• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

断熱材について

先日、建て売りを購入し、エアコン工事をしたときに「壁にドリルで穴を開けているのに グラスウールなどの断熱材が床に落ちていない」ことに気がつきました。 「もしかして、材料費をケチった手抜き工事?」というセリフが頭を駆けめぐっています。 この頃の断熱材はグラスウールなどを使っていないのでしょうか?(であればどんな断熱材?) それとも手抜きで使っていないのでしょうか? (これから冬だっていうのに・・) ご存じの方、いらっしゃいましたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数661
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

外壁に面してる壁には、グラスウールなら全面入れます。(上の方だから入ってないなんてそれこそ手抜き工事です。) この頃は現場発泡させて、断熱や防湿するケースもあり一概に施工されてないとは限りませんし、ドリルで穴を開けるとき、避けてくれたとは考えられませんか? 今はそんな所でけっちた工事する業者はすぐに仕事なくなっちゃうから、大丈夫だと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 断熱材について

    断熱材について教えて下さい。 グラスウール@75とは断熱材としてその材料の質や量的にも適切なのでしょうか、どなたか教えて下さい、宜しく願いします。

  • 屋根裏の断熱材が

    建売の新築戸建を購入し3ヶ月が経過しました。 この間屋根裏がどうなっているのか見てみた所、”袋に綿が入っている物”(グラスウール)が屋根裏の床の上に敷き詰めてありました。 図面を見ると断熱材は高性能グラスウールと書いてありました。 しかし、屋根の裏自体には何もついておらず木が見えていました。 (1)通常屋根の裏にも直接断熱材をつけるのではないのでしょうか? (2)屋根裏点検穴の蓋の上には断熱材が乗っていませんでしたが、これでは夏は屋根裏点検穴から熱気が入ってくるのではないでしょうか? (3)断熱材の袋がところどころ破れて中身が出ていましたが、問題ないのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 断熱材について

    以下の断熱は性能としてはどうでしょうか。 ●天井  高性能グラスウール14k155m(遮熱タイプ)  気密シート ●壁  高性能グラスウール14k85mm(遮熱タイプ)  気密シート  遮熱シート ●床  グラスウール32k80mm 最近は、グラスウール以外にも高性能な断熱材が多いそうですし、 外断熱もおしている工務店も多いです。 上記の、グラスウール+内断熱って古臭い気がするのですが いかがでしょうか。 うちは、寒いのが大嫌いで、冬は暖かな家でできれば半そでくらいで 過ごしたいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

偶然が重なれば。 可能性は低いのですが、他の方と違った意見を聞いてください。 高さが床から2mちょっと、横は壁から20センチ又は、窓から30センチくらいのところではないでしょうか。 そうすると筋違いが入っている可能性があります。 断熱材は、筋違いをさけていれるので、正面に当れば、断熱材は無しとなります。 だからOKではないですよね。もしそうなら、エアコンやさんは大変な事をしてしまったことになりますね。 大切な構造部です。 購入時の図面(建築確認書など)を見て、その壁に筋違い(△で表示してあるのが普通)が有るかどうか確認したほうが良いですね。 また、断熱材は、押入れの天袋から、天井裏を見ると確認できます。懐中電灯で照らすとかしてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

まず 大丈夫でしょう、 判りやすい部分ですから、 エアコンの穴を空けるのに まず 室内の石膏ボードに穴を空け、 グラスウールを綺麗にカッターナイフでくりぬき、センター穴だけ空けて、 外壁を穴明けします、 ウールをくりぬいた時に壁の中に落ちたか 工事屋さんの腰袋にいれたか・・・? 心配でしたら コンセントを取り外して 確認してみて下さい、 通常コンセントBOXを取付 配線が終わってからウールをタッカーで 間柱に止めて行くので、コンセントやスイッチBOXが隠れない様に カッターナイフでBOXの縁に沿ってくりぬいているのでBOXを少し 奥に押し込んで 手探りで確認してみて下さい、 BOXが邪魔な場合 BOXの右か左に 間柱に沿って1本木ビスで 固定しているだけなので 一旦取り外して見る事も出来ます、 BOXが入って無ければ それはそれで 問題かも・・・ http://www.mirai.co.jp/densetu/07-2.slidebox.pdf/SBM.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

家の構造がわかりませんが 軸組み工法でも2x4などの枠組み工法でも 現在の家は入っています。 現在、建売住宅の場合グラスウール及び押し出し発泡系断熱材が使われています。 エアコン工事で断熱材が落ちないのは まず壁の石膏ボードに穴を開け、中のグラスウールを避け(グラスウールには穴を開けない)てから 外壁に穴を開けていると思われます。 実際には断熱欠損及び防湿シートの破損になりますので問題ですが エアコンの後付け工事では一般的だと思われます。 発泡系の断熱材の場合断熱材ごとくり抜いていると思います。 もし不安なら、壁のコンセントのカバーを外すなり 屋根裏に上がり外壁を見れば断熱材の使用状況はわかると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

