセルの関数STDEVPで計算しても350ですし、同書79頁の表3-5(III)でも標準偏差は350になっています。  ところがエクセルの関数STDEVで計算しますと、確かに494.97になりますので、著者の間違いとは思えません。  そこでお尋ねします。 (1)上の例で、494.97になる標準偏差と350になる標準偏差は、金融工学的にどういう場合で使い分けるのでしょうか?(エクセルの説明では、前者STDEVは「標本に基づいて予測した標準偏差を返します。」、後者STDEVPは「母集団全体に基づく、ある母集団の標準偏差を返します。」とあります。正直申して、全く意味が分かりません。) (2)494.97になる標準偏差(エクセルの関数ですとSTDEV)の計算方法を教えてください。  数学にも、金融工学にも素人です。なにとぞよろしくお願いいたします。

  • 合成標準偏差の計算式

    aとbの合成標準偏差をしたいときに以下の説明がされたのですが計算方法がわかりません。 aの標準偏差をσa、bの標準偏差をσbとして、aの比率をA、 bの比率をB(要するにA:Bの比率で組み合わせ)として合成すると 合成標準偏差は、以下の計算と言われました。 合成標準偏差=σa^2A^2+σb^2B^2+2×相関係数×σaσb×A×B a標準偏差9.5% b標準偏差4.5% aとbの相関係数は0.31とした場合どうなりますか? 上記の計算式がわからりませんのでできれば結果のほかに計算式わかりやすく説明してください。

  • ボリンジャーバンドの標準偏差の計算方法。

    ボリンジャーバンドの計算方法で良くわからない所があるので教えて頂きたいと思います。計算方法はn日移動平均線を基準とする場合、まずn日の標準偏差を求めます。n日の標準偏差は、n日間の個々の終値からn日移動平均値を引き、それぞれを2乗し、「その数値n日分を合計したものでnを割り」さらに平方根したものがn日標準偏差になります。これにより求められたσ(標準偏差)を、当日移動平均値から加減したものが±1標準偏差です。±2標準偏差を求める場合はσを2倍したものを加減します。という事なのですが「その数値n日分を合計したものでnを割り」という所は、その数値n日分を合計したもの「を」で割るではないのでしょうか?20日目の標準偏差値を求めるため具体的に数字を当てはめてみたいと思います。nは20日、20日目の終値は21,090、移動平均値は19,378、とします。よって21,090-19,378=1713X1713=2,932,656となります。この値のn日分の合計を24,909,236とすると、テキストによる計算では20÷24,909,236=0.000000802915 となり、これを平方根した0.00089606が20日標準偏差となると思います。しかしこれでは値が小さすぎて明らかに間違いだと思います。逆に24,909,236÷20=1,245,462、これを平方根で返してやると1,116となり+2標準偏差は21,610になると思います。でもこの値でも正解と微妙に違うんです。標準偏差の正しい計算方法と、今回示した例の+2標準偏差の値を教えて下さい。宜しくお願い致します。

その他の回答 (10)

