• ベストアンサー
  • 困ってます

猫からバックロードホーンを守るには

JBLのバックロードホーン Model 4520を使っています(正式にはリア・ローディング・ホーンと言いますが、38cm口径スピーカーのウーファー2個付いたエンクロージャーで1977年購入です)。1本98kgの重量級で661,800円(1本)、とても大事に使ってきました。それが今、危機感に迫られています。 近所の知人から子猫を家内がもらってきました。ところが成長(現在1ヶ月くらい)してくると何構わず遊び回り、とうとう私の大事にしているスピーカーのロードホーン部分に入って眠ったり、更にその奥の中によじり上ろうとカリカリ爪を立てたり、最悪は大人になったら38cmダブルウーファー(Model 2205×2)のスピーカーそのものに飛び跳ねてツメを立てられたりするのではと、とても心配です(全高128cm)。 バックロードホーンは前面にサランネットは貼りません。むき出しのままです。エンクロージャーの上にはドライバ(Model 2420)と91cm幅の巨大スラントプレート(Model 2395)&アダプタ(Model 2327)が直に乗っかっています。こちらはアルミ合金製なので問題はないかと思いますが、サンパチのWウーファーのコーンアセンブリ(エッジ、コーン紙、ダンパー)が破けたら修理に出すようでは面倒・・・。 そうなる前に何か良い対策方法はないものでしょうか。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1067
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。それは非常事態ですね。 サランネットなしとすると正真正銘、無防備な状態ですね。 もっとも猫が大きくなったらネット位は破っちゃう可能性が大きいですから、スチールの網を付けてはいかがでしょう。 車のスピーカーの保護についてるようなやつの大きいのがあります。 大きいやつは品数が少ないかもしれないので探すのに苦労するようでしたら、自作もいいでしょう。 網だと振動で悪影響も出るかもしれないので、金属のパイプを数センチ間隔で並べて両端を木などで抑えた物を作り、固定するといいでしょう。 間隔は、スピーカーの前方向の間隔が取れるならば3センチ程度でもいいでしょう。 猫が手を突っ込んでも届かなければいいわけですし。 オリの様に縦だけでいいと思います。 横を入れると大変ですし、猫の足場にもなっちゃいます。 これはバックロードの開口部にも同じ仕掛けを使えます。 日曜大工で簡単に出来そうな物だと思います。 なお、猫ちゃんのトイレはちゃんと躾けましょう。 スピーカーで用を足されると、最悪、ショートだってあり得ますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々と回答頂きありがとうございます。 >サランネットなしとすると正真正銘、無防備な状態ですね。 →一般的にはバックロードホーンは無防備(と言うか、ネットを張ること自体おかしいんですが)です。 スピーカーを眺めながら音楽(9割モダンジャズ)を聴く、レコードの反りによってウーファーのコーンが凸凹するなども見られますし・・ 考えてみれば、音楽を聴かないときはネットを張っていてもOK、聴くときだけ外す、というのも有りかなと思います。 >なお、猫ちゃんのトイレはちゃんと躾けましょう。 →そうですね。子猫の寝床にされたんではオジャン! 色々と考えを頂き、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • バックロードホーン

    pioneer PE-16の箱を色々と探しておりましたところ、 穴のサイズがピッタリな、長谷弘工業のバックロードホーンを 2万円ほどでみつけました。 MM171っという型番です。 もう2日も悩んで、いまだ購入はしていません。 PE-16はバックロード向きじゃない。っと回答が以前にあったからです。 これは元上司にも言われました。 試してみないことにはわからないと思ってますが、今の私には2万円の出費は痛いです。 後面開放箱も自分なりに改良(改悪?)を重ね、吸音材をはったり、スタンドを作って高さをかえたり、 スピーカーとスピーカーの間にバッフル版を作っておいて、左右にもバッフル板をおいて、 「ラジカセ」的な音からは、それなりの音になった気がします。 バックロードホーンと相性がいいユニットとは、どのようなものなのでしょうか。 FOSTEXでもバックロードホーンを推奨するユニットは、 異常な磁石がついているように思いますし、低音も欲張っていないように感じます。 その点、PE-16の磁石はちいちゃいと思いますし、 歯切れやパワーっと言う点でもFOSTEXとは程遠いと思っております。 あと、バックロードホーンは、「低い低音はでない」っと元上司から聴きました。 「低い低音」っと微妙な表現ですが、私は最初からもとめていません。 大き目の音量じゃなければ、バックロードホーンのメリットはあまりないとも言われました。 バックロードホーンらしい音を求めるには、pe-16は合わないけど、 バックロードホーンらしくない音を求めてバックロードホーンを使用しても失敗するでしょうか。 元上司は、「やめたほうがいい」っとハッキリおっしゃってくれました。 でも、あと数人の反対がないと私はあきらめがつきません。 今の音よりもちょっとリッチな音になるなら・・・っと思うと、おちおち昼寝もできません。

