• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ダークマターについて

ダークマターが必要とされるようになった理由、それから何故ダークマターが宇宙論の研究において「望まれない存在」あるいは「宇宙の見方に大きな変更を迫る存在」として捉えられているのかを教えてください。 「聞こえる音楽は美しいが、聞こえない音楽はさらに美しい だから優しい笛の吹き手よ 吹くことを止めてはいけない」という詩も参考になるらしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数62
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • cricket
  • ベストアンサー率22% (107/466)

観測して推測出来る宇宙の全質量と、 理論的に推測できる宇宙の全質量とでは、 確か10倍くらい結果がずれるのです。 そこで、「まだ見えてない物質」として、 ダークマターが仮定されたわけです。 まだ仮定の域を出ていないと思うのですが、 今の理論を知らないので、進んでいたら済みません。 僕の意見としては、観測と理論がまだ未発達だからなのではないか、と思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Special thanks to U !!!

関連するQ&A

  • ダークマター

    ダークマターは、宇宙のすべてに、存在するとするなら、この私の体の中にも存在してるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

  • ダークマターについて

    隕石が衝突し惑星が誕生したそうですが、と言うことは水はもともと隕石の中に含まれていたと言うことが言えると思います。今地上にあるものすべてが元をたどれば原料は隕石だった、と言うことですよね?(乱暴) 宇宙の97%はダークマター(未知のエネルギー)が占めていると訊きました。世間では霊だの霊界だの言うと白い目で見られますが、早い話、現在の科学では解明できない物事と言うことですよね、 ダークマターの研究が進めば目に見えない物と存在している物の関係性が証明されて行くのだと思います。 そういった事をマジメ(科学的に)に研究している人や団体っていないのでしょうか?

  • (学者)ダークマターは存在します

    宇宙の9割はダークマターだとか何とかといいますが、太陽系には1%もそんなの存在しませんし、創ったとか見たとかいう人は一人もいません。なぜそんな妄想論みたいなのがいまだに信じ続けられているんでしょうか? 元素周期表の延長線上にある物質だと信じてるんでしょうか?だとすると放射性元素なのは必至ですね。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#86982

検索サイトで「ダークマター」で検索した結果のひとつです。 http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/paradigm/DarkMatter.htm こんな回答しかできない私…(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Special thanks to you !!!

  • 回答No.1
  • asuca
  • ベストアンサー率47% (11786/24626)

宇宙全体の質量を計算したらどうしても星などの質量では足りないことが分かりそれを補っているのがダーク間たーであると言われています。しかしなにぶんにも観測が非常に困難な物なので存在の証明が難しいとされていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Thank you very much !!!

関連するQ&A

  • ダークマタ―が実際に存在すると信じている理由はなんですか?「銀河の回転

    ダークマタ―が実際に存在すると信じている理由はなんですか?「銀河の回転を説明するため」というの以外に何かありますか?

  • ブラックホールとダークマターについて

    ブラックホールとダークマターについて ブラックホールは超圧縮されてできた凄まじい引力を持つ星というのは存じておりますが、その超圧縮っていうのがピンときません。 物質というのは原子?分子?からできていて、それ以上の小さくはできないと言われていますよね。 太陽が何万分の1?(具体的な数字はわかりません)かに圧縮されるとブラックホールになるといわれてますが、そもそもそのサイズまで圧縮できるのかどうか。 この矛盾が納得できません。 ダークマターについて ダークマターはブラックホールと同様に宇宙空間において直接観測できないが、何かの物質がなければ星の運動が説明できないからという消極的に説明されてる感があるのですが、それが実は観測方法が正確ではないということが考えられないのでしょうか? ついでに、木星が恒星に成り得たという話がありますが、 仮に木星が生成過程で恒星になっていたとするならば、土星やその他のガス性の星は存在していなかったのでしょうか? 恒星に近い位置であるならば、火星や地球など岩盤を持たないガス性の星は形成されないと聞きましたがどうでしょう。 最後に馬鹿な質問をお願いします。 木星のような星はどこまでガスなのですか? 星の中心はなんなんでしょうか? 地球から核爆弾を飛ばしたら簡単に引火したり変形するんじゃないですか?

