• 締切済み
  • 困ってます

本(童話または絵本)を探しています

タイトルが分からないのですが、北の方(ロシアかどこか)の話で、小学校低学年向けの童話だったと記憶しています。 村はずれの森に黒い狼が住み着いて、村人の夢(だったと思う)を食べてしまい、村人が困る話。村の少年と少女が、鶏の足が生えた家に住む魔法使いのおばあさんの力を借り、狼を退治するという筋書きだったと思います。アイテムは火の鳥(の死体)です。 ずっと昔に「学研と科学」の副読本で読んで、ずっと探していますが、見つかりません。 その後、似た内容の絵本を一度だけ見た事があります。 内容はほとんど同じでしたが、狼は登場しなかったと思います。 絵本のタイトルは「火の鳥」だったと記憶しています。 童話の方が見つかればベターですが、本になっていない可能性が高いので、絵本の方でもご存じの方は教えてください。

noname#14335
noname#14335

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • PEPSI
  • ベストアンサー率23% (441/1845)

僕の知っているのが合ってるかどうかわかりませんが 魔法使いのおばあさんは「バーバヤガ」というような名前ではないでしょうか? 確か絵本にもなっているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 魔法使いがどんな名前だったかは覚えていないのですが、アドヴァイス頂いて、ちょっと調べてみました。 「鶏の足付き家」に住んでいる「バーバヤガ」または「ヤガー婆さん」というのはロシア民話では有名らしいですね。しかし、バーバヤガと火の鳥、狼がセットになったものは、残念ながら見つけられませんでした。 その他の詳しい情報などございましたら、また教えてください。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 鳥のコンテストでカラスが出てくる絵本・童話を探しています

    絵本・童話で鳥たちが美しさを競い合って、相手にされない真っ黒なカラスは他の鳥の様々な羽を拾ってつけてコンテストに出るお話らしいです。知っている方がいれば、タイトル・作者・出版社を教えてください

  • 絵本と童話の違い(創作絵本を描いています)

    今、創作絵本を描いています。 物語を書いてから絵を描いていっているんですが、物語によっては 長い文章になってしまい、童話のようになります。 絵本と言うと、16ページ、24ページ、32ページとなる、だいたい 短いお話というイメージです。 でも40ページとか48ページになるような絵本ってあるんでしょうか? ここまで行くと童話になってしまいそうな。 最近やり始めたので、よく分かりません。 恥ずかしながら、創作絵本や童話を書いている方教えて下さい。

  • おつきさまの絵本・童話を探しています

    初めまして いきなりで申し訳ないのですがある本を探しています 内容はお母さんと小さな女の子が歩いているもの 「お母さんお月様がついてくる」「それはお月様はあなたのことが好きだからよ」 絵本か何かの童話なのですがこれしか覚えていなくて…すみません 情報が少ないのですが御心あたりのある方はどうか御願いします

  • 絵本・童話で料理をする物語を教えて下さい。

    小学生、低学年・中学年程度が読める童話・絵本で お話の内容が料理をするようなものをご存じの方、 題名など教えて下さい。 童話発表会といってお話を暗記して発表するのに 料理に興味を持ち始めた娘のために 何か良い本はないかと探しています。 よろしくお願いします。

  • 糸車の出て来る童話

    糸車の出て来る童話 こんにちは。 昔読んだ、あるいは見た童話で「糸車」が出て来るお話があり、とても好きだったのですが内容がさっぱり思い出せません。 糸車の出て来る童話(もしくは絵本?子供向けTV?)で心当たりのある方なんでもいいので教えて下さい! ちなみに見たのはもう20年以上前だと思います。

  • 「芥子の花」という絵本

    「芥子の花」という童話をご存知の方はいらっしゃいませんか? インドの王様と王妃様が出てくるお話で、確か王妃が何か悪いことをしてネズミになってしまったという内容だった気がします。 タイトルの芥子は漢字ではなかったかもしれません、子供の頃に読んだので記憶があいまいです。 うつくしい絵本で、ずっと探しているのですが見つかりません。 せめて物語だけでも知りたいのですが、どう検索してもヒットしてこないのでこちらで聞いてみることにしました。 ご存知の方、どうぞご回答よろしくお願いいたします。

  • 絵本探しています。

    20~25年ほど前、私が小さかった頃に読んだ絵本を探しています。 記憶がなんとなくしかなくて絵本のタイトルがわかりません。 三角形がたくさんでてくる内容で、話の後半、三角形がぶつかって次のページでは見開き一面が全部カラフルな三角形で埋め尽くされている絵本なのですが、どなたかご存知ではないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 20年前の絵本・童話集を探しています。

    読んでくださってありがとうございます。 私が子どもの頃に持っていた絵本(童話集、名作集のようなもの)を探しています。 サイズはA4ほどの図鑑サイズで、ハードカバーでした。 つるつるとした質感ではなく布のようなカバーでした。 私の家には十数冊同じシリーズの絵本がありましたので、シリーズもので発刊されています。 私の記憶にある限り20年近く、平成になったばかりの頃には手元にありましたが、新品か中古かの記憶がないのでもっと古いものかも知れません。 内容は一冊に3~4話ほどの話がジャンルごと(グリム・イソップ・アンデルセン・日本昔話など)に収められていました。 一冊の中でも話ごとに挿絵作家が変わりとても綺麗でした。 記憶するだけでも4種類ほどの挿絵があったと思います。 挿絵は切り絵、折り紙、ドールを使ったもの、イラストのものなどです。 また、印象的だったのが子どもが自分で読むためのひらがなのみの文章と、大人が読み聞かせる用の漢字混じりの文章が1ページごとに両方用意されていたことです。 どのように読み聞かせるといいかのポイントも書かれていたように思います。 覚えている話では、「因幡の白ウサギ」や「灰かぶり姫」、「ブレーメンの音楽隊」などがありました。 自分が子ども持つようになり、また是非読んであげたいと思い探し出しましたが全く情報が得られず…。 引越が多く、手放して十年近くになりますので情報が少なく申し訳ありませんが何かご存じの方がいればお教えいただけると幸いです。

  • 雨ひめさまの入った童話集

    子どもの頃家にあった童話集を探しています。 何度かの引っ越しがあり、いつの間にかなくなってしまったのですが、大変懐かしく、なんとかもう一度見たいと思っています。ところが、大好きだった割には、大変断片的な記憶しかありません。 手がかりは次のようなことです。  ・12巻?~18巻ぐらい。やや大判で、紙も厚めでハードカバー。  ・絵本ではなく文字中心の童話集で、挿し絵が入っている。  ・アンデルセンなどの定番の童話のほか、日本の童話や珍しい童話も収録されている。  ・「スケートをはいたうま」の話が入っている。うまの好物は角砂糖。  ・「雨ひめさまと火おとこ」の話がある。「なみはじょうき、いずみはほこり」の呪文が出てくる。  ・東洋の昔話で、「この道をまっすぐ行くが行くと、東に向かって7つ稔った茄子があって」と道を教えてくれるシーンがある。 …などです。大変心許ない質問ですがご存じの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • クリスマスにまつわる緑色の化け物が出てくる童話

    英語圏の子供達にはよくなじみのあるクリスマスにまつわる童話で緑色の化け物が出てくる絵本(?童話)のタイトルをご存知の方教えてください。 確かその緑色の化け物は言うことを聞かない子供には悪さをするナントカっていう名前でそれがタイトルの一部だったと記憶しています。(不確かです) 昔からあるお話で漫画っぽく描かれたグッズがいっぱいありクリスマスシーズンになると売られていました。 よろしくお願い致します。