  • FE167Eでバックロードホーンは可能か

    現在バスレフ型のBS-92(「世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る」に掲載)にFE167Eを入れて使っています。 エンクロージャーの塗装等が気に入らず、FE167Eはそのままに、新しくエンクロージャーを製作しようと考えています。 バックロードホーンに前から興味があったのでD-16(同じく「世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る」に掲載)挑戦してみようと思っています。 FE167EとFE168EΣの出力音圧レベルは0.5dB違うだけですが、Qoが0.31と高く、バックロードホーンに使えるか心配です。 実際このユニットで製作された方の意見も伺いたいと思います。 よろしくお願いいたします。

  • バックロードホーンかバスレフか

     たとえば20センチのフルレンジを使ったバックロードホーンと、38センチのウーハーを低域に使ったバスレフ2WAYとどちらが豊かな低音を出せると思いますか。  能率を含めて何らかの情報を(感覚的なものでよい)教えてください。  両方を聞き比べた経験のある方ぜひお教えください。  なるべく効率のよい(100HZで100dB/W/m 少なくとも95dB)スピーカーシステムを自作してみようと思っているのです。 バックロードホーンシステムの周波数特性(能率が分かるデータ)が発表されているサイト等 ご存知でしたらお教えください。 追伸 全く意味の無いことかもしれませんが、YouTubeでバックロードホーンや38センチウーハーを使ったシステムを聞き比べるとバックロードシステムはあまり豊かな低音が出ていないようなのですが・・・。 ついでに現在の使用環境は、テレビの音を外部アンプ(超安価d級アンプlepai=電源をつけっぱなしにするため)とスピーカーシステム(インフィニティALPHA 40)で聞いております。 音が素直すぎてつまらないと思っています。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

やはりサランネットもしくは網戸用のネットでガード聞くときははずすこれぐらいしか思いつきません 私はBOSE902を棚から落とされ泣きました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス、ありがとうございます。 うーん、ネット関係だとよじ登ることが十分考えられますよね。それにネットが傷付くと見すぼらしくなってきますね。 >私はBOSE902を棚から落とされ泣きました →猫は気まぐれ、お調子もん。どんな行動を取るか予測も出来ません。三毛猫(残念ながら♀です)で可愛いんですけどね。 我が家では、いままで猫を飼ったことがありませんでしたので、何の問題は無かったのに・・オーディオに無関心な家内のために、こんな心配事が増えました。子供たちは玩具遊びのように喜んでいます。 聴かないときでも、それなりの格好を見ないと気分が良くないです(あの迫力ある姿の威圧感です!)。 自己満足ですけど・・(^。^/) 親身に考えを頂き、ありがとうございます。

  • 回答No.3
  • JT190
  • ベストアンサー率47% (453/960)

どちらかと言うと、ペットのカテゴリの話ですね。 SPそのものの対策はおいといて、ネコ側?の対策を。 ・爪をこまめに切って、爪が引っかからない(引っ掛けられない)ようにする。 ・爪とぎ器をお気に入りの場所に設置して、サランネットで爪とぎしないように躾ける。 ・SPボックスよりも背の高い物(キャットタワー等)を用意して、SPの上に乗りたくなる欲求をそらせる。 ・よじ登られないように、最初から脇に踏み台や梯子、階段を置いておき、すんなり登れるようにする。 ウチも、子猫の内はサランネットを爪でやられましたが、1歳を過ぎた現在は全く大丈夫です。 ネコは大人(生後1歳以降)になれば見違える程大人しくなるので、大人になってからコーンに突撃・・・の心配は、余りしなくても良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あーっ カテゴリ違い! 申し訳ありません。 猫の話ですからそうかも、です(汗)。 >爪とぎ器をお気に入りの場所に設置して・・ 猫はカーペットや畳の上、木の幹などで爪とぎするのを見たことがあります。畳の上での爪とぎはひどいもんです。従って爪とぎ器は必需品みたいですね。 あと気が付いたのですが、暑い季節になると猫の毛が抜けるので、できればエンクロージャーの上には登って欲しくないですね。ドライバが直に置いてあるし、コード線も出ているから・・爪だけではなく、抜ける毛のことも問題だと気が付きました。 エンクロージャーは左右にあるし、120cm以上の高さ(床から107cmがウーファーの中心×2個)にしないとダメだし・・何よりエンクロージャーの前に物を置きたくない、サランネットでユニットの姿を隠したくない・・我がままですね。決してオーディオマニアではありません(ジャズを聴くために長い期間を経てこうなったまでですから)。 因みに、エンクロージャーの寸法は 128H×91W×67D(cm) で、ユニットを含め色は全て黒系です。 貴重なアドバイスをありがとうございます。