  • 宇宙の大規模構造の未来

    宇宙の大規模構造の未来  膨張宇宙やダークマターを考慮したコンピュータシミュレーションによるとビッグバン以降数十億年で宇宙の大規模構造が形成される、という説明を宇宙論の啓蒙書で見ました。ダークマターの要請の一つとしての例でしたが。  では、このシミュレーションを続けると大規模構造の未来はどうなるのでしょうか。どこかにシミュレーションの結果はこうなったというものがあるのをご存知であれば教えてください。  

  • 将来について

    今大学1年で物理学科にいます。 受験のとき、漠然と宇宙論を勉強してみたいと思いこの学科に入ったのですが、宇宙論をもし将来の職業としてやるなら限られた研究職しかなく、覚悟をしたほうがいいと知り合いや先輩方に言われました。 親からは4年の卒業研究までに違う分野に興味がいくかもしれないし、4年で好きな研究室に配属できるように今は勉強しろ、と言われました。 僕は宇宙論を勉強したいのですが、教授の話なんかを聞いてると博士をとっても研究室に配属されなく大変な人もいるなんていうのを聞いたり、上記のようなことを聞くとこれから大丈夫なのかすごく不安になります。 こんな漠然とした聞き方は変かもしれませんが、どうしたらいいでしょう??やっぱり、今はしっかり勉強することなんですかね??

  • ビッグバン宇宙論はやはり変である ー その3

       前回の質問、「ビッグバン宇宙論はやはり変である ー その2」の続きです。 (その10あたりまで徹底的に究明すべきでしょう) http://okwave.jp/qa/q7835043.html 少し視点を変え、ビッグバン宇宙論の現状について考えてみた。 実のところビッグバン宇宙論は海外では既に科学とはみなされておらず、過去の過ち、迷信の類として扱われているそーである。 ではなぜ国際的には廃れたものが、日本では根強く生き残っているのか。 1つにはメディア、とりわけ写真付き科学雑誌の類のせいではなかろーか。 つまり営利目的のコマーシャリズム、商業主義がもたらしたものではないか。 2つには宗教団体、とくに教会にとって都合がよかったことではないか。 結局これも金儲けの類に他なりません。 3つには国内外における日本の愚民化政策ではなかろーか。 国内では国民がアホになれば政治家は喜ぶし、国外では日本人がアホになり宗教漬けになれば周辺の国々は喜ぶのである。 4つには無責任な研究機関の存在がある。 ビッグバン宇宙論を掲げ、国から研究費を貰って研究しているらしいが、ビッグバン宇宙論を研究したところでその研究成果が世の中に還元されることは100パーセント有り得ないと断言できよー。 要は大学職員の天下り先である。 早々に事業仕分けで解散させるべきなのです。 そしてもっと直接的に世の中の役に立つ研究(例えば太陽光発電とか、津波対策とか、・・・)に振り分けてもらいたいものである。 他にはどのよーな理由が考えられよーか。 皆の考えを聞かしてくれまいか。  

  • 人間は全宇宙の姿について語ることは出来ない

    人間は観測可能な宇宙の姿について語ることは出来るが、全宇宙の姿については決して語ることは出来ない。 何故なら観測可能な宇宙が全宇宙であると立証することは出来ないからである。 もし仮に観測可能な宇宙が全宇宙であるなどと主張したのなら、地球が全宇宙の中心にあることになり、これはまさしく宇宙原理に反するからである。 しかし一方において、宇宙論が全宇宙について語っているのではなく、初めから単に限定された宇宙、観測可能な宇宙についての説明であると断ったとしたなら、これは宇宙論ではなくて局所的宇宙論、あるいは地球近傍宇宙論にしかならないので甚だしくその魅力は喪失し、その存在価値を失うことになります。 つまり宇宙論には本質的に限界があり、もとより科学というよりは一種の宗教や信仰の類として扱わなければ成り立たない、そういうものではないでしょーか。 https://www.youtube.com/watch?v=LR5FBW8ZDDE&t=126s 補足:宇宙原理 宇宙は一様かつ等方であり、宇宙には特別な場所は存在しないという原理。

