• 締切
  • 暇なときにでも

「月の砂漠」の歌詞の意味するものは?

  • 質問No.1698595
  • 閲覧数6479
  • ありがとう数93
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
小さい頃、妙にこのメロディーが頭に残り、意味もわからずに口ずさんでいました。このたび、生まれた息子に聞かせてやりたいとCDを買って歌ってみました。王子様とお姫様が、結ばれた金と銀の甕を乗せたらくだで砂漠をとぼとぼと行く…、幸せなんだか物悲しいんだか、解釈の仕方がよくわからなくて。いったいこれは、どんな歌、どんな内容なんでしょう。もちろん、歌なので、空想なのでしょうが、これにまつわる話をご存知でしたら是非教えてください。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 43% (273/633)

アラビアの砂漠での生活を実体験した本多勝一.氏が、後に作詞者の加藤まさを.氏と会見してこの曲についても触れています。『アラビア遊牧民』

そのことを含めて、以下のようなサイトに書かれています。
http://www.ikari24.com/~seo/uta.html
http://nonkey037.exblog.jp/375867/
  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (859/1722)

正しくは「月の沙漠」です。

作詞者の加藤まさをは
千葉県の御宿海岸にインスピレーションを得て
想像力の翼を伸ばして詞を書いたといわれています。
これにちなんで
御宿海岸には「月の沙漠記念像」,
近くには「月の沙漠記念館」が建っています。

改めて歌詞を読み直してみると
王子と姫がお付きの者もなしに二人で沙漠を行くのですね。
許されぬ恋ゆえの逃避行なのかもしれません。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