  • 回答No.1

在米時代、娘がアライグマの子供を飼い出して同じ様な経験をしました。 対処法は所謂建具屋さんに取り外し可能なボックスに穴や傷を付けない木枠を作ってもらい、黒いアルミメッシュのサラン?を張った物で守りきりました。 これはオーディオマニアで有名な獣医さんの家のまねでした。 たいした費用もかからなかった記憶があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々と回答頂きありがとうございます。 普通のサランネットでは子猫の爪で破かれますね。以前友達のJBL Model 4333で体験しています。その友達は子猫を実家の家に預けたと言います。また通常、音楽を聴くときはネットを外しています。 ただ、自分のはロードホーンから出る物凄い音圧でサランネットが前後に揺れるのは気持ち悪いですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • バックロードホーンの高音。

    バックロードホーンに入れているユニット(JBL D130)1発で聴くと、 高音(中高音?)がうるさいです。 平面バッフルでD130を聴いている時にはそこまでうるさく感じませんでしたが、 バックロードホーンにすると、やたらと音が耳に刺さります。 バックロードホーンって低音には難ありっという意見が多いですが、 高音にもデメリットが多い箱なのでしょうか。 ちなみに、SANSUI SP-707Jと同じ形ですが、進工舎製です。 D130は2khzあたりが盛り上がっていますので、 その影響もあるとおもいますが、箱の影響もあるのでしょうか。 イコライザーを使用して、2khz~4khzをすこし下げて、10khzを最高まであげると ようやく聴ける状態になりましたが、それでもまだ聴きづらいところがあります。 平面バッフルや密閉のほうが1発で聴くなら適しているのでしょうか。 ツィーターの購入はお金がないので、しばらくは無理そうです。

  • バックロードホーンのことについて

    長谷川弘工業製のバックロードホーンスピーカー自作キットがあります。既に購入し、使用している方たちの満足している部分と気になる所について教えてください。また、用いたスピーカーユニットも併記してください。

  • バックロードホーン用スピーカーユニット

    お寒うございます。こういう日は部屋でリスニングしつつ、パソコンです。 現在FostexのFE126Enを、同マニュアルに記載の、バックロードホーン・バスレフハイブリッドのエンクロージャに取り付けて使用しています。 クラシックのソロ演奏や、ジャズ・ポップスを聞くのに気に入っています。 浮気心で、取付寸法がほぼ同じような他ユニットを、他メーカー製も視野に含め、試してみようと思うのですが、 どのユニットがBH級のドライブ力をもっているのか知見に乏しく、 御意見や推奨ユニットを参考に御教示いただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • バックロードホーンの設計について

    バックロードホーンを設計段階から作ろうと思います。 音道の広がり方ですが、できる限りスムーズに広げたほうがよいとされています。 しかし、見つけた限り全ての設計は音道が垂直、もしくは水平になっています。 つまり、曲がり角で90度ないし180度ターンするまで等幅なわけです。 そこで音道の仕切りを斜めにして、よりスムーズに広げたらどうかと思い、設計してみました。 (長さと断面積が比例ではないことは理解しています。また、外形は直方体です。) ただデメリットもあり、斜めの接合部は精度が出せないので隙間が開きやすくなりそうです。対策としては シーリング材を使用する予定です。 そこで質問ですが、同様の設計が見当たらないことからして、音道をスムーズに広げることはそこまで大事なことではないのでしょうか? それより、接合部をきっちりつなげることのほうがよっぽど大事ということでしょうか? 直感的には、折り曲げ回数も大きく影響しそうな気がします。 ご存知の方、ご教授ください。

  • 昔あった山水のSP-707Jは、どんな音だった?

    昔、山水から発売されたSP-707J というスピーカーがありました。 http://audio-heritage.jp/SANSUI/speaker/sp-707j.html JBL の38cmフルレンジを山水のバックロードホーンの箱にいれているのですが、これってどんな音がしていたのでしょうか? 「どんな音って聞かれても、説明できないよ」 という回答があると思うのですが、何で興味を持ったかと言いますと、聞いた話では、そもそもバックロードホーンは小口径のスピーカーユニットを豊かな低音にする目的で考案されたとの事でしたL。 ところが、この製品は38cm もの大口径のユニットを使っているので、わざわざバックロードにする意味が無いのでは? と感じたしだいです。 使われ方としては、フルレンジではなく、2WAY とか 3WAY にするのが一般的だったとか。 そうだとしても、もしかして低音が出すぎ? という感じもしていますが、実際に聞かれた方にお聞きします。