  • 回答No.10

うう。どうしても長文になっちゃうなあ。 自由度一般については、とりあえず別件にしましょう。この質問に関連する「自由度」というのは、分散(平方根を取る前のやつ)の分母がなんでNではなくてN-1なのかってことです。この-1がどこから出てきたのか。 まずは問題を整理すると共に、必要な概念を説明します。しんどいけど、おつきあい願います。 ●母集団とサンプルの区別が重要になります。母集団というのはあらゆるデータ全部集めたやつ(無限集合かもしれない)。サンプルはその母集団の中から、無作為に選んだ代表の集合ですね。(無作為が重要。でかいのだけ選んだりしたら、以下の話は成り立ちません。) ●もし、母集団の全データを利用できれば、平均と標準偏差はきっかり決まります。これは推定ではない。母集団のデータy[j]の数がM個なら、平均A、分散D^2 およびその平方根である標準偏差Dは A = (Σy[j])/M (Σはj=1,2,....,Mについての和) D^2 = {Σ(y[j] - A)^2}/M(Σはj=1,2,....,Mについての和) で計算できる。しかし通常はサンプルしか得られないから、これらの式は使い物にならない。 ●「N個のサンプルx[j] (j=1,2,...,N)から、母集団の平均と分散を推定しよう」という時には、「不偏推定」という考え方を取ります。つまり、サンプルしかないのだから正確な値は絶対出ないけれども、最も正解である確率が高くなるような最良の推定を行います。 ●このような不偏推定は、母集団の平均Aの推定値aに関しては a = (Σx[j])/N  (Σはj=1,2,....,Nについての和) になる。つまり、(a-A)の期待値は0です。(無作為にサンプルを選ぶのが条件ですよ。) さてここで、(a-A)^2の期待値はいくらかというと、(D^2/N)になります。 (なんでか?はめんどいので堪忍。) もちろん、サンプルには偶然の偏りがあるから、Aとはずれている訳です。  そして母集団の分散D^2の推定値σ^2に関しては σ^2 = {Σ(x[j] - A)^2}/N(Σはj=1,2,....,Nについての和) です。よく見て!! 分母はNです。ところがこの計算は実行不可能。Aが分からないからです。  そこで、Aの代わりにaを使わなくてはならない。この場合の不偏推定は σ^2 = {Σ(x[j] - a)^2}/(N-1)(Σはj=1,2,....,Nについての和) になる。 ●直感的に言えば:  Aの代わりにaを使いました。ところが、サンプルに偏りがあって、たとえばちょっと大きめに偏ったとすると、aはAよりちょっと大きめに出てしまう。さて、そのaを基準にして分散を計算すると、ちょっと小さめに出てしまう。  なぜなら、基準になる平均aが大きい方にずれているために、「大きいサンプルが真の平均よりどれだけ大きいか」が小さめに見えてしまい、「小さいサンプルが真の平均よりどれだけ小さいか」が大きめに見える。サンプル集団には小さいのよりは大きいのが多めに入ってますから、全体としては、ばらつきが小さめに見えてしまう。~あかん。全然直感的じゃないかな~ ●こんどはいい加減な数式で迫ってみましょう。 Nσ^2 = {Σ(x[j] - A)^2} ={ Σ(x[j] - a+(a-A))^2} = (Σ{(x[j] - a)^2+(a-A)^2-2(a-A)(x[j] - a)}) = (Σ(x[j] - a)^2)+{Σ(a-A)^2}-2(a-A){Σ(x[j] - a)} ここでΣ(x[j] - a)=Σ(x[j] )- aN = 0 ですから、 Nσ^2 = (Σ(x[j] - a)^2)+N(a-A)^2 です。ここで、(a-A)^2の期待値(D^2/N)を入れると、(誤差はあるけど期待値としては) Nσ^2 = (Σ(x[j] - a)^2)+(D^2) である。σ^2はD^2の期待値の筈ですから、D^2はσ^2と同じと考えたって、まあよろしい。よって Nσ^2 = (Σ(x[j] - a)^2)+(σ^2) (N-1) σ^2= (Σ(x[j] - a)^2) よって、 σ^2= (Σ(x[j] - a)^2)/(N-1) まあ、そういう事です。 ●もし、サンプルを選んで母集団の平均を推定してaを得た後、改めてサンプルを選び直してから、母集団の分散を推定するという場合には、 σ^2 = {Σ(x[j] - a)^2}/N(Σはj=1,2,....,Nについての和) が不偏推定になります。 ●ここまでのまとめ 母集団の本当の平均値Aが分からないので、サンプル集団から求めた平均値aを使った。そして、その同じサンプル集団に対して、aを使って分散を計算した。これが(N-1)の原因。 ●「自由度」という言葉を使って.....  もともとN個あったサンプルx[j](j=1,2,..N)は自由度Nです。おおざっぱに言えば、N個のパラメータがそれぞれ独立に変化しうる、ということを自由度Nと言うわけです。  平均値a(1個の数値。自由度1)を求めて引き算し、(x[j]-a)を作りますと、平均値aと、(x[j]-a)(j=1,2,..N)の、合わせてN+1個の数値がある。  しかし、「(x[j]-a)(j=1,2,..N)の合計は必ず0でなくてはならない」という制限が加わっている。だから一つ欠けても元のx[j]が全部再現できます。つまり{平均値aと、(x[j]-a)(j=1,2,..N)}はやはり自由度Nを持っている。  もしN個の数値(x[j]-a)(j=1,2,..N)だけ知っている(aは不明)なら自由度はN-1になり、元のx[j]の再現はもはや不可能ですが、どれか一つが欠けても(x[j]-a)(j=1,2,..N)は再現できる訳です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