こんにちは  ご心配ですよね。  いまでも、保温材にグラスウールは使用されていますが、最近は、ボード材や、スチロール材を使う場合もありますね。  ただ、ご心配のようにすべての壁に隙間なく断熱材を入れていない場合もあります。  エアコンの工事でしたら穴をあけるのは壁の上のほうでしょうか。  注文住宅は施工主がよく見に来ますし、メーカー保証もありますのできちんとしていますが、建売の場合は、工事中は誰も見に来ませんので、細かい部分に手を抜いている可能性もあるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 屋根の断熱材

    屋根裏の断熱材について。グラスウールですが、床には断熱材が敷き詰められてありましたが、屋根に施工はしてありませんでした。通常はどうなのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 断熱材グラスウールは将来 公害指定にならないか心配

    お世話になりありがとうございます 新築一戸建て 企画中です 建設会社からは断熱材にはグラスウールという提案になっています 私の勝手な私見ですが 昔 石綿はよく建築材料に使われていましたが 現在では公害物質としてどこにも使用されていなくなりました グラスウールも材料が細かいガラスなので少々心配です 質問ですが 1.断熱材グラスウールは将来 公害指定になったりする その可能性がありますか 2.私としては セルロースファイバーなどを使用してほしいのですが 材料費 施工費はグラスウールと比較して何倍ぐらい割り増しになるでしょうか 3.お勧めの断熱材がありましたらご教示ください 宜しくお願い致します

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 仕様書の断熱材について

     宜しくお願いします 住宅を購入しようと検討しております 標準仕様書を読んでいたところ、断熱材の欄に 「屋根下天井及び外壁の内部にはグラスウール5D 充填」 と 記載されています。自分なりに調べても5Dなるグラスウールが見つかりません。 5Dとはなんなのでしょうか?また、屋根と外壁のみで、床の記載が無いのは、 床には断熱材が入らないということなのでしょうか? 宜しくお願いいたします

  • 断熱材の工事について

    断熱材の工事について教えてください。 今、建てている家で断熱材の工事が終わったところなのですが、 所々、ちゃんと施工されていないように見えます。 具体的に言うと、断熱材の袋の部分は柱にちゃんとホッチキスのようなものでとめられて隙間はないのですが、その中身のグラスウールが少ないのか、家の内部から見ると外の防水シートが透けて見えている状態です。 このような状態で断熱性に問題はないでしょうか? 自分のイメージとしては、柱の間にびっちり断熱材が詰まっているというのが正しいのかなと思っているのですが・・・ ご回答よろしくお願いします。

  • リフォームの断熱材について

    今回、床のリフォームを検討しています。 床下の断熱材ですが、根太間に入れるタイプか、大引き間に入れるタイプを検討しています。 そこで、質問ですが、長期的にたわんで、床との間に空間ができないものは、どのようなものでしょうか? グラスウールだと湿気でたわんでしまうような気がします。しかし、グラスウールのカタログには、ポリスチレンボードよりもたわまないとあります。 よろしくお願いします。

  • 断熱材の追加検討に関して

    新築の注文住宅を契約し、断熱材の追加工事をお願いするか検討しています。 断熱地域区分としては、IVの地域に建物 約20坪、のべ床 約40坪の家の着工が始まりました。 暑くない・寒くない家を希望しており、現在の床・屋根の断熱材の追加をお願いするかを検討しています。 現状の仕様は、基礎断熱、基礎部分にカネライト3種(55mm)、           屋根断熱でカネライト3種(55mm)となっていて、アルミ樹脂の複合サッシ使用などで、           Q値は、2.2となっております。 Q値を下げる方法をハウスメーカーに聞いたところ、以下のような提案がありました。 ・床に断熱材を追加する  カネライト3種の厚さ35mmを床に追加するもので、工事費用は、15万程度 ・天井に断熱材を追加する  グラスウール16k(100mm)を天井に貼るもので、工事費用は、10万程度  この場合、屋根と天井断熱の併用になります。 上記の追加をすることで、Q値は1.8~9になるそうです。 快適な生活を送りたいと思うのですが、必要な工事だと思いますか? 上記のような工事をした場合に効果はあるのでしょうか?また、問題点・心配な点などありますでしょうか? 住宅に詳しい方からのアドバイス宜しくお願いします。

  • 天井断熱材について

    リフォームで大工と話をしていましたら、天井引き込みのグラスウール断熱材の話になりました。天井引き込みのグラスウール断熱材ですが、調べていますと透湿防水シートを引きなさいと出ています。 それが室内から見ると、(1)石膏ボード→野縁→グラスウール→透湿防水シートとあるものと、(2)石膏ボード→野縁→透湿防水シート→グラスウールとあります。小屋裏の天井に透湿防水シートを引く意味がわかりません。多少外気の影響受けますが室内にシートを引くことで何かの効果がでますか。 又(1)と(2)とでは何か違いがあるのでしょうか。工事なされている方教えてください。

  • 断熱材について(新築です)

    このたび、新築することになったのですが、壁内等に入れる断熱材について教えて下さい。建築予定のHM使用では床(スタイロ 50mm)壁(グラスウール 100mm)1階天井(グラスウール 150mm)2階天井(グラスウール 100mm)です。当方山梨県ですがこのくらいで妥当なのでしょうか?また、屋根下(斜めのところ)の断熱は無しとの事です。ご指導お願いいたします。