  • テレビ用スピーカー自作

    テレビ用スピーカー自作 42インチの縦の部分に合わせてスピーカーの自作を考えています。スピーカーは8cmで決定しているんですが、エンクロージャーで悩んでいます。音楽を聴く機会は1割あるか無いか位だと思います。テレビ用として音質的にバックロードホーンは止めていた方が賢明ですかね?無難にバスレフが良いのかな?って悩んでいます。

  • 自作スピーカーに挑戦したいです。設計図等について質問です。

    最近フルレンジスピーカーの虜になってます。 今回のエンクロージャーは出来合いのバックロードホーンを買ってしまいました。 自作はどうも難しそうだったので… しかしDIYも好きなので、簡単なものから作ってみたいと思います。 ということで、サブウーファーの自作に挑戦しようと思い、質問しました。 まず、ウーファーはバスレフばかりのようですが、他の選択肢はないのですか? そして、メインのスピーカーの設計図は、検索すればたくさん見つかるのですが、ウーファーはなかなかありません。 もし設計図が手に入るHPをご存知でしたら、ぜひ教えていただきたいです。 ちなみにサイズは、30*35*40cmで収まったら空きスペースにぴったりという感じです。 もし難しいようなら別の場所にも置けるのでもうふた周り大きくても大丈夫です。

  • バックロードホーン関連質問

    複数質問の同時展開ですが何卒お許しを。表題バックロードホーン形式に造詣の深い方、お手数ですがご助言お願い致します。 同形式、音道幅が一定のCW(Constant Width)ホーンでありますが、これは例えば基本設計を変更することなく、幅自体を多少増減させる形。その手法で個々ユニットへの適応化を図ることも、一応ある程度は可能と愚考致します。 こちら皆様、長岡先生の同形式BHの製作等において、もし同様の形を過去具体的にお試しの方がおられましたら、その製作機種と使用ユニット、加えてアレンジの具体的数値範囲と音の塩梅等、参考資料的にお話し賜れれば誠に幸いでございます。 そしてもう一つ、BHでは少々異端の感であります、ミドルサイズのブックシェルフ形状キャビネットに関する質問です。 こちらただいま当方、長岡先生の各作品(D-102等)を参考に16cm用のオリジナル設計に取り組んでおるのですが、やはり本体寸法における幅と奥行きをウェルバランスに整えるという形、実に難しい印象であります(あちらを立てればこちらが立たずの堂々巡りでして、音道の構成が本当に難儀です)。 http://clapakahis.blog26.fc2.com/blog-entry-22.html http://kscommunications.co.jp/speaker_atd_102MKII.html そのため同タイプのBH、今現在は下の機種を参考にCWホーンタイプも思案中なのでありますが、 http://audio-heritage.jp/CORAL/speaker/bl-3.html もしこちらご自身の設計を何かしらお持ちの方、また同タイプ(中型ブックシェルフ形状キャビネット)のBHで、上記以外の既製品情報をご存じの方がおられましたら、お手数ですが当方へのご助言、何卒よろしくお願い申し上げます。 ちなみに当方、下手の横好き自作スピーカーマニアでございますが、主たる動作方式はバスレフ・ダブルバスレフ・QWTでありまして、残念ながらBHに関してはあまりノウハウがございません(苦笑)。 自作BHにお詳しい方、もしおられましたらご回答、何卒よろしくお願い申し上げます(礼)。

  • 密閉スピーカーが一番素直な音なのでしょうか。

    「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。 なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、 「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。 しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、 「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、 ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。 それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。 私はメインスピーカーはバックロードホーンなのですが、 店員さんはそのことを忘れていたようで、 「バックロードホーンは音が不自然で大嫌い、 音が遅れてでてきている感じがしてジャズはダメだね」っと言ってました。 でも、そんなことをいってしまったら、 バスレフも後面開放も平面バッフルも個性が強いと思います。 なにもホーンだけがそんなに言われることもないと思うのです。 っとなると、「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。 DIATONEや昔のVIVTORなんか想像してしまいます。 ベストセラーの10Mや1000Mも密閉ですよね。 いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。 昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

  • フルレンジ20センチスピーカーの使い方

    下記写真のフォステクスの20センチスピーカーを標準箱や、バックロードホーン箱などに組み込んだ場合、 音の傾向や注意点、双方の利点、欠点などやお奨めの使い方などを教えてください。 また、ツイータを追加した場合の傾向なども知りたいです。。。 それとバックロードホーン専用のユニットは、バスレフや密閉箱には使用できないのでしょうか?容積を考えれば可能でしょうか?