うーん私のレベルでは難解すぎて... 何とか概念だけでも理解しようとここ数日幾度か読み返して参りましたが、特に数式の部分はロゼッタストーンを眺める酔っぱらいの如くただ眼をうつろにして呆然とするばかりです。 でも、私でも理解し得る断片を集めて私なりに解釈するとすれば、自由度とはサンプル(全集団のデータを計算することが不可能なために全集団から無作為に取り出したサンプル、若しくは過去の集団から未来を推定する目的での過去の全集団でもいいのかな?)を真の全集団のデータに少しでも近づけるために連続的にサンプルの変化を評価するしくみ....自分でも何が言いたいのかよくわかりませんが、こんな感じなのでしょうか?

  • 回答No.9

質問者をほったらかしてごめんなさいね。 nanashisanさんてば、便乗しないで、是非別の質問を立ててくださいよ。「自由度」の質問は他にも来そうな話ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ほったらかしにされている質問者です。 計算式の補足ありがとうございます。 でも自由度や標準偏差の応用例については私も知りたいです。 できればご指導ください。

  • 回答No.8

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=20620 に質問を立てた者ですが、質問する態度が悪いためか回答がありません。 ここでの回答欄にあるURLをたどってだいたい理解することができました。 誰か暇があったら、チャチャでも入れに来て下さいな。回答が一つもないと閉じることも補足するともできませんので。 標準偏差の計算はstomachmanさんが正しいようです。 あと便乗質問で恐縮ですが、『自由度』ってなんですか。 母集団全体だとn-1じゃなくてnとなるようですが。(エクセルだと、STDEVPのほう)

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=20620

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

便乗されている質問者のrickbonです。 大元の質問が大雑把なためか、みなさんからいろいろなご回答を頂きたいへん参考になっております。 が、同時に新たな疑問もたくさん出てきました。 もう何から手を付けようか迷う位です。 自由度ってなに?工程能力指数って工程能力を評価できるってこと?標準偏差のこんなややこしい公式を考えたのはだれ?私の質問はいつ締め切ればいいの?etc...

  • 回答No.7

kawakawa教授てば、計算法が変です。 (個々の数値と平均値との差)の2乗の総和を求め、 データ数から1を引いたもので割って、 それから平方根を取るんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • mako18
  • ベストアンサー率0% (0/2)

標準偏差とは 標準なのか変なのかを調べるものです 標準?変さ なーーんちゃって

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おお! これぞ真理を語るダジャレか!? 感服いたしました。

  • 回答No.5
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

再々登場です。 申し訳ないです!はじめの回答の計算式の訂正! 個々の数値と平均値の差の総和を求め、その平方根を、データ数から1を引いたもので割ると標準偏差になります。 ふと間違いに気付いちゃいました‥ それから、2つ以上のデータ集合の比較に使います。 平均値±標準偏差を棒グラフで示してみてください。そして、その数値が小さい方のデータの平均値+標準偏差と、数値が大きいほうのデータの平均値-標準偏差の数値がかぶっていなければ、それらの集団は明らかに違うものであると言えます。本当はt検定という統計手法を用いて、それらの集団に有意差があるかないかを調べるのですが、グラフ化してみれば、おおよその予想がつきます。 競馬で2頭の馬の成績を統計処理し、グラフ化してやれば、実力に明らかな差があるのかどうかを判断することができますネ。 以上kawakawaでした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

平方根でしたか。 実は計算してみるととんでもない数値になりましたので、自分の算数の能力を疑っていたところです。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

