-PR-
締切済み

アップルメニューの中からMacOS固有のフォルダをはずすには

  • 暇なときにでも
  • 質問No.17025
  • 閲覧数44
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 45% (562/1241)

アップルメニューの中からMacOS固有のフォルダをはずすには


1. ”アップルメニュー”の中から"最近使ったアプリケーション"をどけるか、名前を短くするかしたいのですが、これを捨てたり、他のフォルダに隠したりするとまたよみがえってきてしまいます。

2. また、システムフォルダの中の”アップルメニュー”の掲示順位を高めるため、これを "Apple Menu" に書き換えたいのですが、そうするとフォルダの内容が認識されなくなってしまいます。  

なにか手はありますか?
ResEdit は持っています。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 27% (226/837)

1に関して

コントロールパネルのアップルメニューオプションで
記憶する数を0にすれば表示されなくなります。

いまアップメニューオプションを開こうとしたら「致
命的なエラー」とでてしまって確認できませんが、多
分あっていると思います。

2に関して
アップルメニューのフォルダを素早く開いたいとうこ
とであれば、アップメニューの中に「アップメニュー
のエイリアス」を入れます。

*アップメニューの中は名前の先頭に半角スペースを入
れると一番上に表示されます。(その後は英数字の若
い順となります。)
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 50% (52/103)

1.については、「アップルメニューオプション」コントロールパネルで最近使った...のチェックを外すか、必要ない項目の数を0にすれば消えます。

2.については、アップルメニューフォルダのエイリアスをシステムフォルダ中につくって、それの名前を変えるというのが一番無難だと思います。
しかし、しょっちゅうアップルメニューの中身を変えるというのなら、アップルメニューのエイリアスをもっとアクセスしやすいところに置いておいたほうが使いやすいかもしれません。
また、アップルメニューを多用する使い方の人は適当なアップルメニューを拡張するSharewareなどを使ったほうが何かと便利です。有名なところではBeHierarchicがお薦めです。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 30% (15/50)

すでに答えがでているようなんですが…。
1って、きっとアップルメニューをプルダウンしたときに出来るだけ左右幅を小さくしたからなんでしょうねえ。
わたしのMacでは「普段見たくないけど何かの時のためにアップルメニューからアクセスしたい」と言うボリュウムやアプリケーションを、「?」や「★」とかの名前を付けたフォルダ内に入れています。それをアップルメニューフォルダ内に入れておくと、文字でなく記号なのですぐ見つかるし、プルダウンしたときのメニューもすごく小さくできます。
それらの名前の頭に半角スペースを付けることで順番も思いのままです。

欲しい回答とは違うかもしれませんが、TIPSと言うことで。
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 41% (21/51)

2、についてですが、bobさんがおっしゃるようにSharewareを使ったほうが便利だと、私も思います。

私は、「KKopenFolder CSM 2.0」というコントロールバー項目を使っています。コントロールバーからシステムフォルダ、機能拡張フォルダなど一発で開くことが出来ます。ResEditを使って、デフォルト以外のフォルダも開けるようにカスタマイズできます。カスタマイズの仕方も親切に説明されています。すごく便利ですよ。下記URLよりダウンロードできます。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