  • ビッグバン宇宙論とは何だったのか

      我々の宇宙は150億年前に無から生まれたとするビッグバン宇宙論とは一体何だったのだろーか。 既にビッグバン宇宙論は破綻し、今ではビッグバン宇宙論は過去の遺物になってしまった。 ビッグバン宇宙論は何だったのか今一度振り返って見た。 ビッグバン宇宙論は無から宇宙が始まったことを何一つ証明できなかった。 結局ビッグバン宇宙論は科学ではなかった。 無は現実の世界には存在せず、物理で扱えるものではなかった。 にも関わらず実証不可能なものである無を科学に組み込んだのは、科学を否定することを意味したからである。 150億年とゆー宇宙年齢もいい加減なものであった。 人間が望遠鏡で観測できる、宇宙のごく一部を観測した結果をもって宇宙が膨張しているなどと戯言を言ったりもした。 実際ビッグバン宇宙論が科学的に正しいと考える人は殆どいなかったのである。 そもそも常識的、経験的に考えて宇宙が無限であることは誰の眼にも明らかであった。 ビッグバン宇宙論は20世紀が生み出した最大のギャクに過ぎなかった。 ではビッグバン宇宙論は何故生まれたのか。 ビッグバン宇宙論とは、一つの世界宗教であり、 ローマ法王が認定した終末思想であった。 しかしこの終末思想には明るい未来は無かった。 ビッグバン宇宙論は次第次第に人々の心に暗い影を落とし始めた。 もともとビッグバン宇宙論は日本には馴染まないはずであった。 しかし閉鎖的な日本の科学界はビッグバン宇宙論を盲目的に取り込み布教し始めた。 つい半世紀前にビッグバン宇宙論が誕生する前までは世界の宇宙観は常識なものだったのである。 しかしビッグバン宇宙論と終末思想のおかげで世界は狂い始め、科学は退歩し始めた。 以上が既に破綻したビッグバン宇宙論についての自分なりの総括であるが、皆はどのよーに捉えるのかご意見下さい。  

  • 45億年と137億年

      まだまだあります。 ビッグバン宇宙論によると宇宙は今から137億年前に無から生じたとされている。 45億年が地球の年齢で137億年が宇宙の年齢だそーである。 つまり地球の年齢と宇宙の年齢では僅か1対3ほどの違いしかないことになる。 1個の電子と地球を比べるとサイズにして約1対10の55乗ほどの違いがあるが、地球と宇宙を比べるとサイズにしてこれより遙かに大きなスケールの違いがあるのである。 にも関わらず地球と宇宙の年齢では僅か1対3ほどの違いしかないとビッグバン宇宙論は主張していることになる。 少し考えただけでもあまりに大きなスケールギャップが存在することが見てとれるのではないか。 ビッグバン宇宙論のせいで137億年なる数字がひとり歩きしているよーであるが、この事実だけみてもビッグバン宇宙論は限りなくペテンに近いと感じるのは果たしてわし一人であろーか  

  • 神の存在証明について

    神が存在するか否かという命題を、経験論的もしくは宇宙論的に説明・証明しようとしています。 カントとヒュームを用いたいと思っているので、経験論中心になるかと思いますが、何か構成や、宇宙論に対する良い案なのはないでしょうか? アドバイスよろしくお願い致します。

  • 宇宙の基本原理その1 - 一体宇宙原理

    一体宇宙原理  「宇宙と宇宙の法則は一体である」 宇宙なくして宇宙の法則は存在し得ず、また宇宙の法則なくして宇宙は存在し得ない。 宇宙と宇宙の法則は一体であり、分離不能であり、いずれも単独では存在し得ない。 従って宇宙なくして宇宙の法則だけが単独で存在することは有り得ないということ。 これは宇宙の基本原理の中にあって、最も本質的、根源的原理である。 ビッグバン宇宙論によると137億年前に宇宙は誕生したという。 しかしこれはおかしな話である。 何故なら宇宙の誕生プロセスは宇宙の法則が存在しなければ起こり得ない。 ところが宇宙の誕生以前には宇宙は存在しないのである。 つまりこの時点では宇宙は存在せず、宇宙の法則だけが単独で存在していることになる。 これは一体宇宙原理を真っ向から否定するものである。 何故なら宇宙なくして宇宙の法則だけが単独で存在することは有り得ないからである。 それ故に137億年前に宇宙が誕生したというビッグバン宇宙論は完全に間違いである。 このよーに結論できるのではありませんか。