-PR-
締切済み

iLink とキャプチャーカードとの違いについて

  • 困ってます
  • 質問No.17171
  • 閲覧数316
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/8)

 現在iLinkカード(IEEE1394)の購入を考えています。IEEE1394が、UBSより高速で今後有望であると言うのはわかります。ただ、デジタルVTRカメラとパソコンの接続での処理にしぼった時、VTRのアナログ入力を持ったビデオキャプチャーボードでの処理(こま送り等はビデオ機器側で操作)とどの点がどのくらい優位なのか分かっていません。また、iLinkカード使用時のソフトにはどのようなものがあるのか、また入手方法はいかがでしょうか。
 以上 よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

まず一番便利だと思った事は、ビデオのコントロールができることですかね。
アナログキャプチャだと、ターゲットシーンの数秒前から再生して、キャプチャソフトの録画実行して・・とシーン数が多いとかなり面倒です。
FireWire(=iLink)だと、テープごとにキャプチャしたいシーンをマークしておいて、あとでまとめてキャプチャする事も可能です。
DV形式だと圧縮方法とか転送レートとか考えずに扱えるのが良いです。シーンの切り貼りだけならDV形式のまま扱えて、そのままテープに録画できるのもいいです。

編集ソフトは、ボードを追加するのであれば、ボードに付属してたりします。


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 28% (42/146)

まずIEEE1394とキャプチャーカードは全然別のものです。
IEEE1394は接続の規格のことで、IEEE1394に対応していれば
HDDでもCD-Rでも接続が可能です。

ただ、IEEE1394はかなり高速なデータ転送が出来るので
DVとかのシステムを繋ぐと便利に使える、という話です。
また接続の規格なので、ソフトによってどうこう・・・という
こともないです。
どの程度便利かというとsigatsuさんがおっしゃるように
便利です。

キャプチャカードは、実用に耐えるものを探すと結構
値段が張ってきますので、デジタルビデオなどを既にお持ちなら
IEEE1394での接続をお勧めします。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