再登場です。 補足を拝見しました。 競馬のタイムの予測に偏差は応用できるかということですネ。 それをするためには、まず、予測的バリデーションを行います。これは,過去のデータを蓄積し、それらの解析から平均値±(標準偏差の三倍)範囲を求めて予測を行います。ついで、実際の結果を取り入れて同時的バリデーションを行います。そして、それらの結果から回顧的バリデーションを行い検証するという段階を経て、初めて、予測にデータを応用する準備が整います。 結局は、±3σという平均値±(標準偏差の三倍)範囲内にデータが来れば、それは異常値ではないということを認識する程度の予測なのですけどネ。 あらゆるギャンブルは数学的な解析を積むことで勝つことができるという説もありますネ。そこまで数学的な能力があれば、ギャンブルなんかに頼る必要はなくなるでしょうけど‥

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#211914

補足します。 近くの図書館で、以下の成書の中であれば、その本を開いてご自分が見て分かりやすいと思うものを選んでみては如何でしょうか? (ポイントはどの分野で統計手法を使いたいのか、PCを 使用しながらか等です。) ----------------------------------------------- 1.統計学入門/沖津直/八千代出版/1998.4  2.Excelで学ぶ統計学入門/第2巻/長谷川勝也/技術評論社/1998.2  3.Excelで学ぶ統計学入門/第1巻/長谷川勝也/技術評論社/1998.2  4.看護研究のための統計学入門/中野正孝/医学書院/1997.9  5.確率・統計学入門/勝野恵子/八千代出版/1997.1  6.PT・OTのための統計学入門/渡辺宗孝/三輪書店/1997.2  7.統計学入門/杉田暉道,栃久保修/医学書院/1997.1  8.医薬統計学入門/スタントン・A.グラ…[他]/メディカルリサーチセ…/1996.4  9.生物統計学入門/新城明久/朝倉書店/1996.10  10.心理・教育のための統計学入門/渡部洋/金子書房/1996.7  11.PC SASによる基礎統計学入門/新城明久/東海大学出版会/1995.1  12.医歯系・生物系の統計学入門/O.J.ダン[他]/大竹出版/1994.3  13.統計学入門/2/蓑谷千凰彦/東京図書/1994.7  14.統計学入門/下/エドウィン・マンスフ…[他]/多賀出版/1994.4  15.計算機統計学入門/Mark C.K.Y…[他]/エム・ピー・シー/1994.4  16.統計学入門/上/エドウィン・マンスフ…[他]/多賀出版/1994.2  17.統計学入門/1/蓑谷千凰彦/東京図書/1994.2  18.統計学入門/大薮和雄,大野拓行/大学教育出版/1993.10  19.生物実験のための統計学入門/山田武/川島書店/1993.3  20.保健・医療・看護・福祉系の統計学入門/阿部剛久,佐久間淳/大竹出版/1992.4  21.統計学入門/稲垣宣生/裳華房/1992.11  22.ひとりで学べる統計学入門/並木博,渡辺恵子/慶応通信/1992.3  23.よくわかる医療・看護のための統計学入門/高木広文,三宅由子/メディカ出版/1991.8  24.基礎統計学/1/東京大学教養学部統計…/東京大学出版会/1991.7  25.統計学入門/杉田暉道,津田忠美/医学書院/1990.11  26.統計学入門/森棟公夫/新世社/1990.12  27.統計学入門/平林宏朗/槙書店/1990.11  28.パソコン統計学入門/芹沢正三/講談社/1990.2  --------------------------------------------- 最近であれば、PCを使いながら学んだ方が良いと思います。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんなにたくさんの本をご紹介下さりありがとうございます。 今度、町の図書館に行った折に2か5か28あたりをあたってみようと思ってます。

  • 回答No.2
noname#211914

以下の参考URLサイトが簡単に具体例が説明されて参考になります。  更に、専門的には医学・薬学・生物(・人間)等の集団 (データ集団)を扱う数学的技法です。つまり、データのバラツキ(簡単に言えば直線に乗らないデータ)の多い場合に統計学的手法が使われます。  専門的には、興味があれば以下のサイトを覗いて下さい。 1.http://w3.cc.nagasaki-u.ac.jp/contrib/Excel/yougo.html (統計用語) 2、http://www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/statedu.html (WWWで統計を学習しよう) 統計関連のサイトリンクです。 これら以外にも沢山のサイト及び成書等がありますので、 興味があれば図書館で本をさがされる事をお勧めします。 初歩の成書が知りたければ補足お願いします。

参考URL:
http://www.netlaputa.ne.jp/~onoe_com/com/kaisetuh.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 初歩の初歩がありましたら、教えて下さい。

  • 回答No.1
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

何かの結果や現象の数値が5つ以上得られたときに求めます(3つ以上あれば計算できますが、論文などでは最低5つを要求します)。 平均値と個々のデータの差を自乗したものの総和をデータ数から1を引いた『自由度』で割ってやれば、標準偏差を求めることができます。エクセルだと、STDVの関数だったかと思います。 平均値というのは、実際の集団を現すのには非常に怪しいものですよネ。たとえば、新聞発表などで、国民の平均貯蓄額は700万円なんて書かれていても、大多数の人には実感がないでしょう。というのも、2億円も3億円も貯めている人もいれば、全然貯金のない人もいて、それらをひっくるめて平均しているからなんです。 そんなとき、標準偏差を求め、平均値±標準偏差の3倍の範囲を求めると(データが正規分布しているときは)、その範囲内に97%のデータがあることがわかっているので、自分の位置が普通なのか、下すぎるのかということが理解できます。 これを応用したのが試験成績での偏差値です。ある集団の試験結果から、平均と標準偏差を求め、ある点数がその集団の中でどの位置にあるのかを求めたものがいわゆる偏差値ですネ。 こんなところで、ご理解いただけましたでしょうか? 以上kawakawaでした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 標準偏差がある集団に対する位置を表現するものだということは、なんとなく理解できました。 ところでご説明をみて思ったのですが、これは「予測」に応用できるものなのでしょうか? 例えば、下世話な例で申し訳ありませんが、競馬のレースを考えます。 ある馬が過去5回のレースで100秒、500秒、200秒、600秒、300秒のタイムを記録したとします。(各レースの条件は同じとします) ご覧のとおりかなり気まぐれな馬ですので、平均タイム340秒をこの馬の能力とするには無理があります。 そんな時、標準偏差を求めご説明の計算を行えば、この馬の次レースのタイムは97%の確率で計算結果の範囲内になると予測する。 というような使い方をしても構わないでしょうか?

関連するQ&A

  • 標準得点はなぜ平均0,分散1になるのか

    標準得点がなぜX~N(0,1)の分布になるのかが理解できません。 なんとなくですが、計算式 "(X-平均)/標準偏差"から、標準得点とは 「"平均から値Xの差"が標準偏差のどれくらいの割合か」 という意味だろうなぁと理解してます。 しかし、なぜこの計算式の結果が、平均が0、標準偏差が1の分布になるのでしょうか?

  • 標準偏差について!!

    いつもお世話になってます! 心理学の実験したあと標準偏差を出したのですが、(ExcelのSTDEVPの関数で) 標準偏差の意味がいまいち分かりません。 出したのは4件法の得点の平均値と標準偏差です。平均が2.24で標準偏差値が0.81ととりあえず出たのですが(n=34)このときの標準偏差の0.81は何を表していて、どのような意味なのでしょうか・・・ 初歩的な質問で申し訳ないのですが、よろしくおねがいします・・・。

  • 工程能力のN数補正について

    データ数(N数)が少ない場合の工程能力を求める際、標準偏差を補正したいです。調べたところ下記2つの方法があるようなのですが、どちらが正しい考え方なのでしょうか。使い分け等あれば教えていただきたいです。補正方法(1)のほうが(2)に比べて補正係数が大きく(信頼区間にもよりますが)、その意味するところの違いも教えていただきたいです。 できれば、実用面からエクセルでの計算例もあるとありがたいです。 ※下名の知識レベルとしては、学生時代に一度統計学の講義を受けた程度でほとんど忘れています。 補正方法(1)(・・・計算方法はわかりました)  標本から求めた標準偏差をχ二乗分布で区間推定し、  母集団の標準偏差とのずれを補正する   ※参考URL:http://ouenblog.divaandco.com/?eid=940571 補正方法(2)(・・・合っているかだけでなく、計算方法も不明)  標準偏差の不偏推定量D(Wikipediaより)を直接使い、標本の標準偏差との差を補正する。  具体的には、不偏分散u^2にはエクセルにおけるSTDEV関数で求めた標準偏差を代入し、  ガンマ関数の部分はGAMMALN関数内に自由度÷2、データ数÷2を入れて計算する?   ※参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%99%E6%BA%96%E5%81%8F%E5%B7%AE   →"統計値の標準偏差"の上から5番目の式 統計学は難しいですね・・・ ご回答よろしくお願いします。

  • エクセルの関数について教えてください。

    標準偏差を求めるのですが その表が4月から翌年3月になっていて ひと月のデータ数は最大で50くらいですが決まっていません。 空白の場所には 計算式が入っていて、データが入力されていないと 「0」が表示されています。 この「0」は標準偏差を計算するときも計算されてしまのですが 「0」は計算しないで標準偏差をだしたのですが 方法を教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 標準偏差の計算について教えてください。

    確率統計が超苦手なのですが,計算しなければなりません。よくわからないので教えてください。 例えば, 数:10 平均:1.1 標準偏差:0.05 数:5  平均:1.2 標準偏差:0.03 数:20 平均:1.05 標準偏差:0.1 が与えられたとき,どのようにして計算すれば,全体の標準偏差が算出できますか?

  • excelにおける標準偏差について

    今実験で、複数の測定をしその結果から平均および標準偏差を出しています。しかし、たとえばAを0.762±0.037、Bを0.744±0.012とするとき、100-B/A*100の標準偏差(相対標準偏差?)をexcelで計算する方法がわかりません。ご教授おねがいします。

  • 発芽試験の根長測定の計算の仕方を教えて下さい

    発芽試験における、根長測定の計算の仕方を教えてください 発芽試験のGI(発芽指数)を求める計算の中で、誤差をどれくらい考えればよいのかわかりません。。。 約120個のコマツナの根の長さを測りました。 先生に教えてもらった方法だと 120個を30個、30個、30個、30個の4つのグループに分けて、それぞれ平均を出す。 (1)33.098875 (2)37.9744 (3)36.7502381 (4)40.05420833 (単位はmm) (1)~(4)の平均と標準偏差を出す。 36.96943036(平均) 2.918622002(標準偏差) また別の先生に教えてもらった方法だと 120個をすべて一気に平均と標準偏差を出す。 36.98711702(平均) 12.76690152(標準偏差) 二つの方法で標準偏差が大きく変わってきてしまいます。。。 どちらの方法をとればよいのでしょうか?教えて下さい よろしくお願いします。

  • 標本標準偏差の発生確率を計算したい

    母標準偏差=7.0の母集団から、サンプルを6個取り出したときに 標本標準偏差<6.0となる確率を計算したいと考えています。 エクセルで計算する方法を教えてください。

  • パワーポイントへのグラフの挿入

    スライドにグラフを挿入しているのですが、標準偏差の入力の仕方がわかりません。グラフは折れ線グラフです。それぞれの点ごとに一定の標準偏差は取れるのですが、それぞれの点ごとに標準偏差の値が違う場合の入力の仕方がわかりません。エクセルで作ったグラフをそのまま貼り付ければ標準偏差も問題ないのですが、グラフはパワーポイントのものを使用して作りたいです。標準偏差はそれぞれの点で計算済みです。入力の方法を知っている方がいましたら教えてください。

  • 標準偏差と平均偏差の違い

    標準偏差と平均偏差は、数字としての意味は何が違うのでしょうか。(算出方法の違いなどは分かります) 換言すれば、平均偏差でもサンプルのばらつきが表現できるのに、わざわざ計算過程をややこしくして標準偏差を求めることにどのようなメリットがあるのかということです。 『数種類の検体を用いて同一行程の実験を行い、その結果の値の揺れ(ばらつき)を求めたい』 このレポートへのアプローチとして、平均偏差または標準偏差を利用するとき、両者が意味的にどのような違いをもつのか、ご教授ください。